« またロッドゲット。 | トップページ | 今年の恵方巻き。 »

2015年2月 1日 (日)

07ルビアスを2台オーバーホールへ出した。

冬が深まり、この週末もここ群馬は空っ風が爆風。おっさんには寒すぎるので釣りは休漁中です。

なので、釣り道具のお話をまた・・。長いので興味のある方はどうぞ。

管釣りで愛用するリール、07ルビアス2004を2台、メーカーへオーバーホールに出しました。

X4

購入してから3シーズンが経ち、結構シャー感ゴロ感が出てきましたので。メインは12ルビアスへと移りましたが、まだまだ使いたいし、あのドラグ音が好きなのよ・・。

まずは、2011年9月に購入した1号機を。12年にモデルチェンジしたから、もう後期モデルを購入したのですね。軽量で巻きも軽くて、私の管釣りデビュー後から支えてくれました。

地元の上○屋さんへ。レジの方にリールをオーバーホールに出したいのですが。と伝えますと、リールが袋から出るまでノーコメント。まあ、オーバーホールに出す価値のあるリールかどうかを見たのでしょう。安いリールなら買い換えたほうが良いですよ、と来ると思うよ。

ルビアスですか、じゃあ、ということで受け付け開始。ただ、古いモデルなので部品がメーカーに無い場合もありますと言われたが、そこまで古くないとは思うが・・。

メーカーさんは巡回して店に来ているようで、その時にメーカーへ出しますということ。

オーバーホールにはコースが各種あるようです。

X2


ダイワさんの子会社さんがやっています。

上の表をクリックすると拡大します。AコースからDコースまであります。

各コースの作業内容が書いてありますが、その作業の具体的な内容はこちら。

X3


私の07ルビアス1号機は、2台の12ルビアスの次の位置で最近ではPE専用機。ボトムやミノーで使っています。作動に障害はありませんが、ゴリやシャーが出てきて、管釣りのスプーン巻きで使うにはちょっとノイズが多い。感度に問題ありです。

うーんと悩んで、最初ですし、ここはメーカーに判断してもらおうと、「おまかせコース」にしてみます。

このリールがサービスマンにどの程度と考えてもらえるかも興味がありますし。

部品交換ということになったら予算はいくらまでですか?と店員さんに聞かれたので、まあ1万円以下ならとお伝え。その際は連絡してくれるそうです。

で、完成と。2週間くらいだったか。

費用は税込み3240円でした。作業内容は・・。

X5_2

おまかせコースは、結局Aコースをやってくれたということですね。3000円コースです。部品交換はありませんでした。

つまり、担当のサービスマンさんがこの1号機の作動を確認した結果、

Aコース「目立った不具合は無し」と判断したということですね。

うーん・・・。

作業内容は、基本作業の注油と、内部クリーニング、ラインローラーとドラグのメンテナンスですね。

隙間の埃が綺麗になっていたし、巻きが気持ち軽くなったか?微妙・・。

ゴリ感、シャー感は改善されていません。

思うに。サービスマンさんやこの会社の感覚として、このリールは問題なしと判断したのです。

ダイワはあらゆるジャンルのリールを扱っていますから、海釣りの塩噛みしてハンドルがゴギゴギと回り難い個体とかも扱っているのでしょう。それに比べれば、このリールなんて異常なしという感じなんだと思います。

うーん・・。しかし、管釣りってのは、思っている以上に繊細ってことですよ。リールのちょっとしたハンドルの違和感で当たり取ったり、巻きながらルアーの動きを感じたり。クリアな感度をリールに要求してしまうんだよなあ。

この会社では「清掃グリスアップ調整を中心に部品交換を最小限にしている」とのこと。

こんなもんなんでしょうかね?

さらにこの後、この結果を踏まえて2号機を同じようにオーバーホールに出してみました。

こちらは12ルビアス導入後クランク用としてフロロを巻いて使用していましたが、現在は予備機扱いです。

X1_2


1号機より新しいのですが、何故予備機かというと。

巻き自体はシャーもゴロも少なく良好ですが、スプールが一番下から上がる際に、コクっという引っ掛かる感じがありました。

小さいコクですが、やはり管釣りだと気になります。以前、某管釣場のスタッフさんにこのリールを使ってもらったところ、このコクをアタリだと思って合わせていましたから。これは引っ掛かってるねとのコメント。かなり気になります。管釣りでは使いづらい。

なので今回はコースを変更。おまかせコースだとまた診てもらえないかもしれないし。

最初からDコースを指定です。

「作動に異常があり、基本性能に障害が出ている」です。

異常の内容を店員さんに伝え「オシュレーション不良、ひっかかる所がある」と記入してもらいました。

これならば、全てを診てもらえるはず。内部のギヤもメンテナンスしてもらってシャーやゴリも無くなるかもしれん・・。

2週間ちょいでできました。前回より若干掛かった。

X6


Dコース。

まずは、ローラーベアリング交換とのこと。ラインローラーのことね?ここも大事ですからね。

さてメインの引っかかり。

上記を読むと、構造上の仕様、ということでした・・。

でもさ、最初は無かったんだよ。2シーズン過ぎてから出てきた症状なんだけど。

作動調整をしたとのこと。

交換したベアリングは1000円。

X7


プラスDコースで合計5400円でした。

X8


結果として2号機は、

うん、巻きは良いよ。内部をメンテした効果か、巻きは軽いし、シャーもゴリも1号機に比べると格段に少ない。

けど、あの引っかかりは小さくなったかもしれませんが有ります、まだ気になりますね。

そしてしばらく回してたら、スプールの下がってきた時にネチネチ言うようになってしまった!上向きや下向きで回すとネチネチチチというノイズ感が。調整が裏目に出たのか・・。

思うに。総括。

①この時代のリールはこの価格のクラスでも3シーズンくらいでスムーズさを失いゴリゴリしてくるものなのか。

②メーカーにメンテナンスに出しても、管釣りで気になるレベルは異常無しの範疇。この価格で調整やるならこんな感じでなのか。リールは精密な調整が必要なのに費用結構安いし。

③管釣り用に感度を求めクリアな巻きを実現したいなら、トーナメントチューンをやっている場所へチューンナップに出したほうがいいんじゃないか?良い値段するけどそれくらい掛かることなんだろう。

④じゃあ管釣り用リールは3年で買い替えなのかと。いや、ここ数年ダイワはマグシールドを入れてきて、淡水には初期の巻き心地が長期間持続するというメリットが有るそうだから、もうちょっと長持ちするか?そのクラスの最新モデルでそれを期待しよう。

でした!

毎年オーバーホールに出せば、また違うのでしょうけどね・・。そうすると2台を毎年出して4シーズン後には新しいリールが1台買えちゃいそうだし。

自分でやれないし。不器用だから。部品をピンって吹っ飛ばして元に戻せなくて泣くだけだし。

自分でできることはIOSのオイルで外部からメンテすることくらいです。

X9


結構スムーズになりますから。

07ルビアス2004の2台。長く使い続けようと思ったが、管釣り用には4シーズン目は難しいのか?

X10


12ルビアスの巻き心地はお気に入りだし、マグシールドで長持ちしそうだし。もう1台追加しようかな?新しいイグジストが出るそうだけど、パソコン買い換えなくちゃならないようなんで無理だし・・。

07ルビアスの何が好きで使っているかというと、やはりあのドラグ音(笑)。結構好きなんだよ~。

あれは07ルビアスのスプール由来の音なのかな?

じゃあ、スプール交換すれば・・。12ルビアスに07ルビアスのスプールは装着可能です(逆は不可です)。12ルビアス付属の金属ワッシャーをスプールとノブの間に装着すればオッケー。

こうなりました・・。

X11


これであのドラグ音は出ます(笑)。見た目は高級感は減ったけどすっきりしてますね。

ならば、ダイワのパーツ、RCSスプール2004エアⅡ買って装着すればどうだろう?あれは軽いから樹脂製?

見た目は12イグジストっぽくなりそうだし、ドラグの性能も上がるそうなんで、試しにゴールドを1個買ってみようかなあ・・。ドラグ音がどうなるか知りたいし。

ドラグ音が07っぽくなれば、全て12ルビアスに移行する方向でやってみましょう。

|

« またロッドゲット。 | トップページ | 今年の恵方巻き。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事