« 寒い夜はお燗の酒で。 | トップページ | 風邪。 »

2015年2月18日 (水)

二週連続高崎呑み・その1・萬年屋。

先週末もまた、前週と同じように高崎の飲み屋をはしご呑みしましたよ。

N19


今回は4名です。この日は激寒でして、もう歩き回りたくない、ってことで高崎駅周辺にて呑むことに。

目的の飲み屋は、寿司屋なのに居酒屋メニューも充実の「萬年屋」さんです。ここは、以前来た時に店員のおねいさんの接客が素晴らしかったのでまた来たかったのだ。高崎駅西口から徒歩1分ですが、とても良い店です。

しかし・・・、この日は7時半入店ということで、満員で入店できず。

だが、この店の接客は素晴らしい!店長さんだろうか?30分位したら空くと思うので、その時に電話してくれるとのこと。その際、それまでは他の店で飲んでて、連絡があってうちで呑んでくれてもその店で呑み続けてもどちらでも良いとのこと。いい人だあ。じゃあ、連絡くださいと伝え、それまで軽く他の店で飲むことに。

駅前は何処も混んでていて、一軒満員で断られ、駅前で目にとまったこの店に入ることに。

N1


なんか去年の夏ごろ、違法駐輪スペースが突然この店になっていた・・。駅構内にある感じ。

ここも10分待ちでやっと入店。しかし、時間が無いぞ!

結果、1時間も店にいなかったので、このブログ的には慌しく飲んだためこの店は評価出来ませんが、以降の文章でどんな店かは感じてくだされ・・。

店内は炉辺焼き系の、海産物を焼いている香りが充満。同行女子一名が「この匂いダメなんすよねえ・・・、服にも臭いついちゃうし~」とのこと。見れば各テーブルに小型コンロが置かれ、それで海産物を自分で焼くシステムらしい。ホルモン焼きの海バージョンか?

しかし、椅子の下に荷物入れがあって、そこに上着を収納すれば、匂いはそれ程付かないでしょう。

時間が無いのでクイックメニューを頼んだが・・。

いきなりお通しがこれだった!

小型の帆立貝をアルミ鍋ごと煮るという。大量の貝・・・。

N2

こ、これは・・。この量じゃあ時間が掛かるだろう、火が通るまで。しかもこれがコンロを占拠してしまった。こんなお通しとは知らずに、他に焼くものを頼んでしまったのだ!

とりあえず生ビールで乾杯!クイックおつまみを2品。

ぱりぱりキャベツ系。これ結構旨かった。

N3


板わさ。これなら早く出てくるだろう。N4


ホタテがなかなか煮えない・・。しかも、貝殻にチューブ状の「何か」が付着していて、女子1名がこれを気にする・・。いやこういうの貝殻にはよく付いているし。いいやそれを煮汁に浸けちゃヤバいでしょ?!と議論。

N5

店員のおねいさんは愛想が良く、あまちゃんスタイルで接客してすごくいいんだよ。可愛いし。けど、あんまり慣れていないようだし人数も少ない。

これは何?おねいさんに、早速頭に被って聞いてみたけど・・。

N6


なんかを焼くときに跳ねるのでカバーをするのだそうです、これで。

ここで焼き物登場。エビとししゃもですが・・、網に乗らないよな。

N7

何とか隙間に乗せて焼く。

N8


狭いよ・・。

生ビールの2杯目が届かず・・。おねいさんに確認するも、オーダー取ったのあなた?あなたがオーダー取った?とか確認しあっているので、いーから早くビール持ってきてえええ!

さらに最初に早く食べられるお奨めは?と聞いたら「貝です」と言うので頼んだ、なんだか知らない貝が届く・・。

N9

お通しが大量の貝だと知っていれば頼まなかったのに・・。

ここで、4人目のメンバー到着。すると店員おねいさんは彼に、お通しは鶏肉と何かが選べますけど、って言ったんだよ!

何いいい?うちらには大量に貝が無条件で出てきたじゃないか、お通しが選べるなんて聞いてないよ!・・・すいません、とのことです。

海老が焼けました。美味しいけど、やっぱ上手に焼くのは難しいね。

N10


あああ、焼けない。時間がああああ。

そこへ、あの店から電話が!ヤバっ!

けど、テーブル席は空いたけど、我々が希望の個室はあと30分しないと空かないとのこと。

ラ、ラッキー・・。時間が稼げるぜ、焼けるまでの・・。じゃあ、あと30分で食べきろう。

大量のホタテ煮貝、口が開いたのを食べてみたが、生だった・・。

仕方が無い、この貝も焼こう。

N11


さらに魚ばっかりだから、若者はやっぱ肉だ。焼き鳥は既に焼いてあるのをコンロで温める感じだからと言われたのでオーダー。早く出来るだろう。

N12

けど海鮮屋、肉は苦手のようでハムっぽい味がした・・。

ここで再び電話が来たので、この店は終了。

どうにも店内もごちゃっとした雰囲気でした。にぎやかなのが好きな人には良いかも。自分で魚を焼くのは面白いけど、難しいのでプロが焼いてくれたほうが良いかな?

さて、目的地の寿司屋「萬年屋」さんです。

N13_2

駅前の混沌とした雑居ビルたちの一部ですが、コレがいい店なんだな。

店長らしい人に丁寧にお待たせいたしましたと挨拶を頂く。個室に通されます。

N14


お通しはキンピラ。

再び生ビールで乾杯!

まずは蛸わさび。そこからはゴージャスに行くぜ!

ブリ刺身。

N15


するめいか刺しと続いて、ビールおかわりして、来たああ!

蟹!茹でカニ!

N16

そして、生牡蠣。本日は大粒が入荷とのこと。

N17

う、旨いいいい!


今日も単価が高そうだぜ・・。

出汁まき卵と続いて、日本酒は久保田、八海山、浦霞と旨いねえ。

仲居のおねいさん。19歳だって・・。最近のお店のおねいさんとのつかみはいつもこれ。

「どこ中学出身?」これで決まりだ、つかみはオッケーだ。

おねいさんの名前の漢字当てクイ~ズ!とかやって盛り上がったよ。気さくで可愛いスタッフさんが揃っていて、接客も上手で気持ちの良いお店ですよ。

お勧めのイカ焼き。

N18

さあ、沢山食べた、ゴージャスだった。

ここはいい店でした。駅から近いし、部屋も沢山あるし、是非職場の宴会で使いたいですね。

店を出た時、店長さんとおねいさんが二人並んで玄関で、深々と頭を下げ続けて見送っていただき、ほんと丁寧な接客のお店で好印象です。両手を振ってお別れしたら手を振り替えしてくれたよ。また行きたいお店です。

さて、次はどこへ行こうか?まだまだ夜は長いぜ。前回のように明け方まで呑むのかな・・。

そうだ、前回に入ったが、泥酔していてなんだか記憶がなかったあの店にもう一度行ってちゃんと呑んでみないかと、目指す。

が・・、もう酔っ払って、高崎の街がグールグル。

N20_2

こんなんで、たどり着けるのだろうか・・。

続きはまた次回です。

|

« 寒い夜はお燗の酒で。 | トップページ | 風邪。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事