« 日本酒・七田・純米七割五分磨き・山田錦・無濾過火入れ。 | トップページ | のどぐろ干物。 »

2015年3月18日 (水)

眼鏡を購入。度を上げたら老眼が・・。

先日メガネを新しく買いました。初めて行った地元群馬のチェーン店で作ってもらいました。

A1_2

何故眼鏡を新しくしたかというと、最近見えなくなってきたから・・。

もう10年くらい同じ眼鏡の度にしていました。で、このところは地元にJINSという激安売り店があるので、同じ度数でいくつもの眼鏡を使っています。

けど、日常生活や運転免許に影響があるほどではないのですが、もうすぐ始まる釣り・フライフィッシングの際に水面のフライが見えなくなってきたのです・・。これはいかん。

歳を取ると視力は安定してくると聞きますが、このところ老眼が進んでいるような気がするし。ド近眼はあまり老眼にならないような事も聞いたけど、遠くも近くが見えなくなったし・・。

きちんと検眼して度を合わせてもらおうと思いました。で、いつものJINSだと混雑していて落ち着いて検眼できなそうだし、若いお兄ちゃんおねいさんの店員ばかりでなんか不安だし・・。

花粉症の眼の症状が悪化してきたので、眼科へ行った時に検眼してもらおうかとも思ったが、医者はなるべく行きたくないよ・・。

なので以前からある地元の眼鏡チェーン店へ。ここは激安店ではないのだけど、最近値段を下げているしね。近所の店舗に行ったら混んでいたので、職場の近くの店舗に行ったら空いていた。ここなら仕事帰りに受け取れるだろう、と入店。

年配の男性店員さんに親切に検眼してもらいました。

今の眼鏡でもそこそこ見えていて視力0・7くらい。運転免許はギリギリ大丈夫か?

乱視が進行したのかと思ったら、近視の進行だそうで。レンズをセットした眼鏡で試した結果、視力1・0くらいの度にすることに決定。

あまり今の眼鏡と変わらず、遠方がクリアに精細にみえるかな?程度だったので、視力1・2まで上げてもらった。それだと凄くクリアに見えて、しかも眼鏡の度を上げた時に地面が近く見えたり歩くとふわふわクラクラする感じもなかったので、(釣り用に良く見えたほうがよいだろう、違和感があれば釣り以外は今の眼鏡をすれば良いし・・)と思い、視力1・2で作ろうと思いましたが・・。

年配の店員さんが「この新聞を手に持って文字を読んでみてください」

と言うのでやってみたら・・。

ぜ、全然近くが見えないいいイイイっ!!

腕をめいっぱいに伸ばさないと持った新聞が読めないのです。ここまで老眼だったとは、気が付かなかったよ・・。

今の眼鏡だと気持ち眼から離せば新聞が読めるし、視力1・0でも肘を曲げた状態で新聞が読める。けど、この視力1・2だと新聞が遠すぎて不便だよ・・。

「実は釣り用で使いたいので、糸を結んだり近くが見えないと困るんですよ」と白状しました。

では、老眼の度も測りましょう、ということに。私の老眼に合わせたあのレンズをセットした眼鏡を試すと。近くは良く見える!けど遠くはぼやけるよね当然。

「あれ?この老眼鏡って、度の弱い近視の眼鏡ですよね?」と言うと店員さんは、

「そうです、近視の進んだ人の老眼鏡とは、度の弱い近視用の眼鏡なんですよ。ですから、使っていない昔の眼鏡を出してくると老眼鏡として使えたりします」

ふーん、そうなんだ・・。昔のガラスレンズの頃の眼鏡がどっかにあったかな?あれ使うかな・・・。

「こんな遠近両用眼鏡もあるんですよ」とレンズをセットした眼鏡を出してきました。

それはレンズの下の部分だけ度が弱くなっていて、下に視線を落とすと老眼になり、普通の視線では遠方が良く見える。昔の遠近両用眼鏡は違うレンズが下にはまっていましたが、今は境目がなく1枚のレンズなのね。

これなら視力を上げられるし手元も見えるから釣りにも便利かなあ・・。店員さんも妙に薦めるので遠近両用にしようと思ったが。

まてよ。川原や川の中を歩く時って下を向くじゃん。足元がぼやけたら転んじゃう、危険だろう?

と、思いまして、バランスのよい視力1・0で作ることにしたのです。遠近両用はまた次回かな?

しかし、店内在庫のフレームは落ち着いたデザインばかりで、あまりかっこよくないなあ・・。

今の眼鏡はナイロン糸でレンズを吊っているナイロール。イメージを変えたくないのでナイロールで探しますが、どれもパッとしないのでその中で一番安かったモデルに決定。レンズセットで1万4千円程。JINSより高いけど、しっかり時間をかけて度数が検討できたので納得しました。

親切でとても良かった接客でしたよ。

翌日に完成。

A2


なかなかよく仕上がっていました。掛けると度はばっちり。前の眼鏡と違和感も全くないのに遠方がクリアに見えます。自然に視力が上がった感じ。この度にしてよかったな。

受け取りの時「渓流釣り用に調整しておきました」って言われたけど、どんなのー?(笑)。

フレームも樹脂製だが、ツルが柔軟で曲がるというフィット感。

けどね・・・、デザインがおっさんぽいなあ・・・。消去法で選んだフレームだからなあ。ちーと年相応で若さがないのよ。おっさんそのものになっちゃう。

以前の眼鏡と比較。上が新しい眼鏡、下が以前の眼鏡。

A3


ぱっと見同じだが、やっぱ違う。職場に新しい眼鏡をしていっても誰も気が付かなかったから、誰も見ていないんだけどね・・。

どうしようかなー。

ちなみに保証書がついてきました。

A4


不具合があったら3ヶ月以内ならレンズ交換オッケー。

破損しても1年以内なら半額で交換オッケー。

ん?保証書にレンズの度数が書いてあるなー。これって。

すんません、やっぱ前のフレームが良いので、

JINSのHPで見つけました。

A5


これが以前の眼鏡のフレーム。オンライン購入で買ったので、マイページの購入履歴で見つけられたし、ツルに書いてある品番をヤフーなどで「JINS品番」で検索すれば出てきます。まだ売っていたんだ。廃盤になっていなくて良かった。

しかしレンズセットでこの値段とは、別格に安いなあ・・。

マイページに登録してある私の眼鏡の度はこれ。

A6


これを今回検眼した度に変更しました。

A7


これで同じ度数のメガネが注文できました。

このシステムを使えば、基準の度数さえわかっていれば、度数を気持ち上げてもっと見える眼鏡を作るとか、度数を下げて老眼鏡にするとか客が勝手に出来ちゃうよね・・。安いから冒険できるし。でも、こんなこと客がやって良いのかなあ、と不安になりますが・・・。

で、これで3日後には自宅に届くそうで。気軽だなあ。

けど専門店でのしっかりとした検眼は、自分に会う度数の眼鏡探しに納得の内容でしたよ。

今回の眼鏡は、レンズが大きい分視野が広いので釣り用とデザインが真面目なので冠婚葬祭用とか。JINSのは普段用にしようかな。これに慣れたら前のメガネはもう掛けられないし、眼鏡は予備もあったほうがよいので二つあっても良し、です。

|

« 日本酒・七田・純米七割五分磨き・山田錦・無濾過火入れ。 | トップページ | のどぐろ干物。 »

身のまわりのモノ達」カテゴリの記事