« 南牧川・本流支流・探索ドライブ・その2。 | トップページ | 人間ドックの結果・要精密検査・・・。 »

2015年9月 6日 (日)

支流でフライ。

朝起きたら、曇りですが雨は降っていません。

釣りにGO!

禁漁まであと2週間ですから。来シーズンこそいろいろな川に入りたいので、来年の下見を兼ねて、できるだけ釣りに行きたいのです。

昨日までにレポートしました、南牧川の支流に行ってみました。

大仁田川。集落の入り口から。

1y1

くうう、渋い。なんという良い風景なんでしょうか。この雰囲気たまらん・・。

この橋、真ん中が下がっていますけど、大丈夫なんでしょうか?デザイン?

ちょっとした落ち込みで、ピシパシドライフライに魚が出ますが、小さい?掛かりませんよー。



1y2

先週見学に来た時より減水していますが、ここからは岸が草で歩けないので、川通しで遡行しますが、水流がきつい・・。もっと渇水期のほうが好みか?春先で草がない時期とか。護岸地帯は好きですが、意外と逃げ場がないのね。

やっとフッキング。やはりこの小さなサイズ。


1y3

川に降りやすいところなんで、稚魚放流してくれたようですか。

橋の向こうで深くなったので退散。

下流から遡行し直し。


1y4

しかし、草が倒れた踏み跡がくっきりと新しくありますね。やはり降りやすいところは人も入っています。いい雰囲気ですが。反応も良くてよく出ますが、小さすぎ。

1y5

やっとフッキングしても、可愛い・・。


1y6

この集落の中、もっと楽に遡行できると思っていましたが、予想以上に急流でした。

何か所かで入ろうと思いましたが・・。

春先や渇水期に又来ましょう。稚魚はたくさんいましたので、大きく育つことを期待です。

ウェーダーをはいたまま車を走らせます。

下流の谷、桧沢川に行きます。

ここも護岸の川です。さっきの大仁田川と似た感じですが。


1y7

ここのほうが少し細く、水質はとても良い。透き通っています。

反応がよくないので、あれ?いない?

ここも草が激しく、護岸際の川通し遡行が流れが強くて厳しい。

草に突入すると、新しい踏み跡が・・。ていうか川に沿って道ができてる。かなり人が入っているのね・・。

草から顔を出して、ポイントにトライ。


1y8

徐々に反応が出てきましたよ・・。

けど、やっぱ小さいよ・・。

対岸の畑に行く橋がかけてあったり、生活感もあるポイント。


1y9

こういうところも稚魚放流場所か・・。

反応アップで、この小さな落ち込みで。


1y10

どうだ?

やっぱ可愛いのです。くうう。


1y11

奥の流れが、今回のメインディッシュ?

透明ですね。遠目からアプローチ。下側は小さ目の反応が良いがフッキングせず。

美味しい所に竹が2本倒れとる・・。

その間にフライを入れる。


1y12

おおお?成魚サイズが出るも、咥えられないか?反転。

ティペットを長くする。

出たあ!

けど掛からず・・。

結構、大きめの魚影も見えます。ここはいるぞ。

粘る。

黒系から茶系のフライに交換。

また稚魚の反応がよくなりましたが・・・。あいつは出ない。

急に雨が降り始めました。強い降りに。

ここで、納竿です。道に上がって小走りに車へ。

どしゃ降りになりましたが、何とかびしょ濡れにならずセーフ。


1y13

フィットのバックドアは雨除けになるね。ハッチゲートに腰かけて濡れずにウェーダーを脱ぎました。

やはり川に降りやすいところは人も入っているね・・。けど、稚魚もいっぱい入っているので、来シーズンに期待だよここも。草の少ない時期に来たいですね。

餌やルアーなら増水時期、深いプールや落ち込みも勝負出来そうだが。ドライフライは表面の釣りだからねえ。けど、あの水面のフライに魚が飛び出してくる瞬間がたまらんのですよ!やっぱ、この道を行くんだ。

シーズン終盤、育った大きめが釣りたい・・。


|

« 南牧川・本流支流・探索ドライブ・その2。 | トップページ | 人間ドックの結果・要精密検査・・・。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事