« フィット3・13G・一周年。 | トップページ | 南牧川・本流支流・探索ドライブ・その2。 »

2015年9月 1日 (火)

新余市と新宮城峡をゲット。

今日から9月です。

TVニュースでもやっていましたが、ニッカのウィスキーが大幅値上げの日です(笑)。

そして終売になっていたシングルモルトの余市と宮城峡が新発売の日です。

定時に帰宅して、んー、どこで買うか?確実にありそうな駅前のデパ地下へ。

新余市と新宮城峡をゲット。定価でしたけど・・。デパートらしく箱入りです。

2a1


お味見モードなのでもっと小さい瓶のでよかったのだけど、箱入りだし折角だから、700ml。それしか無かったのだけどね・・。

2a2


箱に入っているとゴージャスだね。

在庫はたくさんありましたが、お一人様1本とのこと。そこまで売れていないような・・。

隣に竹鶴の17年と21年が大量にありましたが、値上げ後の価格でした。この値段だともう21年は買えないよなあ・・。今までが安すぎたとは思うけど。

ザ・ニッカ12年は値上げ前にお安く購入済みです。

2a4


例の限定の2品は無かった。3000本限定なので入手できるはずもなく、高いし、いいや。もうオークションサイトではすごい値段になっているけどね。

詳しいレビューと、10年、旧NAとの比較はまた後日。

2a5

じっくり開かせてから後日レビューしますので、抜栓直後のファーストインプレ。この2本はこれからも売り続けるので、もったいぶらずにバンバン開けちゃえ。

完全に私の個人的主観レビューですが。

新余市。


2a6


香りは。あー、余市だ。この香ばしさと甘い果実のフールティーさ。ちょっと香りが薄い気もするが・・。まだ開いていないんだよな、うんうん。バニラっぽさも。気持ち鼻にツンと来るかな?ピート香の煙たさは香りに感じないような・・。

ストレートで飲むと、口当たりは甘い。少しのスモーキーさと良い風味の甘さが徐々に刺激へと。

飲みこむと、強くスパイシー。これは苦い。余韻にやや渋みがあるが、圧倒的な苦みの中、風味の良い甘さも。鼻に抜ける香りに煙があるがスモーキーさは思ったより感じず、やはり苦みが覆い隠しているような。ガツンとくる。力強い。ピリピリ来るけどスパイシーなのね。この刺激が嫌ならブレンデッドウィスキーを飲めば良いし、シングルモルトはこういうスタイルもあり。

2a7


最後の最後にスモーキーさが残るが、ピート香は主役じゃないような?ましてやヨード臭もない。力強さを強調したモルトと感じました。これは薄める前提かなあ?加水してみたり、まだ時間をおいて飲み進めてみないとわかりません。

まとめていえば、甘くて強くスパイシー。

続いて新宮城峡のファーストインプレ。

薄っすらピンク色のラベルが新しい。

2a8


香りは、シェリー樽っぽい。枯れたフルーツ感。やはり鼻にツンとくる感じは強めにあるが、フルーティーさは健在。

飲むと、余市と比べると一瞬薄いかと感じるほど軽く思えたが、果実っぽい甘みが広がった後、刺激へと。飲み込むと、これはスパイシー。強い苦みに甘い風味が残る。鼻孔はもうスースーと刺激的。

2a9


余韻は辛い辛い。これはなんの力強い。渋みも残って非常にビターです。最後の最後にスモーキーさが残る。けれど宮城峡、苦みの中に華やかな甘さが残ってくれます。が、これは苦い・・。

両方飲んで最初に感じたのは力強さ。原酒の若さ由来だとは思うのですが。これは加水したほうが良いかな?いろいろな飲み方が楽しめそうです。

寝酒にはならないね(笑)。ゆるゆるさせてはくれない強さ。しっかりと酒と対峙したい時にじっくり飲む酒か?

2a3

かなりガツンと来る本格派。これらの酒がニッカシングルモルトのベーシックとなるなら、ちょっと飲み手を選ぶような気もする。個人的にはもうちょっと甘くマイルドに、少し緩くしてくれたほうが万人向けなのではないかとは感じましたが。

今後いろいろな飲み方を試してみます。ロックや加水したほうがよいかもね・・。時間が経てば変わるかも。

まあ、酔っぱらいのおっさんがへべれけで適当にレビューしましたから、真に受けないように。自分の舌で感じてくれ。

やっぱニッカは主張と一癖があるねえ。おっさん的には、好き。

原酒に余裕がないようですが、いろいろなバリエーションを出してほしいなあ。

|

« フィット3・13G・一周年。 | トップページ | 南牧川・本流支流・探索ドライブ・その2。 »

飲んだウィスキー」カテゴリの記事