« 新余市と新宮城峡をゲット。 | トップページ | 支流でフライ。 »

2015年9月 5日 (土)

南牧川・本流支流・探索ドライブ・その2。

先日書いた、群馬の南牧川への釣りポイント探しドライブの続きです。

その1はこちら。

さて、その1では、本流の放流場所の小沢橋と磐戸橋、支流の青倉川、大塩沢川、桧沢川をレポートしましたが。

今回は、本流の、火とぼし橋から。カッコイイ橋。

1z1_2

しかし狭い道です。大きい車は難しいと思うよ。

ここは伝統のある、大日向の火ひとぼしという火祭りで知られています。国指定無形文化財です。
この橋の上で大きな火の輪を作ります。

1z2_2

ここは第1回放流日の放流場所です。

川に降りやすい感じです。

続いてまた支流へ。

大仁田川。

集落の中が良い感じです。護岸地帯だし。減水すれば釣りやすそう。


1z3_2

やっぱ人家があるとホッとします。

南牧村は石垣文化。山の上の方まで石垣で段々畑が作られています。


1z4_2

南牧川流域は谷に山が迫っているので石垣が発達。見事です。

上流へと、集落の上で右手の川へ。道の横に川が流れているので下りやすそう。

しかし、その流れはかなり激しい・・。


1z5_2

増水分を引いても小滝の連続。木が頭上に被さっているし、フライだと流せるところが少なそうですが、ショートレンジで狙ってみたい。


1z6_2

ここからは人家がないしちょっと怖い・・。この先にダムがあります。

また本流に戻って。

さわやかホーム前。


1z7_2

第1回の放流場所です。ここは下りやすい。

ふれあい広場という広大なスペースがあり、普通の車でも降りられます。

河原も一部公園のようになっていて、水遊びにもいいかも。減水した時にまた川を見てみたい。

県道に戻って対岸に六車の公衆トイレがあります。


1z8_2

そこから見た、さわやかホーム前の風景。放流場所では一番行きやすいかも。


1z9_2

支流に戻って。

底瀬川。

合流地点の橋の上から。


1z10_2

上流に落ち込みがあってよい感じ。このあたりに駐車ポイントは無いようです。さわやかホームから本流を歩いてくるか?

上流に行くとすぐに谷が深くなります。護岸地帯なのでこれは下りられないな・・。

谷が浅くなったポイント。


1z11_2

いい感じの流れですね。降りるポイントは少ないし、大きな堰堤があるので、川通しで上がるのは難しそう。

こんな大きな滝まで現れました。


1z12_2

なかなか豪快な支流と見た。

いくつか集落を超えて上流に向かって右側の川に。

ここで今日初めて釣り人発見。餌師がお二人。最近の渓流竿って長いんですねえ。

もっと上流に行くとまた集落。ここに黒滝山の登山口駐車場がありました。


1z13_2

ここは広くて釣りのベースに素晴らしいかも。

川に降りられる梯子まで付いているぞ!


1z14_2

しかしここからの流れは、滑床の流れです。ウオータースライダー状態です。魚はいなそう。ポイントがありません・・。残念。

じゃあもっと上流は?

すごい大滝が現れました。弁天の滝。


1z15_2

これは険しい谷ですね・・。

集落まで戻って、上流に向かって左側の川へ。

ここも大きな堰堤の連続。やはり川通しで上がるのは難しそうですが、堰堤の上の流れはなかなかよさそうです。


1z16_2

さらに上流の集落で、流れは分かれて細くなっていきます。

こんな高い堰堤で流れは分断される。


1z17_2

この下の滝壺は魚がいそうだね・・。

と思ったら、帰りに餌師がおひとり、堰堤の上から滝壺へ竿を出していました。なるほど、長竿はこういう使い方があるのか。漁港の防波堤より高くておっかない釣りですね・・。

また本流に戻りまして、もう17時過ぎか。今回はここまでです。蝉の渓から上流はまたいつか。星尾川と砥沢も魅力的です。

走りながら、川に降りられそうなポイントをカーナビに登録しました。次回から釣行に活用できそうです。


1z18_2

本流も減水すればいい感じ。支流も思ったより奥が深そうです。

けど険しいかな・・?

だって、道の駅にあった看板。


1z19_2

滝の里・南牧村・・。

滝めぐりも楽しそうですね。

南牧川、来シーズンはこれで釣りに通えそう。元気でいたらね・・。

|

« 新余市と新宮城峡をゲット。 | トップページ | 支流でフライ。 »

釣り・フライ」カテゴリの記事