« フィット3・13G・部品交換&洗車クイックポリマー。 | トップページ | けん太の午後2時間・またまたニューロッド入魂。 »

2015年11月23日 (月)

プレッソLTD AGS53UL-S購入!・・中古。

あ、あれ?部屋にこんなものが・・。

0o1

欲しかったんだよおお・・。

けど高価だから買えなくて、そしたら地元に中古で偶然あったんだよおおお!

管釣り用のトラウトロッドです。

高級です。こんなリッチなセミハードケースに入ってらっしゃる。

0o2

ファスナーをチーって下ろしちゃうよ、チーって下ろしちゃうからね・・。

ほうら、見えた・・。

はあはあ、見ちゃったよ。く、黒いね・・。


0o3

も、もっと、よく見せて。

おお、ダイワの管釣りシリーズプレッソの最高峰リミテッドであります!


0o4

しかし、ちょっと癖のある竿です。もう普通じゃ満足できないんです・・。

プレッソLTD AGS53UL-S。


0o5

ワンピースのオールソリッドなんです。

カーボンロッドには、内部が空洞のチューブラーと、内部まで詰まった無垢のソリッドがあります。まあ今市場にある管釣りロッドのほとんどはチューブラーロッドです

チューブラーは強く張りがあり感度が良いとされています。

ソリッドは柔らかく反発力が弱く魚に違和感を感じさせないといわれています。

積極的にアタリを取って掛けていく、高活性時や大物狙いなどにはチューブラーが。

感度は劣るが柔らかいティップで魚に長くルアーを咥えさせ乗せていく、低活性時に有効なのがソリッドか。

そう簡単に分けられないでしょうが、メーカーのコンセプトはそんな感じ。

けどね、チューブラーでも繊細な竿はあるしソリッドでも敏感な竿もあると思う。

なので、私が期待しているのは、粘り。ソリッドの反発の柔軟さから粘りがあるのかなあって。粘りって曖昧で、感覚的にしかわからないんだけど、なんかあるよね?竿の粘りって。

わたし、手元でポロリが多いほうでして。その粘りがあると魚の動きに追従してくれて掛けてから取り込むまでのスムーズさがあるんじゃないかと感じています。

じゃあグラスだろう?いや、グラスも持っていますが・・。ちょっとダルなんだなあ。カーボンのシャープさを知ってしまうと。あとはあの太さがだめなんです。やっぱ竿はシュッとしていないと!太い竿は夜の時に欲しいけどね・・。

要は優しい感じの竿が欲しいのです。けどべろんべろんに柔らかいんじゃなくて、しなやかな感じのやさしさ。

ソリッドの柔軟性はメリットだが、全部無垢だと重くなっちゃう。だからティップ(先端)だけがソリッドのソリッドティップが主流。

しかーし!このモデルはオールソリッドだそうで、本当?そりゃ凄いよ。バスロッドではあるようだけど管釣りロッドでは珍しいのでは?

詳しくはダイワのサイトを参照。

5フィート3インチという、6フィート前後が主流の管釣りロッドの中で短尺であることのメリットをメーカーサイトでは謳うけど、オールソリッドだから重くてこの短さが限界だった気もしますが・・。

まあ、短いほうがネットの近くまで魚を持ってこれるので取り込みやすいだろう。短尺で大物とのやり取りとか不安だがそこはソリッドの柔軟性で補ってくれることを期待。

キャスト性能は6フィートクラスと同等というので期待。そしてだるさは無いというし・・。

そんなに短いのにガイドは9個もついています。

0o6

ガイド多いし小さい。老眼にはきつい・・。

曲りはティップはかなり柔らかい。そして真ん中からよく曲がります。真ん中から先はXULで、その下はULという感じか。バットはしっかりしています。


0o7

そしてこれがAGS.カーボンのガイドです。


0o8

AGSについては、このルアー道具カテゴリーの、プレッソAGS510XULでのこ記事に詳しく書いていますので省略。

うおおおーー、グリップ、リールシートまでカーボンか。どんだけカーボン好きなんだ?


0o9

竿の各所にいろいろ機能を表すロゴが書いてあります。

SPSって。プレッソのサイトに説明がないが「ソリッドパワースリム」ってやつか。

カーボンソリッドを芯として、その上にカーボンシートを巻き付ける技術を採用。


0o10

メガトップ。ソリッド内部のカーボン繊維とレジン(樹脂)をほぼ均一に配置。強度が1・5倍に。


0o11

AGSはエアガイドシステム。カーボンをベースにしたガイド。


0o12

その他には、ESS,SVF、X45とかあって、大メーカーの技術をつぎ込んだロッドなんですね。使う方としては、まあ凄いってことで・・。

そんなロッドを中古で買ってしまった。最近買うロッドは中古ばかりですけどね。

これ新品だと、結構良い管釣りロッド2本分のお値段。

そんな高価な釣り竿、会社員での家族持ちの人ならそんなの買ったら家族が口きいてくれないよね。

もともとソリッドティップの竿をさっき書いた理由で探していたのだけど、みんな高価でタマ数が少ない。いろいろ調べるとこのプレッソLTDがオールソリッドだという。だが手が届かない。

たまたま、愛車のディーラーの側にある書店とは名ばかりの中古物販店に、車の整備の帰りに立ち寄ると。

有るじゃないか!うう、けど値段は普通の高級ロッド新品の値段ですよ・・。それでも大手中古通販サイトより安いぞ。

そこでダッシュで帰宅。手元のロッド3本とリール2台を掴んで店に戻ったあ!

釣り具をまとめて5台買い取ってもらうと、1万円の中古釣り具商品券をもらえるから!

結果、売却益ともらった1万円の商品券を使いまして、このロッドをタダで入手してさらに手元に1万5千円残ったという・・。

得しちゃった!いや、売ったロッドとリールを買った時にお金使っているんだけどね・・。

買取価格がホントに良かった。特にリール。結構使い込んだのに、このモデルでこれだけスムーズに作動するモノは今時なかなかありません、と買取の人に褒めてもらったし。オーバーホールしたばっかりだったしね。あのモデルのマニアがいるのかな?

売った竿の中にプレッソAGSがあったのだけど。これはプレッソLTDを買うなら売却しようと決めていたのです。

アレちょっと自分には使いにくいモデルでして。とても良い竿なんですがあのグリップが馴染めませんでした。アップロックがすぐに緩んじゃうし、私の使い方が変なんですね。やっぱグリップは丸くないと。

でソレをとても高価に買っていただきまして。無事購入!

プレッソLTD AGS53UL-Sはどう使うか。

反射神経の衰えた私が、ショートバイトを絡めて乗せて掛けていくような釣り。

やはり冬場のマイクロスプーンですね。(私は夏場は渓流に行っているので管釣りはやらないんです)手前のブレイクについてじっとしている鱒に口を使わせるのです。

口にハムっと咥えるだけの魚に「おら、もっと咥えろよ、はあはあ、もっと奥まで咥えてそうそう、おおお、吐き出すなよおお、く、口にか、かけるぞおお!うっ」と、吐き出す前にフッキングに持ち込みたい。

最近そういうことが多い短く弾くようなアタリも掛けられないから、絡めるように乗せられないかなあ。とか。

あとこのロッドね。適合ルアーウェイトが0・8~3・5gなんです。

マイクロスプーンからクランクまで、管釣りルアーのメインがほとんど使えるわけで。ティップが柔らかいとはいってもULのパワーがあるそうです。

それって汎用性が高い。1グラム前後のスプーンメインで、クランクも使える。ミノーやボトムや掛け系の釣り以外ならできそう。

小規模エリアのバーサタイルロッドとしてこれ1本で釣りが出来ると思うのです。

この1本とスプーンとクランクが入ったウェストバックを持って軽快に遊ぶのですよ。短さを生かしてピュンピュン投げてる姿を想像・・。

大規模エリアでも手前のブレイクをランガンしてこれ1本持って1周釣り歩くとかね。

100gの重さがあるけど持った感じ軽快だし、グリップも細くて持ちやすいよ。

短さのデメリットもあるけど、この短さは洒落でもある。

趣味の道具って選ぶところから眺めるとか磨くとかも楽しい。好きな道具は使って当然楽しい。

結果が出るともっと楽しいけど・・。

釣りは練習も楽しいから、遊びながら腕も上がるからよい。だんだん使いこなせるようになるでしょう。

このモデルは釣りの結果を追い求めた姿のロッドだと思うけど、レジャーだから楽しむために良い道具を選ぶというのもありだと思うよ。

さて、ニューロッド入魂なるか?

早速地元の釣り場に午後遅くに持ち込みましたが、なんと大会が終わったばかりの状況。

周りは上手い人ばかりに囲まれ、大会でさんざん叩かれた後の渋い状況で残存魚が釣れるのか?

まあ、結果は悲惨でしたが・・。

うう、リールをセットした姿もかっこいい!


0o13

うーん、これにデザイン的に合うリールって、あれでしょうね・・。

バットガイドの軽が小さいから1000番台が合うのだろうけど、私は2000番にこだわっている。

もう買い物かごに入っていてポチってするだけなんだけど・・・。も、もうもう・・。

さあ、入魂なるか?入魂釣行記はまた後日書きますね。

|

« フィット3・13G・部品交換&洗車クイックポリマー。 | トップページ | けん太の午後2時間・またまたニューロッド入魂。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事