« 14プレッソ2025C購入。 | トップページ | フィット3・13G・サービスキャンペーンとオイル交換&スタッドレスタイヤに交換。 »

2015年12月10日 (木)

けん太の午前2時間半・ブロンズウルフ&14プレッソ入魂。

またまたまたニューロッド入魂と、ニューリールまでも入魂です。現在、久しぶりのタックルの入れ替えをやっていますので、入魂記が続きます。

前回の週末、いつもの地元の管理釣り場、釣りキチけん太さんへ行ってきました。

0g1

この日は、午後から用事があったため、珍しく午前の釣行です。午前と言っても早朝は苦手なので、10時~13時のお昼をまたいでの3時間券です。

やっと真冬っぽくなってきた週末。風がやや強く、冬型の寒い日となりました。今シーズン初のダウンジャケットを着込んでの釣りです。途中グローブも装着、なかなか寒いです。

さて、今回の目的は、またままたたニューロッドの入魂です。

おおおお、こ、これは!

エ、エロイ・・。

0g2

ケースからしてエロいロッド。メタリックゴールドです。

特殊浴場にあるゴールデンで真ん中がくぼんでいる椅子のようなカラーですな。

チーっとファスナーを開けると。

内張りが真っ赤とはまたエロい。

ロッド来たあああーーーー!

ロデオクラフト・フォーナインマイスター・ブロンズウルフ62L-Kです。


0g3

定価は驚くほど高いので中古です・・。最近中古のロッドばかりですね。

これを購入する直前に、書店とは名ばかりの中古物品店でロッドをまた1本売却。このブロンズウルフの中古をそこで購入しようとしましたが待てよと。結構高く売れたので、新品も良いよなあと。

近所のルアー専門店に行きましたが、トルザイトな新品は在庫無し・・。しかし、中古品がさっきの書店よりも1万円安く出ていた!

買っちゃった・・。

売却ロッドとの差額1万4千円でゲット。また得しちゃった。ってその売ったロッドを買った時高かっただろうがあ!

フロントグリップからギシギシ音がするというので安かったのですが。私のフォーナイン60ULも竿の根元からギシギシ音が凄かった。けどコルクの乾燥具合でブランクの根元との摩擦で音が出るようで、フロントグリップをブランク側に回して外して、鼻の頭の脂をブランク根元に擦り込んだら治りました(笑)。なのでこれもそのやり方で治ると思って。結果、全くギシギシ音はしないです。

フォーナイン60ULは気に入っているのですが、あのバイトに対して竿が入る乗せ感覚と適度な張りでの掛け感覚のバランス、魚を掛けてからの竿の曲がりと粘りでの追従性はバラシが少ない見事なロッドです。

そのイメージがこのロッドにもあるのではないかと。そして、最近自分が気になるリールシートのバール材を採用し、24K金箔貼りのリングなどエロい見た目も気に入りました。


0g4

かっこいいロッドです。グリップのコルクは使い込んではありますが、まだまだ使える。

12ルビアス2004を装着。このロッドの製作者の意図はフロロラインでのスプーニングですが、このロッドを私は巻きのオールラウンドとしてメインロッドとしたいので、まずは最近使おうとしているナイロンラインでスプーンからクランクまで使ってみます。

ナイロン3lbで。

釣り場全体はまったりしてますか。適度に人が入っているので、川側下流でフライマンに囲まれて。

パイロットルアーはロデオに敬意を表してノア1・8グラム。オレンジイエロー裏カラシで。

これで私もウルフになれるのか?

行っけえええーーーーっ!俺のウルフウウウーーーーっ!

中層、表層、ボトムとサーチして、ボトムからの巻き上げで何度かバイトがありますが咥えない。ノア1・8グラムでカラーローテ。派手目で青銀、グリメタ不発。やはり渋いね。戻してパイロットルアーのイメージでイエローを。軽い触りアリ。

ならば残るはカラシ。触り程度です。普段はあまりやらない誘いをこのロッドの製作者のイメージでやってみます。この人の巻きはいろいろ誘いのアクション入れるからね。真似します。

普段は人差し指でタップを入れる程度ですが、まずはロッドのグリップをきゅっと握るアクションを入れて3回目でゴン。巻き合わせてヒット。

おっと良型、良く引きますが、このロッド、キャストはシャープですが全体は割としなやか。フォーナイン60ULより気持ちファースト寄りの硬さが若干ある気がしますが似ている感じ。L表記の硬さはありません。フォーナインは表記よりも他メーカーより1段柔らかい気もするけどね。

それでも少し張りを感じましたが、魚を掛けると真ん中から気持ちよく綺麗に丸く曲がります!私の良いロッドに求める粘りがやはりフォーナイン60ULのようにあります。ロッドが良く曲がって追従性が良い。

いきなりの良い型ですが魚がスムーズに寄ってきます。

チョイ大きめで入魂完了。ノア1・8グラム和カラシ。


0g5

いやあ、これは良い竿の予感です。まずは好印象。これからいろいろ判ってくるでしょう。

次に、前回書きましたニューリール、14プレッソ2025Cの入魂です。


0g6

うーむ。プレッソLTD53UL-Sとの組み合わせ、プレッソ同士のイメージ統一でかっこいいです。

こいつはフロロ1・5lbを巻いてあるのでマイクロ系へと落として行こう。

ノア1・2グラム不発の後、ジキル1・1gへ落とす。バイトが少ないのです。水の色はステインですが、魚がほとんど見えない。いないのか活性が低いのか。苦戦中。

やっぱカラーはカラシか?

ティップの位置を変えたり巻きのスピードを変えたり誘い。のそっとティップを抑えて巻き合わせ。


0g7

ソリッドロッドの効果か、上手く乗りました。

14プレッソ入魂完了。

巻き出しは流石に軽い。スムーズな巻きフィール。ギヤのガタは無くノイズも少なく高級感のある巻き心地。けどまだ馴染んでいないので巻き全体は重めです。使い込めば軽くなってくれるでしょう。全体にノイズが少なく、気持ち良い巻きですね。

カラーコーディネート。

0g8

くうう、この組み合わせをやりたかっただけでの購入ですが、これで良かったのだ。

0g9

しかし、バイトが少ないです。誘いのやりすぎか?いや誘わないともっとあたらない。

再びブロンズウルフに交代。

んーこんだけ渋いと、タイトなロール系で行くか。

Fドラッグ1・2gで。

0g10

いろいろローテしたが、やはりカラシ色の反応が良い。これしかパターンが見つかりません。

0g11

これでもう1匹。なんか合わせないでくーっと乗ってくれた。

0g12

ここで、とまりました・・。

お昼の長い沈黙です。珍しく午前に来ましたがやはり遅すぎたか。お昼の悶絶を味わう。

もう展開が見つからないのでクランクへ。

ブロンズウルフのクランク性能を探ります。ロッドの製作者はクランクをやらないようですが。割としなやかなんで使えそう。

今日はレンジが厳しそうなので、モカSS/DRで細かにレンジを刻むクランク。最初のグリ巻き回数を変えたり、SSなんでカウントダウンしたり、巻きスピードをデッドスローから上げて行ったり。

やっと来た。ゴンと大き目のあたりにロッドがぐっと曲がってバットでオートマチックに掛かる。合わせないで掛かりました。

モカSS/DR・FS02

0g13

この辺りに入りました。風が吹いたり止まったり。


0g14

この時間の放流はありませんでした。

スプーンだと当たらない。棚を見失った・・。

クランクで広範囲に探ります。

マイクロクラピーDR・ヨウラハラゲビッチ

0g15

宮城AVオリカラです。これもオートマチックに掛かった。大き目のバイトは合わせないでも掛かってくれます。クランクでも使える感じですね。良い竿だ。

マイクロクラピーを宮城AVスタッフY田さんチューンで。シンカーをおでこと喉元に1枚づつ貼る。フックリングを1個足してスプーン用細軸フック#8を装着します。これ低活性にいい感じなんです。


0g16

その後またアタリが遠のく。

午後の用事が気になるので早めに上がります。

10時~12時半の2時間半で6匹と悶絶でした・・。

アタリが少なくて残念、いやアタリを出せなかった自分が残念。対岸の常連さんたちは釣っていましたからね。

しかし、けんたもいよいよ真冬モードで厳しい季節になるのかなあ?入る時間帯も考えないとね。

普段やらない誘いを沢山いれてみましたが、効くのもあったし効かないのもあった.要研究ですが、やっていて楽しいので今後もやってみよう。

今回のタックルはこの2本。入魂が目的だったから。


0g17

フォーナインマイスター・ブロンズウルフ62L-K

あのフォーナイン60ULとちょっと被る部分があるので62MLーKでもよかったかな?

けど、イメージ通りの良い竿でした。使い込んでもっとわかってくるのを期待。


0g18

このバール材のリールシートに惚れたのよ。

0g19

今後のロッド購入はこの部分の美しさが基準になる(笑)。

スプーンとクランクにと巻きのオールラウンダーとして活躍してくれそう。やっぱ評判の良い竿は良いのだ。次回はフロロを合わせてみたい。

14プレッソ2025CとプレッソLTD53UL-S


0g20

このカラーのコーディネート、たまらん。この組み合わせでバーサタイルロッドとしてこれ1本で使いたい。やはり短いので、6フィート前後と併用すると違和感があるんだよなあ・・。

どちらも乗せ掛けのイメージ。バイトに対してティップの入りが良いし、掛かれば良く曲がってブランクが粘って魚に追従してくれます。今回はバラシがゼロです。

今シーズンは、微弱なバイトを乗せて掛けられるティップの入りの良いロッド、魚が掛かってから追従性の良い粘るロッドでバラシを減らすをテーマにロッドを入れ替えているのです。

その点はこの2本は合格と感じました。これから使い込んでみましょう。

次回はどこへ行きましょうかね?

|

« 14プレッソ2025C購入。 | トップページ | フィット3・13G・サービスキャンペーンとオイル交換&スタッドレスタイヤに交換。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事

釣り・釣りキチけん太」カテゴリの記事