« 寒う。 | トップページ | けん太の午前2時間半・ブロンズウルフ&14プレッソ入魂。 »

2015年12月 9日 (水)

14プレッソ2025C購入。

もう入魂済なんですけどね、最近購入しましたリールのダイワ14プレッソ2025Cです。

ルビアスよりも上の機種なんで、箱も高級ですねえ。

0h1


最近リールを中古ショップに売却した時、同じモデルでも箱無しより箱有の物件の方が高く買い取ってもらえたので、この箱は別に保存しました・・。

楽天ポイントが7500ポイントも溜まったので利用したところ、お得に購入できましたよ。こいつのポイントも5倍でまた溜まりましたし・・。

14プレッソということで、2014年に発売のモデルですが、この2025Cは先月新発売の追加機種です。

0h2

浅いスプールのルアー専用機。より細いラインが巻けます。

管釣りトラウト専用ブランド・プレッソのリールです。繊細で感度を求められる管釣り専用機ですが、メバリングとか海釣りで使う人もいますよ。

2025CのCはコンパクトのCか?

2014年のモデルチェンジ時には、1000番台の1025、それに2000番クラスのスプールを装着してハイギヤ仕様の2025Hが発売されていましたが、2000番台のノーマルギヤタイプのこの2025Cが追加発売となったのです。

プレッソシリーズ共通イメージのオレンジをアクセントに、マットブラックの精悍なカラーリング。

0h3

ルビアスの2004を07,12,15と愛用している私は、その上位機種である14プレッソを発売当初から気になっていましたが、私はフロロをメインラインにしていたので、小口径なスプールの1025ではライントラブルが心配。

2025Hはハイギヤなので、ハンドル1回転当たりのライン巻取り長を揃えたい私には不便。2025のノーマルギヤが出ないかな?と思っていた私は飛びついてしまいました。

1000番ボディーの1025に2000番スプールを装着したノーマルギヤモデルが2025Cです。

ちなみにナイロンライン2・5lbが100メートル巻けます。2004は4lbが100メートル巻けるのでより浅いスプールなんですね。ラインの下巻きとか注意が必要。

ベースは12ルビアスのようです。ベアリングは15ルビアスの8個から10個に増えていますね。

最大の特徴は、ローターがザイオン製になっていること。カーボン素材でより軽く剛性の高いザイオンを回転部分に採用しているので、より巻き出しの軽さや感度を期待できます。

マグシールド搭載でATDドラグ。

スプールの肉抜きもかっこいいね。エアローターが細いね。


0h4

ハンドルノブもザイオンになりました。平たい形状は持ちやすい。

0h5

普段ルビアスではリブレのカスタムハンドルに交換しているのですが、そのフィーノというノブと持ち替えてもあまり違和感がない。ノブの付け根のガタつきが無いのは優秀。けどベアリングが入っていないよね?ノブの回転はリブレのフィーノより悪いです。使えるレベルですが。

ハンドルは折角かっこいいのでこのまま行こう。ただハンドル長が35ミリとやや短いので慣れが必要。

マットブラックがやや地味ですが、渋いカッコ良さがあるよ。


0h6

ざっと15ルビアスと比較してみます。

左が14プレッソ2025C、右が15ルビアス2004(ハンドルはリブレに交換)。

0h7_2

やはり1000番ボディーの14プレッソの方が15ルビアスより一回り小さいですね。

ギヤ比4・8:1とハンドル1回転のライン巻き取り長64センチ、最大ドラグ力2kgは両方とも同じですが、自重が15ルビアスが185gですが14プレッソは175gと10グラム軽くなっています。

管釣りリールは軽さが重要だよ・・。

こう並べてみると大きさの差がよくわかりますが、使ってみての違和感はないですね。

0h8

使用感などのインプレ比較は、今後釣行を重ねて書いてみたいと思っています。

なぜ14プレッソを導入したかと言うと・・・。

この冬は管釣りタックルの入れ替えを行っています。

リールは07ルビアス2004を2台、12ルビアス2004を2台、15ルビアス2004を1台の体制でしたが、07ルビアスがオーバーホール後もあまりにもゴギゴギの巻き心地になってしまったので手放すこと決意(あのドラグ音は魅力ですが・・)。

今季はロッド4本体制もやろうと思っているのでもう1台リールが必要。

15ルビアス2004が候補でしたが・・。私の所有する15ルビアスの個体差だと思いたいのですが、ギヤのガタつきが気になるのです。ハンドルの付け根からギヤごとガタガタと動いてしまう。07ルビアスではあった症状ですが、12ルビアスでは消えていたのに、15ルビアスでガタが復活してしまうとは。15ルビアス購入時にはいろいろ在庫を巻いてみることをお奨めしますよ・・。

それでダイワの別候補を探していたのですが。14プレッソは1000番と2000番ハイギヤしか無かったので外していたが、今回新発売のノーマルギヤの2000番モデル2025Cが出たので購入してしまいました。

さっきの理由で、15ルビアスよりも12ルビアスの方を信頼しているので、12ルビアスベースの方が嬉しいしね・・。

いや、最近中古で購入したロッド、プレッソLTD53UL-Sとのマッチングが重要でした。

このプレッソ同士のトータルコーディネートがやりたかったのだ!

0h9

かっこいい・・。やっぱコーディネートはこうでねえと。

このプレッソセットは、バーサタイルスタイルでこれ1本で釣り場を軽快に楽しむように導入してみたのです。短くて取り回しが良くフルソリッドで食い込みが良く粘るロッドに軽快なリールの組み合わせ。

その他、現状ではフロロ1・5lbを巻いてあるので、マイクロスプーンを中心に繊細な真冬の低活性時の釣りに使用する予定です。

先日の、入魂釣行記はあまり釣れなかったのですが、また後日に書きますね。

|

« 寒う。 | トップページ | けん太の午前2時間半・ブロンズウルフ&14プレッソ入魂。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事