« 今度の曲。 | トップページ | ロデオクラフト・スプーンワレット(大)にスプーンを整理。 »

2016年1月30日 (土)

ぼくは麻理のなか・7巻。

漫画レビューです。

「ぼくは麻理のなか」7巻。

3f1


押見修造著・双葉社アクションコミックス・税抜き600円。

冴えない男子大学生が憧れていた女子高生の心に入ってしまい、女の子として暮らすドキドキ漫画、になるはずでした・・。まさかこんなミステリー作品に。恐ろしい展開です。

ここまでのあらすじは、前回1~6巻のレビュー記事をここに書きました。

ざっとあらすじを・・。

大学に行かずゲームばかりする男子大学生・小森は、密かにコンビニに来る女子高生に憧れ、後を尾行していた。ある夜、いつものように彼女の後ろを尾けると、彼女は振り返り小森は意識を失い・・。気が付くと小森は彼女になっていた。

名前は麻理。そこから麻理になり切って女子高生として生活を始めるが、キョドってしまう。なんとかしようと入れ替わっていると思い自分である小森を訪ねるが、麻理などは知らないという。

麻理の変化に気が付いた密かに麻理に憧れていた同じクラスの女子の依は問う「お前誰だ」。すべてを白状した小森真理は依と一緒に行方不明の麻理を探し始めるが・・・。

女子としての暮らしの違和感、こじれる女同士の関係、迫り来る男、麻理の周囲を壊していく小森麻里。

麻理を探す中で現れる謎達。小森の周りに残る麻理の痕跡。麻理は小森が入る前に小森を知っていた。むしろ小森をストーカーしていた?

そして蘇りつつある麻理の記憶。「ふみこ」とは誰なのか?

これね、ほのぼのと女の子になった男の姿、トイレが、着替えが、お風呂がー、という戸惑った姿を描いた漫画だったんですよ、最初はね。

小森麻理がさらけ出す、女子だったら人には見せられない姿、っていうのを男子の視点で見せてくれる漫画でしたが、7巻では吐瀉物まで見せてくれますから(笑)。見せなくていいから気持ち悪いよ。思わずもらっちゃいそうになりましたよ・・。

怖い話になっていく。7巻では謎がいよいよ解かれ出します。

この7巻では「ふみこ」の謎に迫ります。

3f2


小森麻理もあのキスの件以来、依に恋してしまったよう。幼いころの記憶をたどり「ふみこ」の写真にあった観覧車。遊園地を探し出し、二人はデートのように遊ぶ楽しいひと時。夕暮れ、覚悟を決めて観覧車に乗り込む二人。

もしこの観覧車に乗って、麻理さんの記憶がよみがえったら・・。

3f3


幼いころの記憶は蘇ります。

最終的には、やっぱりこれは以前の記事で想像していた展開に・・。

さあ、まだ読んでいない人は、1~7巻まで一気読みだっ。

ただし、エッチなんで大人限定です。

・・・・・・

・・・・・・・・

さて、7巻研究をやります。既読の方はどうぞ。

ここから先は、ネタバレを含みますので未読の方は読まないように。

・・・・・

さあ、とうとう現れる本物の麻理?あの入れ替わった時と同じように振り向いた麻理。小森麻理は「やっと会えた・・、ずっと探していたんだよ」

だが麻理は小森麻理に言う。

「きえろ」

やはり前回の記事で書いたように、麻理の中に小森は入っていなかったのか・・・?

謎のカギは母親の存在でした。恐ろしい表情の母親が出てきましたね。

作者のこの展開は見事です。読者は途中まで騙されてしまう。

まず小森が身の上話から始まりこの物語の進行をしていったこと。麻理になった姿で。この話の主人公は小森であるという設定。が、小森ではなく麻理さんそのものが主人公に今後なっていくのでしょう。

もう前半の小森のことは何処までが本当のことなのか?麻理さんの妄想なのかもわからなくなる。

小森が麻里のことを全く知らなかったという現実から考えると、冒頭の小森の大学生活での話、そして麻里さんを尾行するシーンは、すべて麻里さんが小森を観察した中で得た情報から、小森麻里が語った作り話ということになります。

プロローグから作者は読者を騙してきたわけです。あの尾行シーンで出てくる楽しそうな家族連れを見る場面も小森麻里の妄想であり、今後の展開を暗示しているのでは?

タイトルにも騙されましたね。小森の視点で付けられたタイトル「ぼくは麻理のなか」ではなく、麻理の中に現れた小森という人格「麻理のなかのぼく」ということでしょうか?

幼いころの記憶の蘇りとともに、小森人格は終わったのでしょうか。

人格を失い?表情を無くした麻理さんに救いはあるのか?

今後は小森になったなぞも解き明かしてほしいぞ。

母親から逃れられるのか?

実は一番の被害者だったのは小森(笑)。アパートで寂しく暮らしていたところに突然可愛い見ず知らずの女子高生が現れ「僕はお前だから」言われて一緒にゲームをしてくれたり。それであんなことをしてもらっちゃったら好きになってしまう。なのに告ったら、「僕らは同じ僕なんだぞ、気持ち悪い」と拒絶されてしまうなんて。かわいそう・・。

けど髪を切ってバイトに行く小森の姿は成長させることになったのかな。

さあ、依か、小森が行動するのか?麻理を救えるのでしょうか?

今後の展開が楽しみですね。

|

« 今度の曲。 | トップページ | ロデオクラフト・スプーンワレット(大)にスプーンを整理。 »

読んだマンガ」カテゴリの記事