« 花粉症の薬を変更・眼科医へ。 | トップページ | フライタイイング道具を頂きました。 »

2016年2月28日 (日)

14プレッソ2025C2台&ZPIハンドル・ファンネル。

今日は午後から釣りに行こうと思ったけど、急に風が強くなってしまった・・。

この時期の風には花粉がたっぷり。外出はお休みしました。くう、そうか、まだ花粉があまり飛んでいない地域に釣りに行けばいいんだな、もっと寒い所へ・・、検討しよう。

そんなんで、釣り具いじりです。

最近メインに使っている管釣リール、14プレッソ2025C。いつの間にか2台になっていましたね。

2o1


ダイワの管釣専用リール。マグシールド入っているし海釣りのアジングとかにも使えそう。

2025CのCはコンパクトの意味。

これ、1000番台ボディーに2000番台スプールを装着しています。

14年デビュー時には、1000番ボディーの1025と、2500番ボディーにハイギヤの2025Hの2モデルでしたが、これが追加された。

普通にプレッソにノーマルギヤ2000番の2025が出ないかなーと思っていたらコンパクトボディーで出たわけで、思わず購入。

今まで愛用の12ルビアスは2004で統一。2000番の大径スプールの方が小径の1000番よりフロロとかの張りのあるラインでトラブルを防いで扱いやすい。今後エステル使う予定だし。1000番の軽さは魅力ですが以前ルビアス1003は手放してしまったし。

2o2

1000番だとギヤが小さくなって巻取りパワーも弱くなるかなーと思っていたが。管釣りだし大きくても50センチ前後のトラウトが相手で止水であります。釣り場が空いていればじっくりやり取りできるし巻取りパワーがそんなに必要とは思わないです。これが海釣りだと70cmのスズキなんか掛かった時には波や根のある海じゃ大変でしょうけど。

ところがダイワのプレッソサイトを読んでみたら、この2025Cのパワーが弱いことにメリットがあるとの記載。

「パワー的に弱い=よりセンシティブな巻き感度を感じ取れるメリットがあります。」

「そのパワーや、巻取りスピードが、今でもファンの方が多い05EXIST2004や、スティーズカスタムとほぼ一緒(当時のリールのギヤーは小さかったんです)という点も、シニアアングラーの方々にはメリットとして感じて頂けるのではないでしょうか。」

て、ことらしいよ。

まあ、感度が良いってことなのね。私は軽さがメリットだな。一日竿を振っている釣りだもの。軽いし、とてもリール自体がコンパクトなんで振り回しやすいよ。

15ルビアスが出る前のモデルだからメカ的には12ルビアスベースなのかな?

私、個人的には15ルビアスより12ルビアスを信頼しているのですよ。導入した15ルビアス2004が最近出番が無いのは実はあの個体が、モゴモゴモ・・。いつかはちゃんと書きますけどね、もう使っていないのですよ。

まあ14プレッソは、デザインと軽さで選んだようなものなんですが・・。ルビアスに比べると、ローターがイグジスト同様のザイオンになっているのが一番の違いかな?ローターが軽くなって巻出しが軽くなり感度も上がっているとのことだから。

全体の軽さにもつながっているし。

15ルビアスの1003が175g、2004が185gに対し、14プレッソ2025Cは175gです。

ルビアスの1003と同じ、2004より10グラム軽くなっているよ。

ベアリング数は15ルビアスの8個から10個に増えている。何処のベアリングなのかな?

まあ増えていることは良いことだ。ちなみにイグジストのベアリングは12個だから近づいた。

この時所有のリールは15ルビアス2004一台、12ルビアス2004が2台、それに14プレッソ2025Cが1台と。竿3本でやっていてそろそろ4台体制にしようと思っていたからこれで十分だったんだけど・・。

買ったばかりの15ルビアスがモゴモゴモゴ・・・な状態なのでどうしようかなあと。

その時楽天ポイントがこんなに貯まっていました。1ポイント1円で使える。


2o3

100円で1ポイントもらえるから楽天での購入金額は・・・。

いやいやそんなに買ってません(笑)。ポイント10倍セールとか限定ポイントをたくさんもらったのだ。最低4倍じゃないともう買い物しないし。


2o4

それでも買い物結構していますね。もう楽天の思うつぼ。

このポイントの限定期間が切れる前の年末にポイント全部使って、結構お安く2代目の14プレッソをゲットしたというわけです・・。

タックルを持ち替えた時になるべく違和感がないように同じリールで揃えたいのです。

器用な人ならハイギヤを1台入れたり1000番を入れたりできるんだろうけど私は違和感ありで無理。これで14プレッソ2025Cが2台と12ルビアス2004が2台。あと15ルビアス2004が1台の5台体制に。

けど使ってみてね。結構気に入った中で、

14プレッソの気に入らないところがあった。

まず糸止めが緩くて、ラインがはさめないところ。セロテープで止めてますよ。結構不便。

もう一つはハンドルが短すぎる。2025Cは35ミリです。

ルビアス2004は45ミリですが、ちょっと短くしようとリブレにハンドルを変更して43ミリで使っていた。

やっぱ35ミリは短いよなあ、使っていて。ザイオン製のハンドルノブはかっこいいんだけど。

なのでハンドルを購入して変更しました。

これまではリブレのF.V40-43というのを使っていた。これはハンドル長を40~43ミリの間で可変できた。で43ミリにしていたんだけど。

リブレね。リブレ3台持っているので装着できますが、がっちりしていて見た目もかっこいいんだけど、ちょっと重い。

せっかく14プレッソが軽いんだから超軽量ハンドルにしてみたい。軽いハンドル探した中で、これにしました。

ZPIのRMRファンネル。ダイワ用の42・5ミリ。


2o5

中途半端な長さですが、リブレの43ミリに一番近いのを。

なんでファンネルにしたかというと、この時ちょうどオレンジ色が新発売になったのです。オレンジはプレッソのカラーです。コーディネートできるぞ。それで決定。


2o6

リブレは40ミリにもできるので、全部40ミリにして巻けるように練習しようか?と思いましたが・・。

長いほどこのカーボン部分が長くなる仕組み。長いほうがカーボンらしくなってかっこいいと思った。値段はどの長さも同じだし長いほうがお得(笑)。で40ミリやめて42・5ミリと・・。

2o7

純正ハンドルもかっこいいんだけどね。ザイオンだしオレンジ部分もあるし。

けど短いんだよおお・・。

2o8

交換したらこうなった。


2o9

かっこいい・・。

リブレF.Vは12ルビアスに装着してPEタックルでのミノーやボトムで使用中。ストップ&ゴーとかハンドルを酷使する釣り方だからリブレの剛性が頼もしいのです。

2o13


このリブレF.Vは、管理釣場・宮城アングラーズヴレッジ別注品の限定カラーです。長さは微妙に短くして42・5ミリにしています・・。

でと、軽さはどうなった?

自宅のタニタのはかりで実測。純正ハンドルが19グラム。これ軽いよね?

けど、ファンネルはもっと軽くて実測12gでした。

7グラムの軽量化に成功。数グラムでも管釣りのタックルはもともと軽いから効くのだ、軽いほど楽なのだ。

まあ実際持ってみると軽いです。15ルビアス2004より確実に軽く感じます。

オレンジ部分が多くてよい。ハンドルがまっすぐで、なんかシュッとしていてよい(笑)。


2o10

手持ちのロッド、プレッソLTDに装着。これがやりたかったのね・・。

おお、カーボン柄がぴったりコーディネート。

2o11

クールですよ。

そしてプレッソカラーのオレンジが合う。トータルコーディネートだよ。

2o12

めでたしめでたし。

ただ、巻いた感じまだ馴染んでいないかなー。巻出しは軽いんだけどね。

12ルビアスはもう馴染みすぎて滑らか。マグシールド効果なのかどんどん滑らか。けどそろそろオーバーホールかな?

15ルビアスはさらに巻きが軽い感じですがね。

14プレッソはしっとりしているか。だんだん滑らかになると予想。

リール5台はいらないので、そろそろ15ルビアスを決着させるか・・。後ほど報告します。

14プレッソ、馴染ませなくちゃな。ドラグ性能は12ルビアスでも満足なんで、良いと思う。大物も釣りながら調整しやすかったし。ただドラグの音がシマノみたいなリリリリって感じの涼やかなきれいな音になっちゃった。ルビアスのあのギャーギャー音がよかったな・・。

軽くてコンパクトな点とやっぱ見た目のカッコよさ、14プレッソ2025C気に入っています。

|

« 花粉症の薬を変更・眼科医へ。 | トップページ | フライタイイング道具を頂きました。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事