« フライタイイング道具を頂きました。 | トップページ | 2016年上州漁業年券。 »

2016年3月 1日 (火)

鳳凰美田 №14 無濾過本生 純米吟醸。

最近、北関東の日本酒が人気になってきたような。わが群馬県の地酒も旨いのもが沢山出てきました。これからぼちぼちご紹介するつもりですが・・。

今回の日本酒レビューは、お隣の栃木県を代表する酒です。

鳳凰美田 №14 無濾過本生 純米吟醸 小林酒造(栃木県小山市)

2m1


小林酒造さんの鳳凰美田(ほうおうびでん)です。

栃木県産の酒米「とちぎ酒14」を使った酒。この酒米は初めて飲みます。

生酒と火入れがあってこれは生酒。火入れは緑の透明瓶です。

2m2


米:とちぎ酒14全量 精米歩合55% アルコール度・16~17度 そのほかデータ不明。

2m3


冷やで。

香り:フルーティ~。栃木だからじゃないだろうが苺が全開に香る。とても美しい吟醸香。

2m4

飲む:なんとも香りそのままの風味。苺を頬張ったようなジューシーなフルーティーさです。綺麗な液体は甘い。発泡感は意外にも無く、滑らか。甘く、少しの酸。最後は切れるが、果実の甘い香りが長く残る。

やや残り香に吟醸香がきつく、食中酒にするには香りが強い。美味しいがこの香りに合せる肴が思いつかない。これだけで飲むのが良い。塩でもなめながら対峙したい感じ。

実に華やかな香りの美しい酒です。なんでも燗をしてしまうが、この酒は燗をしたくない。裏ラベル通り、冷やした状態から温度を常温へと上げながら楽しみたい。

米の旨みもある。華やかさは、普段日本酒を飲まない女性におすすめ。香りにうっとりしちゃうかも。甘いけど甘過ぎないし。

この華やかさは凄い。けど華やか過ぎて、やや飲み飽きちゃうかなあ?華やかな香りを楽しむ酒。合せる肴が難しいのが惜しい。☆☆☆☆★

開栓三日目。程よく香りが抜けて来た。甘さも出たが米の旨みがふっくらと出て、最後も良く切れる。ホッケの塩焼きが合った。ちょっと甘いけど。

開栓したては華やかさを楽しみ、数日たってから肴と味わえました。

|

« フライタイイング道具を頂きました。 | トップページ | 2016年上州漁業年券。 »

飲んだ日本酒」カテゴリの記事