« おっさんスマホ購入記・その2。 | トップページ | 500万アクセスをありがとう! »

2016年7月 5日 (火)

どーにもこーにも。

先週末、妻が入院しました。

肺炎を拗らせてしまったのです・・。

まー、そーいうふーになるよーになってしまったので、どーにもこーにも困った。

妻は40代中盤で体力もあるから命の方は大丈夫でしたが、肺炎を甘く見てはいけませんよ。

何故、妻が入院に至ったか、とってもわかりやすいので説明しましょう。

妻、6月の20日ごろから咳が出ました。

6月23~24日は激しく咳き込むようになりました。

25日の土曜日、それって肺炎ぽくない?と私が医者に行くように奨めましたが、妻は太田市まで研修に出かけました。そこでもう咳が止まらない状態に。

26日の日曜日。発熱。夕方には39度4分まで上がる。こりゃまずいだろ?もう酒を飲んでいた私が救急車呼ぼうか?というと、解熱剤を飲んで寝るという。

27日朝、熱が平熱以下に下がっていた。これなら大丈夫と妻は出勤・・。前日に39度超えなのに仕事に行くとは。仕事中に貧血。早退して帰宅。この日は38度台の発熱。

28日。動けなくて仕事を休む。夕方、以前行ったことのあった地元の呼吸器科医院へ行く。レントゲン右肺に影。肺炎と診断。絶対安静、金曜日まで熱が下がらなければ入院と言われる。抗生物質投与。熱39度。頓服の解熱剤を飲んで寝る。

29日朝、熱は平熱。仕事へ行く。残業して帰宅。熱38度。解熱剤を飲んで寝る。

30日朝。熱は平熱。仕事に行く・・・。残業して帰宅。熱は40度(!)。救急車呼ぶ?いや、頓服の解熱剤を飲んで寝る。

7月1日朝。熱は37度。仕事に行く・・、死ぬぞ・・。前夜40度の熱が出たのに仕事に行く人って。午後早退して呼吸器科で再診。咳は毎日激しく止まらない状態。

レントゲンの肺の影が拡大。悪くなってるってそりゃそうだ。安静にしてなかったので医師は激怒。入院を言い渡す。他の病院へ入院の連絡をされるがその病院は一度診察してからということに。紹介状を渡される

2日、朝9時、私が妻を送る。一般外来が出来ない紹介外来と救急のみの大病院です。私がいつも人間ドックに来ているところ。診察室に私も呼ばれる。上記内容を説明。

検査開始。CTスキャンに明確な右肺の影。炎症反応強。入院を言い渡される。妻は仕事に行きたいので入院できないと懇願するも、仕事に行きそうだから入院しなさいと言われる。これ以上酷くなると呼吸困難のおそれ、自宅にいても救急搬送されるだけなので入院したほうが良いとのこと。

咳が酷いので個室に入る。

午前と午後で別種類の抗生物質を点滴投与。

現在に至る。

私は毎日、妻には仕事に行かずに病院に行けと言ったのですが。私のいうことを聞くような人じゃないので・・。

入院したのでホッとしましたよ・・。

安心しました。

点滴がつながっているので動けず、寝ているしかありません。咳は続きますが、熱は下がって治ってきました。やはり安静は大事です。肺炎は甘く見てはイケませんよ!

仕事帰りに私は毎日病院に行っています。着替えとか持って行かないとね。

そんなので、しばらく何処へも行けません。ブログもやっと容態が落ち着いたので今日書いてみましたが、もうしばらくはいろいろ無理そうです。

大変です。いろいろな目にあってます、この春から・・。

夏休みの頃には復活したいものです。

けど私も、なんか咳が、止まらな・・・・。

|

« おっさんスマホ購入記・その2。 | トップページ | 500万アクセスをありがとう! »

つぶやき日記」カテゴリの記事