« 上州亭(高崎)・上州麦豚生姜焼き弁当。 | トップページ | やっと、秋彼岸。 »

2016年9月23日 (金)

獺祭純米大吟醸三本・磨き二割三分、寒造早槽48、温め酒。

急に涼しくなってきて、これから日本酒が飲みたくなる季節到来です。

あの人気の日本酒・獺祭(だっさい)が最近、入手しやすくなりましたよね?

高島屋のデパ地下でずらっと獺祭が並んでいたのを見たし、ネット通販でも定価で売っていますよ。

以前のプレミアム価格がウソのよう・・。工場の生産能力を上げたけど、良質の酒米・山田錦が入手できなくてといっていましたが、増産できるようになったみたいですね。

品質の良いお酒なので買いやすくなった今、是非飲んでみて欲しい。過去定価で購入して飲んだ獺祭のことを書きます。

W1

価格の高いイメージがありますが、定価ならばむしろ純米大吟醸としては安いと思いますよ。ちなみに獺祭は純米大吟醸しかありません。(等外23、等外火入れという酒があり、酒造りの基準に満たない等外米をあえて農家保護のために買い取り仕込んだ酒で、大吟醸を名乗れないという、不定期で作る純米大吟醸以外の獺祭がある。)

今年の正月過ぎに飲んだ、冬にかけて美味しい獺祭を3本ご紹介。

獺祭・純米大吟醸・磨き二割三分

W2


とても高い精米歩合23%という獺祭。獺祭の中でも定価は高めですが、この精米歩合ならばお得なのかも・・。他の蔵では精米歩合40%くらいでもこの価格帯は結構ありますから。

W3


売り上げ金の一部はユニセフへ寄付されます。

W4


アルコール度数:16度 精米歩合23% 日本酒度+4.0 酸度1・1

香り:大吟醸として華やか部類ではないが、上品さ。野に咲く花のようなさりげなさ。派手さ華やかさよりも気品。

W5


飲む:液体は滑らかで、よどみのない透明感。透き通る柔らかさを口で転がすと、ほのかな甘みと果実のような香りと米の旨みが程よいバランスで広がる。辛みが来て、飲み込むと程よい苦みで切れる。余韻にはほのかな花のような香り、米の旨みと辛みが長く、切れる。心地よい辛さが続いていく。

綺麗さを追求した造り。雑味などみじんもないクリアさ。旨みよりも透明感を楽しむ酒か。

どこまでも綺麗で美しい酒・個人的お気に入り度(5☆満点)☆☆☆☆★

日本酒が飲めない人にぜひ。白ワイン感覚で飲めます。のんべえには物足りないですが・・。

つるっと飲めてしまうさらっとした酒。ただただ美しい。スペックは定価を超えるが味的には定価相当。定価での購入を。

獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽(かんづくりはやぶね)

W6


冬季限定。獺祭では珍しい(私が入手できないだけかも)搾りたての生酒です。

W7


寒造り仕込みの新酒を飲んでもらおうとのことで、冬のみの限定。

山田錦の純米大吟醸50(精米歩合50%)を8割、純米大吟醸磨き三割九分(精米歩合39%)を2割ブレンドし、純米大吟醸48としています。

W8


香り:獺祭の香りは華やかさよりも透明感と個人的に思っていますが、これは大吟醸らしい華やかさ。メロン、マスカットのフルーティーさ、良い香りです。

W9


冷やで飲む:生酒らしい軽い微発泡感、口にフルーティーな香りが広がります。獺祭で感じる透明感よりも華やかさが前面にあります。

口当たりは甘いですがベタつかず、甘さを包む心地よい酸味と余韻の苦みで切れます。

後口に綺麗な吟醸香。米の旨みもある。

獺祭は綺麗な酒ですが、今までは何か迫るものが欲しいなあと感じていましたが。これには甘みと旨みキレがバランスよくあって、ぐっと迫るものを感じました。この定価で素晴らしいなと。

三日目は旨みも増して、これは旨口の獺祭。コクのある旨みは獺祭で一番感じました。

個人的お気に入り度・☆☆☆☆★

獺祭・温め酒

W11


純米大吟醸のお燗専用酒。大吟醸をお燗するなんてと眉をひそめる人もいると思いますが、お燗好きな私にとっては気になる1本です。

W12


ラベルを読むと、お燗に合うようにふくらみ丸みを出すため1年間熟成させたとのこと。アルコール度数も14度とやや低めですね。

W13


蔵元の趣旨に反して、あまのじゃくな私はまずは冷やで味比べ(笑)。

W14


香り:吟醸香は控えめで、米の良い香り

冷やで飲む:口当たりは何とも柔らかい。とろりんとした液体。ほのかな甘みと滑らかな米の旨みがやって来る。これ、冷やでも旨い・・。後口も切れるし。

なんともまろやかで柔らかく優しいお酒。華やかさは無いけどこのまろやかさは素晴らしい。

冷やで☆☆☆☆★

さあ、お燗で飲みます。

W15


おすすめは40度だそう。うーん米の良い香り。ぬる燗よりちょい熱めで温度を下げていく。

旨いね。ぬるっとした滑らかな液体。甘味が広がり、口はふくよかな旨みでいっぱい。

丸く優しく、最後はきりっと切れる。何とも癒される味わい。

濃厚な純米酒と比べたらそれ程の旨みではないけど、この優しいまろやかさは綺麗な酒質の大吟醸らしさ。透明感のある燗酒、これもありです。

味にふくらみがあります。これも好きですね。

W16


さりげなく落ち着く丸くて優しい燗酒・お燗で☆☆☆☆☆

獺祭を全体的に見ますと、

精米歩合の高い獺祭は綺麗な酒ですがインパクトは少ないような・・。綺麗過ぎて旨みを感じないというか。

米をとことん磨いて綺麗な酒をというコンセプトはそろそろ卒業で、濃厚旨口が個人的には好きになっています。精米80%酒ってのも結構うまいですよ。

この3本の中ではそういう意味で温め酒は気に入りましたね。

獺祭、以前のプレミアム酒から、定価で購入しやすくなってきています。その精米歩合からの純米大吟醸の中ではお買い得で、とても透明感があります。綺麗な飲みやすいお酒が好きな方、普段日本酒を飲まない方はぜひ飲んでみてください。

|

« 上州亭(高崎)・上州麦豚生姜焼き弁当。 | トップページ | やっと、秋彼岸。 »

飲んだ日本酒」カテゴリの記事