« レンジマン・GWー9400J-1JF・トリプルセンサー搭載でゴツイ。 | トップページ | ニューバランス M576 UK・NTO・Made in ENGLAND・滑らかなヌバック・・。 »

2016年9月18日 (日)

一澤帆布を注文・ショルダー#148・青ねず。

久しぶりですね、一澤帆布の鞄です。

Z1

このブログでも過去に紹介しましたが、京都の帆布鞄専門の一澤帆布さん。

ショルダーバックを注文しました。

#148 というモデル。とてもシンプルです。

Z2


一澤帆布さんは以前書きましたが、ご兄弟で相続争いをして、一時期混乱していました。

製造元が変わったり、独立して新たなブランドが出来たり。京都の店舗以外では購入困難な状況になっていましたが。

裁判もようやく終わり、一澤信三郎帆布さんが一澤帆布を継承することになったのです。

以前の旧一澤帆布のほとんどのモデルが一澤信三郎帆布ブランドで製作されていますが、一澤帆布ネームの商品は昔ながらの職人用鞄のラインナップとして復刻されています。

そしてまた通信販売で購入できるようになったので注文してみました。

このように届きます。会社としては(株)一澤信三郎帆布です。

Z3


取り説とともに梱包。

Z4


今回、カラーは「青ねず」ショルダーバンドはオリーブ色です。昔は縁取りのカラーなんかも自分で指定して組み合わせられた気がしますが、今は最初から決まった色の組み合わせです。

青ねずは、一澤帆布では人気のカラーだと思います。以前から欲しかったがなかなか縁が無かった。昔は「わさび」っていう色じゃなかった?念願叶いました。

渋くて良い色です。帆布じゃないと似合わないカラーじゃないかな?

Z5


ショルダーベルトを外して付属のストラップを装着するとセカンドバックとして使える2WAY仕様。あんまり最近セカンドバックって使わないから・・。

けど、シンプルなデザインで飾りが無いからストラップとショルダーベルト両方を装着しています。

こういう2WAYとかショルダーとリュックなんていう何種類かの使い方が出来るのも一澤帆布さんは多いですね。

内部は。

内ポケットが4つもあります。なかなか凝った作りです。

Z6

ペン挿しもあるし。左のポケットは携帯用?昔の二つ折の携帯なら入るけど今のスマホは巨大で入らないかな。

以前の私はこういうポーチとか持たなかったのですが。携帯を持つようになってポケットだと邪魔で。巨大なスマホに買い替えたらもうこういうバックが無いと外出できませんね。

夏場はバックは暑いから無理してスマホをポケットに入れていましたが壊れそうで危険。

それで近年、財布、スマホ、鍵、ハンカチ、ティッシュが入るバックをいくつか愛用するようになりました。

今回のショルダーはそれらはすっぽり収まりますし、加えて文庫本でも大き目なタオルでもオッケー。小さ目のタブレットも入る、持っていないけど。

一澤帆布ブランドは昔ながらの職人用鞄がラインナップ。するとこいつはおそらく、集金用鞄じゃないですかね?集金に周る人が良くこういうバッグを抱えていたような・・。

金具も凝っていますね。ファスナーはカバン型。

Z7

接続金具もしっかりしています。長く使えそうですね。

注文方法は一澤信三郎帆布の公式HPを見れば製品が掲載されています。

最近ネット上で注文できるようになりましたね。以前はHPの注文用紙をプリントアウトして、それに記入し郵送するかFAXのみの注文でしたが、HPの注文フォームに注文商品と注文者の情報を入力して注文できるようになりました。

けど、支払いはネット上ではできません。

注文が届くと、振込用紙が郵送で届きます。こういうの。

Z8


コンビニで払い込めばオッケー。これで注文が成立。ここから職人さんが手作りを開始しますので、1~2か月待つことになります。これは一カ月くらい待ったかな?待つのもまた楽しい・・。

バッチをもらっちゃった。ありがとう。

Z9

110周年ってすごいですね・・。

その後郵送で新しいカタログが送られてきました。

Z10

昔のカタログは手書きのスケッチみたいのでイメージでこんなのかな?って感じでしたが、今回も手書きですがカラーになっていて見ていて楽しいですね。

はがきで請求できるそうですが、注文すればもらえるんじゃないでしょうか?

外面に大きなポケットがあります。

公式ブログを見ると、このポケット面が外側のようですが、私はシンプルな見た目が好きなんでポケットを内側で使っていた・・。

Z11

まあどっちでも好きな方でいいんじゃないでしょうか?

けど、やっぱポケットは外側かな・・。

かなりお気に入りです。

帆布素材も昔のは立っちゃうくらいパリッとして硬かったのですが、これは割としなやか。すぐに馴染みそうだし、それでいて丈夫そうです。

一澤帆布ブランドの商品は微妙に増えているようです。信三郎帆布も種類が豊富ですね。

また注文しちゃうかも・・。

今回より「鞄」カテゴリーを新設しました。

バック関係の記事をまたいつか書きますね。

|

« レンジマン・GWー9400J-1JF・トリプルセンサー搭載でゴツイ。 | トップページ | ニューバランス M576 UK・NTO・Made in ENGLAND・滑らかなヌバック・・。 »

」カテゴリの記事