« ナイロンラインを購入。 | トップページ | ティモンTコネクション60UL購入。 »

2016年11月 5日 (土)

けん太とショート1時間・ナイロンセッティング。

さて、前回書いたように、硬い竿に伸びるナイロンラインの組み合わせを試してみます。

こういうテスト的な釣行にはやはり近所のコチラ。

地元高崎の管理釣り場、釣りキチけん太さんです。

C1

この土曜日、なんだかんだやっていたらもう午後遅く、さらにナイロンラインを慌てて巻いたりしてもう夕方近く。

15時過ぎに到着。2時間できるか?と思って行ったら、けん太は今17時終了なのね・・。

初めて1時間券なんて。けどまあ、テストは傾向がつかめるか?

15時30分~16時30分でやります。

C2

この辺りで。

前回、魚が結構たまっていた感じの、山側の出っ張りと沖の岩の間を狙います。

出っ張りの下流側に入ろうとしたが、やはりあの鴨がアウトレットにいます。あいつは岩と最下流の間をうろうろするんだよな・・。

なのででっぱりの上流に入ります。

C3

逆光でとてもまぶしい。対岸が見えないくらい。なのでティップとその先のラインを見つめます。

さあ、スーパーソフトに硬い竿の組み合わせはどうかな?

東レのこの長い名前のスーパーソフトね。2・5lb。


C4

ホワイトウルフ62UL・トラウトショップLTD。

C5

かっちょいいなあ・・。

ティップは柔らかく、ベリーから張りがあってバットはガチ硬い。

先端の食い込みは良いはずだから、ラインでショックを吸収してやれば、へたくそな私でも使いこなせるはず・・。

無理しないで柔らかい竿を使えばいいのに・・。いやいや、このレベルまで高めていかなくちゃ。

活性を見るべく、ノア1・8グラムで。カラーは放流から時間は経っているだろうと、イエロー裏カラシで。

結構魚影は濃くなっていますよ。水はクリア気味。

ここはそんなに深くない。カウント7で底。

ボトムからちょい速めで巻き上げ。

いきなりヒット。けどバラシ。やはりへたくそなのかああ・・・・

底はやはり藻があるようですね。

ライズは多いけど。下の方が反応は良さそうだな。わらわらと魚が追ってくるのは中層より下。カウント5~6で。

すぐにヒット。


C6

今度は無事キャッチ。

いいんじゃない?

ノアで反応が良いので活性は良さそうだし、やはりここは魚影が濃かったね。わらわら追って来るが、途中で帰るなあ。足元に魚が溜まってきたよ。

けどここでライントラブル・・。

出掛ける30分前に巻いたのでラインが馴染んでいなかったか?いやキャストが下手くそ・・。時間が少ないのにタイムロスだよ。

食わせってことで、もうちょっと小粒で。気持遅く。

ノアjr1・2gへ。カラシ裏ブラウンラメ。


C7

いい感じ。ドンて来て、弾かずフッキング。


C8

しっかりと反転しています。掛けていくけど、オートマチックに掛かっているなあ(笑)。

まあ、追い合わせってことで。これで4匹。ちょっと止まったので、カラーローテで、んー、大きく変えない方が良いか、明滅を減らして、最初の1・8グラムと同じ黄色裏カラシにする。

いいね。

C9

いいよいいよ。けどやっぱ、ぎこちなくて手元ポロリ、ジャンプ連発でバラシが続く・・。

魚元気です。もっと追従して欲しいが、そこは慎重に・・。

がっちりフッキングしていればバレない。ネットインしてフックが外れるパターンはほとんどなかった。フッキングは決まっている。

いいんじゃない、ナイロンの組み合わせ。

C10

タナはやっぱ中層より下。底のチョイ上からの中層の間で反応がよい。表層に見えるのより下のやつの方がl喰ってきます。

ドンと反転系のアタリから、ちょいともぞもぞしてきた。

けど、アタリは少ない、当たれば掛かる感じ。やはりラインが吸収して大きな当たりしか伝えない?

んん、小さくなったアタリを掛ける。


C11

フッキングの位置が変わってきた。けど、小さめだがアタリはあるので・・・、

C12

このカラーで4匹。

暗くなるのが早くなったねえ・・。


C13

ライズは激しいけど。クランクで表層下を。マイクロクラピーSRのスケミソを試すけど全く当たらない・・。

やはり下目なのかな?前半は気持ち早めの巻きが良かったが遅めも試す。

ノアjr0・9gで。カラーは黒っぽい方が目立つだろう。遅くする分目立たせてまた明滅で。

黄色裏黒。


C14

これで時間終了。1時間なんてあっという間ですね。釣り足りない・・。調子よかったのに。

15:30~16:30で

10匹でしたっ。


C15

おお、久しぶりの時間10匹です。

なかなか活性も良いし、魚も濃かったのでテストになりました。

投げたスプーンは全部釣れました。アタリが続くので結構引っ張ってしまったが。

C17

ノア1・8グラムで1匹、ノアjr1・2gのカラシ黄色系で4匹ずつ。ノアjr0・9gワイキャ黄色裏黒で1匹。

ノアで釣れる状況なのでやはり活性が良かったのでしょう。短時間でしたが楽しかった。

やはりバラシも抜けも多かったのですが。弾かれるって感じではなかった。アリな組み合わせ。

今回はこのタックル一つ。1時間だもんね。


C16

ホワイトウルフ62UL・LTD

14プレッソ2025C

ナイロン2・5lb

まあ、上手い人は皆やっているセッティングだと思いますが、自分は今ままで柔らかい竿で大雑把な釣りをやって来ましたから。これからはタックルも考えてやろうと思います。

硬い竿に伸びるナイロン。ラインで竿の特性も釣りも変わりますね。真冬でマイクロって状況になるとこれは通用しないのだろうけど。その時はソリッドティップのロッドがあるしな(笑)。

状況に応じていろいろタックルを組み合わせるのも、管釣りの大きな楽しみですね。

ポチッ。

え?何の音?

ま、また、ロッドの新しいのを・・。

|

« ナイロンラインを購入。 | トップページ | ティモンTコネクション60UL購入。 »

釣り・釣りキチけん太」カテゴリの記事