« ティモンTコネクション60UL購入。 | トップページ | ヒートテックの季節。 »

2016年11月 7日 (月)

けん太の2時間は強風・Tコネクション60UL入魂&インプレ。

さて、前回の続き。

購入したニューロッド、ティモンのTコネクション60ULを入魂&インプレします。

A1


釣り場は入魂ならばここ、地元高崎の釣りキチけん太さんに2日続けて行ってきました。

A2


今日は北風が強く吹いて寒い!この風では釣りにくい状況ですが、頑張ります。

やはり午後遅くの出陣で、14:40~16:40の2時間券でやります。

今日は川側。下流側に入ります。

A3


ん?見覚えのある方がいらっしゃいます。おお、常連さんですね。お久しぶりです!

今日は渋いとのこと。ボトムじゃないみたいです。

いろいろタックルのお話など楽しくして、私のニューロッドを見て

「やっぱタックルって買っても買ってもきりがないよね~」

とおっしゃって、私も激しく同意です!

ほんと、キリが無いですね釣り道具。常連さんこそホルダーにゴールドウルフが入っているじゃないっすか・・。

缶コーヒーをおごってもらっちゃった。ごちそう様です!

A4

さあ、入魂しますよ。

万が一ロッドが硬くて苦労すると嫌だから、昨日と同じナイロン・スーパーソフト2・5lbをセットしました。

A5

ティモンロッドに敬意を表して、このロッドを製作する時の基本となったルアーだという、ティアロ1・6グラムでスタート。

(しかし家に帰ってワレットを見たら1・6gだと思って投げたティアロはすべて1・3グラムだったことが判明(笑)他のルアーは重たいものから軽いものへ上から下へとワレットに刺してあるのにティアロだけ逆になっていたのだ)。

久しぶりに使うティアロです。

黄色裏ブラウンで2投目でヒット。しかしアタリが良くわからなくって合わせられずばらし・・

うーむ、この強風でラインが流れてアタリが伝わってこない?そもそもスーパーソフトは大きな当たりしか伝えない感じだし・・。

中層かな?小さいあたりも無いがさっきヒットしたタナをティアロ1・6gだと思っていた1・3グラムのカラシで。

グンとティップが入り巻き合わせ。その前にバットで掛かった感じ。

来たあ!

こんな感じで先端の曲がりはいい感じです。


A6

入魂完了!


A7

スルスルと魚が寄ってきます。ちょっと引きを味わいながらね。

ふうよかった。

その後沈黙。

んー、低活性でティアロじゃ難しい状況か?しかし、今日はこれで釣るんじゃ。ティモンロッドだからじゃ。ティアロで通します。

風で水温がさらに低下したのか、魚が全く反応してくれません。

そこへ放流車が!

この時間に放流なんて、嬉しい!

なんと、さっき常連さんが缶コーヒーを買いに行った時に管理人さんに釣り場の状況を伝えたそうで。それで管理人さんは放流を決めたという。

どんだけ常連さんは実力者なんですかあ!?

管理人さんの豪快な放流です。


A8

これで一気に活性アップか?放流狩り開始です。

え?常連さんはこれでお帰りだそうで。放流狩らないんですか?放流してもらって立ち去るなんて漢だああ!

またよろしくお願いします!

さあ、放流もティアロで通します。

1・6グラムのアカキンをチョイス(実は1・3g)。

速めに巻いて、随分浮き上がるスプーンだなあと思いながら・・。

ティアロで放流もいけます。


A9

なんか放流魚は餌もらい過ぎなんじゃ、お腹がでっぷりしていますよ。

ティアロ1・3gアカキンをがっつり咥えています。


A10

やっぱもっとウェイトが無いと釣り難いな。風もあるしアタリが出難い。そして重めで中層を通したい。

ティアロは一休みして、いつものノア2・1gを投入。ロッドの適応ルアーウェイトは2gまでだが自己責任で試してみる。オレキン(鉄板北関東)にて中層を早巻きで。

キャストは問題ない。早巻き可能。

ちょっとフッキングは甘くなったが。


A11

オレキンは4連発。

うーむこのロッド、放流狩りにも使えるが、重いルアーを高速巻きをするにはもう少し硬いほうが良いかも、60Lとかのね。アタリはガツンと出る。気持ち良く掛かります。魚は走りながらスムーズに寄ってきます。

ノア2・1gのアカキンラメで1匹。


A12

すっぽ抜けはいくつかあったが途中バラシはその後は無いぞ。このロッドは魚への追従性が良いなあ。

放流はいい感じに釣れています。このロッドは使いやすい。


A13

強風で下流側に魚が溜まったようで、そこを狙ってみる。

こっち方面。

A14

落ち着いた感じなのでちょっと落としてノア1・8グラム、

いつものクロキンで。

まだ放流魚はいますね。


A15

ロッドも、釣れた時はもうちょっと曲っていたが寄って来るとこんな感じで・・。


A16

クロキンで3匹。


A17

放流もおとなしくなった。ティアロで残存魚を狙う。

ティアロ1・3gミドキン裏グリメタで1匹。


A18

ティアロでカラーを落として行って・・。魚は下目に行ったか。ボトムからの巻き上げで反応があるが掛からない。ここでティアロのウェイトを落としたが(実はそれは1・3gから1・6gに上げていた・・・。)。フォールで喰ったが風でラインが流され気づいたときはバラシ。

風もさらに冷たくなって寒い!フードを被って震えます。もう冬が近いなあ・・。

魚もどこかへ散ってしまったか。

ならばクランクへ。このロッドのクランク性能も試してみたい。

マイクロクラピーMR。中層にはいないよう。

チビパニクラDR、うーん違うようだ。

困った時はこれ。モカDR-SS。この季節まだ早いと思っていたが、もうそんな寒さになったのだなあ、これが出るとは。

ドンと当たる。

走り回っても綺麗に竿が曲がり魚の動きに追従する。バレないぞ。


A19

サイズアップ。

ネットにフックを引っ掛けてロッドの曲がりを確認。

A20

ベリーが綺麗に丸く曲がっております。やっぱバットは強め。ロッドだけを振った時には張りがあるけど、魚が掛かればこうして曲るのです。

ナイロンをセットしてクランクロッドとしては気に入りました。

困った時のモカSS-DR。しかも切り札のイリュージョンペレットでした。

A21

もう1匹これが上がりマス。時間終了です。


A22

風は寒かったけど、なかなか楽しめました。

14:40~16:40の2時間で

14匹でした~。


A23

うち放流狩りが10匹か。

昨日と比べると、水温低下したか活性は随分低くなりましたが、放流に救われましたね。ここの放流魚は元気が良くてすぐに仕事をしてくれます。

急に寒くなりましたが、けん太は放流も多いし、これからも楽しめそうです。


A24

ティアロで入魂できてよかったよ。

釣れたルアー。

A25

ティアロ1・3g、アカキンで2匹、ミドキンで1匹、カラシで1匹。

ノア2・1g、オレキンで4匹、アカキンラメで1匹、ノア1・8グラム、クロキンで3匹。

モカDR-SS・イリュージョンペレットで2匹。

本日のタックルはこの1本。だって入魂式だから・・。

A26

Tコネクション60UL

14プレッソ2025C

ナイロン2・5lb

無事ニューロッド入魂しました。

Tコネクション60UL、使いやすい良いロッドです。

投げやすいし、バレにくい感じ。感度も1・6gだと思ったティアロが1・3グラムだったとは、なのに、しっかり引き重り感もティップにルアーの動きも伝わってきました。1・3gを1・6グラムと思ってしまったほどの引き重り感度?

感じるアタリが少ないのはラインが柔らかい所為か?アタリ感度はフロロで試したい。

ティップで食わせてバットで掛かる感じかな。。ベリーで掛かれば攻撃的だがそこまででは無い感じで、間があれば十分に掛けられるという感覚か?

フロロの方が自分好みになりそう。風が少ない日に試してみたいですね。感度はもっと良いかもしれません。

誰にでも使いやすいと思います。自分の使いどころはタフッた時のマイクロかな?フロロ入れて。そうすれば乗せ掛けな感じになるかな?

小さ目のクランクならやりやすいよ。モカやマイクロクラピー辺りのクランクロッドとして乗せやすいと思うし、魚に追従してバレにくい感じがしました。

原産国:中国ってあるけど、今時の若い人はiphoneだって中国製だし気にならないか。

その分他のハイエンドロッドより一回り安いし。飾りが少なくてちょっと道具っぽいけど機能的。

なんたって軽いのがいいね。重量もそうだけど持って軽快な感覚。これ1本持って池を回りながら巻きとクランクをっていうバーサタイルロッドとしても楽しそう。通常勝負タックルの組み合わせから外してもこれ1本で使えるロッドって思いましたね。

以上、自分の感想でした・・。使えばまた変わって来そうなインプレですけど、使いやすい癖のなさは気に入りました。

んー、もうちょっと攻撃的な、掛けに行ける奴だけど酷くは硬くないな、というロッドも欲しいなあ。これをマイクロ用にして、重めのスプーン巻きや放流や沖合用のをもう1本・・。

ぽちっ。

ん?何の音?

あああ、また新たなロッドをおおおっ!

|

« ティモンTコネクション60UL購入。 | トップページ | ヒートテックの季節。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事

釣り・釣りキチけん太」カテゴリの記事