« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

いっぱい出てる。

すっごくいっぱい出てるね・・。

浅間山の噴煙。

3c1

群馬と長野の県境にある浅間山。実家の安中からは綺麗に見えます。


この冬は活発に噴煙が出ているけど、今日はまたよく出ていますな。

もうぱっと見、噴火っぽいくらい煙が上がっています。

まだ白いので水蒸気という感じ。これが黒くなるとやばいっす。

大地震の何年か後には必ず・・、というのを思い出す。

山頂直下の火山性地震は毎日数十回あるようで、25日は噴煙が700メートルまで上がって火山性微動も観測された模様。

いろいろ大変ですから、噴火はやめてね・・。

|

2017年2月26日 (日)

1型高級コンデジ・おっさん的選び2017年。

さて、前回書きましたが、このブログの画像の画質をもうちょっと向上させたい。

見た目が目立たないコンパクトカメラで高画質って無いかな?

とカメラ選びをやって辿りついたのが1型高級コンパクトデジタルカメラです。

自分は昔カメラに拘っていましたので、そんなおっさんがどれを選んだのか?

まあ、いじれる奴です(笑)。若い頃は「もう、そんなにいじっちゃだめだってばあ・・・・」ってよく言われるくらい、いろいろいじっていました。

で、そんなカメラで旅行に行って撮影したい。観光地には行かない。自分が過去過ごした場所に行って、若い頃「だから、そんなとこいじっちゃだめだからあ・・・」と言われた場所に行って写真に記録する、自分ストーカー撮影です。

首からぶら下げた大袈裟な一眼レフとかじゃあ怪しまれるし、かといって画質は向上させたい。ぱっと出してぱっと撮って立ち去れる目立たないコンデジで画質のいい奴。

それが1型高級コンデジではないかと。1型とはセンサーの大きさ。ミラーレスのマイクロフォーサーズよりかは小さいがコンデジの1/2・3型センサーより大きい1型。

高級コンパクトってのはフィルム時代からありまして、コニカ(泣)ヘキサーとか、コンタックス(泣)T2とか。

なのでその流れなのか、単焦点の高級コンデジもありますがまたそれは後で考えましょう。ブログ撮影用にはやはり超広角ズームが必要。画像はお作品ではないですから。

おっさん的にこだわる場所が違いますので、スペックとかは他のネット記事を見ていただくことにして、拘り所を書いてみます。動画は撮りませんし。

結局3機種に絞りました。大きさ重さはだいたい同じかなあ。

ソニーRX100・M3

3e4


これは1型高級コンデジのパイオニア。これから始まりました。センサーもソニーが各社に供給しているようだし。大き目のセンサーをコンデジのサイズに押し込んだ最初。

つるっとしたデザインであまりいじり所が無いのですが・・・、それが特徴かも。やっぱソニーですからお洒落なんですかね。

3e5

これの初代型はいまだに販売中。現在~M5まで5モデル有ります。新型が出ても追加機種という感じになっています。

初代モデルも十分使えてかなり安くなっていますが、レンズが28~100mmなのがネック。前回書いた理由で超広角が必要ですから。

このM3から24~70mmになっているので合格。

M4~M5は動画や連写速度が重点になっているので自分は必要ないかな。AFスピードが上がっているのは魅力だけど、凄く値段が高いですから・・。

販売価格は、おっさん的には楽天で(ポイントを貯めているので)カードのボーナス一括払いで買えるショップでの値段で参考価格を書きます。お小遣い少ないので・・。

カードのボーナス一括払いで購入可能な楽天最安値は77643円です。高いねえ・・。初代RX100ならば41679円で売ってますけどね。

RX100・M3のおっさん的なこだわりは・・。

ツアイスレンズですよね。バリオゾナーです。

やはりおっさんはレンズのブランドにこだわります。ツアイスはコンタックス時代からのあこがれです。GシリーズやT2、TVS、T3も所有していましたし。バリオゾナーって名前がついているところも良いね。

レンズの根元のリングもいろいろコントロールできます。絞り優先にすると絞りリングになるし。これは各社搭載ですがこれが最初なのかな?

そして、EVファインダー搭載。良くこのスペースに入りましたね。ポップアップで出てきます。

3e6

これもツアイスばりにT*コーティングですよ・・。電子ファインダーは液晶モニターに屋外で光が当たって見えない時に有効ですからね。

うーむ。

*ツアイスレンズ、24~70mmF1.8-2.8

*EVファインダー

*元祖

っていうところですかな?

次、

パナソニック・ルミックスLX9

3e7


これは拘っていそう・・。

お値段は楽天ボーナス一括カード払い可能最安値78500円。

くうう・・。

3e8


ライカレンズですよ。バリオズミルックスだって!

ライカは昔M2を持っていましたから。ズミクロン35ミリ、50ミリ使ってました。やっぱ憧れです。オーラがありますね、名前だけだとしてもな・・。

しかもF1.4というコンデジではありえない明るいレンズです。

3e9


そして、絞りリング!

この数字の書体がライカと同じだし。

例のコントロールリングと2段になって独立した絞りリングがありますよ!

やはりここはおっさん的なおこだわりポイントです。

昔のMF一眼レフとかレンズの根元に絞りリングがあってね(ズイコーやライカレンズは先端にあったが)、絞り優先モードでこの絞りリングをぐりぐり回すのですよ。

例えば50ミリレンズならば、通常f5.6~8にしておいて、背景をぼかしたい時とか暗い場所では1・4~2・0~2・8とかにセットする。背景も写したいなら11~16とかにセット。あまり絞ると画質は悪くなり、開けてもぼんやりした写りになったりして、そのへんのお味を楽しむのです。

他モデルでもコントロールリングで絞り値は変えられて、モニターに絞り値が出ているので、昔の一眼みたいにファインダー内の光学窓からレンズに書いてある絞り値を読むのと同じ感覚なんですが。これには独立した絞りリングがあるのでその分コントロールリングにズームとかを設定できるという。

うーむ。

*ライカ大口径1・4レンズ搭載。24~72mmf1・4-2・8

*絞りリング

というのが拘りですかね。

次。

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ

楽天ボーナス一括カード払い最安値68480円。

3e10

やっぱこれがカメラだわ。

キャノンだもの。ソニーとかパナソニックのカメラなんて昔は無かったもの。おっさんはキャノンだよ。

ニコンも1型高級コンデジを発表して期待していたのだが、あえなく発売中止。不具合とかもうからないとか言ってるけどカメラメーカーとして大丈夫?

ニコンのがおっさん的にはストライクだったんだけどなあ・・。

気を取り直してキャノンだ。あからさまな両吊りストラップ仕様でカメラっぽさ強調。

で、フィルム時代からの高級コンパクトのアイコン、これがあればこだわったカメラですから。

露出補正ダイヤル!

3e11


モードダイヤルと2段になっているところが泣かせます。ローレットという刻み彫刻も美しく、赤いラインも入ってギミックっぽさアップ。

一眼レフでもこの露出補正ダイヤルをやたらいじって、意味もなく露出補正してそこから露出の効果を学んでいったのだ。

いまでもちょっとお作品にしたい時はコンデジでも露出補正しています。けどボタン押して呼び出してまたボタン押してと面倒くさい。

このダイヤルなら一発でオッケー。ロック機構が無いと勝手に動いたリセットを解除し忘れたりするのはご愛敬。仕上がりを見れば戻せるし。

このダイヤルがあるだけでソソるんです。

これでレンズがね、EFとかFDとかLとか書いてあったら完璧なんだけどね赤いライン入れてさ・・。

コントロールリングもあるので絞りもそこでいじれるし。

こだわりは、うーむ。

*露出補正ダイヤル

*24~100mmf1・8-2・8と望遠側が他よりちょっと長くてポートレートもいける。

*値段が他よりちょっとお求めやすい。

ってとこですかね。あとカメラっぽさね。

この3機種で選びます。

え、選べない・・。どれも欲しい!

けどね、実は一番欲しいのが他にあってね。

パナソニック・ルミックスLX100

3e12


か、かっこいい。

だってこれ凄くいじれるんですよ!

3e13


絞りリングに露出補正ダイヤル、そしてシャッタースピードダイヤル。もういじり放題じゃないですか!マニュアル露出でも撮れますよ。

EVファインダーも搭載。

お値段は例の価格で78500円。シルバーなら64800円からありますし、かなり下がっていますかね。

けどこれ1型じゃないんです、もっと大きなマイクロフォーサーズなんです。

だからデカイ。一回りデカイ。レンズも飛び出していて完全にポケットには入りません。ねじ込めば入るかなあ?しかもストロボ外付け。

そうするとミラーレスと同じような存在になってしまう・・。

何でもどこでもさっと取り出してブログ用に撮影できる感じではないかも。

かっこいいよなあ。昔のライツミノルタCLのイメージがあるんだよね。これはこれで両吊りで首から下げてお作品撮りように別途検討しましょうかね・・。

ということで、結論・・。

キャノンかなあ?

3e14


で、次の次のボーナスくらいでさっきのLX100を購入。

ソニーのツアイスはどうするかって?

これでいいかなあ?

ソニーDSC-WX5003e15
センサーは従来の1/2・3の小さい奴になってしまうけど。

サブ機ってことで・・。ツアイスだし。例の価格で34300円。

うーんうーん。これで3機種買えるのか?

時間差で購入して、

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ→ルミックスLX100→ソニー・DSC・WX500

って感じでー・・。

いや、やっぱRX100M3、LX9、G7 XMarkⅡの3機のうちどれか一つに絞らなければ。

うーん、うーん、選べない・・。

うーん、うーん。

|

2017年2月25日 (土)

高級コンデジが欲しい・・。

か、カメラが欲しい・・。

なんか、久しぶりのカメラ欲であります。

昔はフィルム一眼レフを集めて、膨大なレンズシステムを作ってお作品を撮っていました。

けど、今は当時以上に撮影しています、コンパクトデジカメ(以下コンデジ)で。ええ、このブログ用にです。物撮りも多いし、フィルム代や現像代も掛からないのでシャッター押しまくり。コンデジの耐久性ってのは凄いと思います。

ブログ用なので画像は嫌というほど圧縮するから画質にはこだわらない。むしろ速写性、接写力、暗い場所に強い、ストロボ内蔵、コンパクトっていうところに拘ります。

今使っているブログ用のカメラはこれ。

3e1


オリンパスのは防水。釣り用に使っています。水没しても大丈夫。でかくて重いけど、レンズが繰り出さないので結果コンパクトなんですよ。

ニコンのは一時期調子悪かったがSDカードの不具合と判明して、復活して飲み会写真や物撮りで活躍。

両方とも画質はイマイチですが超広角ズーム、ワイドレンズ搭載です。ブログ用にはできるだけ情報量が多いほどよく、いらない部分は後で削ればよいので超広角が便利です。

経験上、撮影に際しては遠方へ寄れないことより狭い場所で下がれないことの方が多い気がします。

遠くのものは、野鳥とか飛行機とか可愛い女の子を盗・・・、いやいや、そういった撮影以外では近づけばよろしい。お子さんの運動会は望遠があった方が良いけどね。

近いモノは狭い所が多いので下がりたくても下がれない。すると超広角が便利。24ミリくらいからがいいと思います。

ただ、お作品の場合経験値が低いと超広角は散漫な写真になります。普段より2・3歩寄らないと超広角はだめです。28ミリくらいからをおすすめします。超広角は寄って遠近感を上手く使うとお作品になりますよ。

で、上の写真はスマホで撮影。だってカメラが被写体なんで・・。

写りがイマイチですよね。まだまだです。けど、もう世の中はこういう写真はスマホが主流です。なのでローエンドのデジカメが売れなくなってしまい、どのメーカーも生産をやめていますよね。

一時期ブームだったのがミラーレス一眼ですね。

私も持っています。昔のオリンパスペン。

3e2


最近出番がありません・・。

デジ一眼よりコンパクトでレンズ交換可能ってことでウケたと思いますが。

やはりデカいです。

レンズも集めなくちゃいけないし。このようにフードに凝ったりと、趣味性が止まりません。それはそれで楽しいのですが・・。

ブログ用にはポケットに入らないので不便です。コンデジと比べるとこんなに大きい。

3e3


絶対ポケットに入らない・・。

コンデジはミラーレスのフードの厚みですよ(笑)。

さらにこういう両吊りでストラップを装着して、首から下げたり肩に掛けたりするのが格好良くてこだわった頃がありました。

けどね、今時カメラを首から下げていたら怪しまれますよ。エスカレーターに乗ったら逮捕されるかもしれないし・・。

一眼レフも大袈裟だしね。一応昔のペンタックスのデジイチ持っていますが、スペックも弱いし、昔のMFレンズSMCのMとかAレンズ用になっています。

晩年、退職したらニコンのフルサイズを買って昔のMFニッコールで遊ぼうと思っていますが・・。

スマホもカメラとしてみれば薄けど大きいし。

けどミラーレスの画質は良い。

レンズ性能もあるがセンサーの大きさが違うのですよ。

ミラーレスはマイクロフォーサーズ3/4(17.3×13ミリ)

普及型のデジ一眼はAPS-C(15.6×23.6mm前後)。

超高価なフルサイズ一眼(24×36ミリ)。

で、コンデジは主に1/2・3型(8.8×6.6mm)とすんごく小さい。

やっぱもうちょっと画質にこだわりたい。けどミラーレスよりコンパクトでポケットに入るやつ・・。

そこで登場したのが1・0型センサー搭載のコンデジ。13・2×8.8mmのセンサー。

ミラーレスより小さくできて、コンデジより画質が上がる。大口径レンズと組み合わせればそれなりに背景のぼけるお作品が撮影できますし。

1型高級コンデジというジャンルがあって、各メーカー力を入れているようです。

むうう、欲しい・・。

どんなものを選べばよいのか、このおっさん的に選んでみます。

次回書きますね。

|

2017年2月20日 (月)

かくしごと・1~2巻。

漫画レビューです。

あの「さよなら絶望先生」の久米田康治氏が現在描いているマンガ、

「かくしごと」1~2巻。

講談社・月刊少年マガジン。

3f1

あのスッキリとした線で、きれいな絵です。

「隠し事は何ですか?」で始まるこのお話。

「かくしごと」とは「隠し事」であり、「描く仕事」だったのです。

あらすじ。

愛する娘と二人暮らしの漫画家「後藤可久士」は、自分の仕事を娘の「姫」に一生隠していこうと誓った。彼の描く漫画は下ネタ満載、父親がこんな恥ずかしい漫画を描いているなんて娘に知られてはならないと。彼はスーツ姿で自宅を出ると、途中知り合いの洋服屋でラフな姿に着替える。そして仕事場でマンガを描き続けるのだ。

絶望先生では、なんかネガティブなあるあるネタが出てきましたが、この漫画では漫画業界のあるあるネタが出て来て笑わせますよ。

そして謎の部分も。

巻頭と巻末にはオールカラーの漫画が挿入されているのですが、作中では小学生の姫が18歳の高校生になった時のストーリーなのです。

そこには父親の姿が描かれず、姫が父の描いた漫画を見つけてしまう話が。高校生の姫が訪れたその鎌倉の倉庫は、中目黒の自宅と間取りが全く同じでした。

そして中目黒の自宅は廃墟となり売家に。「むかしむかしこのお家にお父さんと娘さんが住んでいました」

アニメ化されてるわけじゃないけど、アニメのPVがありますのでご参照。

.

作中に出てくる父の漫画が笑わせます。

デビュー作の「きんたましまし」

どうやらアイスホッケー漫画らしいのだが、主人公が全裸でヘルメットのみの姿。試合中に相手に対して「キンタ増し増し」と叫び激しく腰を振ると「う、激しい腰の振りで玉が何個にも見える。まるで催眠術のふり子だ、眠ってしまう」ドサッ。

という下ネタな必殺技を出します。

姫が病院で生まれた時に医者から「きんたましまし読んでます!」と言われ、姫に職業を隠すことを誓ったのです。

そして作中で現在連載中のマンガが「風のタイツ」で、ゴルフマンガのようですが主人公は頭にタイツをかぶっていますよ・・。

作中の後藤10周年インタビューで、「きんたましまし」に続き アレがあってと説明がありますが、このアレという作品も伏線になっているかも?

高校生編で元アシスタントに「後藤先生、自分は読者に世界一嫌われているって思っていたふしがあったけど、何か決定的に否定されたトラウマがあるんじゃないかな?」というセリフがあるが。いろいろ伏線があるんですよ。

中目黒の自宅の押し入れにある姫への年齢別の箱、8歳から16歳まである箱。10歳の箱には浴衣が入っていた。

そして鎌倉の倉庫で発見した17歳から20歳までの箱の中身は?

なかなか続きも深そうです。

カラーの表紙も綺麗ですね。印刷技術とインクが発達して描けたとか。

3f2


何故いつもスカートが捲れるのだろうか?

そして、裏表紙には同じシーンなのに高校生の姫が一人で父がいない、そして廃墟となっている。

3f3


2巻も。

3f4


こうなる。

3f5


漫画を描いている人とかマンガ好きな人が読むと楽しめそう。

面白いし、この先の話が気になりますね。父親はどうなってしまったのだろうか?

おすすめです。

|

2017年2月19日 (日)

ニューロッド・カムパネラ・クラシックライト・C3733CL。

き、来たああああーーーっ。

3g1

ニューロッドを購入してしまいました・・。

こんなケースに入っている。


3g2

そう、この冬買いまくった管釣りルアーロッドじゃなく、渓流釣り用のフライロッドなのです。もうすぐ渓流は解禁ですよ。

フライロッドはこういうハードケースに入っているんだよね。何で管釣りルアーロッドはあんなに高価なのに竿袋だけなんだ?

ハードケースをナイロンでカバーしてある。

カムパネラです。


3g3

カムパネラは2本目。以前のケースはファスナー開閉だったけど、新しいケースはバックについているようなフック式。

おお、中からさらに竿袋が。

3g4

しかも麻袋とはこだわっていますね。

3g5

カムパネラロッドとは、岩手の小さな工房で手作りされている小規模ロッドメーカー。グラファイトとバンブーロッドを造っています。

ラインナップは豊富で、さらにグリップやブランクカラーなどセミオーダーも可能です。以前はリールシートの木材とか選べたんだけど縮小されているね。

変更できるのはブランクカラー(有料)とガイドセット(有料)と、スレッドカラー、トリムカラー、グリップ形状かな?

このロゴと麦藁帽子がトレードマーク。

3g6

3ピースです。

クラシックライト・C3733CL

やや短めの7フィート3インチの#3です。この辺りの渓流や里川だとやはり3番がメインです。


3g7

ブランクはアンサンドフィニッシュ。昔のオービスみたいな無塗装なやつ。最近管釣りロッドでもアンサンドがマイブームなんでこれを選んだ感じ。

3g8

スレッドはクリアーレッド。シンプルでかっこいいよ。ガイドも軽そうだし、全体に軽量です。

このカムパネラ、以前から中古購入したロッドを愛用。レッドラップC3753RWです。これは自分の中では短めで、地元の小里川や小渓流でいい感じです。

地元の川で結構使いやすくて、んーと、この記事とか出てきていますね。

レッドラップで釣った地元の川のヤマメ達。

3g17


こんなのとか。

3g18


皆放流魚だけど・・。

3g19


レッドラップは割と張りがあって、ドライフライでテンポよく釣り上るにはいい感じですが、小渓流だとヤマメも小さくてフッキングと同時にヤマメが飛んでくる(笑)。

なのでもう少しスローなロッドがいいなあと。最近はキャップスのライトスタッフ7・10#3がべロンベロンのスローで愛用、引き味が楽しめます。この長さだと里川から小川まで行けちゃう。

けど今シーズン、新たな釣りを考えまして。地元の名も無い小里川を攻めようかなと。え?こんな川にヤマメいるの?みたいな(笑)。まあだいたい跨げそうな小川ばかりでヤマメの生息調査がしてみたい。

なので短めのスローロッドということでこれをゲット。メーカーのHPから直接購入しました。

「アクションは70年代初頭に登場した初期のグラファイトアクションを彷彿とさせるもの。胴にしっかりと乗るミディアムスローアクションです。あの頃の懐かしいグラファイトロッドを再現してみました。」

まさに求めていたアクションです。

早速室内で振ってみると・・・、うん、いい感じのスローさです。これはキャストが下手くそな私でもイケそうです。のんびりと振れそうです。

おまけでステッカーがもらえました。

3g9

セミオーダーが可能ですが。

ブランクはこのモデルはアンサンドなのでカラー変更はできません。メーカー側でバランスを見て作っているのでグリップとガイドは変更しないで行こう。スレッドカラーもこれでいいんじゃない?

「このロッドにはさまざまな持ち方に対応出来るようにフックキーパーを取り付けていません(ご希望により取り付け可能です)」とあった。

移動する時便利なのでフックキーパーをよく使うので取り付けて欲しい。

あとネーム入れは無料。自分の名前が入ったロッドが欲しかったんだよねえ。名前入れると転売できないって?

うーん、フライロッドは中古市場があまり活性でないんでね、管釣りルアーロッドより高く売れないし。以前、大手中古釣り具屋でSAGEを売ったら3000円でした・・。

なのでこれは一生ものです。ネームを入れてもらいました。

筆記体の英字で入る。一応モザイク・・。


3g10

フックキーパーもこの位置につけてもらえました。

おっと、ニューロッドはこの儀式を。

皮をむかなくちゃ。筆下ろしの前にな。


3g11

ぺりぺりぺりぺり~。


3g12

おお、美しいすべすべのコルクです。

3g13

小ぶりのパンプキングリップです。レッドラップもシガーミニでコンパクトで持ちやすかった。短めのロッドはやはり小ぶりなグリップがよろしいかと。リールシート一体のコルクグリップで軽量。

リングでリールを装着。

以前に知人から譲ってもらったハーディーのフライウェイトをつけてみた。やっぱコンパクトなリールが似合うでしょう。

3g14_2

おおお、かっこいい。

同時に譲ってもらったSAGEの#1ロッドに2番ラインを巻いて合わせようと思っていたのですが・・。

新品の3番ラインを巻いてこの組み合わせで使うかな?それとも従来のオービスのリールを使うか?

まあ、いろいろやってみて。

この向きでいいのかな(笑)。


3g15_2

いいバランスですね。相当コンパクトですよ。私の小さな手でもギリギリの小ささ。

これでますます小さなヤマメでも対比で大きなヤマメに写ってくれるでしょう!


3g16

小渓流でのんびりと釣ってみたいですね。

|

2017年2月16日 (木)

お燗用日本酒をお取り寄せ。

き、来たああああーーーっ。

3h1


春とは名ばかりの寒い毎日を乗り切るために、お燗で美味しい日本酒を探してお取り寄せしてみました。

3h2


お燗特集をやっていた某通販店から購入。

お燗して旨さが引き立つ、熱燗にしても負けない、定評のある酒たち。

3h3


自分の酒探しの基本は、巷で旨いといわれる酒をベースにします。

だって、星の数ほどある酒から自分の勘でうまい酒を店頭で探し出す確率なんて相当低いです。

なので、世間が旨いという酒をまず飲んでみて、自分が旨いと感じるかどうかを判断する。その中に自分が旨いと感じた酒があったら、それを真ん中としてその後飲んだ酒の中でそれより旨かったら良しと飲み進めばよろしい。近道なのです。

人生は短いのだ。人が旨いと言っている酒から飲むのがよろしい。

お燗して旨い酒は、純米酒の生もと造りか山廃に近道がある気がします。

まず生もとの2本。

この製法については飲んだ後説明しますが、乳酸が豊富で酸味があってお燗して旨い酒です。

3h4


大七の純米はこの冬何本目か?お世話になっていますよ。お燗で旨いです。生もとの代表格。大きなメーカーなのでどこでも入手しやすいのが良い。

昔、雑誌ダンチュウで日本一美味しい燗酒に選ばれて以来揺るぎない燗酒の定番。日経新聞でも燗酒一位になっていた。

それのライバルか。こちらも生もと造り。最近評判の龍力の生もと仕込み特別純米です。

なんかタグが付いていましたが、燗酒コンテスト最高金賞、日経紙のお燗にしたい日本酒1位だそうで。期待です。

次の2本。

3h5

梅の宿 特別純米「温」は、この蔵の純米三酒シリーズのお燗向けです。生もとがブレンドされているという。お燗酒ってことで試してみます。

雪の茅舎 山廃純米。山廃も生もとと同じようにお燗に向く。乳酸による酸味とアミノ酸の旨みが豊富。お燗で旨みが膨らみ味もぼやけない。くうう、楽しみ。

春までもう少し。まだまだお燗酒が旨そう。

気に入ったら後日レポートを書きますね。

|

2017年2月15日 (水)

天目盃。

寒い夜はやっぱり、お燗した日本酒が最高っすよ。

普通酒、本醸造、純米酒の旨口系のなら、お燗すれば燗上りと言って旨さをさらに引き出してくれます。ほっこりまろやかで身も心も温まります。

人肌燗~ぬる燗ならばバランスの良い燗酒になります。蔵元からも燗をつける時のおすすめの温度です。

けど、この寒さ、それじゃあ私は満足できません・・。寒いんですよ。もっと温度を上げた熱燗で旨い酒を呑みたい・・。

お燗が熱すぎると酒が壊れるとかアルコール感が強くなるとかあって、熱燗で旨くなる酒探しははなかなか難しく、いろいろと探しているところです。

でと。燗酒となると、酒器にも拘りたいかなあと・・。

来たああああーーーっ!

3i1

焼き物を買ってしまった。新しい趣味の始まりです(笑)

焼き物集め開始です。

けど、そんなことやったらいくらお金があっても足りないので、盃、ぐい呑みに限定です。

晩年まで美味しくお酒が飲めますように、飲む時の器に拘るのですよ。

今回は、京焼きの清水焼です。

「虹天目酒杯 柳窯」


3i2

いい景色ですね。

一点物ではないのでリーズナブルですが、いい感じでした。

柳窯の作家さんの作品です。

3i3

原型は天目茶碗。

天目茶碗とは、中国で焼かれた鉄分の多い釉薬の鉄釉を使った黒っぽい茶碗です。

鎌倉時代以降に日本に来て茶道で使われ出しました。

その天目茶碗のイメージをダウンサイジングして盃サイズで再現したという天目盃。


3i4

いい仕事していますね~。

この飲み口の形状が持ちやすいし、酒をすするのに良い感じ・・。

直径7センチとほんと私の指にフィットします。

柳の文字が刻まれる。


3i5

藍色の中に茶色と銀と黒が模様を作る。

こんな細かい絵付けはしないので、これは窯変というやつでしょう。

窯変とは、窯の中でその温度や釉薬の成分が変化して予期しない偶然の色や模様が現れること。

これは狙ってやっているんでしょうけどね。

窯変で最も有名なのは「曜変天目茶碗」ですね。以前から興味があって調べてましたが、美しいよ。器の中に宇宙がみえるよ。画像を探してみてみて。

最近TV番組で話題になりましたが、あれは違うよなあ・・。

世界に現存するのは3点といわれ、そのすべてが日本にあり国宝です。

諸説ありますが、偶然に出来ちゃったものではないかと。あまりにも数が少なすぎる。本家中国には無くてなぜ日本にだけあるのか?近年中国の遺跡で破片が発見され謎は深まる。それだけ良いものなのに量産しなかったのは出来なかったのではないかと。気が遠くなるほど焼いてもたった数点しかできなかった偶然の産物。未だにその現象がなぜ現れるのかは謎であり、再現を試み近づいている作家もありますが。

大名に珍重されたが、徳川将軍家から財閥へ売却された時には現在の価値で10数億円だったとか。

最も美しいものは足利将軍から織田信長へと渡り、本能寺の変で焼失してしまったというエピソードも泣かせる・・。

窯変にも種類があり、有名なのに油滴というのがありますが。

これは油滴天目じゃないか?

藍色の中に銀や黒の窯変の滴。

見込み(内部)も美しい。引き込まれそう。星空のようで、宇宙を感じてしまうよ・・。

3i6

なんか窯変天目にハマッちゃいそう。

作家の一点物に手を出しちゃったら・・。

早速使ってみましょう。

お燗する酒は、浦霞の特別純米。

これは熱燗でもイケるという酒。


3i7

高熱には弱いので、取説にあったようにぬるま湯に浸して水分をふくませてから使う。

熱燗を注ぐ。

3i8

美しい・・。

3i9

旨いねえ・・。

お気に入りの器で飲む酒はまた旨い。

むうう、焼き物ギャラリーめぐりでもやるか?

|

2017年2月14日 (火)

バレンタインデエエエイッ。

以前の私なら、いけね鼻血出ちゃったよ~とか言っていたバレンタインですが、ここ数年は妻からのみチョコを頂いております・・。

仕事帰りに買って来てくれましたよ。妻よ、沢山のチョコをありがとう!

いや、殆どはチョコ大好きな妻が食べるのですけどね・・。私甘いものはそれ程食べないもので。

まずは地元で評判の洋菓子屋さん、お使い物の焼き菓子などはいつもここ。

高崎のカレームさん。

3j1


沢山買ったねえ。

なにこれ?

3j2


これはウケ狙いだそうで・・。

リスですね。後ろのでかいのは尻尾ですね。

なんか可愛いので食べられません・・。

詰め合わせ。

3j3


最近のチョコは見た目が可愛いですね。

それと。地元でケーキと言ったらここ。

高崎のプチールさん。

生チョコとチョコの詰め合わせ。

3j4

美味しいねえ。

あとトリュフ。

3j5


沢山頂きました。

鼻血が出そうです・・。

|

2017年2月13日 (月)

トヨタ勝った!ヤリスWRC(ヴィッツ)復帰2戦目で優勝!

凄いぞトヨタ!

世界ラリー選手権(WRC)に今シーズンより復活したトヨタが、復帰2戦目で優勝してしまった!

おめでとう!

マシンはヤリスWRC.日本名ヴィッツだ。380馬力の四駆ヴィッツだ。

3k1

ヴィッツにやっぱ見えないねえ・・。


WRC第2戦・ラリー・スウェーデン。雪と氷のコース。スパイクタイヤのグリップでコーナリングスピードは未舗装路より速いらしいよ。

前戦のモンテカルロではデビューしていきなりの2位。

そして第2戦で18年前のカローラ以来のトヨタ優勝です。セリカの次に走ったカローラあったなあ、ハッチバックの。

ドライバーはヤリ‐マティ・ラトバラ。速いぜ。

初日のSS1でいきなりのトップタイム。SS4でもベストタイム。DAY2は総合2位だがDAY3で首位浮上。最終日の3ステージ、2位とは3・8秒の僅差だが、この日の3SS全てでベストタイムをマーク、プレッシャーの中2位に29・2秒と差を広げて優勝!凄いドライバーだ。

見事表彰台のトップです。

ミシュランのサイト。表彰台のシーンが!

公式HPの38秒にヤリスが、あの頭文字Dで秋名5連ヘアピンで披露した必殺技をやった。これって、「溝落とし」だよね?WRCでも使えるんだ(笑)。

ヤリスが欧州で売れるかな~。

日本でもWRCの活躍を販促に利用してヴィッツ・ハイブリットが売れるかもね!

トヨタはやっぱ凄いよ。ここまでマシンを仕上げてくるなんて。

くうう、ホンダはF1で勝てるのでしょうか・・・?

|

2017年2月12日 (日)

フィット3.13G・6か月点検(3回目)。

愛車フィットの6カ月点検に行ってきました。

フィット3・13G・Sパッケージ。1・3リッターガソリン車です。

点検に含まれる洗車に加えて、クイックポリマーを施工(有料)してもらって、もうピッカピカです。

3l1

もうペカペカ!黒光り。

3l2

クイックポリマー加工は1620円也。なんか点検と一緒にやると安いの?

車内も清掃してもらいました。これは点検パック内。


3l3

6か月点検は「安心快適点検」とディーラーでは呼んでいるようで。

やらない人もいると思うけど、あんな鉄の塊が走るわけだからいろいろ緩むし、メンテナンスは必要だよ。むしろ2000円くらいにして2が月ごとにやってもらいたいくらい。機械ってまめに整備したほうが良いよ・・。

点検内容。


3l4

調子よいよ。

点検後に一番違って感じるのはやっぱタイヤの空気圧だよね(笑)。

座った瞬間に車高が上がった感じがするもの。数センチくらいだろうけど毎日座っているからわかるよね。走り出してびしっと感じるのはやっぱ空気かなあ。タイヤの空気抜けるよね。だって車のタイヤってチューブ入ってないんだよ(笑)。

昔はガソリンスタンドで空気圧を小まめに見てもらったけど、セルフになってからはなんか頼みにくいしねえ。昔はオイル交換もちょっとした修理もスタンドでやってもらっていたのにね。時代は変わったよ。

なので、点検してもらって空気圧をチェックしたほうが良いよ。

で、クイックポリマーね。これも点検の度にやってもらう。もう自分でワックスも掛けないしね。ガラスコーティングしてあるから。

なんと、営業のおねいさんからクーポンがあるので1000円値引きしますとのこと。


3l5

クーポン?ポイントカードが溜まったの?

「いえ、ポイントカードじゃないですクーポンです」

何のクーポンなのかは営業おねいさんもわからないらしい・・。

でと、お支払いはと。

定期点検パックのまかせチャオに入っているから基本は無料です。

それって点検費用を新車購入時に先払いしているだけなんだよね・・。

これで最後です。残高は0円に。


3l6

6か月点検は3240円。1年点検は9720円引かれてきました。

最初の無料6か月点検が2700円引かれているのはなぜ?無料なんだろう?

結局クイックポリマーの値引き後価格の620円を現金で支払って終了。

次の車検まで頑張って走ってね。

3l7

もう車検ですか。3年経つのですね・・。

今回もヴェゼルの商談になりましたが。

あれも最近はトラブルが無いみたいだし、あのハイブリッドシステムもあんなことがあったからこのモデルで終わりだろうしね。記念に乗っておくかな。夏前に購入かな?

夏にシビックが久しぶりに国内販売になるようですね。

英国製の5ドアがかっこいいな。予想価格では260万くらいだということだったが、店で聞いたらどうやら300万円超える感じのようで・・。

幅も1800mmあるし300万ならもうシビックじゃないよね(笑)。

ヴェゼルのターボが出たらすぐに買っちゃうんだけどなあ、出ないみたいだし。

お金ないですからね・・。

|

2017年2月11日 (土)

高崎東口飲み会・平八&えにし。

先日、職場の有志で高崎駅東口方面にて飲み会でした。

東口も久しぶりですね~。

年末年始や3月は飲み会が多いのですが、2月ってあまり無いのです。幹事さんが「自分が飲みたかったから」という理由でメンバーを集めてくださいました。

もう寒いのでお鍋に熱燗です!

翌日は狭山まで車で行く用事があったので飲み過ぎ注意でしたが・・。

まずは、「赤ちょうちん・平八・高崎東口店」

3m1

以前来たことがありますね。地酒が充実しているのと焼き魚の種類が豊富だった記憶があります。

4000円の飲み放題コースです。もうこの職場の飲み会は必ず飲み放題・・。10名で開始です。

これがメインの鍋です。この店の名物、上州もつ鍋。


3m2

まずはビールで乾杯です!

3m3

もう、これ以降は寒いので、焼酎のお湯割りか日本酒熱燗ですから。

なんか、サラダ。

3m4

グラタン。旨かったな。

3m5

お造り三点盛り。


3m6

厚揚げのあんかけ?お通しは枝豆。


3m7

ねぎ盛り山賊焼き。


3m8

鍋が旨いよ。うどんも〆で鍋に入れて。良い出汁が出ています。

デザートにアイス。

なかなか食わせてくれました。

良かったのは飲み放題のお酒の質が良いこと!

飲み放題って、後で頭が痛くなるようなお酒が出てくることがありますが、この店は酒に拘っていますよ。

日本酒は群馬の地酒谷川岳をお燗で。芋焼酎は黒霧島をお湯割りで頂きました。

そしてウィスキーはなんと余市も飲み放題ですよ。これはロックで頂きました。

余市NAが以前の出たての頃より旨くなってますね。味変えたな。余市また買ってみよう。


3m9

平八、東口ではまた飲みに行きたいですね。

二次会は有志で5名参加。

東口の焼き鳥「縁・えにし」さんです。


3m10

ここも以前来ましたね。

お通しはキャベツ。


3m11

焼き鳥をえーいと盛り合わせで。


3m12

もう、記憶がやっぱり飛んじゃって・・。

2次会もかなり飲んでしまったようです・・。


3m13

今回もちょうど代行がいない時間帯・・。

しばらく待ってやっと見つけて代行で無事帰宅です。

翌日は無事高速を走って狭山~上尾と出掛けられました。

また飲み会やりましょう~。

|

2017年2月10日 (金)

フィット3・13G・走行3万キロ達成。

お久しぶりです。

寒さでもうダメダメな日々です・・。

いったい、いつまで最強寒波が続くのですか?どれが最強なんですか?

これが最強ですか、それですか、あれでそれえええーーーっ!

はあはあ、花粉無しで春よ来て・・。

この冬は、11月から積雪で、例年より真冬が長すぎと感じています。

来週こそは春っぽい日を期待。

そんな中でも愛車フィット3・13Gは頑張って走ってくれています。

3n1


最近ではECONボタンも切ってSモードでかっ飛ばしています。

なので燃費もリッター16キロ程度に落ちているようです。

いつの間にか走行距離も・・。

はあはあ、も、もうもう、イキそう・・。

3n2


あ、あああ。

うっ。

3n3


30000キロ達成!

おめでとう!ありがとう。

購入から2年半、ここまで故障無しで来ました。リコールはあったけど。ホンダ車って案外丈夫なんです。ホンダはこれで3代目だけど壊れたこと無いなあ。

トヨタ→ミツビシ→ホンダ→マツダ→ホンダ→VW→ホンダ

と、この人生乗り継いできましたが、

トヨタ、三菱、マツダは壊れて修理したな。

フォルクスワーゲンは予想より壊れなかったけど、やっぱ故障した。しかも原因不明ってのが多くてね、直せなくて手放してしまった。

フィットは無事故だし。自爆でサイドガーニッシュは交換したけど。

あと先日右折しようと一旦停車してたら左をすり抜けていった車がミラーを擦っていった。自分の車は大丈夫だったので話し合ってまあいいや気を付けてってことに。相手のミラーは先端の塗装が剥げてしまって可哀想だったけど。

無違反は、ゴホッ、ゴホゲホ・・・。

ゴールド免許があああ。

春の免許更新は講習を受けるのですね。

2年半で3万キロって、実は喜ばしいことではないのです。

このフィットは残クレで購入。走行距離の制限があります。月間走行距離が1000キロ以下が条件。

これを超えるとフィットの場合走行1キロにつき6円を5年後返却の際に支払います。5年後で6万キロまでですな。

このペースで行くと・・、微妙なところか?何とか抑えるのか。

営業さんに聞いたら、途中で新車に買い替えれば走行距離の件はチャラになるそうです。

考えたシステムですな(笑)。

一生続くのか?ホンダ車連鎖が・・。

これからも壊れないで走ってね、フィット。

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »