« 高級コンデジが欲しい・・。 | トップページ | いっぱい出てる。 »

2017年2月26日 (日)

1型高級コンデジ・おっさん的選び2017年。

さて、前回書きましたが、このブログの画像の画質をもうちょっと向上させたい。

見た目が目立たないコンパクトカメラで高画質って無いかな?

とカメラ選びをやって辿りついたのが1型高級コンパクトデジタルカメラです。

自分は昔カメラに拘っていましたので、そんなおっさんがどれを選んだのか?

まあ、いじれる奴です(笑)。若い頃は「もう、そんなにいじっちゃだめだってばあ・・・・」ってよく言われるくらい、いろいろいじっていました。

で、そんなカメラで旅行に行って撮影したい。観光地には行かない。自分が過去過ごした場所に行って、若い頃「だから、そんなとこいじっちゃだめだからあ・・・」と言われた場所に行って写真に記録する、自分ストーカー撮影です。

首からぶら下げた大袈裟な一眼レフとかじゃあ怪しまれるし、かといって画質は向上させたい。ぱっと出してぱっと撮って立ち去れる目立たないコンデジで画質のいい奴。

それが1型高級コンデジではないかと。1型とはセンサーの大きさ。ミラーレスのマイクロフォーサーズよりかは小さいがコンデジの1/2・3型センサーより大きい1型。

高級コンパクトってのはフィルム時代からありまして、コニカ(泣)ヘキサーとか、コンタックス(泣)T2とか。

なのでその流れなのか、単焦点の高級コンデジもありますがまたそれは後で考えましょう。ブログ撮影用にはやはり超広角ズームが必要。画像はお作品ではないですから。

おっさん的にこだわる場所が違いますので、スペックとかは他のネット記事を見ていただくことにして、拘り所を書いてみます。動画は撮りませんし。

結局3機種に絞りました。大きさ重さはだいたい同じかなあ。

ソニーRX100・M3

3e4


これは1型高級コンデジのパイオニア。これから始まりました。センサーもソニーが各社に供給しているようだし。大き目のセンサーをコンデジのサイズに押し込んだ最初。

つるっとしたデザインであまりいじり所が無いのですが・・・、それが特徴かも。やっぱソニーですからお洒落なんですかね。

3e5

これの初代型はいまだに販売中。現在~M5まで5モデル有ります。新型が出ても追加機種という感じになっています。

初代モデルも十分使えてかなり安くなっていますが、レンズが28~100mmなのがネック。前回書いた理由で超広角が必要ですから。

このM3から24~70mmになっているので合格。

M4~M5は動画や連写速度が重点になっているので自分は必要ないかな。AFスピードが上がっているのは魅力だけど、凄く値段が高いですから・・。

販売価格は、おっさん的には楽天で(ポイントを貯めているので)カードのボーナス一括払いで買えるショップでの値段で参考価格を書きます。お小遣い少ないので・・。

カードのボーナス一括払いで購入可能な楽天最安値は77643円です。高いねえ・・。初代RX100ならば41679円で売ってますけどね。

RX100・M3のおっさん的なこだわりは・・。

ツアイスレンズですよね。バリオゾナーです。

やはりおっさんはレンズのブランドにこだわります。ツアイスはコンタックス時代からのあこがれです。GシリーズやT2、TVS、T3も所有していましたし。バリオゾナーって名前がついているところも良いね。

レンズの根元のリングもいろいろコントロールできます。絞り優先にすると絞りリングになるし。これは各社搭載ですがこれが最初なのかな?

そして、EVファインダー搭載。良くこのスペースに入りましたね。ポップアップで出てきます。

3e6

これもツアイスばりにT*コーティングですよ・・。電子ファインダーは液晶モニターに屋外で光が当たって見えない時に有効ですからね。

うーむ。

*ツアイスレンズ、24~70mmF1.8-2.8

*EVファインダー

*元祖

っていうところですかな?

次、

パナソニック・ルミックスLX9

3e7


これは拘っていそう・・。

お値段は楽天ボーナス一括カード払い可能最安値78500円。

くうう・・。

3e8


ライカレンズですよ。バリオズミルックスだって!

ライカは昔M2を持っていましたから。ズミクロン35ミリ、50ミリ使ってました。やっぱ憧れです。オーラがありますね、名前だけだとしてもな・・。

しかもF1.4というコンデジではありえない明るいレンズです。

3e9


そして、絞りリング!

この数字の書体がライカと同じだし。

例のコントロールリングと2段になって独立した絞りリングがありますよ!

やはりここはおっさん的なおこだわりポイントです。

昔のMF一眼レフとかレンズの根元に絞りリングがあってね(ズイコーやライカレンズは先端にあったが)、絞り優先モードでこの絞りリングをぐりぐり回すのですよ。

例えば50ミリレンズならば、通常f5.6~8にしておいて、背景をぼかしたい時とか暗い場所では1・4~2・0~2・8とかにセットする。背景も写したいなら11~16とかにセット。あまり絞ると画質は悪くなり、開けてもぼんやりした写りになったりして、そのへんのお味を楽しむのです。

他モデルでもコントロールリングで絞り値は変えられて、モニターに絞り値が出ているので、昔の一眼みたいにファインダー内の光学窓からレンズに書いてある絞り値を読むのと同じ感覚なんですが。これには独立した絞りリングがあるのでその分コントロールリングにズームとかを設定できるという。

うーむ。

*ライカ大口径1・4レンズ搭載。24~72mmf1・4-2・8

*絞りリング

というのが拘りですかね。

次。

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ

楽天ボーナス一括カード払い最安値68480円。

3e10

やっぱこれがカメラだわ。

キャノンだもの。ソニーとかパナソニックのカメラなんて昔は無かったもの。おっさんはキャノンだよ。

ニコンも1型高級コンデジを発表して期待していたのだが、あえなく発売中止。不具合とかもうからないとか言ってるけどカメラメーカーとして大丈夫?

ニコンのがおっさん的にはストライクだったんだけどなあ・・。

気を取り直してキャノンだ。あからさまな両吊りストラップ仕様でカメラっぽさ強調。

で、フィルム時代からの高級コンパクトのアイコン、これがあればこだわったカメラですから。

露出補正ダイヤル!

3e11


モードダイヤルと2段になっているところが泣かせます。ローレットという刻み彫刻も美しく、赤いラインも入ってギミックっぽさアップ。

一眼レフでもこの露出補正ダイヤルをやたらいじって、意味もなく露出補正してそこから露出の効果を学んでいったのだ。

いまでもちょっとお作品にしたい時はコンデジでも露出補正しています。けどボタン押して呼び出してまたボタン押してと面倒くさい。

このダイヤルなら一発でオッケー。ロック機構が無いと勝手に動いたリセットを解除し忘れたりするのはご愛敬。仕上がりを見れば戻せるし。

このダイヤルがあるだけでソソるんです。

これでレンズがね、EFとかFDとかLとか書いてあったら完璧なんだけどね赤いライン入れてさ・・。

コントロールリングもあるので絞りもそこでいじれるし。

こだわりは、うーむ。

*露出補正ダイヤル

*24~100mmf1・8-2・8と望遠側が他よりちょっと長くてポートレートもいける。

*値段が他よりちょっとお求めやすい。

ってとこですかね。あとカメラっぽさね。

この3機種で選びます。

え、選べない・・。どれも欲しい!

けどね、実は一番欲しいのが他にあってね。

パナソニック・ルミックスLX100

3e12


か、かっこいい。

だってこれ凄くいじれるんですよ!

3e13


絞りリングに露出補正ダイヤル、そしてシャッタースピードダイヤル。もういじり放題じゃないですか!マニュアル露出でも撮れますよ。

EVファインダーも搭載。

お値段は例の価格で78500円。シルバーなら64800円からありますし、かなり下がっていますかね。

けどこれ1型じゃないんです、もっと大きなマイクロフォーサーズなんです。

だからデカイ。一回りデカイ。レンズも飛び出していて完全にポケットには入りません。ねじ込めば入るかなあ?しかもストロボ外付け。

そうするとミラーレスと同じような存在になってしまう・・。

何でもどこでもさっと取り出してブログ用に撮影できる感じではないかも。

かっこいいよなあ。昔のライツミノルタCLのイメージがあるんだよね。これはこれで両吊りで首から下げてお作品撮りように別途検討しましょうかね・・。

ということで、結論・・。

キャノンかなあ?

3e14


で、次の次のボーナスくらいでさっきのLX100を購入。

ソニーのツアイスはどうするかって?

これでいいかなあ?

ソニーDSC-WX5003e15
センサーは従来の1/2・3の小さい奴になってしまうけど。

サブ機ってことで・・。ツアイスだし。例の価格で34300円。

うーんうーん。これで3機種買えるのか?

時間差で購入して、

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ→ルミックスLX100→ソニー・DSC・WX500

って感じでー・・。

いや、やっぱRX100M3、LX9、G7 XMarkⅡの3機のうちどれか一つに絞らなければ。

うーん、うーん、選べない・・。

うーん、うーん。

|

« 高級コンデジが欲しい・・。 | トップページ | いっぱい出てる。 »

カメラ」カテゴリの記事