« 愛用の風邪薬。 | トップページ | フロム ザ バレル。 »

2017年4月 9日 (日)

フィット3・13G・Sパケのパドルシフトについて。

春なのに、桜満開なのに、愛車フィットはまだスタッドレスタイヤです。

2h1

いや、この冬は寒すぎたので、まだ雪が積もるかも(笑)。まあ山へ釣りに行くので、もうちょっと履いているかも。

今回はパドルシフトという、ステアリングの根っこに付いていて変速が出来るスイッチレバーのシフトについてのお話。

2h9


私のフィット3ガソリン車Sパッケージにはパドルシフトが付いています。

このハンドルの裏に左右に付いているレバーね。

2h2


F1とかラリーカーで見る奴。ゲーセンのレースゲームでもあったか。

フィット3では、ハイブリッドとこの1.3リッターガソリンにはSパッケージのみと、1・5リッターガソリンのRSのCVT仕様に付いています。数あるフィット3の中でもこの3グレードのみの装備です。

このパドルシフトが付いているから自分はSパッケージを選びました。

ハイブリッドSパケのミッションは7速デュアルクラッチですから実際にギヤをパドルシフトで変速しているわけですが、ガソリン車はCVTという無段階ミッション、ギヤはありません。

なのでもともと無段階なのを疑似的にパドルシフトで7段階の有段化制御しているわけです。

こういう装備はギミック的に見られてしまい、「無段階なのをなんでわざわざ有段化するのよ?」とか「疑似的なんだからフェラーリやGTRと比べたら使えないおもちゃ装備だよ」

なんて言われたりします・・。使わない人からね。

おもちゃ上等です!疑似的で結構。

これが、なかなか実用的に使えますし面白いです。使ったらわかります。

無段階だからこそ段を付けたいのよ。機械任せの制御だから自分の意思を反映させたいのよ。そのためのパドルシフトです。

フィットは低燃費志向の車ですから、車はエンジン回転数をなるべく低く抑えてきます。50キロ制限の道で巡航時には1200回転前後と低くそこではアクセルはレスポンスしませんから。その車の低燃費制御に対し自分の意思で抗い回転数をコントロールするのです。それがパドルシフトの役目です。当然燃費には悪影響でしょうけど・・。

特に私のようなおっさん世代。教習車はマニュアル車オンリーの時代、MT車が普通の時代から来た人は、やっぱエンジンブレーキ使っちゃうわけよ。

下り坂でパドルシフトでシフトダウンさせてエンブレは効かすし、最近では何故か信号で止まる時もシフトダウンしちゃったりします・・。若い頃の癖です。

加速時もアクセルを強く踏めばキックダウンしますが、どうもCVTだからかワンクッション遅いし加減が車任せなんでパドルシフトで自分の欲しいギヤ比まで落とします。

おっさんだから使うのかな?いや、ちょっとでもスポーティーに走りたい人や、車任せが嫌な人ならパドルシフトは使います。

けど、使わない人は絶対に使いません(笑)。車任せで走れば低燃費で楽だし、エンブレもシフトレバーで出来ますし、Sレンジのことも後日書きますがそれでも十分ですし。

手元でカチカチやりたい人限定です。あっても使わないだろうなという人は他グレードで全く問題ないし、この記事も飛ばしてください。

それでは私のおっさん的なパドルシフトの使い方をご紹介。良い子は真似しない方がいいよ!

これを試して不具合や損害が発生しましても当ブログは関知しませんので自己責任でお願いします。

あくまでも私が実際に操作した実感で個人的な使い方です。ガソリンフィットのCVTの場合のみで、ハイブリッドフィットのデュアルクラッチの場合は知りません。

パドルシフトで今何速(?)に入っているかは、このメーター内の小窓に表示されます。

2h3


A)パドルシフトの操作は2系統あります。

シフトレバーがDレンジの時とSレンジの時の2系統です。どちらでもパドルシフトは有効ですが制御が異なります。ちなみにSパケにはパドルシフトがあるために他グレードの様なLレンジがありません。

2h5

特にボタンなどを押さなくても、パドルシフトを操作すればシフト操作となります。

今時の制御ですから、オーバーレブしたり、エンストしたりはしません。そこは車が制御してくれます。


メーター小窓内にはDで何速相当なのか、Sで何速相当なのかは表示されます。

2h4


(パドルシフトを操作しなければギヤ相当の数字は表示されません、DとかSのみです)

で、DとSのレンジでのパドルシフトの制御の違いは。

1)Dレンジの時にパドルシフトを操作した場合、車が不必要と感じるとDレンジにまた戻ります。平地だと1~2秒か、加速が終わった時とか、下り坂のエンジンブレーキ時には下り坂の斜度が緩くなって必要なくなるまでで結構長い時もある。この辺りの制御は良くわかりません。

2)Sレンジの場合、パドルシフトを操作するとそのギヤ(?)で固定されます。なのでエンジン回転数を自分意思でコントロール出来るのです。高回転に引っ張る時などです。

またマニュアルミッション的にギヤを繋いでいく操作が可能です。13Gの場合エンジンパワーが無いのであまり速さにはつながりませんが・・。それでも一応VTECなので高回転までの吹きあがりは楽しめます。低速から停止する時はS1に戻るようです。

ただし、不用意にSレンジ時にパドルシフトを操作すると危険です。そのギヤで固定されてしまい、シフトアップされず高回転まで吹き上がってしまい慌てたり、再発進時にもたつくとか。常にSレンジにレバーが入っていることを意識してパドルシフトを操作しましょう。

Sレンジのパドルシフトはマニアックですよね。13Gではあまり速さは変わらないし・・。気分でマニュアル操作したいとか、車マンガを読んでなんかそんな気持ちになった時用でしょうか(笑)。危険なんでしっかり意識して使用したほうがいいです、Sレンジでは。

では、

B)Dレンジでの私の使い方は・・。

1)ちょっと加速が必要な時。

まったりとクルージングしている時に、ちょこっとの間加速させたい時。アクセルを踏み込むとキックダウンしてはくれますが、もっと自分の希望する回転数でスムーズにその後を加速させたい場合です。

ここら先は自分で加減を調節して慣れが必要です。

私の場合ですよ・・。

シフトダウンなのでマイナスレバー左側ですね、を1~2回タップします。3回以上は危ないので戒めてやりませんが。

2h6


すると大概D4かD3までシフトダウンされます。優しくアクセルを入れるといい感じで加速してくれます。

しかし、

このままではいけません。コツはここからです。

1~2秒で車はDレンジへと戻してしまいます。D表示になり、おそらくD6あたりでしょうか。まったりとしたエンジン回転へと戻り加速はいきなり失速します。

なので、

アクセルを保ちながら、右側+レバーで1秒間隔くらいでD4→D5→D6へとシフトアップしていきますと、スムーズに加速がつながっていきます。

2h7


パドルシフトというとシフトダウンに目が行きがちですが、シフトアップを上手く使うと加速がスムーズです。

あくまで右足は優しく。ここで踏み込んでどっか突っ込んでも、信号突っ切って捕まってもそれはあなたの責任です。あくまで法定速度内です。前方車両や歩行者などには十分気を付けて自己責任でお願いします。

シフトの加減は車の走っていないひと気のない真っすぐ道で試してみて慣れましょう。

2)下り坂のエンジンブレーキ。

これはおっさん的には多用しますね。なんかやっちゃうの。ブレーキへの負担も考えて長い下り坂ではやります。燃費には悪いんでしょうけどエンジンでスピードコントロールしちゃう。

後ろの車の迷惑になるので必ずブレーキを掛けてブレーキランプを点灯させてから、減速後の速度維持に使いましょう。突っ込まれないようにね。

この場合は左レバーのシフトダウンを1回で。急な下り坂でそれで足りなければさらにシフトダウンを足す感じで。いきなりギヤを下げてタイヤがロックしたり滑ったりしても知りませんから。やり過ぎはだめです。

この冬、凍結した下っている橋の上でかなり便利でしたね。なんせ深い谷の上で左カーブしながらの下っている橋ですよ、欄干低いし。ジェットコースターかよっていう橋がつるっつるに凍っているのですよ。ブレーキをじんわりと併用しながら徐々にシフトダウンして低速を維持しました。こんな時に低速度を坂の斜度に応じて加減できるパドルシフトの便利さを感じましたよ。

私の場合の主なパドルシフトの使い方でした。

無ければ無いで済みますけど、あればあったで便利で面白いです、私は。

結構急な加減速に繋がる時もあるので使う時は慎重に。あくまでも自己責任で。他の車への危険や迷惑にならないように、歩行者自転車への配慮をお忘れなく。交通ルールを守って安全運転で。

フィットも夏には初回の車検ですね。

2h8


タイヤ履き替えに行った時に新車の商談になるんだろうなあ・・。

|

« 愛用の風邪薬。 | トップページ | フロム ザ バレル。 »

ホンダ・フィット3・13G」カテゴリの記事