« 近況。 | トップページ | ブラックニッカ・クロスオーバー届く。 »

2017年5月22日 (月)

おっさんに黄色いGショックは似合うのか・DW-5600P-9JF

夏が近づくと腕に目立つGショックの季節到来です。

その中でひときわ目立つのが黄色いGショック。

1k1

初期の頃から黄色は限定Gショックの象徴。やはりGショッカーなら1本は持っておきたいのです。

昨年の夏に購入した、DW-5600P-9JFです。

1k2

角型ベーシックシリーズの5600系です。黄色は使用頻度が低いと思われるので、あまり高級モデルじゃない方がいいかなあと・・。

これは復刻版のようですね。

メーカーのHPから引用しますと、

「90年代、プロテクターを装備したフォルム・デザインはスケートボードを好む若者達の間で評判となり、ストリートカルチャーシーンにおいて支持されました。スクエアフェイスはそのままに、EL バックライトを搭載して96年にデビューしたDW-5600E。そのシリーズにプロテクターを搭載し、90年代のファッションが注目されている今、待望の復刻を遂げました。
発売当時、絶大な支持を得たイエローを忠実に再現。揺るがぬタフネススピリットが時代の潮流と共鳴し、Newモデルとして復刻します。」

メーカーでは既に生産完了のようですが、ネットショップ上では現在まだ在庫があるようですね。

このワイヤーのプロテクターがなんとも懐かしいです。

1k3


流行った当時は、Gショックだけじゃなくチープカシオのデジアナにもやたらこのプロテクターがついていましたよね。タフネスを表現していたのか・・。

まあ、機能上ではあまり有効ではないかなあ?無くてもタフだし。加水分解でバラバラになりそうなのを留めておくとか(笑)。

私はもう電池交換も時刻合わせも面倒くさいので、殆ど電波ソーラーシリーズでコレクションしていますが、黄色はなかなか物が無くてねえ。夏に在庫があったこれに飛びつきましたが、電池式なんです。何台もあるマイGショックの中で電池式は時刻が狂っていきます・・。

やはりいつの時代でもイエローGショックの入手はタイミングが大事です。

イエローGショックも黄色が濃いのから薄いのまで色がいろいろありますが、これは初期の限定版に近いかなあ。コクのあるちょっとオレンジ掛かったイエローです。

このプロテクターガードも無い方がすっきりするよなあ。

1k4


外してみました。

1k5


力勝負で外れます。外すのに力を入れ過ぎて壊さないようにって、これで壊れたらGショックって・・。

うん、スッキリ爽やか。こっちの方がシンプルで黄色がより引き立つね。

このプロテクターどうしよう。そうだ、よりヘビーに使用している、以前紹介しました職場の現場専用機のDW5600E-1に移殖しましょう。

1k6

同じ5600番なので装着可能。

お、過酷な現場使用で傷だらけのGショックがさらにヘビーな印象に。

1k7


しかし汚い・・。洗わずに結構わざと汚しています。傷や摩耗が凄いですね。

1k8

傷だらけのGショックは男の道具だぜ。

こいつの使い方ならこのプロテクターも効果を発揮してくれるでしょう。

さて、黄色いGショック。若者が使えばお洒落でかっこいいのですが、おっさんには似合うかなあ・・・?

いや似合うさ!スポーツやリゾートってことなら、おっさんをよりアクティブに印象付けるでしょう!

5600系もだんだん充実してきました。

1k9


けど、買ったはいいが、イエローGショックの出番がなかなかありません。

似合う服が思い浮かばん・・。

コーディネートは?時計が浮いちゃうんだよなあ・・。

やっぱシンプルに、白いTシャツに陽に焼けた褐色の腕が似合うのでしょう。

夏には私の腕も真っ黒になっていますから・・。

黄色いGショックで、この夏のリゾートははいただきだぜ!

1k10

リゾートへ行ければな・・。

|

« 近況。 | トップページ | ブラックニッカ・クロスオーバー届く。 »

時計」カテゴリの記事