« 二十歳の原点を巡る旅・序章。 | トップページ | いいこと。 »

2017年6月25日 (日)

二十歳の原点を巡る旅・その1・山科編。

前回の続きです。

あのHPを発見し、こ、これは行かなくては!と群馬を出発。

2014年5月のことです。あの時はオモテ編として旅行記を書きましたが、3年経ってやっとウラ編を書き始めましたよ。

高野悦子著の「二十歳の原点」を巡る旅の始まりです。高崎駅を出発。

東京駅で700系のぞみに乗り換え。

0u5


京都駅で乗り換えて山科駅に到着。

0u6

ここから先は「二十歳の原点序章」に書かれている場所。

0u7


立命館大学の新入生となった高野悦子が最初に住んだ山科の「青雲寮」を目指します。

この場所は私にとって謎でしたが、あのHPのおかげで発見できました。本当にありがとう!

山科駅前は都会っぽかったが少し歩くと京都っぽくなっていきます。

0u8


あった。当時とほぼ同じ姿で現存。青雲寮です。

0u9


現在は違う名前で賃貸アパートです。グーグルマップで名前がわかるので、不動産情報を調べると、SUUMOで入居者募集中。3部屋空いているのか・・。月3万8千円。借りるか?

築26年とは?改装した時か?

想像だが、当時は真ん中に廊下が通っていて両側に部屋があったタイプ?共同トイレの当時よくあったスタイル。

この階段とか、そんな気がするよ。

0u11

今は線路側に通路があってバストイレ付き。

あのHPによると四畳半であったようだし。このベランダの物干しの蛇腹も当時のモノか?

0u12

P158に「前の家の瓦屋根も細い道も」と記載があり、反対側は線路で家が無いから、やはりこちら側のようです。その2階の東側だというが・・。この辺の部屋かなあ?

人がお住まいなので、あんまりじろじろ見られない。けど、この部屋に住んでいる人がこれ観たらびっくりするだろうなあ。知っている人には行きたい場所なんです・・。

通りに戻ると、また京都っぽい。

0u14


この通りにP154に出てくる花つね食堂の跡。

0u15


今は食堂はやっていない。

0u16


その文章から唯一昔からわかっていた現場、安祥寺に行く道の「ガード」

0u17


昔自分はあの文章から特定できた数少ない場所としてこのガードをくぐった。疎水まで歩いたっけ。

彼女もこのトンネルをくぐったのかなあ。

0u18


通っていた銭湯の跡地だ。

0u19


こう見ると山科駅から近いし銭湯も近い。新1年生が住むにはいい条件のアパートだった。

反対側の線路から見た青雲寮。やはり改築されているようですね。

0u20


ああ、もうここだけでも大満足。あのHPの作者には大感謝ですから。

1年生の高野悦子はここに住んでいたのだ。そしてあのノートに日記を書いていた。あの窓から外を眺めていたのかもな。

今後、立命館大学旧校舎跡、京都国際ホテル、嵐山編、そして天神踏切・・。行った店とか。

まだまだ続きます。またいつか後日です。

|

« 二十歳の原点を巡る旅・序章。 | トップページ | いいこと。 »

二十歳の原点」カテゴリの記事