« WRC第7戦イタリア・トヨタ2・4・6位入賞。 | トップページ | リーバイス513・おっさんにお似合い。 »

2017年6月13日 (火)

山崎NA。

サントリー山崎といえば、日本を代表するシングルモルトウィスキー。

海外での評価も高く、沢山の賞や高評価をもらい、ジャパニーズウィスキーブームを牽引する存在だと思います。

山崎12年は私も年に何本か飲みますが、なかなか旨い。値段は高いけど・・。

その山崎ラインナップの最もお求めやすいレンジに存在する山崎NA(ノンエイジ)。2012年登場。

0x1


ハイボール人気、ドラマ・マッサンの影響、海外でのジャパニーズウィスキーの高評価によって、国内のウィスキーメーカーは原酒不足状態です。

10数年前のウィスキー不人気での減産、製品化するまでに10年前後の熟成が必要なため、ここ数年原酒が足りないのです。

サントリーでもラインナップを見直し、山崎、白州ともに熟成10年商品を終売として、この熟成年数非表記のノンエイジ(NA)を新商品として出しました。ウィスキーはブレンドする原酒の一番若い原酒の熟成年数を表記する決まりですが、年数表記をしないNAはかなり若い原酒もブレンド可能です。

シングルモルトなので山崎蒸留所で作られたモルト原酒のみを使いますが、歴史もある大規模な蒸留所なので膨大な原酒の種類があります。

それを組み合わせて「山崎」的な味わいを作る。別に山崎蒸留所で作る原酒のみのシングルモルトならばすべて山崎と言えますが、やはり蒸留所の香り味のイメージってあって欲しいと思います。

山崎っぽさって何だろう?自分が感じる山崎12年は甘やかで複雑、上品で繊細。シェリー樽由来の果実、バーボン樽由来のバニラ、ミズナラ樽由来の東洋的なスパイス風味、ってとこでしょうか。

NAは若い原酒でそんな山崎を表現してくれるのでしょうか。

山崎NAでは、ワイン樽原酒をキーモルトにしたそうです。確かにサントリーは国内でワインも生産しているし、ボルドーのシャトーとも経営参画していますので、ワイン樽は比較的入手できるルートがあると思います。

使うワイン樽原酒は熟成10年に満たない原酒だそうですが。

発売以来、巷の評判はどうでしょうか?んー、イマイチの様な?

行きつけの地元のバーのマスターさんは、1,2年の熟成原酒を着色していると山崎NAへのディスり方が半端じゃなく、昔の山崎10年を飲ませてくれましたが、なるほど以前の山崎10年の方が遥かに甘やかで熟成感があり美味しい。山崎NAの原酒が熟成していないとマスターがおっしゃる気持ちもわかります・・

ならば自分なりに山崎NAを評価してみます。ここ1年で3本くらいとよく飲んでいる方なんですが・・。

このグレードでも入手困難で、ネット通販ではプレミアム価格になっていますね。定価4200円ですがネット上では6000~7000円になっていますよ。それほどの価値があるのか?

私は地元の大型スーパーに入荷した時に定価より100円安で購入しています。タイミングが合えばスーパーの酒コーナーで定価で売っているもんです。

まあ、この1本が飲み切りそうですが、まだ定価で買ったストックが1本ありますから。

0x2


まずは比較対象の山崎12年を飲んでみます。これも家電店の酒コーナーで定価購入。これは以前レビューしたのでざっと。

香りは、果実感溢れる甘い香りです。レーズン、空気に触れてくると桃っぽさが強くなります。

0x3


ストレートで飲むと、滑らかな口あたり、甘やかで奥行きのある厚み。余韻はウッディーさとバニラ、東洋的なスパイス、苦甘く伸びます。グラスには甘いバニラ香が残ります。

うーむ、いい。けど値段程の旨さかどうかは・・。

ブレンダーさんはスコッチに比べて山崎と白州は価格を高くしているって、なんかの本で読みましたけど・・。それだけ手を掛けていると。

続いて今回の山崎NA。アルコール43% 

色は山崎12年より気持ち薄い?いや赤みがある分濃く見えるか?

0x4

香りは、これはエステリーです、はなやかで果実、溶剤系の香りが来ます。少しツンと来る刺激。やはり若さゆえの刺激感か。

ストレートで飲むと。

なかなか甘く、果実や花のような華やかさ。刺激も強いが華やかな甘い風味が上回る。飲み込むと口を刺す刺激が強いが、甘苦い余韻。

山崎12年とは味の傾向が違いますね。厚み複雑さでは12年に負けますが、これはなかなかの華やかさと甘さです。この味の傾向は好きなので、ちょっと刺激が気になるのでこのまま熟成させた山崎も飲んでみたい。

ロックで。

0x5

レーズンの風味。これは甘く、あの刺激がやや後退して、ウッディーさや東洋的な香りも出て来て、複雑さもアップ。余韻は甘苦で渋さは強まり、樽感が残り、楽しめます。

うーむ、これはロックで飲む人をターゲットとしたのか。とても飲みやすく、それで甘く、果実感、樽感もある。華やかさは減りましたが、なかなか個性的で飲ませます。けど渋ーい。

ソーダ割だと・・。

0x7


これはもう飲みやすさ抜群ですね。甘さと果実感と爽やかさが同居。あまり好みではないので、薄く作ってがぶがぶ飲むのもいいかも。甘い感じのハイボール好きならおすすめ。これ水割りもアリかもね。私は水割り嫌いなので飲まないけど。

個人的評価(10点満点)。

お気に入り度:華やかでよい。ロックが好き。ソーダ割はもっと安いのでもよいが。ストレートで飲むなら山崎12年だが、ロックで飲むなら山崎NAもアリ、ちょいと渋いけど。5点。

コスパ度:若い原酒のビリビリする酒がこの値段はなあ。スペシャルな感じではないので、この値段を平気で出せるならお奨め。大枚はたいてゲットしたぜと買うならちょっと物足りないか。やっぱ高い。3点。プレミアム価格ならなおさら高い。

おすすめ度:山崎はやはり山崎。ロックは甘みが出て刺激が減るのであり。マニアではない人が買える唯一の山崎では。今、俺は山崎を飲んでいるんだぜ!という満足感がおすすめ。6点。

山崎NA、最初に飲んだ頃は山崎12年と比べて厚みや複雑さが足りなくて別物感が強く、これって山崎かなあ?って感じでしたが、改めてじっくり飲むと、これはこれでアリかも。けど刺激が強く若い原酒丸出しな感じも。

山崎12年の様なノーブルさ深みが足りないのだ・・。

けど、ロックや水割り、ハイボールといったスコッチウィスキー飲みから見れば邪道な日本的な飲み方に照準を合わせたのはお見事。

まあ、単に原酒の若さゆえの刺激が後退するっていうことなんだけど・・。

これも山崎だからね。山崎ってことで、ボトルを見ながら飲めば、山崎だな、うん。

ロックが秀逸。氷を入れて飲もう。

|

« WRC第7戦イタリア・トヨタ2・4・6位入賞。 | トップページ | リーバイス513・おっさんにお似合い。 »

飲んだウィスキー」カテゴリの記事