« 串焼き居酒屋・鳳(高崎)で中間打ち上げ。 | トップページ | JINSで11本目・今度は近視用。 »

2017年6月 4日 (日)

スコット&リバースは逆輸入J-POP。

面白いバンドです。

数年前から話題になっていますが、米国からの二人のアーティストが日本語でJ-POPを唄っています。

スコット&リバース。

1b1_2


ソニーミュージックからアルバムを発売。目標は紅白出場(笑)。

外国の人から見たJ-POPってどんな風に聴こえるのだろうと興味がありますよね。アニメソング辺りから世界でも認知されて来てはいますが。

先日ヤフーニュースでも紹介されて、ブレイクするかな?この記事ね。

「J-POPはメロディーが良い、メロディー、コード進行が繊細、展開も豊富。日本語の言葉自体がかわいい」

日本語も上手になって日本語で歌詞を書いています。「邦楽として見られたい。本当はカリフォルニアJ-POPだけどね。」

邦楽コーナーにCDを置いて欲しいとのこと。

これが凄いぞ、J-POP。もろです。

ロッキンオンのインタビューでリバースさんは、「「変わらぬ想い」は、アメリカではこのスタイルは無理だが日本の観客はわかります」と語っていました。

スピッツ、入っているよね?

MIWAさんと一緒に紅白に出て欲しいですね。

サビに英語を入れるJ-POPを外国の人に歌われるのは恥ずかしい感じだけど。ハイハット一発で2番に入るところとか、こそばゆいというか、こういう感じが判ってもらえてうれしいです。

単に音楽好きな米国人がJ-POPを始めたわけじゃないのですよ。

リバース・クオモさんはビッグネームだよ。Weezerというグラミー賞も取った超有名バンドのフロントマンです。オルタナティブロック、パワーポップでの90年代から活躍。

Weezerはこの曲が大好き。

かっこいいよ。やっぱアレンジもメロディーも繊細な感覚があると思う。なぜこんなすごい人がJ-POPなのか(笑)。

リバースさんはパックンと同じハーバード大卒のインテリだ。奥さんは日本人です。

奥さんが聴くJ-POPに影響を受けたみたい。

米国ではジャンルが決まっていないと聴いてもらえないが、日本の観客は何でもわかるって言っていましたね。

この曲は、やはりあちらっぽいかな。ギターのアレンジかっこいいよ。

スコットさんは日本語ペラペラ。J-POPに魅せられて独学で日本語を学んだそうです。

ALLiSTERというバンドで活躍。来日してJ-POPをアメリカンロックアレンジで日本語で唄っているのが面白い。

かっこいいぞ!

お二人ともJ-POP愛が伝わってくるのが嬉しいよ。

数年前にユニバーサルからアルバムを出して今度のが2枚目かな。だからタイトルが「ニマイメ」。ソニーに移籍したし、今後本格的にプロモーションすれば、紅白出場もかなうかも。

ユニクロのキャンペーンムービーにも出演。

夏は来ぬ。いやはやこれだけ唄いこなせるとは驚き。やっぱ実力のあるミュージシャン。

古い日本語を楽しんだそうです。

ステテコ、私も履こうかな・・。

マーティー・フリードマンも日本を気に入って日本語を独学で学び、メガデスでメタルシーンを席巻したのにメガデスをやめて来日しちゃったし。メガデスをB’Zっぽくしたがったとか・・。J-POPがそんなに好きになったのね。

J-POPがこうして海外に受け入れられていくのは嬉しいことです。

海外から日本語の響きの良さを教わるなんて。昔タモリだっけ、日本語は外国の人には「しゃしゅしゅしょちゃちゅしょ」みたいな響きに聴こえるって言ってた気がするけど、そうじゃなかったのか。

スコット&リバース、アルバム視聴したらよかったぞ。買うぞ。

|

« 串焼き居酒屋・鳳(高崎)で中間打ち上げ。 | トップページ | JINSで11本目・今度は近視用。 »

つぶやき日記」カテゴリの記事