« キャノンG7XMark2・初撮影&撮影モード解説。 | トップページ | 新しい目覚まし時計かと思った。 »

2017年8月28日 (月)

獺祭・発泡にごり酒・スパークリング50&磨き三割九分スパークリング。

夏はスパークリング!

暑い日、獺祭の発泡にごり酒2本を飲んでみました。

H21_2

あの獺祭から出ているスパークリング日本酒ですよ。

スパークリング50と磨き三割九分スパークリングです。

H1

春に、以前の職場でお世話になったKさんが定年退職され、ご挨拶を頂いた際にプレゼントしてもらったのです。

こちらこそKさんには大変お世話になりました。こんなに良いものをすみません~。

十分に熟成させましたから。暑い時期こそスパークリング!頂いちゃいます。

H2

瓶内熟成スパークリング。酵母が生きている生酒なので要冷蔵。

まさにスパークリングワインの様な、瓶内で発酵しつつ炭酸ガスを放出。ですからアルコール度数も日本酒と変わりません。

アルコール度の低い発泡日本酒は炭酸ガスを入れている感じですが、こいつは発酵し続けているのですよ。天然炭酸ガスです。

開栓時には良く冷やして、振らない様に静かに開けましょう。


H3

二日続けて飲んで飲み比べてみます。360mmなので一晩で一人で飲み切れるでしょう。

ではまず、スパークリング50の方から飲んでみます。


H4

獺祭 発泡にごり酒スパークリング50

精米歩合50% アルコール度数15度

キャップは、以前はスパークリングワインタイプだったと思いますが、現在はこれ。オロナミンCタイプ。これは開けるのが簡単です。


H5

吹き出さないか?恐る恐る開栓。

ふー、大丈夫。静かに開けたからね。

ぐい飲みに注ぐと・・。

おおおーー!凄い。びっくりしました。本当にスパークリング。微発泡じゃない、炭酸ですよこれ、超発泡しています。


H6

最初の上澄みの部分ですからね。白濁感はわずかです。

香りは:いちご、吟醸系、麹の香りがほんのり。

H7

飲むと:しゅわっと!完全にスパークリングワインのよう、そうそのようにガスも液体に溶け込んで泡がいつまでも消えません。

味は、思ったよりドライで苦味が効いています。上澄みの方はドライなのですね。注ぐ度に徐々に甘みが増していきます。

H8

底の方は、甘いです。けどベタベタしていなくて苦みも合わせてあってイイ感じです。吟醸系のフルーティーな香りが広がり、米の旨みもたっぷりです。

H9

獺祭というとキレイなんだけど旨みがもう一つかな?と大吟醸を飲んで思っていましたが、にごりスパークリングは旨みがいっぱいです。

まとめますと、開栓から中盤はドライで飲み飽きしない発泡感が刺激的で、さわやかで肴にも合い、飲ませます。

後半から底部分は甘く、コクもありじっくりと味わえます。

H10

360mlは一晩一人で飲むにはちょうど良い量で、二人でも食事と一緒に楽しめます。

開栓するともうキャップは戻らないので、飲み切りで楽しめるこのサイズがおすすめですよ。

続きまして。


H11

獺祭・磨き三割九分スパークリング。

さらに米を磨いています。高級ですよ。

H12

こちらはもろにスパークリングワイン系のボトルですね。

精米歩合39% アルコール度数14度

こんな米を磨いた大吟醸クラスの発泡酒は初めてですよ。

澱がたっぷりと。にごり酒です。


H13

これを混ぜようとしてはダメ。静かに・・。

キャップもスパークリングワインと同じですね。

慎重に針金を外しまして・・。


H14

プラの栓をスパークリングワインのように両親指でぐいぐいと押しますが、ん?外れないぞ。

いやこれ押してもダメです。頭のふくらみを握ってぐりぐり回転させたら簡単に抜けました。

ポン!

いい音で抜けて、吹き出さなくてよかった。これも開栓成功ですね。

さあ、とくとくとく・・。


H15

しゅわあああ。

こちらも見事な発泡です。


H16

上澄みからやや濁りが強いでしょうか?

香りは:麹の良い香りです。甘い果実感のある吟醸香です。

呑みます:刺激的な発泡感でピリッと来つつも甘さが来ますね。50は最初はドライでしたがこちらは最初から甘いですね。

H17

白濁した感じも強いのでにごり酒系の味が強めです。

造りから大吟醸とは名乗れないのでしょうが、精米歩合は大吟醸の中でも凄い39%です。

フルーティーさが全面に来ています。50よりも甘くコクのある中、余韻には苦みが来てキレてます。ベタベタな甘さじゃなく、これも飲ませますね。

強めの発泡が持続して、日本酒がこんなにスパークするなんて信じられないです。その爽やかさと甘さ苦味の競演。

これ本当に辛口スパークリングワインみたいで、ブリュットよりもセックって感じでしょうか。バランスの良い甘辛口です。全く飲み飽きしません。

これも栓は戻りませんので飲み切りです。1~2名で一晩で飲むのにちょうど良い小瓶です。

これは楽しいお酒です。開栓直後は甘辛で肴にも食事にも合う。

後半は濁りがさらに強まり、旨みと甘みとコクが強い。

この部分を頂きますよ。

H18

甘旨です。食後のデザート酒としてゆっくり余韻に浸りたいですね。

今回、しょっぱめのぬか漬け(胡瓜と大根の古漬け)を合わせましたが、これがまたいいマリアージュでした。

さあ、最後の最後の部分。

H19

もうとろっとろ。甘い~。けど爽やかですよ。

H20

ごちそう様!

Kさんどうもありがとうございました。新鮮な体験が出来ましたよ。お体にお気を付けつつKさんもお酒を楽しんでください。お元気で、また一緒に飲んでください。

これから残暑の時期も、スパークリング日本酒、美味しいです。ホームパーティーとかで出したらお客さんは驚きそうですね。

これから流行が来そうですよこれ。驚きのお酒でした。

|

« キャノンG7XMark2・初撮影&撮影モード解説。 | トップページ | 新しい目覚まし時計かと思った。 »

飲んだ日本酒」カテゴリの記事