« ミート&デリカHOSONO(松井田)の焼き鳥。 | トップページ | 町田酒造(前橋)・4本。 »

2017年9月10日 (日)

響JAPANESE HARMONY

ウィスキーのレビューです。

サントリーのブレンデッドウィスキーでも最高峰に位置する「響」

4z0


その中でも一番下のランクである「響 JAPANESE HARMONY 」です。

4z1


ボトルがゴージャスですねえ・・。

新宿の過去のスナックによく置いてあったのがオールドならば、これは銀座のバーに置いてありそうなイメージですね。

これ、巷では評判はイマイチですかね・・。高級な響なのにノンエイジを名乗っているからなのか。味が響の名前に見合わないのか、味が価格に見合わないのか・・。

4z2

最初定価4000円だったのが5000円に値上がりしたのも悪影響。凝ったボトル自体が高いのかなあなんて。

そういうことだよね、これだけで味わえば、そんなに悪くない。ていうか私は悪くは思わなかった。まあ、高いし、ネーミングはちょっといただけませんけど・・。

けど、やはりこの価格からそう手が出ませんで、定価では買えるのですが。

4月に無くなったので、これってどうなんだろうって思ってもう1本買って。

4z3


それも7月に無くなってまた1本買って・・。

4z4


この下のローヤルでも十分においしくて、ジャパニーズの贅沢系ブレンデッドはローヤルでいいかなあと。

ちょっと減りが速いともったいないので、またローヤルに切り替えると。

4z5


なんだかんだ言っても、この1年で3本目飲んだのですかね。

一応日本のウィスキーで手に入りやすいものは2本目飲んで以降にインプレしようと思っています。

以前飲んだ「響17年」は個人的に絶賛モードでして。ここで書きましたが。

また最近この店で・・。

4z6


響17年を定価でゲットしちゃいましたし。

4z7


けど、以前飲んだ時のような感動が無かったなあ、美味しいのだけど。いろいろ飲み過ぎて感覚が変わったのか本当においしくなくなったのかはわかりませんけど・・。

響はおうちにこの3本。

4z8


この上のクラスは無理ですが、いつかは比較記事でも書いてみたいですね。

17年も JAPANESE HARMONY もすぐに減っちゃうね。飲み過ぎ注意!

4z9


やっぱおいしいのかな。早く無くなるボトルがお気に入りのボトルだっていうじゃない。

で、ざっと響の歴史をおさらいと。

1989年のサントリー創業90周年に響は発売と。年号表記無しの17年と同等なものだったそうですが。

17年、21年、30年とそろいまして、やはり高級品でしたね。その後出た12年が評判が良かった。梅酒樽を使ったりで和の雰囲気を出した。

けど、例の原酒不足で・・。2015年にこの 響JAPANESE HARMONY が出て響12年は終売になりました。 JAPANESE HARMONY も値上げしてほぼ12年と同じ価格になってしまった・・。

こうなると12年と同じレベルの味じゃないと、納得できない人も出て来るよねえ。

まあ、これだけで飲めば、それなりにイケると思います。

飲んでみましょう。

以前はシングルモルトをストレートだぜえ!と興奮していましたが、もうブレンデッドの柔らかいものをロックでゆるゆる飲みたい、そんな毎日でございます・・。

ブレンデッドを飲んでいることの方が多くなりましたね。そんな自分にとっては贅沢なボトルです。安くても旨い日本のブレンデッドは沢山ありますよね。じゃあこのクラスに何を求めるかというと、やはり華やかさとまろやかさかなあ?うーん、癒しが欲しい・・。

ストレートで。

4z10

ああ、香りはやはり良いですね。甘い華やかなフルーティーな香りです。バニラっぽさとか何かもっと出てきそうなところで・・、溶剤っぽさ。アルコールの感じが刺激して隠してしまいそう。むう、17年っぽさがあるかと思ったが、なんか平板だしやはりNAの若い原酒の刺激かなあ。

飲むと、華やかでフルーティな甘さが口いっぱいに・・、拡がったと同時にスパイシー。一瞬柔らかいがまろやかではないなあ。

甘さはあるし華やかさもある。響の筋は通して同じ系統の味を目指しているのはわかる。けど最後のスパイシーさ。安ウィスキーの様なビリビリ刺激ではないが、自分が求める癒しではなく、やはりフレッシュな躍動なのだ。元気過ぎるんだよお。コクも少なく厚みが少ない。拡がっては行かない。けど余韻のウッディーさはちょっといいもの感はあります。

ブレンデッドにはまどろむような休息感を自分は求めてしまうが、これは元気になっちゃうね。

ストレートで深夜に飲む気はないな。サッカーの中継でも見ながら飲みたいよ。

ロックで。こういうのは加水したほうがいいかも。日本ウィスキーは食事に合うように加水して旨くなるのだ。

4z11

うん、薄い(笑)。甘さも後退したがスパイシーさも軽くなった。香りは良くなった。甘いトロピカルフルーツのよう。味はグレーン丸出しかなあ。コクとかじゃない軽快な味わい。余韻はウッディーさが出てちょい渋いが、鼻に抜ける甘く華やかな香りが残って、これはこれでアリ。ちょっといい感じかも。

抜栓して半年ほど経つボトルと味比べ。うん、時間が経った奴の方が柔らかくていいかも・・。

なんと贅沢にもハイボールで。

4z12

うん、いいよー。山崎系と違う甘味のあるハイボール。かえって原酒の複雑さを感じる(笑)。これは深いが・・。贅沢過ぎるだろう?流石はサントリー、角瓶からどこまでもハイボールで飲めるようにブレンドするとは(爆)。

ありですが、これじゃなくても良いでしょう。

んー、ローヤルより熟成感はありますが、ローヤルでいいかなあ。3本飲んで、もういいかも。

個人的評価(☆10点満点)

お気に入り度:☆☆☆☆☆  (言いたいことはあるがいんじゃないですか比較せず)

cp度:☆☆            (ボトルが高いんですか?ブランド代ですか?)

おすすめ度:☆☆☆☆☆     (贈り物にいいですね。自分で飲んでも贅沢感があり)

やはり24面体のボトルも優雅ですね。こういうの暖炉の前でバスローブ着てペルシャ猫を抱いているようなおっさんが似合いそうですけどね。もうちっとシンプルなボトルで安くしてもらったほうが嬉しいですけど・・。

ゴージャス感が見た目にもあるので、贈り物には最適ですね。若い人よりも中高年の大切な人に是非贈ってあげてください。

このおっさんにも是非1本贈ってください・・。

|

« ミート&デリカHOSONO(松井田)の焼き鳥。 | トップページ | 町田酒造(前橋)・4本。 »

飲んだウィスキー」カテゴリの記事