« 響JAPANESE HARMONY | トップページ | 人間ドックの検査結果・2017年度。 »

2017年9月11日 (月)

町田酒造(前橋)・4本。

好きな群馬の地酒「町田酒造」です。

A1


蔵の名前が酒の名前。

混乱しそうですが、町田酒造店さんが作る酒の町田酒造です。ネーミングにインパクトはありますね。

「清りょう」という地酒を造る明治16年創業の酒蔵ですが、娘さんが蔵を引き継いで杜氏として頑張っています。都内でOLをしていた25歳の時に実家へ戻り家業を継ぎました。3年の修業を経て酒造りを始め、群馬では珍しい女性杜氏として活躍しています。

老舗銘柄の「清りょう」に加えて地酒専門店向け銘柄「町田酒造」を立ち上げ、首都圏を中心に人気が出ていますね。

最近よく見かける若いご子息が引き継ぎ、新たなブランドを立ち上げヒットした蔵の一つでしょう。

そのパターンだと、生酒メインでフルーティーで飲みやすく、甘く爽やかだが旨みもあり、しゅわっと微発泡感のある、という酒質が多い感じ(笑)。ここもそうですかね。

昔からのコクと旨みの辛口酒が好きなわたしですが、こういうスタイルもアリだと思います。

醸す米の種類も多く、季節限定品も種類が多い。自宅近所の酒屋さんでメインとして扱っているので私は割とその都度入手しやすいです。

過去飲んだものをまとめて書きます。

町田酒造・特別純米55・美山錦・火入れ

A2

酒米によってラベルの色を変えていますので一目でわかりやすい。美山錦は鮮やかなライムグリーンです。米のイメージに合わせているのかな?

長野県産の美山錦を100%使用し、1回火入れの生詰です。

A3

美山錦:精米歩合55% アルコール度数16~17度

日本酒度:-1 無濾過

特別純米は吟醸クラスの精米歩合の純米酒です。

香り:フルーティーながら派手ではなく、さりげない

冷やで飲む:少しの発泡感のフレッシュさ。フルーティーな甘み、丁度良い酸味、そして旨みが広がる。甘めだが、余韻のピリッとした辛みと厚過ぎない旨みでバランスが良く、スッキリと切れていきます。

微細なガス感で口当たりも爽やか、最近見掛ける甘めの味わいだが酸でベタッとせず飲ませる。甘過ぎず辛すぎず飲みやすい良いバランス。綺麗でさわやかな酒。

以前飲んだ結人も旨かったが、これも旨くて、こういう洗練された今風の旨さなら、群馬の地酒も全国的に受け入れられそうな予感、レベルアップを感じます。群馬県民なら飲むべし。

お気に入り度(☆5点満点)☆☆☆☆★

町田酒造 特別純米55 美山錦 生酒直汲

A4

美山錦:精米歩合55% アルコール度数16~17度

日本酒度-1 無濾過

先程書いた酒の生酒バーションです。新酒の生酒です。選ばれた専門店のみで販売される特約店販売品です。例の近所の酒屋さんで購入。

A5


香り:小さめだがマスカットのような爽やかな香り。繊細。

冷やで飲む:生酒ならではのフレッシュな発泡感。口の中で発泡が持続する感じ。

なかなか甘いぞこれは。けどきっちり酸があって、辛みと発泡感と絡まって爽やか。さりげない旨味。素晴らしく爽やか。

フルーティーさを残しながら最後は酸と苦みで切れる。軽快で飲みやすいが旨みもある。甘いけどしつこくなくさらっとのめるバランスの良さ。普段日本酒を飲まない人にもおすすめ。

A6

お気に入り度(☆5点満点)☆☆☆☆★

今度は画像がどこかに行ってしまった。秋あがりです。

ひと夏を越して熟成させた秋の限定酒。今年のもそろそろで出荷ですが、これは以前の飲んだ時のレビュー。五百万石は紺色のラベルでしたね。画像はどこへ消えたんだろう・・・。

町田酒造 五百万石 特別純米 秋あがり

五百万石:精米歩合55%  アルコール度16~17度

日本酒度-2 無濾過 生詰

秋あがりと言っていますが生詰、ひやおろし?この辺りの区別がいまだにはっきりしないのですが・・。

春に醸した酒を火入れしてひと夏熟成、その後秋に火入れせずに出荷。瓶燗1回、蔵内冷蔵庫にて熟成。

香り:穏やかながら甘いフルーティーさ、吟醸香、メロン。

冷やで飲む:舌に微発泡感。熟成しても発泡感が残るのですね。甘さとピリッと来る舌触り。まろやかさが前面。吟醸っぽさ、程よい酸味、苦味の切れ。ラムネの様な清涼感、柔らかい旨味。甘い。甘いが切れてバランスをとる。

このガス感はもう少し弱くてもいいなあ。予想外なフレッシュな秋あがり。フルーティーさと華やかさ。これで熟成後なんだから、出来上がり直後は相当な刺激的な酒?

お気に入り度☆☆☆☆★

秋あがりをもう一本。今度は画像がありますよ。以前飲んだ時のレビューですが、あまり見かけない赤ラベルです。

A7


町田酒造 若水 特別純米60 秋あがり。

群馬県産酒米・ 若水100% 精米歩合60% アルコール度数16~17度

日本酒度+1   無濾過

A8


ひと夏超えた熟成の秋あがりです。

群馬県産の酒米、若水というのは知りませんでした。地元産のお米ですから期待です。

A9

香り:小さめだが米の香り

冷やで飲む:透明感のある液体。フルーティーな甘みが小さく広がると酸が来て、ゆっくりと切れていく。

とても透き通るスッキリ系の味に、ほんのり優しく旨みが乗る、熟成からかまろやかで柔らかい。辛さ苦さではない余韻の酸で切れる。酸が長く後を引く。これは飲み飽きしない。

お気に入り度☆☆☆★★

お燗で飲む:おすすめの飲み方はお燗であるという。

A10


ではぬる燗で。お、いいね。米の旨みが前面に来る。旨み辛みの好バランス。コクと厚みが出て飲みごたえあり。ほのかな甘みと米の旨み。そして酸で切れる。これも飲み飽きしないで飲ませる。

お燗なら☆☆☆☆★

最近この赤ラベルは見ない気がします。なんで若水だけ精米歩合が60%なのかな?磨き難いとか?

町田酒造、応援しています。

まとめると、フルーティーな甘さと微発泡感の爽やかなお酒ですかね。

群馬の地酒を全国で有名にしてください!

|

« 響JAPANESE HARMONY | トップページ | 人間ドックの検査結果・2017年度。 »

飲んだ日本酒」カテゴリの記事