« 食堂・徳市(上越市・名立)。 | トップページ | 超大型。 »

2017年10月22日 (日)

割烹かこう(嘉肴)・地場の肴と地酒飲み比べ(上越高田)。

先日の上越海釣り旅、メインは釣りじゃなくって、夜のお酒ですね。

宿泊地の上越高田の街中、裏通りを彷徨って辿りついたのが、

割烹かこう(嘉肴)さんです。

ここが素晴らしいお店でした(なかなか高級でしたが)。

4c1

H氏との釣り1日目も終わり、上越高田に戻って来た我々。ホテル近くに良い店があります。豪雪地帯の昔ながらのアーケード雁木通り。

ここの居酒屋「雁木亭」さんは以前来たことがあってお気に入り。H氏もその後何度か来ているとか。

もうこの店に入りたくて近くのホテルに泊まっているよなもの・・。


4c2

しかし、夕方に来たのにすでに予約で満員とのこと!いろいろ紹介されていて、いつの間にか有名店になっていたのね・・。

仕方ない、とぼとぼと高田の街を店を探して歩きますが・・。なんだか気に入りません。

H氏は居酒屋ハンターの異名をとる。見知らぬ街でも良い居酒屋を見つけ出すことができるのだ!

いろいろ彼なりの基準があるようです。

ん?裏通りに向かうH氏。線路の側です。いや、もう繁華街も無く、こんなところに店があるの?

H氏は「以前から気になる店がある。こんな裏通りでもう何年も店を続けられているのだから、きっと地元の人に愛されている店に違いない・・。」

ありました。なんか普通の民家のような建物に看板が。

割烹・かこう(嘉肴)。

割烹?看板には即席会席?とか?え?

店構えは地元の家族経営の居酒屋、小料理店といった感じでしょうか?

えー、なんか地味な感じかなあ・・。ビールののぼり旗も出ていないし、メニューも表に無いし。

H氏は、白い暖簾は料亭系でやや値段は高いかもしれない、とつぶやきます・・。

そして必ず入り口に耳を近づけ店内の音をチェックします。カラオケの歌声がしたらスナック系でNGだ。

うむ、店内には先客だろうか、男女の笑い声が。客はいる。大丈夫だろう・・。

なあに、良くない店だったら1~2杯飲んで出ればいいから。H氏はいつもそんなことを言って新規の店に飛び込みますから。

ガラッ。こんばんは~。

カジュアルな装いの女将さんがいましたが、我々を見てひどく驚いた様子。え?どちら様ですか?って感じだぞ。

うう?ここれは一見さまお断りか?

あ、客です、通りかかって看板があって以前から気になっていまして。

え?どなた様からのご紹介ですか?

いや違います、たまたまです・・。

かなり驚かれましたが、大丈夫の様で、カウンター席に案内されました。

あとで、先客の常連さんがこっそりと、この店は予約して来るんだよ、しかも予約の取りにくい店なんだと教えてくれました。

すんません、入れてよかったです・・。

店内はカウンター6席くらいと小上がりの座敷にテーブルが2つ。先客は座敷に3人くらいだったか。

先客さんの話を聞くと先生と呼ばれているので、学校の先生が来れるのならお勘定は大丈夫か?と思ったら良く聞いてみるとティーチャーじゃなくてドクターでした。医者が来る店か!医者が来る店は高いイメージですから・・。うう、お支払いが心配。

女将さんは、うちはおまかせなんです。こちらで料理を出してお酒も気に入ったものを飲んでいただく形で・・。

うう、H氏、1~2杯じゃ出れないぞ、話が違うぞ、いくらになるか心配・・。まあ、最近は飲み食いに大1枚以上は払っちゃっているので、ドーンといったれ!こんなことも有ろうと財布には入れて来たのさ。

お通しは、自家製のイカの麹漬け胡瓜添えと、茹でた落花生です。初めて見る種類の落花生だったか。

ご夫婦でやっていて、ご主人はいかにも職人という感じ。旨いものが期待できそうです。

ビールは瓶で3種類ほどあったが値段は同じというので一番高いエビスを選んでしまう小市民な我々。

お疲れ!乾杯!プッハー!

もう飲んでしまえばこっちのものです。お酒。日本酒でしょう、新潟だもの。地酒は何があるのですか?

これは野暮な質問でしたね。冷蔵庫には地酒が4合瓶でびっしり入っています。凄い種類だ。

我々が旅行者ということはわかっているので、まずは地元上越市の有名なお酒を出してくれました。

しかもフルラインナップ!

雪中梅です。

4c3

ウオー、これは凄い。雪中梅にこんなに種類があったとは!

うちの地元では普通酒しか見ないです・・。

雪中梅など上越のお酒は甘口のお酒が多いと思います。寒いし、農作業での一日の疲れを癒し飲み過ぎないように甘口にしたのだとか。旨口って感じですね。

雪中梅は以前は幻の銘酒で入手困難でしたね。ちょいと甘いのでのん兵衛な我々はもっと辛口が良いのですが、うん、飲んでみるとやはりまったりと甘く美味しいですね。

辛口の雪中梅って無いんですか?無茶な私の質問にも女将さんは応えてくれます。女将さんはお酒が飲めないそうですが、凄く詳しいのですよ。

この真ん中の純米が結構辛口だとか。確かに純米系はラベルが他と違う。うん、風味は甘いですが酸が効いていて切れます。こいつは旨いぞ。

小さななグラスがどんどん出て来て飲み比べが出来ます。これが嬉しい。

もうこの雪中梅攻勢で私はすっかりとやられてしまいました。この先どんな酒が飲めるのだろうと期待。

ここでお造り。お刺身の盛り合わせです。地元でとれる白身の魚が二種きれいに並べられます。

これに合わせるのはどんな日本酒?

おお、最近マイブームな、ひやおろしです!佐渡の北雪。


4c4

佐渡の酒だけあって新鮮なお魚に良く合います。

お刺身美味しい。自家製のポン酢が出て来て、これがまた旨い。コクがあってそのまま飲めちゃう。

さらに自家製のドレッシング。すりおろした野菜がたっぷりで、刺身のつまの大根に付けて食べる。そのまま食べても美味しい、酒のつまみにもなるよ。

さらに日本酒を。

ええ?見たことが無いぞ。久保田でお馴染みの朝日酒造さんの季節限定商品です。


4c5

純米大吟醸「得月とくげつ」。新潟県産米「ゆきの精」を精米歩合28%にまで磨いたという。

これは凄い精米歩合。熱が出ないようにゆっくり磨くとか。後で調べたら4合で4300円もする高級酒でした!

うん、久保田よりもコクがあって、個性的な香りがしますね。これは美味しい。磨いた米のサンプルも見せてもらいました。

うちの近所に久保田の特約店さんがあるけど見たこと無いなあ・・。あまり流通していないのでしょうか。

さらに、朝日酒造さんの限定酒がずらっと出てきました!


4c6

左端は最近販売された久保田の純米大吟醸ですね。これはうちの地元の酒店で予約を受け付けていましたね。大吟醸らしい香りが立ち、スッキリと旨いです。

右の純米大吟醸「呼友こゆう」は本当に久保田の限定された特約店でしか扱っていない杜氏が栽培した減肥米を使ったお酒で、これも地元の酒店で売っているのであの店も凄いんだなあ。

一番右の純米大吟醸「洗心せんしん」はたかね錦を28%まで磨き、熟成させたという。4合瓶で5200円の超高級酒でした・・。

知らないとは恐ろしいものでカッパカッパと飲んでしまっています。

小さなグラスで飲み比べているので量はそんなに飲んでいませんけどね。

こういうグラスたち。間違えないように結構種類がありました。


4c7

もう中盤辺りから女将さんに自分で注いで飲んでよいよとのことで、出された瓶でお気に入りを自分で注いで飲んじゃいます。これってすごい飲み放題感覚です!いいのか?!

もう見たことの無いボトルが次々と・・。

越乃寒梅の大吟醸って小さな瓶のやつは見たことあるけど、無垢のラベルで純米大吟醸、こんなのあったのか。

4c8

右のブルーのボトルは越乃寒梅らしくないお洒落系。「さい」という名前の新作です。

もうどんどんお酒が出てきます。

そして料理も凄い。

炙り用の炉が出てきました。

すんませんもう夢中でこの日は殆ど写真を撮っていません、ので文章で表現します。

自分で焼きます。

鮎の干物、甘エビ、オクラ、ミョウガなど炉で焼いていきます。

甘エビは炙る程度でジューシーさを楽しむ。鮎の干物は珍しいですね、鮎の良い香りが出て来て絶品です。

そして、メインはこれ!

茹でかに。なんと毛ガニですよ。丸々一杯。

4c9

地元で捕れたそうですよ。

ええ?毛ガニって北海道のイメージなんですが、捕れるの?

いやあまり捕れなくて、漁として確立されていないのでこの辺りでは禁漁時期が無いのだとか。

滅多に上がらず、カニ籠にたまたま入っていたのがここに来たものだとか。

旨い!甘みがあって大変おいしい。この辺りの毛ガニは北海道産と比べると毛が柔らかく持って痛くないのだとか。

食べやすいようにご主人が丁寧に切れ目を入れてくれています。

H氏が甲羅に日本酒を注ぎ炉で炙ります。カニみそ甲羅酒、旨し!たまらん!

さらに日本酒をぬる燗で1本。お燗で旨い酒をと〆張鶴の月をお燗してくれました。沁みるよ。

変わり種ボトルも出て来た。見たこと無いなあ。


4c10

真野鶴のひやおろしは超辛口で+21だという。くうう、切れるね!

日本酒を散々飲んだのに、最もインパクトがあったのがこれ。

八海山と越乃寒梅の米焼酎。八海山のは結構出ていて何度か飲んだことがありますがそれは25度、こちらは40度で3年古酒。


4c11

越乃寒梅の乙焼酎も40度だから、よぱらっちゃったよ。凄くコクがあって香りのよい焼酎です。結構お値段するのですよこれ。

自分的に最大のヒットは右端の・・、

越乃景虎の梅酒です!甘くなくてすごく美味しい。これボトルで欲しいです。今飲んでいる梅酒よりはるかに旨いぞ。

知らなかったけどかなり有名でヒットした梅酒なんだそうで。探そう・・。

〆で揚げたての天丼。甘いたれとマッチして美味しい。メギスはほッくほく。地場の丸い茄子、オクラ。変わったところでイチジクの天ぷら!これはデザート感覚でしたよ。

それにお味噌汁がたっぷりと。入っていたナラタケというキノコはすぐに傷んじゃうので珍しい。栃尾の油揚げが入っていてほっこりする美味しい味噌汁です。

デザートに食用ほおずき。茶色い袋をむくと熟した実が現れます。甘酸っぱくておいしい。珍しいです。

お茶を頂き、宴は完成されました。お土産に地元の和菓子屋さんのお菓子も頂きました。

素晴らしいお店でしたね。地元の旬の食材を使って、丁寧なおもてなしをしていただきました。

30年続けているお店で、最初は居酒屋風だったのが、旬の食材にこだわるうちに今のおまかせスタイルになったとか。

満足しました!地元の食材を堪能出来て入手困難な地酒を飲み比べられるなんて。

上越高田に来てよかった、っていう店です。

女将さんは気さくでお酒に詳しいし、ご主人も釣りの話とかいろいろ教えて頂きました。カウンターで飲んでお話が盛り上がりましたね。

旅行や用事でこの街に来たらぜひ。店構えは普通ですけど内容は濃いです。

地酒好きだったら首都圏から来る価値ありかも。

もし地元で行ったことが無い人も是非。地元の食材を再発見するかも?

お会計はこれだけ飲み食いして大2枚でお釣りがちょっと来ましたから。贅沢でしたけど、旅先では思いっきりやるのが楽しむコツさ。こんだけ飲み放題やらかしましたからね。

お財布に余裕を持って、予約してから訪れてみてください。

いや~、H氏の居酒屋ハンターの嗅覚は凄いですね。今後もお世話になります!

さあ、高田の表通りに戻ってきました。いい思いをしたのでホテルに直行して、明日に備えましょう。


4c12

高田は良い街ですね~。豪雪の冬に来てみたい気もしてきたよ・・。電車なら。

|

« 食堂・徳市(上越市・名立)。 | トップページ | 超大型。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事