« 川場キングダムフィッシングその1・初めて行った編。 | トップページ | 川場キングダム・その3・生姜焼き定食編。 »

2017年11月13日 (月)

川場キングダム・その2・美しい風景編。

昨日行ってきました、沼田エリアの管理釣場「川場キングダムフィッシング」さん釣行記2回目です。

ここがもうリゾートみたいな感じで、素敵な景色なんですよ。お洒落な管釣りです。

3o1

紅葉もピークという感じで、美しい風景です。山に囲まれてなにか旅に来たみたいな、自然に包まれているかのよう。

3o2

管理棟側がアウトレットで奥側がインレット。

さあ、釣り座をルアー優先側の池の一番幅の広い辺りにします。

3o3

このところ、土曜日に前線が通って雨風があって寒気が入ります。で日曜は朝から冷え込むと。この日も寒かったのです。陽が陰ると風が冷たい!時折風花が解けたのか雨が落ちます。周りの高い山は雪景色です。

魚は思っているよりいますね。この池の規模だと魚影はどうかな?と思いましたが、群れで回遊しています。手前にはじっと動かない魚たちも。

周りの釣り人はぽつぽつという感じで、活性は低いようですかね・・。

季節が冬へと一段進んだ日はこういう感じなんでしょう。

9時20分スタート。

最近愛用のダーインスレイヴ61L・Rev-Aにナイロンラインをセット。ハイバースト1・6グラムの黄色裏黒です。自分のサーチカラー。表層、底、中層と探りますが。群れを通したときに魚に当たる感じが伝わってきますが。

スレで1匹掛かっただけです。

やっぱ難しい感じでしょうか?マイクロ系へ早くも落として。クランクも探りますが。当たってもショートバイト。

水はクリアで底までは見えませんが手前は良く見えます。うーん、魚は追ってこないし、追って来ても距離が遠いよ。

受付で親切で感じの良いオーナーさんが、放流を10時頃インレットでしますからって言っていたので待つしかないか?

開始30分で早くも手詰まりか?

そこへオーナーさんがやってきて。

おお、ペレットを撒いてくれます。

ナブラが起こります。やはり魚影は濃いのです。

3o4

これはチャンス。スプーンはアキュラシー09のオレンジ系裏茶色が付いている。これならペレットっぽい?

ナブラ直撃で。


3o5

ようやくの1匹目。

連発。


3o6

けど落ち着いちゃうよね・・。

おおっと、オーナーさんはそのままインレットで放流開始。予告通り10時の放流です。

そこにイケスがあるようで、網ですくって流入口側に入れます。

3o7

結構な回数入れていたようなので期待です。しかしそこまでは距離がかなりあるし、池がでかいので、放流魚が回ってくるのは時間が掛かるでしょう。

クランクでテロテロやっていましたが、上流側からぽつぽつ上がりだしたので。

放流狩り開始!

ドーナ2・0gFS01LTDで、放流10分後にキャッチ。


3o8

魚は長い距離を追って来てようやく食うみたいで・・。手前で帰っちゃう魚が多くなった。

もう終わり?

いやいや。ノア1・8gオレキンからFS01とローテするもアたらなくなった。

もうセカンドか。自分の中でノアのセカンドいえばこれ。ゴンと反転して。


3o9

ノア1・8gノブカラーのクロキン。

3o10

うう、けど止まっちゃって、下流の人が釣れ出した・・。通り過ぎちゃったの?放流魚たち。

いやきっといる。何も岸寄りばかりを泳いでるわけじゃないだろう?こんだけ池が幅広いんだから、真ん中辺りにも来ているはず。

同じカラーのノアを2・1グラムに上げる。

フルキャストで沖から引いて来ると数回巻いてヒット。


3o11

かなり沖から暴れる魚を引っ張って来ます。こういうのは大きな池じゃないと体験できない。

さっきと同じに見えますが、ノア2・1gノブカラーのクロキン。

3o12

Rev-Aは魚が掛かるとしなやかですが、強めに寄せてこれます。竿を曲げながらぐいぐい早く寄せてきます。割と強引でもバレにくいと感じます。


3o13

バリバスのあまり伸びないというナイロン3lbを組み合わせましたが。かなり沖でもしっかりアタリが出て、アワセも決まります。ナイロンとは思えない良いラインですね。

それでも徐々にバイトが減って、フッキングしなくなって・・。

もうこんな薄皮一枚のフッキング。どういう喰い方なのよ。口開いていないのか。


3o14

沖パターンは7分で4匹キャッチ。

放流は結局6匹で終了~。

また悶絶モード化・・。

ここでリセット、トイレ休憩。暖かい缶コーヒーで一息入れて。

いい雰囲気。

お洒落椅子が池に向かって置いてあったり。


3o15

ここがアウトレットね。

駐車場がこの位置にもあって、入り口は違うようです。フライの人には便利かな。


3o16

くうう、カヌーですよ。シャレオツ過ぎ。


3o17

釣り座に帰って来ました。この位置ね。


3o18

曲がり角周辺は、混んで来たらラインクロスするかもね・・。

ここで目線を変えて。

ミノーとボトムをやってみる。

今回もミノー&ボトム竿を変えてみた。

クロノタクト511SLでやってみます。


3o19

今所有のミノーとボトムで使えそうな硬めのロッドは3本。

ダーインスレイヴ60GLはティップはしなやかだがバットは強靭なレギュラーファーストアクション。でプラグの操作性は良いけど、PEと合わせるとバットが曲がらないからかバラシが自分の腕では頻発してしまう。

クロノタクト60Lは全体に硬めだがレギュラーアクションでティップは硬めだがバットが曲がる。のでプラグの操作性はちょっとまったりだが、PEで魚が掛かったら割と簡単な感じ。

では、この511SLでは?ソリッドティップはしなやかだがべリーから硬いファーストアクション。

ザッガー50F1で。

うん、操作性は良い。ティップは柔らかいけどベリーで操れる。

なかなか魚が反応しないけど、ようやく1匹。普段のガツンよりもマイルドなフッキング感覚。

まあ、この状況では難しい。ミノーの日じゃない感じですが釣れてよかった。


3o20

うん、511SLはミノーに良いかも。操作性は良いし、PEでも魚のやり取りがスムーズでした。ミノー竿はこれで行くか?5フィート11インチってのもミノーでトィッチやりやすい短さですし。

続いてボトムもやってみましたが・・。

この511SLは適合ルアーウェイトのMAXが2・8gまででは・・。シャインライドを投げますが何グラムだっけこれ?これは自己責任です。

極細のソリッドティップに負担を掛けないように、速いキャストじゃなくて胴に乗せて押し出すようなゆったりキャストで。

ベビーバイブも投げられないことも無い。けど折れたってなにも文句は言えません、自己責任でやってます。

操作性はワンテンポずれる気もするが、ちゃんとバンピングしてます。

ボトム竿もこれで行くかなあ・・。いや、この3本はミノーとボトム以外での使い道が無くてね、自分の中ではそれ以外は使いにくくて。どれかを選んであとは売却か・・。もうちょっと比較してみます。

だって、ボトムからの反応も無く、釣れませんでした。この日はボトムじゃないかも。

うーん。どうしよう?

また休憩。駐車場まで行って車から椅子を取ってきます。

綺麗に紅葉していますね。細やかに整備してあります。

3o21

さて、ここまで1時間40分で9匹です。放流がありましたが、それ以外はほぼ悶絶です。

クランクも不発です。マイクロも群れの表層を狙いましたがなんか合わないなあ。群れもいつの間にかいなくなるし。手前の見える魚も動かないし。真冬モードみたい。

何か作戦を。何とかして魚にスイッチを入れたい。スイッチを入れるルアーを。

スイッチ・・・。ん?スイッチ?

そうか!

次回に続く・・・。

いや、ビール飲みながら書いていたらもうヨッパラっちゃったし、寝る時間だし。

明日以降は会議で帰りが遅いので次回はいつ書けるかわかりませんが、頑張ります。

また、後日です。

|

« 川場キングダムフィッシングその1・初めて行った編。 | トップページ | 川場キングダム・その3・生姜焼き定食編。 »

釣り・川場キングダムF」カテゴリの記事