« WRC開幕戦モンテカルロ、トヨタ・ヤリス2-3位。 | トップページ | 平常進行。 »

2018年2月 4日 (日)

ヴェゼル・マイナーチェンジ。

ホンダのSUV・ヴェゼルがマイナーチェンジを行うようです。

2月15日にデビューと公式HPに先行情報が出ていますね。その画像がこれ。

1q1

顔つきが少し変わりましたかね・・。

ヘッドライトが切れ長になってシャープな顔つきに。グリルも押し出す感じで。フォグランプの開口部もフィットっぽくなったか。

もともとRSが追加で出た時に、乗り心地など改良してある意味マイナーチェンジっぽかったのですが。

全車にホンダセンシングが標準装備ということで、以前もベースグレード以外は搭載されていたのであまり変わらないような気も。

しかし、気になるのはハイブリッドシステムですね。1・5リッター直噴エンジンにモーターアシスト、それに7速のデュアルクラッチミッションを組み合わせるというこのシステム。

トヨタのハイブリッドとかは燃費重視で自分としては気になるシステムでは無かったが、やはりホンダは走り重視で振って来たのでデビュー以来気になりました。

欧州車では主流になって来たデュアルクラッチミッションですが、ホンダはハイブリッドと組み合わせることで、確か1速と後退はモーター内にあってそれに6速ギヤミッションを組み合わせ偶数ギヤと奇数キヤを2つのクラッチで交互に自動で繋ぐというMTの様にギヤを嚙合わせるAT。

前例のないシステムで、デビュー当初はフィットとともにトラブルの連続、リコールの嵐でしたが・・。

やっと熟成したようですね。新しいシステムは飛びつかないで待った方がいいのよ・・。

で、この前のフィットのマイナーチェンジの時には、ホンダセンシング以外は変わらない感じでしたが、営業さん曰く、ハイブリッドは別物になった、感覚的に速くなってスポーツハイブリッド、かなり違いますって。

なので、ヴェゼルのマイナーチェンジもハイブリッドの熟成感があるのではないかと期待。

元々フィットやシャトルの1・5リッター・アトキンソンサイクルエンジにモーターを組み合わせた(エンジン110PS/6000回転&モーター29・5PS)燃費重視システムと違い、ヴェゼルのは1・5リッター・直噴エンジンにモーターを組み合わせた(エンジン132PS/6600回転&モーター29・5PS)というハイパワー仕様。

6600回転で最高出力ってかなりスポーティーね。エンジンだけでも昭和のハチロクよりハイパワー、って車重は圧倒的にヴェゼルが重いけど・・。システム出力は2リッターNAエンジンと比べれば馬力は同等でトルクは凌駕するし燃費は圧倒的に良いと。

ということで、自分としては唯一ホンダ車で釣り車にどうよとヴェゼルの4WDが気になっていて、愛車フィットの点検にディラーへ伺うたびに商談が始まってしまうのですが・・。

ここまでは踏みとどまっていました。

しかし、マイナーチェンジで熟成した今がチャンスか?むうう、もし、残クレ1・9%金利とかやってくれたら、い、いっちゃうかも・・。

6か月点検の時期なのですが正月以降いろいろあってディラーに行けず。そろそろ行かなくちゃな。

ヴェゼルがデビューする2月15日前に点検するか、実車が見られる時期に点検するか・・。

いずれにしても商談は、始まる感じ。営業さんの出す条件次第だなあ・・。

|

« WRC開幕戦モンテカルロ、トヨタ・ヤリス2-3位。 | トップページ | 平常進行。 »

ホンダ・フィット3・13G」カテゴリの記事