« いかめし・大北海道展その1. | トップページ | 花粉症の季節到来。 »

2018年3月 2日 (金)

かきめし・大北海道展その2。

前回の続きです。

地元デパートで開催中の大北海道展に行ってきました。開催されるたびに何故か行ってしまうのですが、今回はその最大の目的だった弁当のお話。

まずはこのお弁当。

帯広の清味屋さんの道産牛ステーキ弁当です。

0z1

帯広ですか。行ったことが無い場所ですが、列車で通過したことはあるはず。

都内にいたころの会社員時代同期だった帯広出身のN君を思い出したよ。高校の同級生がドリカムの人で、美和がさ~今度デビューするんだよーって話をしていて美和って誰?って感じだったけど。CD聴かせてもらってぶっ飛んだもの、これは売れると思ったら凄いことになった。N君は私と同じ頃会社を辞めてミュージシャンになったよ。元気かな?

そんな帯広を思い浮かべながら食す。

0z2


なかなかゴージャスなお弁当。肉の香りが良くて、このソースの相性が抜群。

0z3

これは旨いな。妻が大変気に入って、またこのイベントが合ったら買って来てって言ったけど、値段を聞いたら躊躇するかもね・・。とても豪華なんですよ。

さあ、次は今回の最大の目的です。

厚岸のかきめしですよ!

0z4


これには思い出があるんだよ・・。

都内の会社を辞めて群馬に帰ってからだと思うが、初夏に北海道旅行に出かけたんだ。往復寝台列車の旅。列車で道東方面まで行った。

北海道は出張で行ったけど旅行は初めてだったな。その目的は話せば長いことながら・・。

その頃過去の振り返り旅をよくやっていたんだけど(今もやってるがな)、大学生当時に付き合っていた彼女を思い出していた。

彼女は大学で旅の会という先鋭的な旅行サークルに所属していて、ザック1個でコアな場所を旅していた。卒業旅行もザック背負って一人でスペインに行ってジプシーの家に泊まったり。成田まで送ったことを思い出したぞ。

付き合っていた頃その彼女に北海道に行ってみたいと言ったら自分が使っていたガイドブックを貸してくれた。彼女とはその後別れて、そのまま返さずに持っていたガイドブックを数年後に見たら、一つだけスタンプが押してあった。

昔は駅にスタンプが置いてあって、旅行者はそれを押したんだ。そのガイドブックにも巻末にスタンプを押すスペースがあった。旅をするとスタンプが沢山押されるが、彼女の旅は慌ただしいのでその1個だけ押したのだろうか。

その駅の名は「厚床」。

乗り換えで時間があった時にそのスタンプを押したのだろうか。当時は今では廃線になった標津線があって、彼女は野付半島にトドワラを見に行ったのかもしれない。

私は彼女の旅をトレースする形で厚床まで行ったのだった。駅の待合室でスタンプを見つけてそのガイドブックの彼女の押したスタンプの隣に押してその旅は完了(笑)。渋い場所だった。廃線跡を歩いた。ザックを背負って国道を散歩したらバイク乗り達はみんなピースサインをくれたよ。徒歩で北海道縦断していると間違えられたようだ・・。

彼女は別れた数年後、北海道を一人旅しています、と旅先からハガキをくれた。真冬の北海道の列車内、多分石北本線で書いたらしく窓の外は真っ白以外何も見えないと書いてあった。網走で流氷を見るという。

女性が真冬に北海道に一人旅って、何かあったなとは思った。最後「つらいことがあったらいつでも言ってください」と書いてあった。辛いことがあったのは彼女の方だったのは想像がついた。彼女との別れ方が悲惨で気持ちがすさんでいた私は返事を書かなかった。これは今でも後悔している。

彼女になにがあったかは、その前に彼女が電話してきたときの内容でなんとなくわかった。けど私は親身になってあげなかったな・・。

その後再会した時に彼女は「あの頃は色々あったのよ」と言っていたがそれ以上は言わなかったし、私も聞かなかった。「あなたに今彼女がいたら全部話すんだけどね」と彼女が言ったけど。何度かやり直したいと思ったことはあったけど、再会した時もやり直したいと思って彼女がいるのにいないと言った私って・・。そんな嘘で彼女は口をつぐんだ。でも何があったかはわかっている。晩年にまた会えたら、その話は忘れて楽しかったころの話が出来たらいいなと思うことがあるよ。

長い思い出話になったが、

でその旅の、帰りに立ち寄った「厚岸」という駅。

その駅の待合室で何気なく売店で買った「かきめし」。その場の椅子で食べたのだが。

凄く旨い!北海道!って感じがしたのでした。今ままで食べた駅弁で一番うまかったのです。

思わず売店に再び行って店のおばちゃんに「これすごく美味しいです!」とお礼を言いに行ったのをよく憶えています。こんな事自分の中で初めてのことです。

死ぬまでにもう一度食べたいなあと思っていた弁当。それが今回出店されていたのです。

カキが増量の高い方を購入。おお、これこれこの感じ!

0z5


カキがびっしり。他にもアサリとか2種類くらい貝が入っている?

このご飯お味がいいんです。あまじょっぱくて凄く旨い。椎茸の煮物も旨い。

カキもぷりぷりで弁当とは思えない。

0z6

旨いいいいーーーっ!


店の人は、冷めても温めないでください。冷めてからが旨いって言っていましたが、なるほど。

旨いなあ。やはり厚岸のかきめしは絶品です。

また食べたいなあ。

北海道行きたい。もう寝台は無いけどさ、新幹線と在来線で行って函館からレンタカー借りて道内1周するかな・・。まとまった休みが欲しいよ。

大北海道展は、昔の思い出と、ちょっとだけ北海道に行った気分が味わえました。

|

« いかめし・大北海道展その1. | トップページ | 花粉症の季節到来。 »

食べたもの・食べた店」カテゴリの記事