« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月16日 (月)

PCが動かない。

PCが壊れてしまいました。
スマホでこの記事を書いています。
起動はするけど何も動きません。
けど、左クリックは効かないが、何故か右クリックは生きている。
送る、からUSBメモリにデータを移動出来そう。それでデータをバックアップしてレスキュー出来れば。
出来なければ、ブログ用の画像や記事の下書きが無くなるなあ。
OSのリカバリーソフトも付属してないし。ダウンロードも出来ないし。
windows10買うか?いやPCの買い換えかも!
データが救出出来たらブログも続けられるなあ。
だめだったら、ブログも生活もリセットです。
各種パスワードもPCの中だもの。メールも受け取れません。
けど、プライベート関係はスマホに移行しておいて良かったよ❗ネット閲覧環境はスマホで維持出来るし。知り合いとのメールは可能です。
デジカメの画像処理出来ないのが痛いです。
アップロード環境が戻るまでは時間がかかりそうです。スマホでは大変なので。
バックアップは大事ですね。
すみませんが、しばらくブログの更新はお休み致します。

| | コメント (2)

2018年4月12日 (木)

打ち上げ・一粋(いっき・高崎)の宴会メニュー。

前年度の職場打ち上げ宴会の会場は、高崎繁華街のメインストリート、慈光通りにあります一粋(いっき)さんでした。

前ノリしまして、この店のカウンターで一人飲みをした記事を先日書きました。

0a1


2階の相席居酒屋が気になりますが、

慈光通りの交差点近くの1階にあります。地価の高い所ですが、家賃は想像つきませんよ・・。

時間になって宴会開始。部屋は個室です。長細い部屋で、20名ほどでしたがテーブルをはさんで一列が長い・・。

乾杯は生ビールで。おお、宴会メニューもプレモルとはすばらしい。飲み放題でプレモルはなかなかないんじゃあ?

0a2

飲み放題付きで会費は4000円だったかな。

お刺身三点盛り。ゲソは焼いてありますけど。


0a3

サラダです。


0a4

やはりこの店は串焼きが自慢。

ねぎまとウズラ串のタレです。ちょうど、先程カウンターで一人飲みをした時に頼んだのと同じものが・・。


0a5

美味しいのでよし。

お、これは私の好きな、栃尾の油揚げネギ焼きです。


0a6

醤油が合いますね。

ロールキャベツのトマトソース。

0a7

ささみフライとポテトフライにタルタルソースです。


0a8

おしんこ。


0a9

堀コタツ式で脚が下せるのが良い。和テイストです。


0a10

仕上げはピザです。美味しうございました。

0a11

職場を異動される方も今回は沢山います。異動する若い綺麗なおねいさんが腐女子であることをカミングアウトされて皆さん盛り上がりました。私は以前聞き出してその活動をしていたことは知っていたのさ、くっくくく・・。男性向けの同人誌を大量購入しているそうですが、ビックサイトではスタッフさん側だったとか。

その妄想を私にも見せてくれよ・・。

ふうう。飲み放題は飲ませるぜ。普段なかなか飲めないプレモルを腹一杯飲みましたよ。それ以外はこれだという飲み物もあまりなかったので・・。

オーパが綺麗だね。


0a12

高崎の駅前もかなり変わってしまったね。

駅まで何人かを見送り一人になる。んー、どっかで一人飲みをするかな?と思いましたが既に0次会もやったし、翌日も朝から仕事だったので帰りました。

ペガサス駐車場に停めると以前のサウスパークより夜遅くでも代行さんがすぐにゲットできるようになりました。駐車場代は高いけど。と、高崎代行事情をちらり・・。

さあ、今週末はまた宴会だあ。

年度末と年度初めは飲み会が続きますね・・。

|

2018年4月10日 (火)

フライで今季初(チビ)ヤマメ・やっぱ地元の川。

年度始めの慌ただしさが一瞬落ち着いたので、時間を作って地元の川で竿を出せました。

時間は作るものなのさ・・。

風も弱まってきて暖かな夕方です。日没間際急げ。

もうポイントはここしかない。ここならいるだろう、小さいけどヤマメが・・。

地元の川。渓流フライを始めた頃から通っているこのポイントです。

0b1

地元の人ならすぐにわかると思いますが・・。

ここなら確実にいるでしょう、ヤマメ。

ほぼ小さいヤマメばかりです。数年前から成魚放流が無くなってしまい、稚魚放流が育った奴なのですが、チビヤマメまで、それでも成魚ですから・・。

両岸の藪が凄いのです。この時期ならまだ釣りになりますが、春を過ぎれば川に降りるのも困難に。

緩めの流れにドライフライを入れると、魚が出ますね。小さ目で合わせが遅れると掛からない。


0b2

バックで藪を釣らないように、アップキャストです。この流れも出ましたが掛からず。アップだと魚の頭上をラインが流れるので一発勝負です。何度も流せません。

色気を出してアングルを付けて横気味にキャストするとたちまちバックの藪を釣ってしまいますから。


0b3

両岸の藪には餌師の足跡がくっきり。解禁からかなり攻められているようです。フライは岸からじゃ釣りになりませんから・・。

この下の段で成魚サイズが出ましたがまた掛からず。くうう・・。魚体はヤマメでした。


0b4

実際はもっと下流からキャストしていますよ。

まあ、ヤマメが結構いることは確かです。

このプール。ライズはあります。このブログでは見慣れた風景ですね、ここ。


0b5

けど今日はショートレンジの釣りになるだろうとリーダーは短めです。こういうポイントは苦手。

水の中にはパーマークの付いた魚が結構泳いでいます。小さいですが。

漁協の稚魚放流はGW開けだった様な。やはり昨年度の稚魚が育った成魚?それにしても小さいよ?

プールの上部の流れで・・、

今度は合わせが決まった。


0b6

小さいですけど。今季初ヤマメが釣れました!良かったよ~。


0b7

今シーズンは1匹も釣れないような予感がしていたから・・。

ヒレが綺麗ですね。やはり稚魚から育った奴かな。パーマークは乱れていますね。このサイズでも成魚。

パラシュートもポスト長めじゃないともう見えません。今日は長めのポストのフライを持ってきて、横倒しにならないように調整しながら流しました。

岩の手前で体を隠して近場を腕を伸ばしたサイドキャストで川上でラインを飛ばして、出来るだけ横から流せるようにして釣れました。

その上流で、同じような釣り方で、もう1匹。


0b8

さらにサイズダウン・・。

0b9

稚魚放流ってもうしたのかな・・・。

小さすぎなんですけど。

今回のタックル。

ライトスタッフ7’10の#3です。いつもの。


0b10

ここも出たんだけど空振り。


0b11

ドライフライがちゃんと流せるところは反応があります。


0b12

川を遡るのは、かなり疲れます。脚に来てます。フラフラしてます・・。

最後の大場所に暗くなる前に行きましょう。岸に上がれるところも限らていますし暗くなる前に上がらないと。ポイントをいくつか端折って。

ここに出ました。ここで勝負です。

0b13

もうグーグルマップでもちゃんと写っているポイント。以前大きな魚をアワセそこねましたが。いかにも大物がいそうなポイントです。

ライズがかなりあります。

いい感じで出たのに合わせられなかった・・。

結局チビさん・・。

0b14

なんかパーマークの2段仕様・・。

リーダー短すぎですぐドラグが掛かっちゃう。せめてティペットを足しておけばよかったが、もう暗くてラインが結べませんでした・・。

ここはチビヤマメがかなり溜まっていましたが、大きいのも潜んでいると期待。

またリベンジしたいポイントです。


0b15

もうしばらくすると藪で入れないかもしれないし・・。

枯れた藪をかき分けて道に戻れました。

この川はもうキープサイズは抜かれちゃっているかな・・。けど小さいのが何度も出てくれたので楽しかった。

細い流れなので、リリースしてね。リリースサイズを持ち帰って唐揚げで食べないでね・・。

魚が小さいのでもう餌釣り人もそんなに来ないのでしょう。ルアーでも流せる距離が短いし。フライも案外難しい釣りなんですよ、これ。私慣れているけど、これやるとバック引っかかりまくりだと思う・・。

そんな川なので小さいヤマメは残ってくれていました。

夕方の小一時間、また時間を作ってきてみたい、癒しの川でした。

地元にヤマメの泳ぐ川がある、田舎暮らしも楽しいものです。

|

2018年4月 8日 (日)

年度始めは・・。

忙しいですよね、年度始めの時期って。

余裕を持って準備をしてきましたが、やっぱ週末に向けて忙しくなってしまった。

今日は自主休日出勤をしましたよ。明日から操業現場は本格稼働となるので、仕上げの準備です。

所長さんも出勤していたので、振替休暇を後日頂けることに。ありがたいです。

何とか、明日の大仕事は乗り越えられるか?

さて、帰りは自分へのご褒美をと。職場近くのセブンイレブンに狙っているブツがあるのですよ。

ウィスキーの白州。

0c1


先月辺りから、白州12年の休売のうわさが飛び交い、まあそれは何本か確保したのですが。ベースの白州NAもなんか手に入らなくなってしまった。

今まではネットで定価で買えていたのに、スーパーにもたまに入荷があったのですが・・。

白州全体が品薄状態になったようで、ネット価格も山崎に近づいたプレミアム価格になって来た。

これはいかん。白州は爽やかな味わいでハイボールで結構うまいのです。夏場に無いと困る・・。

ストックは1本半。

0c2

夏までには無くなっちゃうな・・。

けどね。4月上旬に出荷があったみたいね。アマゾンに定価で出た。これはひょっとして?

そして仕事帰りに寄ったセブンにこのミニボトルが定価であった!

0c3


むむむ、セブンに欠品していたミニボトルが出たということは・・。

ビンゴ!その帰りに、年に数回山崎や白州が定価で並ぶ地元スーパーに行ったら、白州が1本残っていた。数日早く行けばもっとあったろうね。

在庫2本半とミニボトル1本。これでも夏までは持たん。

と、いうわけで、今日も休日出勤帰りにミニボトルを1本同じセブンで購入。

これを1/3ほど飲んだフルボトルに補充して・・。

0c4


すると、白州が増えると。数十円割高ですが、プレミアム価格よりまし。

これを繰り返せば無くならないボトルが完成です(笑)。ミニボトルの在庫があればね。

今日補充されていたからまだ在庫はあるのかな。田舎のセブンなんで高価なウィスキーだから売れないだろう、たぶん・・。

白州NA、ストレートだと若さが目立ちますが、ロックでイケます。

0c5


ソーダで割れば爽やかで旨いよ~。

明日のお仕事が終わったら、また買ってこよう、ミニボトル。

ちょっと一段落したい。来週から仕事が平常進行になれば。

けど6月まで忙しくなるんだよねえ・・。

|

2018年4月 4日 (水)

今季初フライ・烏川支所前放流ポイント。

季節外れの夏日もそろそろ一段落ということなので、今季初のフライ釣りに行ってきました。

今シーズンもフライタックルは変わらず、手元にロッドやリールは他にあるのですが、もう準備する余裕が無くて例年通り。

ライトスタッフ7’10#3です。

0e1

今週は暑いくらいの日が続いています。週末に放流したヤマメの残存魚がライズしているかもしれない・・。

うずうずしていましたが、年度初めで職場は忙しい状態。とても休暇をくださいなんて言い出せる状況じゃありません。

けど何とか時間を作って夕方遅くに河原に立てました。

高崎を流れる烏川。旧倉渕村地域です。

最初、好きな水沼橋に行こうと思ったら、先行者アリ。例の堰堤を釣っていますが、私は堰堤上部に入りたいけど悪いからやめておく。

大人気の支所前ポイントへ。もう時間も無いので、夕方で暗いし足場の良いここにします。ここは前回の記事に書きましたが、なぜかこの烏川のヤマメ放流ポイントでも人出が大変に多いのです。

今回ももう先行者が多過ぎて、渓流釣りの掟は無効状態です・・。

放流から日にちが過ぎてもまだ人だらけ。ぱっと見て7人入っていますよ・・。

堰堤が人気ポイントですが先客多数で入れない。その下は流れが急でドライフライ向けじゃないし。

0e2

ここから下流も数人並んでいます。

こうなると先行者もへったくれも無いカオス状態。前後の人の間に入れてもらいます。ここは管釣りか?

このスペースが私の区画(笑)。




0e3

下流の方に行くとドライフライが長く流せそうですが、結構流れは複雑です。

キャストは竿に助けられて無難に。

肩は痛くないですが、岩を超えようと掴んだら激痛が・・。

ライズは全くありません。これほど暖かくても活性が高いのはこの時期日中なんですかね。羽虫が飛んでいませんし。

流れを一つ一つ釣ってみますが・・。


0e4

反応無し。

向かい風が強くなりキャストは苦戦。流れの向こうの流れは入りません。

しかも次々と釣り人がやってきて何故か私の方へ釣り下がる。さりげなくすれ違ってポイントチェンジ(笑)。放流魚なんで人影などは大丈夫なのか?

もうちょっと沖の流れを攻めたいが、そんなポイント交換状態なので川に立ちこんで場荒れさせては失礼。岸から釣ります。ウェーダーいらないかも・・。

下流の人が帰ったので最下流のプールへ。

ここでライズがあったら素敵なのに・・。


0e5

全くライズ無し・・。

そこから釣り上ってフライを流せそうなポイントに竿を出しますが。


0e6

逆光で全くフライが見えません。また目が悪くなったようで。もう暗い時間帯のドライフライは無理みたいです。日中しかないな。

アップ気味だと全く見えない。ダウン気味でやっと見える。まあほぼ勘でやってます。

たまに小さい魚が突いてきますが、稚魚ヤマメ放流はまだだからハヤかな。

一度だけ小さく魚が出たけど空振り。ハヤだなきっと。

既に放流魚はいないのか・・・?人多過ぎ?

0e7

堰堤下まで見てみましたが、そこは長くフライを流せるポイントが無いっすね。餌釣りやルアーむきですかね。


0e8

お約束のボウスです・・。

烏川でこのところ釣れてないなあ。

短時間でしたが竿を出せてよかったよ。今シーズン年券買ったけどいけないか?と思っていましたから。

フライロッドを振るのは楽しい。

これで弾みがついて川に足が向くでしょうか。

堰堤下と上はいい感じのポイントですね。魚は残っているかも。けど先行者は必ずいそうだなあ。


0e9

堰堤上は対岸から入ります。工場わきを抜けてサイクリングロードを越えて河原に停めますが、普通車は底を擦っちゃうかもね。SUVや軽トラなら行けるでしょう。

このポイントがC&R区間になったら面白いでしょうけどね・・。

そういうことをやる気も無いんだろうなあ。

釣れなああああーーーーいいっ!!

むしろこの川は放流ポイントじゃないところの方がいいのかも。

いや、次回はもっと小さくて人気のない川に行きましょうか・・。

|

2018年4月 1日 (日)

ヤマメ放流見学・榛名白川~烏川。

今日は地元上州漁協の第2回渓流ヤマメ放流です。

放流日は釣りに行きませんが、後日放流の残りを釣りに行くので見学に出掛けました。

今シーズンも上州漁協の年券買ったけど、まだ一度も竿を出していないけどね。そろそろ・・。

お昼過ぎに出掛けたのでもうマッタリ状態かな?まずは、近所の榛名白川へ。

漁協の案内書では車川になっている栄橋へ。行ったが花見のカップルしかいないよ・・。

川沿いに車を走らせ、釣りキチけん太の前でルアーマンが一人。しかしここ草を刈って川が丸見え。これでは稚魚も育たないだろうが・・。もうみんな帰ったのかな?寂しい感じです。

迂回して公園の上流へ。もう園内は花見の家族連れで大賑わい。

車を停めて私も花見・・。ではなく川へ行きます。

0f1


公園上流の橋には釣り人一名。

0f2


この辺りは護岸が整備されていて入りやすのですが、釣り人少ないですね。もう釣り切っちゃったの?

さらに上流へ。

ここが落合橋です。

0f3


橋の上流は何人かいますが。

川が細いですね。これでは釣り切ってしまうだろうなあ。

0f4


落合橋下流。

0f5


こちらの方が賑やかかな。放流量が少なかったのか、釣り人も午後にはもう少なめです。

こういう小さな川でドライフライをやるの好きなんです。一度来てみるかなあ。

お魚残っていますように・・。

次は烏川へ行きます。一応ホームの川なんですが・・。

山越えすると時間が掛かるので、一度沖方面まで降りてから上流へ。

好きなポイント、水沼橋です。賑やかですね。

0f6


やはり有名な堰堤が一等ポイント。餌師は堰堤の上から釣る。

0f7


この手前と堰堤上の平瀬がフライマンのターゲットなんですけど、そこは放流しないのね・・。魚が下ってくることを祈る・・。

水沼橋下流。

0f9


この下流はフライ向けなんだけど魚がいないんだよねえ。放流魚が残って落ちていきますように・・。

一番賑やかな支所役場前。何でかな?放流量が多いの?

堰堤の上も放流するのね。

0f10

アクセスしやすからかなあ、凄い人混み。

0f11


この中で竿を出す勇気はありません(笑)。

ヤマメ放流日はルアーとフライはオッケー。ニジマスは放流日NGなんだけど。

こういう混雑の中でもルアーマンは竿を出していた。餌師に挟まれた狭い流れで3メートルほどミノーを引いていたが釣れるの?それなら管釣りの方が釣れそう・・。

フライマンは見なかったね。あの中でフライは無理。餌師の長竿を釣っちゃうから・・。

この下流のプールにヤマメが落ちてきてほしい。

0f12


ここでライズなんかあったらなあ・・。

これだけの人混みの中ヤマメは残ってくれるのか?もうこの時間は全然釣れていませんでしたが。

管釣りのニジマスでも放流直後にどわーって釣れますが、何割かは餌を追わないで残るんです。そういう魚はいるんです。

そんな魚がこんな流れの白泡に潜んでいて、脇の緩い流れに出て来て羽虫を狙いだせば・・。

0f13


むう、今の時期のフライは日中が良いのですが、定時に仕事をあがれたら夕方に通ってみたいよ・・。

残っていてくれヤマメ。

下流に戻って、相吉橋は路駐しかないのでパスして。

放流最下流の落合橋(烏川橋)。

0f14


橋の下はいい感じのプールですね。このさらに下流にはフライマンには有名な堰堤プールがあります。

0f15


ここに魚が残っていればライズがありそうですね。下流の瀬にも魚が下っていればね、水温が高いので今一番活性が高いでしょうね烏川では。

橋の上流にもフライ向きの平瀬があるんですけどね。魚が上ればねえ。

放流日には竿を出さない。持ち帰り派なら喜ぶ放流ですが、魚が欲しいわけじゃないんですから。混雑の中で竿を出してもねえ。川が落ち着いたら残存魚を狙います。

こういう釣堀放流はもうやめて「どこだか教えないけどヤマメ毎週各川30キロ放流」とかやってくれたらいいのにね・・。

林道のある支流なら稚魚が入っていて育って釣れるんですけど。もう熊が怖いよ・・。

兎に角、時間を作って釣りに行くしかないですね。

う、まだフライ釣りの道具を何も準備していないよ。今年はフライラインを替えようと思ったいたけど。

明日の夜に準備出来るかなあ。折角年券買ったから、フライ釣りに出掛けなくちゃ。

|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »