« 嗚呼、竜鳳の手羽塩串が終了・・。 | トップページ | 揺れた~。 »

2018年6月16日 (土)

アレに似ているスコッチを探す。

アレですよ、アレ・・。

休売宣言をした途端、価格が高騰した白州12年。

4v1

一時期は8万円だの10万円だのおかしくなりましたが、今は4万円前後で落ち着いていますね、それもおかしいですけど。定価8500円ですから。

それに引きずられてか、白州NAも9000円前後と高騰。定価4200円だし休売していないし・・。

白州12年はほんのりとスモーキーでじっくり飲めるし、白州NAは爽やかな切れで夏のハイボールに愛飲していたのに、この値段ではもう買えません。

自宅在庫はあとこれだけ・・。

4v2


夏までもたないかも・・。

ならば似たような味わいのスコッチシングルモルトを探そうかなと。

似たようなって、白州がスコッチをお手本にしたわけで、それって本末転倒、甚だスコッチに失礼なことではありますが。

こんな状況になっては仕方がない。やはり私は日本が好きなんです。失礼を承知で探します。

バーボン樽メインでほんのりスモーキーが基本か。

白州でよく言われる森林の香り、若葉の爽やかさはちょっと自分にはわかりにくいので、柑橘系な果実の甘味、爽やかなクリーンさ、癖のないバランスの良さ、を基準に飲んでみます。

さわやかな柑橘果実だとスペイサイドに有名なのがいくつかありますが、ベタなので後回し。

ほんのりとスモーキーさがあるのを探しましょう。そうするとハイランド、アイランズで。

いろいろ買って飲んでいますが。まだちょこっと飲んだだけのが多いので個別レビューはまた後日。1本飲み切るくらいのタイミングでレビューします。

4v3


ざっと感想を・・。

結局、白州NAに似た傾向のスコッチはありそう。けど白州12年となると難しい感じかな。

まず、この2本は結構似ているかも。

4v4


柑橘系の甘さからほんのりとしたスモーキーさ。けど、んー、けどなんか爽やか系の柑橘よりも熟した果実系が出てきちゃうか。けどこれ候補。

これは期待したが、結構違ったね。甘さの系統が。

4v5


なんか甘味が粉っぽいし。

これはまだちょっと飲んだだけだけど。

4v6


やっぱ百花繚乱のスコッチ生産地では個性を出さないと、癖というか個性が添加されている。バランスを微妙に崩すような個性がある。そこが白州との違いか、白州は癖のないクリーンさ、まあ凡庸になっちゃうけどそこが好バランスってことで。

そうクリーンさってところで、ちょいとオイリーな部分があってコクがあるというか、爽やかとは言い切れない部分がある。

どれも美味しいですが今回の趣旨はアレですから。

キャンベルタウンのこれらは、白州より旨いよ(笑)。

4v7


ここんちは今一番お気に入りかも。結構ピーティーであれの12年に近いけどこちらの方がスモーキー。アイラほどスモーキーじゃないけど適度なピーティーさが凄く好きなんです。

10年はバーボン樽メインになったか旧ラベルより好きかも。価格はチョイとスコッチでは高めだけどプレミアムの付いた白州NAより安いんだからおすすめです。

15年はシェリー樽だけどシェリー樽っぽさはそんなにないし、いい感じのスモーキーさで大好き。お高いけど、高騰する白州12年を探すよりこういうのを飲んだ方が楽しいと感じます。

うーん、結局どうなの?

まあ、そんなに白州に拘らなくてもいいよねっていう結論で・・。安くて美味しいスコッチ沢山あるし。

白州NA系でハイボールメインで楽しむならスペイサイドやローランドで探すのもって、もう何でもいいか。

スコッチだとどうしてもストレートでって思っちゃうけど、白州の良さはロックでもハイボールでも旨い所だから、スコッチでもいろいろな飲み方で楽しめるボトルを探せば、いいものが見つかる予感がします。

こんなことやって、同じ系統の味が続いたのでコッテリのシェリー樽系も飲みたくなってしまったし。

お気に入りはまた個別で後日レビューしますね。

|

« 嗚呼、竜鳳の手羽塩串が終了・・。 | トップページ | 揺れた~。 »

飲んだウィスキー」カテゴリの記事