« オーバン14年。 | トップページ | 週末。 »

2018年7月12日 (木)

クロノタクト・アイランドモデル・オリジナルとの比較。

先日入魂しました管釣りニューロッド、スタジオミネギシのクロノタクトCT6002SULアイランドモデル。

クロノタクト60SULの釣り具ショップ「タックルアイランド」さんの別注モデルです。

アイランドカラー?黒と金のこのモデル、特徴をオリジナルモデルと比べてみます。

4e1

ブランクスはオリジナルはブルー(グリーン?)のクリア塗装ですが、アイランドモデルは黒のクリア塗装。

ロゴ文字は銀色から金色へ。

オリジナルはブルー&シルバーですがアイランドモデルはブラック&ゴールドなのです。

カラーリングだけの変更ではありません。

まずはグリップ。


4e2

オリジナルはストレートのコルクグリップですが、アイランドはシェイプしたテーパーコルクグリップ。やや細い握りになっています。

リールシートのウッドは同じですが、リングにはオリジナルはシルバーのスレッドが巻いてありメタルパーツはシルバー。


4e3

アイランドはなんか真っ黒のリングでメタルパーツはゴールドです。

一番違うのはガイドセッティングです。

数は同じ7個ですが。


4e4

オリジナルはトルザイトリングのチタンATガイド。

アイランドはトルザイトリングのチタンKRHガイドです。


4e5

1本足のATガイドは懐かしいですね。Kガイドが出てからあまり見なくなりましたが、昔はこれが多かった。峰岸はみんなATガイドだった気がしますが・・。

PEラインが絡まない様にとKガイドが出た気がしますが、ATガイドでも問題なかったような。

ただ見た目的にKガイドのほうがかっちょいい(笑)。

あとは感度とか重量とかいろいろありそう。細かいことは私はわかりませんが、ミネギシはATガイドをクロノタクトに選びましたから。

取り付け位置は微妙に違うけどリング位置はほぼ同じかな。装着のスレッドはKRHガイドの方がフットが長いのか長め。スレッドはやはりシルバーとゴールドね。


4e6

KRHガイドの方がややロッドから離れた位置にリングがあるかな。

ATガイドの方がどう見ても軽そうなんですが。

両方の重量をタニタの食材ハカリで測ったところ、同じ83gでした。

今の水準で決して軽い竿ではありませんが、同じ重さだったのには驚きました。

以前ショップコラボのフォーナインマイスターを買った時、ガイドが変わって塗装を盛った結果20グラムほど重くてガッカリした記憶があり、今回もそのパターンかと思いましたが、うれしい誤算です。

うーん、ガイド分アイランドはどこかで重量を削ったのか?ガイドの重さは変わらない?

塗装で重くないのは良かったと思います。素のブランクスに両方クリア塗装のようですから。

曲りに影響が出ているか?イメージ画像で・・。振った感じ私は変わった感じがしませんけど。変わっているんでしょうねえ?


4e7

まあ、見た目がとてもかっちょいいんですよ。

おっと、ロゴがクロノタクトが出た時スタジオミネギシ部分が筆記体になりましたけど、アイランドは元に戻ったか。


4e8

4軸カーボン部分のクリア塗装がかっこいいんです。アイランドモデルはちょっと見た目がマムシっぽいですけど・・。

で、先日入魂したのですが、使用感はオリジナルのクロノタクト60SULとの違いは判らなかったなあ。2本並べて使ったわけじゃないし。

オリジナルのクロノタクトSULのインプレは、このブログの「釣り・ルアー道具」のどこかに書いてあるので探してみてね。

これ1本で使う時とか、重宝しそうです。アイランドモデル、やはりかっこいいのが魅力です。

|

« オーバン14年。 | トップページ | 週末。 »

釣り・ルアー道具」カテゴリの記事