« 秋の大北海道展。 | トップページ | ひと仕事終わった。そして、清りょう本醸造・亭主関白。 »

2018年9月19日 (水)

新車ディーラー巡り・その3・ミニ編。

妻の新車探しに同行しています。ついでに自分の新車も探しています・・。

スズキ・ラパン、フィアット500と続いて、今回はミニです。

2c1


ラパンの次が何で外車なのかと。

どうやら国産車はラパン以外はみんな同じに見えて何が違うかわからないとのこと・・。

まあ、そういわれれば車の形ってそんなに変わらないって言えばそうだけど、やっぱ外車の方が個性はある。個性というよりかは可愛らしい車が欲しいらしい。

そして個性的なカラーが似合う車だそうで。

で、今回驚いた。今まで水色が欲しいのかと思っていたら違うらしい。似合っているイメージカラーという事で。

ミニだと、このブリティッシュグリーンじゃなきゃ嫌なんだそうです・・。わかんねえ。

2c2


ミニといえば妻の中ではこのグリーンなんだそうです。しかも、ルーフは白じゃないとダメらしい。

5月にマイナーチェンジしたようで。6速ATが7速ツインクラッチミッションになった。DCTが欲しい私は嬉しい変更だが、妻は何のことかわからず・・。

むしろ妻はこの変更で採用されたリヤランプがユニオンジャックマークになったことが好きなんだそうです。

まずは試乗という事で。

妻はパワーもいらないからミニONEでいいし、コンパクトな方がいいしミニのイメージでもある3ドアがいいようです。後席に人も乗せないしね。

けど、試乗車はクーパーの5ドアです。

2c3


幅もあるし大きいから妻は大丈夫か?

事務所内のも含めてミニに私も何台か座ってみたが、あの地面近くに低く座るゴーカート感覚を売りにして強調しているのか、どれも座面が低い。これじゃ妻は顔がダッシュボードから出ないだろう?やりすぎはイカン。

私がキコキコと座面を目いっぱい上げてやる。

2c4


前回のフィアット500よりかは癖は無い。ミッションだけ説明を受けてスタート。

いつもながらビビりながら試乗。

ウィンカーの代わりにワイパー出しまくって終了。事故らなくてよかった・・。

クーパーはハイパワーだけどそんなに速いわけでもないかな。ミッションのクセは感じない。車内は静か。ちょっと乗り心地は硬め。

エンジンは3気筒で車外だとアイドリングでゴロゴロうるさいが乗っていればわからない。

さて、商談開始。

けどここでまた、あの問題が・・。

結局一番安いグレードはディラーで売る気がないのです・・。

グリーンのミニONEは全国でもあと2台しかないそうです・・。これに特別なオプションとか付けると英国への別注になって3カ月ほどかかるとか。

カラーの在庫はクーパーばかり。そうクーパーを売りたいのですよ。ミニといえばクーパー。もともとハイチューンな特殊モデルのクーパーだったのがいつの間にか日本ではミニクーパーと呼ばれるようになって定着してしまったのだ。

ONEもクーパーもどちらも3気筒1・5リッターターボのDCTだが、チューンが違ってクーパーの方がパワーがある。

けど妻はパワーはいらないし、相変わらず現金で買うので安い方がいいらしい。外車ディーラーはローン金利がめちゃ安いので、ローンにすればあまり変わらないから高いグレードが売れてしまうのだが、現金買いなら値段の差がかなりある。

カーナビ付けて。例のリヤランプのユニオンジャックはフロントLEDランプとセットオプションで12万ほどするらしい。これはONEもクーパーもそう。

これでミニONEの乗りだし340万円。フィアット500よりかは良心的だが・・。本当に現金で買うの?

それにホイールは鉄チンでホイールキャップらしい。妻はアルミホイールってなんでつけるの?ていう感覚なのでホイールキャップでも問題ないが、そんな客はいないらしい。必ずアルミを付ける。なのでホイールキャップの画像がカタログに掲載されていないのだ!デザインがわからない・・。やっとネットでホイールキャップ付きのONEの画像を見つけて来てもらった・・。

あんまし拘っていないデザインだね・・。

なのでアルミホイールを付けるか。けどサイズが合うのが1種類しかないぞ。

カタログやネットで見ると、あなたの好きなカラーに好きなホイールを組み合わせてあなただけの1台をみたいになっているが、あれはクーパーの話でONEだとほとんど適応されないのだ・・。

白いホイールが欲しかったがクーパーでもそれはボンネットのストライプとセットオプションで、案外自由な組み合わせじゃないのだミニの世界は・・。

で、妻はグリーンでルーフは白じゃないと嫌。けど屋根が白いのはクーパーでONEは同色のみ・・。納車後塗装屋さんで白く屋根を塗ることもできるが15万円・・。

結局ミニONEをグリーンで屋根を白く塗ってリヤのユニオンジャックランプにしてあんまりなデザインのホイールキャップをアルミに変えると、乗り出し価格は限りなくクーパーの400万円へと近づいていくのだった・・。

だったらクーパーでいいか?アルミもついているし。けど400万円は現金で出すには勇気がいるぞ。

すると限定車のビクトリアというのが出て来た。

2c5


ディラーとしてはこれを強力に売りたいらしい。

ミニONEにアルミを履かせて、ユニオンジャックリヤランプ付きのLEDライトセットを付けてお値段はちょっと高いだけである。

けどカラーが無い。グリーンが無い。白がメインで売れ筋の色しか無い・・。

結局妻の迷いが始まってしまった。やはり納得できる車って無いよね・・。

ビクトリアでグリーンがあれば即決だっただろう。で、納車時にルーフを白く塗ると。これでもクーパーより安いはずだ。

白ねえ・・。妻は悩む。車が派手だから落ち着いた白でもいいかなあ・・、と。

3ドアの白だとこれは旧型中古だがこんな感じです。

2c6


これでルーフが同色の白。

かっこいいんじゃないの?

けど妻はやっぱりグリーンが・・。

9月中旬までなら決算で勉強してくれるらしい。タイムリミットが。けど妻は12月が車検だからまだ迷うようです。

全国にあと2台のグリーンも無くなっちゃうね。ヴィクトリアの白ならまだあるらしいけど。

妻の車選びは続く。

私は、もう決めちゃったかな?自分の新車は春に買い替え予定・・。

|

« 秋の大北海道展。 | トップページ | ひと仕事終わった。そして、清りょう本醸造・亭主関白。 »

ホンダ・フィット3・13G」カテゴリの記事