« 逃避行なんだわい。 | トップページ | プレモル初摘みホップヌーボー20182本と鶏。 »

2018年10月30日 (火)

越乃景虎・梅酒。

梅酒って美味しいですよね。

母の漬けた自家製梅酒を幼い頃から飲んでいるからか(もう時効)、一番飲み慣れた酒のような気もします。

飲兵衛なので甘い酒は基本は飲みませんが、飲み会とかでちょっと箸休め的に飲むことも多いのです。辛い酒だって飲み続ければ飲み飽きしますから、目先を変える意味で。

いろいろな梅酒を飲みましたが、定番はチョーヤの梅酒。中に入っている漬けた梅もうれしい。

サントリーの梅酒も山崎で使った樽で仕込んだり、これも美味しい。大人になると甘さ控えめな梅酒がいいですね。

で、今回のこれ。

越乃景虎。これって日本酒だよね?

1a1


いえ、梅酒なんです。

1a2


日本酒で漬けた梅酒なんです。

1a3


瓶は見た目が日本酒なんですが・・。

通常梅酒はホワイトリカーという35度くらいなプレーンな焼酎で砂糖とともに漬けられます。

自家製梅酒は出来上がりが20度くらいでしょうか。

市販の焼酎漬けの梅酒は加水調整されて14~16度くらいでしょうか。チョーヤの紀州が14度。

それに対して日本酒で漬けられたこの越乃景虎・梅酒、12~13度と軽めのお酒に仕上がっています。日本酒の甘味を活かし、糖類控えめです。

越乃景虎梅酒は日本酒梅酒の先鞭をつけた人気銘柄です。

以前、上越高田の「割烹かこう」さんにふらっと飛び込みで入った時に、この梅酒を飲ませていただきました。

やはり地元でも人気で、入手困難だとか。

その後に数本ネット購入し、最後の1本になったのでレビューしますね。

1a4


まずは良く冷やしてのストレートで。ワイングラスが似合いそう。もっと小さいウィスキー用のストレートグラスです。

ああいい香り。アルコール感がきつくなく、香りが綺麗に出ています。

飲むと、くうう、うまいです。実に繊細。透明感のある液体。甘さはやや控え目で実にすっきりとした味わいです。べったり感やしつこさは無縁。後口に梅由来の酸味が漂い、飲みやすく爽やかです。

もともと端麗辛口のすっきりした新潟の酒で仕込まれています。龍、という普通酒で仕込まれているようです。普通酒といえば地元の晩酌用常飲酒。飲み飽きしない酒質です。

それで仕込まれているからのすっきり感なのでしょう。とても飲みやすく、希薄か?と思うほどにアルコール感が少ないので、普段飲まない人でもストレートでいけるでしょう。

ロックではどうか?

1a5


ますますスッキリ。梅の風味と甘さが良くわかるようになるが、液体はますます希薄。やや薄すぎる。少し物足りないが。普段飲まない人はこちらの方が飲みやすいかも。

炭酸割りで。

1a6


これはもうがぶ飲み用でしょう。

酸味が全面に来て、何とも爽やか。圧倒的に爽やかです。ただ風味も酒感もまったく希薄になります。軽く果汁を垂らした炭酸水のよう。

これは濃い目に作るのが正解。それでもお酒を飲まない人もお酒と気が付かずに飲んじゃうでしょう。

実にすっきりとした梅酒です。けど癖が無いかというと、日本酒の癖はあります。クリアな液体なので案外それが目立ちます。けどそれを越えてのスッキリ爽やか感です。

やはりおすすめの飲み方は良く冷やしてのストレートです。これは止まりません。梅の風味と酸味がとても心地よいのです。アルコール感も感じず、まろやかで優しい味わいです。

1a7

梅と日本酒の風味を楽しみながらクイクイ飲めます。

どんどん飲んじゃうけど、アルコール度数は12~13度があるので、飲み過ぎ注意ですね。

|

« 逃避行なんだわい。 | トップページ | プレモル初摘みホップヌーボー20182本と鶏。 »

飲んだ酒いろいろ」カテゴリの記事