« 終わった~・打ち上げ焼き鳥。 | トップページ | 川場FPの平日その1・3連休明けは悶絶・・。 »

2018年10月 8日 (月)

WRC第11戦・GB・トヨタ2-3位・王者オジエ優勝。

WRC(世界ラリー選手権)も終盤の第11戦はGB(グレートブリテン)英国です。

悪天候でずるずるの林間未舗装路です。こんな林道日本にもありそうですが。あれ?昔イギリスは道路の舗装率100%って教わった気がするけど・・。林道は未舗装路なのね。

さて、終盤戦は絶好調のトヨタヤリス(日本名ヴィッツ)WRCですが。

やはりヴィッツには見えないモンスター4WDマシンです。これで公道を突っ走るのです。

1p1

ここまでの10戦で、ドライバーズポイントでは1位がヒュンダイのヌービル、2位がトヨタのタナク、3位がフォードに乗るMスポーツのオジエです。

メーカー別では1位がトヨタ、2位がヒュンダイ、3位がフォード、4位がシトロエンです。


序盤、連勝中のトヨタのタナクがリード。徐々に差を広げていきます。同じくトヨタのラトバラとラッピも上位に食い込んでいきます。

今年度はミシュランの公式動画が良く出来ていますね。昨年はドローン会社の動画が良かったけど。

林間ステージの序盤戦。しかし雨の未舗装路は滑りそうですね。

中盤、タナクはさらにリード。オジエはメカトラブルで順位を落とす。くらいつくヌービルもコースオフで順位を落とす。

タナクは這い上がってきたオジエに40秒以上の差をつけて独走態勢。4連勝が見えてきたが・・、

ラジエターを破損し走行不能。デイリタイヤとなりました。

中盤戦も滑っています。横走りしながらもカウンターステアは一瞬なんだよね。これが4WDの走りなのか。

終盤、タナクの脱落で首位を奪ったオジエに、トヨタのラトバラとラッピがくらいつきます。ラトバラはトップタイムを連発して首位に立ちますが、再びオジエが逆転。

絶対王者オジエが優勝しました。ラトバラ2位、ラッピが3位とトヨタは2-3位と又表彰台に上がりました。ヌービルも5位に入りポイントを獲得。

最終日動画は全日のハイライトになるのね。

ヤリスがたっぷり見られるトヨタGAZOOの動画は最終日。舗装路ステージの走りもかっこいいね。

これでチャンピオン争いも混戦。タナクが3位へとやや落ちてしまったか、今回優勝していればチャンピオンが見えて来ていたのに、独走していただけにトラブルが残念。

総合順位は1位ヌービル、2位オジエ、3位タナク、4位ラッピ、5位ラトバラ。

メーカー別では1位はやはりトヨタ、2位ヒュンダイ、3位フォード、4位シトロエンです。

オジエは来期はフォードからシトロエンに移るので、来年はどうなることか。

今季も後2戦。チャンピオン争いは最終戦までもつれるか。トヨタはメーカー別タイトルが取れるのか?

応援してます、ヤリスの速いのがスイスポ並みの値段で出ない限りトヨタの車は買わないけど(笑)頑張れトヨタ。

|

« 終わった~・打ち上げ焼き鳥。 | トップページ | 川場FPの平日その1・3連休明けは悶絶・・。 »

ホンダ・フィット3・13G」カテゴリの記事