« 台風通過。 | トップページ | 終わった~・打ち上げ焼き鳥。 »

2018年10月 2日 (火)

秋限定ビール2本。アサヒ食楽&サッポロ焙煎生ビール。

もう、朝の肌寒さに秋を感じます。

今年は秋限定ビールが出ていますね。以前からある「秋味」が王道ですが、今年はこんなのも出ています。

1r1


アサヒから「食楽」サッポロから「焙煎生ビール」が限定で登場。

缶のデザインが似ている?

1r2


これは偶然なのか?

金色っぽいアイボリーに紅葉を散りばめたデザイン。紅葉デザインは秋味が元祖ですが。秋味にも似ているか・・。まあ紅葉を散りばめればみんな似てしまうか。

秋に似合うビールの味ってどんなだろう?食欲の秋をイメージ?

ご飯に合うビールなんだろうか?

1r3


パッケージにはサンマを焼いたのがあるけど・・。

アサヒ食楽。

1r4


飲んでみます。

1r6


苦味が効いている。麦ではなく国産ビールには使われる米を焙煎したとか。

焙煎らしさはやや焦がした風味がほんのりで、それほど強くない。スパイシーな感じで喉を通る。結構苦いが、焙煎効果なのか少しの甘さを盛る。

そして後味には結構な辛さを感じます。むしろ辛い余韻が長い。

何と香辛料が原料に入っています。

1r5


スパイス的な辛さで、香辛料は胡椒系が入ってるのかな?いやこれ本当に後口が辛いよ。うーん。

メーカーの紹介によると、

「食がすすむ秋にふさわしい限定醸造生ビール。食事の味に負けずに調和するしっかりしたコクがありながら、新たに採用した「国産焙煎米」による香ばしい薫りと、これまでのビールには無い喉の奥にピリっとくる心地よい刺激によってより食が楽しめる、食欲の秋ならではのビールです。」

とのこと。

こういうのが増えるのかな。香辛料など副原料を加えたビールが。

4月より酒税法改正でビールの副原料が認められたようで。発泡酒なんかはそういうのがあったが、これでビールに使える副原料が大幅に緩和されたそうで、ハーブとか果皮とか香辛料とか、鰹節入りなんてのもアリだそうで。

この副原料の香辛料の辛みで食が進む感じを演出しているのかな。少し邪道かなあ、こういうフレーバーを加えたビールが増えて来るそうだけど、私はビールっぽいビールがやっぱ好きだ。王道で行こうぜ。

次。

サッポロ焙煎生ビール。

1r7


メーカーによると、

「厳選した2種類の焙煎麦芽(最初の香り立ちが良い焙煎麦芽と、奥行きのある香りが特徴の焙煎麦芽)を絶妙に組み合わせることで、芳醇な麦の香りと深みのある味わいを実現しました。さらにアルコール6%による力強いコクを引き出しました。」

とのこと。

過去に何度か販売流通限定で発売されたそうですが、今回は秋限定で全国発売に。

これも米が入っているタイプですね。副原料に変わったものはないようです。

1r8


色は結構濃い目ですね。

1r9


飲みますと。

お、香ばしい。そして甘みもありますね。焙煎した感じが伝わります。それでいて飲みにくくなく、後味はすっきりしています。程よい苦みと、コクはそれ程でもないか、個性がありながら飲みやすいです。

雰囲気的には黒ビールと普通のビールをブレンドしたハーフ&ハーフに似ている感じですか、香ばしさがいいですね。

これは、焙煎の香ばしさでコクを感じさせ、後味はすっきりとしているタイプ。

で、秋限定のビール。

結局、秋の食事に似合うビールというコンセプトでしょうか?

コクや香ばしさを出して秋の食材に負けない味わいとするとともに、やはり旬の風味を邪魔しないスッキリさ、という事ではないかと。

香ばしさはインパクトがありますが、常飲はしないかなあ。

私は秋限定ならば、王道の「秋味」の麦芽1・3本分という麦芽の効いた、ビールっぽいビールが一番好きですけどね・・。

|

« 台風通過。 | トップページ | 終わった~・打ち上げ焼き鳥。 »

飲んだ酒いろいろ」カテゴリの記事