« ダルウィニー15年・アレに似ているのか。 | トップページ | 加賀用。 »

2019年1月11日 (金)

一週間終了。

正月明けの一週間、きつかった、長かった。

そんで、寒かった・・。

久しぶりにいつもの焼き鳥をゲットしました。これがご褒美です。

C1

年末ごろは頻繁にこの店に行って買おうとしたのだけど、人気が出たようで売り切れていて買えなかった・・。

特に仕事納めの日は、これが1年間のご褒美と思っていたので悲しかった・・。

お店のおばちゃんも、最近私が買えないのを覚えていてくれてた。いつもごめんね~、と塩を1本おまけしてくれました!

ありがとう!常連でいてよかった!

C2

さあ、乾杯、プッハー!

タレ5本、塩六本、一人で喰うぜ~。

ガブリ。旨ああああ!


C3

やっぱ肉が違うよな。ジューシーだもん。

これに合わせるのはやっぱ日本酒でしょう。

C4

正月用に買って置いた田酒・特別純米です。

自宅で飲むのは初めてだな。お、甘い。結構旨口ですね。寒い冬はこういうタイプがいいかもね。

そういえば、前回のウィスキーレビュー。アレに似ていると、ダルウィニー15年を賞味しましたが。

酔っぱらって終了となったので引き続き今夜は、真打登場です。白州12年、出ました。


C5

休売でもう商品が無いのですよ。一時期からは落ち着いたものの、1本2万円以上のプレミアム価格です。定価で買えた頃の自宅在庫を細々と飲んでいます。

白州12年を久しぶりに飲みます。ストレートで。

香り:柑橘果実、蜂蜜。

飲む:口当たりはとても甘く蜂蜜の甘さ。スパイシーさが拡がるとピートの煙たさが薄く来る。後口はドライで、余韻に苦味の後ろに甘さが残り、微かなスモーキーさが続く。

ダルウィニー15年と比較しますと。


C6

ダルウィニー15年は、口当たりは甘く、すぐにビター感が広がり、余韻はドライでやや刺激が強いが、遠くに薄くピーティーな風味が長い。

初期の甘さは白州12年の方が強めで、それ以外のスパイシー感やピート感はダルウィニーの方が強めに出る。

白州12年はクリアな味わいで前半が甘く、ダルウィニーは中盤から花の甘さが来る。やはり透明感のある不純物が無いようなクリアな味わいは白州ならでは。ダルウィニーはより複雑な要素が多い。

好みはやはり、白州12年です。結構甘いんだね。それで最後はほの煙く辛くキレる。

旨いね。これでこのボトルは飲み終わり。白州12年の自宅在庫は1本ですが、来年のお正月まで取っておくかな。

年明けからの労働に、セルフ打ち上げでした。

お疲れさま。

|

« ダルウィニー15年・アレに似ているのか。 | トップページ | 加賀用。 »

つぶやき日記」カテゴリの記事