読んだマンガ

2019年2月10日 (日)

漫画・アイアムアヒーロー。

連休はマンガ浸りに。

最近、漫画はスマホで読んでいますね。もう部屋の本箱が満杯で、紙を少しでも減らしたいし、気軽に読めるってのもあるけど。

1話あたり20円ほどかかりますけどね。マンガワンってので読んでいます。中古で単行本を買うより高いかな。

今回一気に2日に渡って全22巻を読んでしまったのがこれ。

アイアムアヒーロー。

4n1


これはあとで単行本を買おうと思った。面白いです。かなりの大作でした。スピリッツ誌で断片的に読んでいましたが、通して最後まで初めて読みました。

今更か?と思われそうだが、連載中に何度か読んで面白かったので最後まで読みたかったけど、長いのでなかなか読めなかった。

2009年から2017年に渡って書かれた長編。全部で264話もあった。

4n2


作者の花沢氏はベテランだと思ったけどこの作品が3作目なんですね。

いわゆるゾンビものでして、ホラー漫画として読むとゾンビ系のゲームとかやっている人はハマるシーンが多数ありますが、それがメインテーマではないみたいな。

アイアムアヒーロー 1~22巻(完結)

花沢健吾 著 小学館

あらすじ。

鈴木英雄は35歳の漫画家、作品は売れずアシスタントとして、きつい仕事と持ち込み作品も評価されない日々。彼女の徹子が救いだが、元カレの漫画家中田コロリを評価していた。

突如噛まれるとゾンビ化する感染症が広まり、東京はパニックに。徹子も感染し英雄は噛まれてしまうが、直前に徹子は自ら歯を抜き英雄の発症は免れる。

ゾンビ化すると身体能力は上がり次々と人を襲う。パニックになる東京を脱出しゾンビから逃れようとするが。

結論からすると、最後までこの感染症のことや、感染者が合体する集合体のことは沢山の伏線がありながら回収されず、謎のままで終わります。

そこを不満と思う方も多いのですが、メインのテーマはそこではないのかもしれません。

さえない男、英雄があの日たまたま射撃の集会に行くため散弾銃を持っていたこと。そのために利用価値が出て、避難先での闘いのなかで、自分はヒーローであると小さな勘違いから人に認められていくところでしょうか。

最後まで勘違いなのですが、必死に戦っていくのですよ。

一緒に逃亡する看護師小田さんと、半感染者の女子高生の比呂美に求められる存在になった。現実社会では無理であろう状況、二人に好かれエッチまでに至り、英雄は極限状況の中で彼女らの間のヒーローになった。

しかし悲惨な最後はやってくる。

小田原での闘い。私は子供の頃小田原で過ごしていたので土地勘があるので場所が分かった。

小田さんが感染し自ら死に行くシーン。御幸が浜の川が流れている場所。グーグルマップですぐにわかったよ。

ここですね。

4n3


小田さんが武器にした看板もそのままでありますね。

この道にゴミ収集車が置かれていた。その中に小田さんは自ら入っていく。

実際の場所をトレースして描いているので凄くリアルに感じてしまう。

このシーンは悲し過ぎた。

次に小田原旅行に行ったら訪ねてみよう。

回収された伏線もある。このコマの意味は何?と最初に読んだ時は思うが後でぴったりと合ってくる。この展開はぞっとした。最初から考えていたのか?それともあとから付けたのか?

マンガワンの243話で。

どうやら感染者は意思が繋がりあい時間軸も超越するようだ。

小田さんが感染した時、ゴミ収集車に腰かけ「ふーん」とつぶやいたところ。あの時小田さんは先に感染していた妹と繋がっていた。「あんたは感染したんだよ」と妹に告げられ「ふーん」とつぶやいたのだ。

小田さんは妹に鈴木英雄を守ってくれと頼む。御殿場でリーダーの井浦が感染した時に見たのは妹の姿。これが小田さんの最後の井浦の~の言葉に繋がる。しかし比呂美には最後に名前も呼んでもらえなかったくせにと英雄は罵倒されるのだが。

このシーンで最後に小田さんはすずきと呼んでいたんだね。

そして収集車の扉が閉まる瞬間にみた、あれ?は、妹に巣の主はお前が嫌いだと言われ、その巣の主の姿の比呂美であったのだ。

英雄は自分には伝わらなかったがいろいろ救われていた。英雄の持ちこんだ漫画の設定をバカにした編集担当は、不倫相手の漫画家を連載させるためであって、感染した後に鈴木を連載させると書き残した。

中田コロリはその漫画の設定を評価し、生き残った後に原案鈴木英雄としてその漫画を描く。英雄に狙撃された時に腹に入れておいた鈴木の単行本で銃弾が止まり助かり、英雄を命の恩人と評価する勘違いもあったが。

読み返すと小さな事柄がいろいろ繋がってきて面白いのです。

半感染者は引きこもりや社会で虐げられた人々であったという事や、小田さんと比呂美がそんなに英雄を巡って対立していたのかとか、ちょっと謎でしたが。

最後、英雄の集合体への狙撃が比呂美を撃ち抜き活動を停止させたヒーローなのか?

けど、おばちゃんを救って伊豆七島に逃れた中田コロリがヒーローではないのか。

最後まで読めば英雄がヒーローになれたのか、なんとなくわかってしまうのです。

読み返すとまた味が出てくる、大作でした。冒頭は英雄のどーでもいい日常が続いて読み始め難いですが、っていうかよくこんな展開が編集に許されたとは思いますが、どんどん面白くなっていきます。ホラー系が大丈夫ならぜひ読んでみてください。長いけど。

花沢氏の今連載中の現代の忍者もの、面白いですね。

|

2018年12月19日 (水)

不死身のパイセン。

久しぶりの漫画レビューです。

最近、漫画はスマホで読むことが多いです。

ネットだけで読める漫画もあるしね。

基本スマホのアプリで読むことになる。沢山並行して読んでいますが、コミックス単位で買わせるアプリが主で、その中の無料本を読んでいたりしますが。

最近よく読んでるのが、「やわらかスピリッツ」と「マンガワン」ですかね。前者は連載漫画を無料で読めて、後者はポイントを購入して読むので地味にお金がかります。

自分の好きな漫画を探して読むのではなく、気に入った連載漫画を読むスタイル、漫画雑誌と同じ感覚です。

これがマンガワン。

U1


アプリをスマホにインストールしないと読めないようですね。PC版は無いのかな?

スマホだとこんな画面ね。

U3

このマンガワンで夏にホラー特集があって、その中で気に入った漫画がありまして。

既に連載は完結しています。で、本日電子版でコミックスが発売になりましたのでレビューします。

不死身のパイセン。田口翔太郎・1巻(完結)。

U2

これが面白かった。

ホラーとしては怖いわけでもなく、笑うところなのか?という話がオチも無く続くのですが。

最終話にすべての謎が解け、意外なエエエっという終わらせ方が、絶賛されました。

新人さんなんですかね?評判が良ければ長期連載します、とのことで読者は待っていたのですが。

見事な終わらせ方をしたので、これで終わった方が良いという判断で、電子コミックスとして販売して完結しました。

あらすじ:

町を予報にも無かった台風が襲った。目立った被害はなかったがその日から町は異様な雰囲気に包まれたような気がする。

部活帰りの下校途中の女子高生の二人。町の異様さに怖い先輩は、身長2メートルの後輩の鬼龍院に怖いんスか?と言われても、そんなわけないだろうと虚勢を張る。

しかし突然やってくる謎の怪異に先輩は襲われる。なぜか先輩ばかりが襲われ、鬼龍院に助けられたりして、また復活する。

・・・この話、怪異以外は先輩と後輩の二人しか出てこない。町の中に他の人物が一人もいないのですよ。それがまた不気味。

謎の怪異に襲われながら次の話では復活しているまさに不死身のパイセン。

最初は良くわからないホラー話として進行していきます。

マンガワンのアプリをスマホに入れなくても、PCでは裏サンデー・不死身のパイセンで検索すると3話まで読めますね今なら。


U4

で、マンガワンのアプリを入れた人ならば、なんと12月21日までは全話が無料で読める。急げ!


U5

しかもこの漫画、1話のホラー話が終わると、次の話では、あの時はあれだったなと何事もなく始まってしまう。その間にあった話は「ちょいたし」で読めます。

普通ちょいたしは読者にポイントを使わせるためにお色気イラストとか掲載されているんだけど、この漫画では話のオチの部分が4コマやページを使って書かれている。

このちょいたしシステムを上手に使っているなあと感心。

で、今ならちょいたしも含めて全部無料ってあと2日か・・。

驚愕のラストは第7話です。ここですべてがわかります。

先輩がなぜ怪異に襲われ続けるのか。

それは、現実が恐怖に姿を変えて現れていたのです。

台風は、現実には町を・・。

さあ、読もう!

電子書籍版コミックスでは、3話書き足してあるそうだから、買ってみてもいいかもね。

私はかなり溜まっている楽天ポイントで購入して、楽天koboでさっそく読んでみました。

うん。新キャラが出て来たりの追加話は…、無くても良かったかな?面白かったけど。

マンガワン版の最後のエピローグのちょいたしが一番怖かった。

二人の部活は謎で、バレー部と思わせておいてレスリング部なのか?謎なんです。

|

2018年7月21日 (土)

凪のお暇・1~4巻。

漫画レビューです。

今回はレディースコミック、と言っても過激じゃないけど・・。

子どもの頃から少女漫画を読んで来たので、どっちかというと女の子向けの漫画が好きかも。

この漫画、やっぱネットで見つけて読んで、全部コミックスで買ってしまったよ。

3u1


人気だそうで、うん、面白い。画はちょっとアレだけど味があるし、登場キャラがいい感じです。

テーマとしては「人生リセット」。

凪のお暇(なぎのおいとま)1~4巻(連載中)

3u2


コナリミサト著。秋田書店 税抜き680円。

あらすじ。

28歳のさらさらストレート髪のOL大島凪。空気を読んで読んで職場では同僚に仕事を押し付けられ、「わかるー」と話を合わせても批判されてばかり。唯一の生きがいは節約。唯一のカードの彼氏は営業部のエースだが、結婚ないないと言っているところを目撃、空気を読んで笑おうとするも過呼吸で倒れる・・。

「ゆっくり自分を見つめ直したい」と突然退職し、都心の2LDKから郊外の6畳一間のおんぼろアパートに引っ越し、家財も服も整理して何もない部屋に一人。人間関係も整理し電話もつながらない。彼氏にも引っ越し先を教えず、人生の断捨離。

しばしお暇いただきますと28歳で無職、貯金のみで節約生活を始めるが、何もない自分に気が付き早まったかも?何とか楽しんで生きていこうと決意・・。

3u3

この凪さん。このように豆苗を育てています。

だけどこの豆苗を彼氏に「1回食った後の野菜とか育ててさー、作るメシも貧乏くさいし」と言われているところを目撃して倒れてしまった・・。

節約暮らしではこの豆苗が活躍します。節約メニューの数々が紹介されるところもこの漫画の面白さ。

うーん面白いぞ。画は女性版「日々ロック」って感じで、ザクっと描いていますが味があるんです。

さて、この後からネタバレもありますのでご注意を。

で凪さんのストレート髪も実は苦心して毎朝伸ばしていて、実は酷い癖毛。人生リセット後は癖毛のままで過ごしています。

3u4

ゴミ捨て場に捨ててあった扇風機も、部屋の灼熱地獄に耐えられず勇気を出して拾う。

自分で黄色くペイントして可愛がっています。作中にこの扇風機から見た凪の暮らしぶりの小話が挿入されていて面白い。

で、元彼氏の我聞慎二君は元会社の営業部のエース。口が上手く相手に合わせ営業成績は抜群。だが凪にはきつい言葉を次々に浴びせ傲慢な態度を取り続けていました。

3u5

けど、傲慢な態度とはウラハラに、子どもの頃から空気を読み続けた自分の前に現れて空気をさらに読んでいる凪のことが気になる。

慎二君が凪に近づいたきっかけは、サラサラのロングヘアーが昔から彼は好きだったから。凪は癖毛であることを隠していました。でも慎二は二人部屋で過ごした早朝に凪が早起きしてこっそりとくせ毛をストレートにしているところを見てしまい、めっちゃ健気でかわいい、一生守りたい、と思ったのにそれを伝えられなかった。

あの豆苗がのっかった凪の作った雑炊も旨かった。貧乏くさいけどやたら沁みる凪の節約飯が好きだったのに。

凪が倒れてしまったことを謝ろうと、捨離れると思うなよと住所を頼りに引っ越し先を訪れるが・・。

「おいどしたこの頭、おまえブスになったなあ」と暴言。

凪はこの頭が地毛なのとカミングアウト、この人怖いと拒絶しますが、慎二は、スベってんだよおまえ、お前は絶対に変われない、また来る、と言い残します。

女子的には慎二君のこのキャラは嫌われそうだが、キツイ言葉とはウラハラに凪が気になっている彼。その後も現れ、流されそうになる凪をおまえスベってると修正しようとやって来ます。

そして、現れたこのキャラ。アパートの隣人ゴン、腕に入れ墨のイベントオーガナイザー。DJやっていて胡散臭いが。

3u6

ベランダのゴーヤをきっかけに思い切って話しかけてみて。部屋を訪れあい、とうとう・・。

誰にでも優しく美味しい空気を持って来るエッチが上手いゴンに、空回りの恋をする凪。

そこにまた慎二が現れ・・。

慎二は凪を元通りにしようとしますが、言葉が足りず凪に嫌われるばかり。

凪も4巻では自転車を買って、お暇生活を取り戻そうとします。


3u7

そしてこの三角関係。どうなる?


3u8

遊び人の隣人ゴンは凪を本気で気になってきて?慎二君は凪を忘れるように?

この後の展開が楽しみです。

凪さんの自分を変えようと頑張る姿に共感できるし、おとなしい性格で地味なのに体つきは妙にいやらしいし(笑)。

なんか、人生をリセットしたいなあと感じているあなたに、おすすめです。

|

2018年7月 5日 (木)

映像研には手を出すな!1~3巻。

漫画レビューです。

最近、自分の漫画の読み方が、スマホで「~話まで無料公開」ってので読み始めて、そのままハマってしまい続きを有料配信で読んで、結局コミックスを買ってしまう、というパターンになっています。

これもそれ。

アニメの制作に興味のある方はハマると思うよ。

映像研には手を出すな!1~3巻。

4h1

大童 澄瞳著。 小学館 税抜き552円。

あらすじ:

湖の水上に建つ芝浜高校に入学した浅草みどり。幼いころからアニメを作りたくてアニメ研に入部したかったが人見知りが激しく、友人の金儲けが大好きな金森さやかを誘う。アニメ研見学中に、同じく新入生でアニメーター志望のカリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会う。水崎ツバメは映画俳優の両親から俳優になることを希望されアニメ研入部は禁止されたという。アニメ制作で浅草と水崎は意気投合し、金森は有名人の水崎がアニメを作れば金になると思いアニメ部の設立を企画する。すでにアニメ研があるので映像系の部活とウソをつき「映像研究同好会」映像研を作って活動を開始した。

この漫画、何が面白いかというと、妄想と現実がごちゃ混ぜになるところ。

浅草がアニメの設定を思いつき妄想を始めると、いつの間にか装備を身に着け、考えたメカに乗ってアニメの世界を走り回るのです。

その境界があいまいでいつの間にかアニメの世界の中に入ってしまうところが見事。登場人物も皆装備を身に着け一緒にアニメの世界で動くのです。

絵もキャラクターはサクッと描いていますが、背景やメカはフリーハンドで緻密に描かれます。以前のジブリのアニメを見ているような線で描かれ、温かみのある味のある絵です。

この3人が主要登場人物。

4h2

手前の浅草は設定。妄想から緻密な設定を行い、背景やメカの絵が得意。

左の水崎は動画。人物画が得意で、緻密な動きに拘りがある。

長身な金森はプロデューサー。理論派で理屈で交渉、計算が速く金儲けのセンスがある。

浅草が考えた設定から、いきなり場面が戦場や宇宙、水中都市などになる。装着する装備の数々。

これは「プロペラスカート」


4h3

与えられた倉庫の部室で、屋根が開く妄想を開始し、エンジンを背負い腰のローターを回転させ、浅草は「飛べる!」

しかし金森に「飛べませんよ。プロペラと逆方向に体が回転しますよ!」と言われ落下。

なるほど・・。

背負ったリュックから設定を考え細かく解説がつくのです。部室の場面がこの妄想から飛んで落下するところまで違和感なく漫画が進行してしまうのです。

これは読まないとわからない面白さです。

細かい設定が凄い。アニメには設定が大切なのです。

自分の高校生の時、初めてアニメ好きな人と出会いました。同級生のE君はいつもアニメを熱っぽく語り、E君がこれは見て欲しいといったアニメで私もハマった。

それは最初の機動戦士ガンダム。再放送じゃなくリアルタイムで見ていました。私もこれは凄いと思いましたよ。E君の影響でアニメの雑誌を読んだり設定本を買ったりしましたから。

E君は設定本を読みながら「こんな設定じゃあこのメカ動かないよ!」と突然絶叫するのです・・。

その後E君はアニメ制作の世界に入り、ナウシカだったかラピュタだったかジブリ作品のエンドロールでスタッフとして名前を見つけて嬉しかったよ。E君はその後どうしているのかな。元気ですか?

アニメの設定を考える人はホント頭の中が設定だらけなんでしょう。

3巻まで出ています。


4h4

映像研を部活として認めさせ予算をもらうために、生徒会主催の予算審議委員会に挑む3人。そこで上映するプロモーションアニメの制作を始めます。やっと作品を完成させたが生徒会と対峙する映像研、何とか上映するが・・。

果たして初アニメは成功するのか?

「なんだか知らんが、面白くなってきやがった」が1巻最後のセリフ。

アニメ好き、ジブリ好きな人なら読んでみてください。セリフ回しやテンポが良くて楽しめます。

|

2018年6月21日 (木)

バスルームのペペン・1~2巻。

漫画レビューです。

最近では漫画はスマホで読むことが多いですね。あとはコンビニで週刊誌の立ち読み・・。

けど、これは面白いと思った作品はコミックスを買っていますよ。

今回ご紹介するのはこれ。

「バスルームのペペン」

4r1


可愛い生き物系の漫画ですが。

1~2巻・集英社ヤングジャンプコミックス・川西ノブヒロ著 税抜き514円。

4r2


ホントこれが可愛いんだ。この表紙の絵柄は本編と違うんですけど、こういうキャラ。

4r3


カッパなんですけど。必ずペンギンと間違えられます。妖怪なんですがそこも本人は否定です。

UMAとして人間に不信を抱きながら人間社会を体験していきます。

あらすじ:やまから街にやってきた河童のペペン。中学生の海野貝に見つけられます。ペンギン?「かっぱですが!」しゃべるぺぺンに驚く貝。

ペペンは貝のお父さんがやまで見つけ、貝の14歳の誕生日に贈ったのです。ペペンは人間不信でなかなか心を開きません。けど貝の家で家族としてバスルームに住むことにします。

ペペンの特徴:

・ペンギンに似ているがそれを言われると強く河童であると主張。

・アイスを食べて旨い!かっぱいいやつとアイス好きになる

・かっぱよろしく、かっぱもちろん、とか「かっぱ○○!」と叫ぶ。

・やまで「おきな」に人間界の悪を教え込まれ思い出す。スクールカースト、ストーカーなどおきなの言葉を思い出すたびに震える。

・甲羅をくすぐられると「わきよりくすぐったい」

・乾燥に弱い。

・貝の家族以外には見えないが、ここにいるよと教えてあげると見ることができる。

・人には原則見えないので買い物ができないがICカードを使って自販機で買い物ができる。

などなど。

おきなの教えを守って人間を怖がっていますが、徐々に心を開いていきます。

2巻では新キャラクターが登場。街にいた妖怪に遭遇。あずきあらいの「あずき」

4r4

美容院でバイトしていて「あずきあらいます」となんでも洗いたがる。小豆を洗うのが大好き。

ペペンもいつの間にか洗われてしまうのです。

あずきあらいは人間が好き。「わたしたちはそんなにちがわない。きっとてをつないであるいていけるよ」と言います。ペペンは少しずつ人間に近づいて行こうとします。

やまから妖怪仲間の「あかなめ」が降りて来て、怖い人間界からペペンを連れ戻そうとしますが、どうなることやら・・。

これ心が洗われるよ。ペペンの純粋な瞳で見つめられます。ジーって見上げてくるのですよウルウルの瞳で。ペペンはとても心が綺麗です。

この漫画はおすすめだあ。タイトルの付いた1~2ページのストーリーが繋がって物語を作っていき読みやすい。

絵もそれほど書き込んでいなくて、白いコマが多くてすっきりしています。

これ、小さなお子さんが読んでもいい感じ。ペペンの素直な心と行動に感じてくれるかも。セリフの漢字にルビが振ってないのでお母さんが読んであげるのに良いかも。

ペペン可愛いよ。

4r5


ヤンジャンではエッチとバイオレンス作品が中心なので「スナックバス江」と並んで異色の作品です。最近のヤンジャンの連載だと、ストーリーがちょっと凝りすぎな感じになったな。もっとシンプルな話でいいと思うよ。で人間怖いエピソードも復活して欲しいな。

可愛いもの好きな人にぜひ読んで欲しい。

あとストレスを感じている人も読むと癒しになると思うよ。

3巻も出たようなので買ってみます。

|

2017年4月 2日 (日)

「ラーメン食いてぇ!」上・下巻・高崎が舞台の漫画。

ここ群馬県は高崎市にある実在のラーメン店がモデルの漫画です。

「ラーメン食いてぇ!」上・下巻  林 明輝 著  

2l1


講談社イブニングKC 税別各640円。

群馬県を舞台としているマンガって、なにがあるかな?

有名どころでは「頭文字D」で渋川~榛名山が舞台。

読んだこと無いけど「日常」っていうのが伊勢崎で登場人物の名は皆群馬ゆかりの地名とか。

あとモロ群馬なのは「お前はまだグンマを知らない」ですね。高崎がメインかな?これは群馬が舞台っていうかグンマーネタ漫画だからね。

私の好きな押見修造の「惡の華」の中学生編は桐生が舞台。「ぼくは麻理の中」も群馬出身の登場人物が出てくるし、新作の「血の轍」は全セリフが上州弁ですね。

3月のライオンの作者・羽海野チカが書く「ハチミツとクローバー」の2巻だったか高崎市役所と安中の亜鉛工場と、私の出身中学の前にある安中バッティングセンターが出てきましたね。

そんな感じ?

映画やTVドラマだとロケ地誘致に熱心なのでたくさんありますが。ここ高崎だと「神童」とか「包帯クラブ」とかが有名どころですかね。

で、この漫画。

高崎にある昔ながらの醤油ラーメンが地元で評判の「精華軒」がモデルです。建物はそのままです。作者のご実家だとか。リアルに描いています。

漫画では、この塩ラーメンをめぐるドラマが描かれます。

2l3

あらすじ:群馬県T市のラーメン店「清蘭」は、主の紅の打つ手うち麺を妻圭子がその食欲から得たカンでラーメンを作り評判を呼んだ。しかし圭子の死去により店の評判は落ち客は離れて行った。店をたたみ自殺を考えた紅のもとに、孫の女子高生の茉莉絵が自殺未遂をしたという連絡が。茉莉絵は親友コジマに彼氏を奪われたうえネットに悪い噂を流されたのだ。

一方、有名料理研究家の赤星はロケ中の事故でウィグルで遭難。高原を彷徨い死を覚悟するが「清蘭のラーメンが食いてぇ!」と叫び歩き出す。

茉莉絵は病室で祖父紅のラーメンスープを飲んで覚醒する。「おじいちゃん、あたしにラーメン教えて!」

「小麦粉は生きている」紅は茉莉絵にラーメン造りを伝授する。塩ラーメンの秘密は「ガンダーラの岩塩」。しかしラーメン造りは厳しさを増す。茉莉絵には食が細いという欠点があったのだ。圭子の類まれな食欲から作っていたラーメンは再現できないのか?

赤星は遊牧民に救助され、山羊のスープに使われた岩塩に再び清蘭のラーメンを思い出す。なぜ瀕死の中で清蘭のラーメンを欲したのか?赤星は帰国する。日本では死んだと思われていた赤星が向かったのは、清蘭であった・・・。

2l4

一杯のラーメンをめぐるドラマです。しっかりしたストーリーです。

スッキリとした線で描く人物の表情が魅力的。とても読みやすい作品です。

群馬の描写はあまり出てこないのだけど。

榛名山の水沢山のからっ風の描写でとか。

高崎駅ビルのモントレーも出てきます。

高崎駅構内でのコジマとの追いかけっこ。転校した茉莉絵はコジマに再会し、逃げるコジマを追い高崎駅のホームで「二人で日本一のラーメン屋をつくろ!!」と叫ぶシーンは感動。コジマもあれ以来悩み自傷行為に陥っていたのだ。コジマには茉莉絵が必要としていた食欲という才能が有ったのだ。

さあ、二人で作る清蘭のラーメンは完成するのか?

2l5

なんか高崎ロケで実写映画化されるみたいですね。楽しみです!

最後、一杯のラーメンを前に、登場人物が一つに繋がっていきます。

良い漫画です。両巻にある後半の短編読み切りも面白いよ。

是非読んでください。

|

2017年2月20日 (月)

かくしごと・1~2巻。

漫画レビューです。

あの「さよなら絶望先生」の久米田康治氏が現在描いているマンガ、

「かくしごと」1~2巻。

講談社・月刊少年マガジン。

3f1

あのスッキリとした線で、きれいな絵です。

「隠し事は何ですか?」で始まるこのお話。

「かくしごと」とは「隠し事」であり、「描く仕事」だったのです。

あらすじ。

愛する娘と二人暮らしの漫画家「後藤可久士」は、自分の仕事を娘の「姫」に一生隠していこうと誓った。彼の描く漫画は下ネタ満載、父親がこんな恥ずかしい漫画を描いているなんて娘に知られてはならないと。彼はスーツ姿で自宅を出ると、途中知り合いの洋服屋でラフな姿に着替える。そして仕事場でマンガを描き続けるのだ。

絶望先生では、なんかネガティブなあるあるネタが出てきましたが、この漫画では漫画業界のあるあるネタが出て来て笑わせますよ。

そして謎の部分も。

巻頭と巻末にはオールカラーの漫画が挿入されているのですが、作中では小学生の姫が18歳の高校生になった時のストーリーなのです。

そこには父親の姿が描かれず、姫が父の描いた漫画を見つけてしまう話が。高校生の姫が訪れたその鎌倉の倉庫は、中目黒の自宅と間取りが全く同じでした。

そして中目黒の自宅は廃墟となり売家に。「むかしむかしこのお家にお父さんと娘さんが住んでいました」

アニメ化されてるわけじゃないけど、アニメのPVがありますのでご参照。

.

作中に出てくる父の漫画が笑わせます。

デビュー作の「きんたましまし」

どうやらアイスホッケー漫画らしいのだが、主人公が全裸でヘルメットのみの姿。試合中に相手に対して「キンタ増し増し」と叫び激しく腰を振ると「う、激しい腰の振りで玉が何個にも見える。まるで催眠術のふり子だ、眠ってしまう」ドサッ。

という下ネタな必殺技を出します。

姫が病院で生まれた時に医者から「きんたましまし読んでます!」と言われ、姫に職業を隠すことを誓ったのです。

そして作中で現在連載中のマンガが「風のタイツ」で、ゴルフマンガのようですが主人公は頭にタイツをかぶっていますよ・・。

作中の後藤10周年インタビューで、「きんたましまし」に続き アレがあってと説明がありますが、このアレという作品も伏線になっているかも?

高校生編で元アシスタントに「後藤先生、自分は読者に世界一嫌われているって思っていたふしがあったけど、何か決定的に否定されたトラウマがあるんじゃないかな?」というセリフがあるが。いろいろ伏線があるんですよ。

中目黒の自宅の押し入れにある姫への年齢別の箱、8歳から16歳まである箱。10歳の箱には浴衣が入っていた。

そして鎌倉の倉庫で発見した17歳から20歳までの箱の中身は?

なかなか続きも深そうです。

カラーの表紙も綺麗ですね。印刷技術とインクが発達して描けたとか。

3f2


何故いつもスカートが捲れるのだろうか?

そして、裏表紙には同じシーンなのに高校生の姫が一人で父がいない、そして廃墟となっている。

3f3


2巻も。

3f4


こうなる。

3f5


漫画を描いている人とかマンガ好きな人が読むと楽しめそう。

面白いし、この先の話が気になりますね。父親はどうなってしまったのだろうか?

おすすめです。

|

2016年1月30日 (土)

ぼくは麻理のなか・7巻。

漫画レビューです。

「ぼくは麻理のなか」7巻。

3f1


押見修造著・双葉社アクションコミックス・税抜き600円。

冴えない男子大学生が憧れていた女子高生の心に入ってしまい、女の子として暮らすドキドキ漫画、になるはずでした・・。まさかこんなミステリー作品に。恐ろしい展開です。

ここまでのあらすじは、前回1~6巻のレビュー記事をここに書きました。

ざっとあらすじを・・。

大学に行かずゲームばかりする男子大学生・小森は、密かにコンビニに来る女子高生に憧れ、後を尾行していた。ある夜、いつものように彼女の後ろを尾けると、彼女は振り返り小森は意識を失い・・。気が付くと小森は彼女になっていた。

名前は麻理。そこから麻理になり切って女子高生として生活を始めるが、キョドってしまう。なんとかしようと入れ替わっていると思い自分である小森を訪ねるが、麻理などは知らないという。

麻理の変化に気が付いた密かに麻理に憧れていた同じクラスの女子の依は問う「お前誰だ」。すべてを白状した小森真理は依と一緒に行方不明の麻理を探し始めるが・・・。

女子としての暮らしの違和感、こじれる女同士の関係、迫り来る男、麻理の周囲を壊していく小森麻里。

麻理を探す中で現れる謎達。小森の周りに残る麻理の痕跡。麻理は小森が入る前に小森を知っていた。むしろ小森をストーカーしていた?

そして蘇りつつある麻理の記憶。「ふみこ」とは誰なのか?

これね、ほのぼのと女の子になった男の姿、トイレが、着替えが、お風呂がー、という戸惑った姿を描いた漫画だったんですよ、最初はね。

小森麻理がさらけ出す、女子だったら人には見せられない姿、っていうのを男子の視点で見せてくれる漫画でしたが、7巻では吐瀉物まで見せてくれますから(笑)。見せなくていいから気持ち悪いよ。思わずもらっちゃいそうになりましたよ・・。

怖い話になっていく。7巻では謎がいよいよ解かれ出します。

この7巻では「ふみこ」の謎に迫ります。

3f2


小森麻理もあのキスの件以来、依に恋してしまったよう。幼いころの記憶をたどり「ふみこ」の写真にあった観覧車。遊園地を探し出し、二人はデートのように遊ぶ楽しいひと時。夕暮れ、覚悟を決めて観覧車に乗り込む二人。

もしこの観覧車に乗って、麻理さんの記憶がよみがえったら・・。

3f3


幼いころの記憶は蘇ります。

最終的には、やっぱりこれは以前の記事で想像していた展開に・・。

さあ、まだ読んでいない人は、1~7巻まで一気読みだっ。

ただし、エッチなんで大人限定です。

・・・・・・

・・・・・・・・

さて、7巻研究をやります。既読の方はどうぞ。

ここから先は、ネタバレを含みますので未読の方は読まないように。

・・・・・

さあ、とうとう現れる本物の麻理?あの入れ替わった時と同じように振り向いた麻理。小森麻理は「やっと会えた・・、ずっと探していたんだよ」

だが麻理は小森麻理に言う。

「きえろ」

やはり前回の記事で書いたように、麻理の中に小森は入っていなかったのか・・・?

謎のカギは母親の存在でした。恐ろしい表情の母親が出てきましたね。

作者のこの展開は見事です。読者は途中まで騙されてしまう。

まず小森が身の上話から始まりこの物語の進行をしていったこと。麻理になった姿で。この話の主人公は小森であるという設定。が、小森ではなく麻理さんそのものが主人公に今後なっていくのでしょう。

もう前半の小森のことは何処までが本当のことなのか?麻理さんの妄想なのかもわからなくなる。

小森が麻里のことを全く知らなかったという現実から考えると、冒頭の小森の大学生活での話、そして麻里さんを尾行するシーンは、すべて麻里さんが小森を観察した中で得た情報から、小森麻里が語った作り話ということになります。

プロローグから作者は読者を騙してきたわけです。あの尾行シーンで出てくる楽しそうな家族連れを見る場面も小森麻里の妄想であり、今後の展開を暗示しているのでは?

タイトルにも騙されましたね。小森の視点で付けられたタイトル「ぼくは麻理のなか」ではなく、麻理の中に現れた小森という人格「麻理のなかのぼく」ということでしょうか?

幼いころの記憶の蘇りとともに、小森人格は終わったのでしょうか。

人格を失い?表情を無くした麻理さんに救いはあるのか?

今後は小森になったなぞも解き明かしてほしいぞ。

母親から逃れられるのか?

実は一番の被害者だったのは小森(笑)。アパートで寂しく暮らしていたところに突然可愛い見ず知らずの女子高生が現れ「僕はお前だから」言われて一緒にゲームをしてくれたり。それであんなことをしてもらっちゃったら好きになってしまう。なのに告ったら、「僕らは同じ僕なんだぞ、気持ち悪い」と拒絶されてしまうなんて。かわいそう・・。

けど髪を切ってバイトに行く小森の姿は成長させることになったのかな。

さあ、依か、小森が行動するのか?麻理を救えるのでしょうか?

今後の展開が楽しみですね。

|

2015年8月10日 (月)

漫画・ぼくは麻理のなか1~6巻。

久しぶりの漫画レビュー。

今回かなりエッチです・・。

ぼくは麻理のなか・1~6巻。

2q1


男女入れ替わりモノです。男女の体に心が入れ替わってしまうという。冴えない男子大学生が、憧れてストーキングしていた女子高生の中に心が入ってしまって、その女の子として暮らしていくという。

古くは映画で、大林監督の尾道三部作の1作目「転校生」で有名な設定ですが。あれは幼馴染の男女中学生が、階段をもつれ合って転げ落ちたらお互いが入れ替わっていたという設定でしたね。小林聡美の名演と尾美としのりのカマっぽい演技がハマって、印象に残っている映画です。過去からある設定ですが。

けど、この漫画作品はそれらとは違う。男の心が女の体に入ってしまうが、女の心は元の男の体に入っていなくて行方不明。どこへ行ってしまったのか?というミステリー的な要素も。

ぼくは麻理のなか・押見修造著・双葉社・定価600円(税抜)。

2q2

漫画アクション連載中(2012年3月20日号~)。

最初は隔週誌の月一連載だったのが最近では毎号(隔週)連載になっています。

私の好きな作品「惡の華(1~11巻)」がヒットした作者が描いています。

あらすじ。

群馬から上京した男子大学3年生・小森功は、大学で友達作りに失敗し、孤立し2年生からは大学に行かなくなった。アパートでゲームばかり、仕送りでコンビニ食生活を続けていた。

彼は、夜9時にコンビニに現れる美女子高生を「コンビニの天使」と呼び憧れていた。コンビニから彼女の自宅まで後ろをつけるというストーカー行為を続けていたが、それ以上のことは望まず、ずっとこのまま後をつけていられれば良かった。

しかしある夜、いつものように彼女の後ろをつけていると、彼女は振り向いて微笑んだ・・。

ここで記憶を失い、次の朝、小森は彼女になっていた。自分の姿を鏡で見て「この子、コンビニの天使・・・」

机の上の生徒手帳から名前は吉崎麻理であると知る。そこから家族や友人に小森であることを隠し、麻理として女子高生として暮らし始めるが・・。

女の子の体、視点に戸惑った小森麻理はキョドった態度をとって友人に不審がられる。小森麻理は何とかするべくリアル小森のアパートを訪ね会いに行くが、リアル小森は麻里さんなど知らないと言う!では、麻理の心はどこへ行ってしまったのか?

小森麻理は困惑する「どうしよう?」。クラスメイトで密かに麻理に憧れて見つめ続けていたメガネ娘・依は、小森麻理を問い詰める。吉崎さんはそんなことは言わない、あんな風にしない「おまえ誰だ」

小森麻理は依にすべてを話す「助けて・・」。だが依は叫ぶ「おまえなんかどーでもいい!今すぐ吉崎さんを返せよ!!」

・・・・・・

話が複雑ですが、これはおもしろいです。

わかりにくいので、小森が入った麻理を小森麻理、本当の小森をリアル小森、本当の麻理を麻理さんと呼びます。

ここからは、小森麻理は依と一緒に麻理さんを探します。リアル小森に会いに行ったり。

このあらすじに興味を持ったらまずは1巻を読んでほしい。連載3年目で絵柄も変わったけど、1巻の麻理さんはかわいい・・。

当然、女の子の体に男の心が入ってしまったので、エッチな描写が出てきますので、未成年の方はご覧にならないように。

最初、小森麻理は、麻理さんはあこがれの存在なので、許しもないのに体を見たり触ったりしないと誓う。着替えも目をつぶって、トイレでも耳をふさいで音を聞かない、お風呂を目隠しで入る。依にも裸を見るなと約束させられ、化粧を教えてもらい麻理さんの日常を壊さないように完璧に演じることを言われる。

しかし、徐々にそれは崩れていき麻理さんの体にいろいろと・・。

はっきり言ってエロイです。そして小森麻理や周囲の関係する人物も壊されていきます。

依との関係も百合モードに?

2q3


性描写も出てきて、話もドロドロと気持ち悪くなっていきますから、いろいろ読み慣れている、大人の人にお勧めします。

・・・・・

・・・・・・・

ここから先は完全にネタバレを含みますのでご注意ください。

夏休みで時間があるので「ぼくは麻理のなか」研究をやります。既読の方はどうぞ。

本当は、作中のコマを引用するとより解りやすく面白さも伝わると思いますが、著作権とかいう人がいるのでやめます。

この作品の一番の面白さは、消えてしまった麻理さんを探す中で次々と現れる謎ではないか。ミステリー的な要素です。

ここまで現れた謎たち。

1)麻理さんの部屋から大量に発見されたエロ本。それはすべて小森真理が読んだことがあり、古本屋に売却したものを麻理さんが買っていた。

2)リアル小森のアパートの部屋の中が見える場所にあった麻理さんの痕跡。残されていた麻理さんからリアル小森へのメッセージ「いいなあ、あなたは。」麻理さんは小森を以前から知っていた、逆にストーキングしていた?

3)小森麻理が小森であることを告白した後の麻理さんの母親の反応と対応。以前にも同じようなことが?麻理さんの過去には何があったのか?

4)小森麻理にかかってきた非通知の電話「あなた誰?私、麻理だけど」。やはり麻理はどこかにいるのか?

5)麻里さんと依の過去の唯一の接点、保健室での抱擁。なぜ抱きしめたのか。「小さい頃の自分みたいだ」幼いころの麻里にはやはり何かが?そしてこの事柄を依は「絶対に言っていない」。小森麻理のなかに蘇る麻理さんの記憶。やはり小森麻理の中に麻理さんはいるのか?

6)幼いころのアルバムを見る小森麻理。破かれた1枚の写真に記憶が蘇りかける。「ふみこ」。思い出した名前「ふみこ」とは誰なのか?一緒に観覧車に乗り「ふみこ」と呼びかける記憶の人物は誰なのか。母親に尋ねるが「知らない」そしてまた怪しい反応を見せる母親。

この中で解決されたのは麻理さんからの電話くらいか。あれはひどい結末になってしまったが・・。

読んだ人は3巻辺りで、あれ?って思いませんでした?私は思いましたけど。

これ、麻理さんの中に小森は入ってい・・・?

最初の小森の身の上話のところから麻理さんが作ったものだとしたら。

それも恐ろしい。これから先が楽しみですね。

2q4


本日発売、最新の6巻。

「この子は成長してクラスの人気者になりました。でも僕が全部ぶち壊してしまいました。」って帯びの文章も笑えますが。成長して?ここも伏線かもしれません・・。

5巻あたりからのリアル小森の気持ち悪さは酷いけど。依さんもおかしくなってるし、みんな壊れて気持ち悪さ全開・・。読むと気持ち悪いところがたくさんあるのでお気を付けください。

だがそれがいい。

今続きが一番読みたいマンガです。

|

2015年2月 8日 (日)

正月に読んだ漫画。

いまさら正月の話ですが。この正月は、もう飲んで寝て漫画読んでっていう怠惰な暮らしをしてしまいました。

時間のある長期休暇に長めの漫画の一気読みをしようかと。地元の書店とは名ばかりの中古売買センターの本業の書店部門に行って来まして、完結の束を購入。

もやしもん 1~13巻。

U1

講談社イブニングKC 石川雅之著。

前から読みたかったんだけど、1~13巻が2800円で出ていて、2割引になっての商品券1000円分を使って購入。この店は商品券を乱発ですから・・。

もう一年前に連載終了しているので、これこそ今さらですが。2004年から2014年の10年近く連載されていました。当時から漫画好きな人が面白いって言っていたから読みたかったけど、なんかとっつき難かった・・。けど完結したんで読んでみたら面白いよ。

U2


某農業大を舞台に、テーマは「菌」と「発酵」なのかな。やたら酒に関する話が出てくるので、酒好きの飲兵衛さんにはお薦めのマンガなんです。

最初は農大物語というマンガだったのが、主人公が酒造などの種麹を扱う「もやし屋」が実家だからこのタイトルになったのかな?

あらすじ

種麹屋「もやし屋」の息子の沢木は菌が見えるという。事前に沢木の菌が見えることを知らされていた樹教授は、この能力を菌の研究に役立てようとするが・・。上級生二人組みはこの沢木を利用して発酵関係で金儲けを狙うが。

菌が見えるといっても、こんな風に丸い物体に見えるらしい・・。

U3


こんなの見えたら嫌だよね・・。

でもって、菌やら発酵関係のいろいろなものが登場します。

世界の発酵食品、日本酒、地ビール、泡盛、ブルゴーニュワイン、それから味噌醤油を仕込んだり、お茶に農業問題まで。で、最後に学生たちは日本酒を仕込むわけで、とりわけ日本酒は詳しく出てきます。

私はキャンパスモノとしてさらっと読んだ段階ですが、この発酵や菌や酒造のうんちく話をじっくり読むと相当面白いと思います。

しかも、エロい女子大生のおねいさん達がエロい格好をして、さりげなくエロいポーズをとってくれますから。エッチは出てきませんけど、なんか絵が可愛いです。

この農大は東京農大なんですかね?うちの地元はそこの付属高校があるので東農大の出身の人が多いのですが。こんな楽しい大学だったらいいですね。

春祭、収穫祭、ミス農大とかあって、自分たちでも地ビール祭や汁会とか企画してしまう。

しかも、大学で泊まって酒飲んだりで。ほんとに女の子が酒ばっかり飲んでいるマンガです。私なんか大学構内でお酒を飲んだ記憶がないんですけど・・。こんなに飲むもんなのかな?

お酒が好きな人には是非読んでいただきたい漫画です。高っかいブルゴーニュワインが出てきます。最後は日本酒の仕込みでクライマックス。菌も活躍します。かもすぞーって。面白いマンガでした。細かい所まで読む込むと何度でも読めますから。

アル中病棟(失踪日記2) 

U4

吾妻ひでお著 イーストプレス 1300円。

年末に持っている沢山もらったクオカードを整理しようと思って、それが使える戸田書店でマンガを沢山買った中の1冊。

かなり前にレビューした「失踪日記」の続編。

以前書いた失踪日記のレビュー

これを読むと吾妻ひでおのことも良くわかります。私が小学生の頃に大人気だったギャグマンガ家です。その後不条理マンガとかSFっぽい作風のギャグマンガとか書いていましたが。

この作者は凄い人です。漫画が書けなくなり鬱になって失踪。ホームレス暮らし、蒸発して転職暮らし。これらは連れ戻され漫画家として復帰しますが。今度は重度のアル中になって精神科に入院します。

本作品はその続編で、精神科に入院してから退院するまでのお話。

内容は、壮絶。様々なアル中の人が出てきて、その描写が凄い。

とり・みきとのあとがきで書かれていますが。画の書き込み量がアップ。

U5


前作の4段から三段にしたそうですが、その分書き込んでいます。

U6


キャラも2頭身から三頭身になったり。前作から8年経ってその間デッサン教室に通ったそうです。前向きなんだな・・。かなり書き込んでいるコマがあったり。書き下ろしなんで相当凝った作品です。

これもこういっては何だが、面白い・・。酒の飲みすぎの人は是非読んでください。アル中病棟の怖さが良くわかりますよ・・。前作の失踪日記とあわせてどうぞ。

四月になれば彼女は(海街ダイアリー6)

U7

小学館フラワーコミックス 吉田秋生著。

シリーズ6作目です。1作目から読み続けていますが、鎌倉を舞台に姉妹のお話。

作者の吉田秋生さんも私が小学生の頃から描いているベテランさんです。当時は目のきついキャラの漫画を書いていましたが、このシリーズはとても優しい絵柄です。時代に合わせて作風を変えているのが偉い。

親が亡くなるところから始まって、人の生き死にが出てくるマンガですが、可愛い画で乗り越えていく。ほのぼのします。周りの大人たちががやがやとうるさい中で、姉妹は生きていきます。重いテーマを爽やかな画に乗せて、話は進んでいきますが。この6冊目は、ちょっと軽かったかな。次回に繋がる話のようです。

で、これも映像化だよ・・。

U8


実写でよかったかな。全編鎌倉ロケでお願いしたいところですね。

3月のライオン、9・10巻

U9

9巻読まなかったらもう10巻が出ていたので、2冊購入。

将棋マンガですが将棋がわからなくても読めます。高校生プロ棋士の話。

将棋の勝負はなかなかで出ませんが、勝負のシーンはかっこいいよ。

10巻は、

U10_2

前進の10巻だそうですが、どこがか。桐山の恋愛話が前進するのですね。

これも楽しみなマンガです。

漫画はいい年をしても面白いよ。またまとめて読みたいなあ。次回はいつ読めるだろうか?

|

その他のカテゴリー

つぶやき日記 カメラ キャンプ キャンプ道具・山道具 ギター クッキング ニューバランス パタゴニア フォルクスワーゲン・ポロ ホンダ・フィット3・13G 二十歳の原点 山登り・トレッキング 思い出 旅行・地域 時計 温泉 自転車・その他機材&ウェア 自転車・アンカーRML7 自転車・ウィリエール 自転車・ウィークエンドバイクス26 自転車・テスタッチ 自転車・デローザ 自転車・トレックMTB 自転車・バイクフライデー 自転車・ピナレロ 自転車・ブロンプトン 自転車・TIME 自転車・プジョー・パシフィック18 葬儀 読んだマンガ 身のまわりのモノ達 釣り 釣り・おくとねFP 釣り・アングラーズエリアHOOK 釣り・イワナセンター 釣り・ウォーターパーク長瀞 釣り・フライ 釣り・ルアー道具 釣り・ワカサギ 釣り・前橋フィッシングパーク 釣り・加賀フィッシングエリア 釣り・宮城アングラーズヴィレッジ 釣り・川場キングダムF 釣り・川場FP 釣り・海釣り 釣り・赤城フィッシングフィールド 釣り・釣りキチけん太 釣り・FPベリーズ迦葉山 釣り・FPベリーズ青柳 電動おやぢアーカイブズ 食べたもの・食べた店 飲んだウィスキー 飲んだワイン 飲んだ日本酒 飲んだ焼酎 飲んだ酒いろいろ