飲んだ焼酎

2015年1月26日 (月)

第二次芋焼酎マイブーム到来。

体調悪い・・。

こんな時こそ飲むんじゃい。飲んで体内から消毒するんじゃい~。

来たああーーーーーっ!

0b1


来たっ、来たっ。来たよおおお。

0b2


楽天ショップで買った芋焼酎が6本届きました。

何年か前に、自分の中で芋焼酎ブームがありました。ええ、その時は全国的にも芋焼酎ブームでしたけど・・。

この、飲んだ芋焼酎カテゴリーにもあるとおり、旨いといわれる芋焼酎をぐいぐい飲み続けまして、自分の好みの芋焼酎にたどり着けたかなあ、って感じになりました。

その後、ワインマイブームが到来、ブルゴーニュを中心にワインをぐいぐい飲んで、芋焼酎のことは忘れ気味に・・。

けどね、今は酒ならもうなんでもオッケー状態です。正月に、この記事に書きましたが久しぶりに芋焼酎をまとめて購入、飲んでみたところ、やっぱ旨いねえ!

しかも、最近買っているのは以前のブーム時にはかなりのプレミアム価格が付いていましたが、今ではお安くなり商品も入手しやすくなっているもの。今回は当時の半額くらいのもあるよ。この価格なら飲める!第2次芋焼酎マイブームがやってきましたよ。

今回購入したのはこれ。

まずは、ガツンと芋っぽい好みのタイプ3本。私は芋臭い奴というよりサツマイモのホクホクとした香りと味が口いっぱいに拡がるタイプが好きです。

0b3


「八幡」これは好きだあ。芋焼酎の中では自分好み。香ばしい芋の香りが拡がりガツンと辛い。

「さつま白」あの佐藤白のレギュラー酒。入手できればこっちのほうがお得。芋っぽさの中に甘さ。

「黒櫻井」以前、金峰櫻井という黒&白麹ブレンド焼酎を以前飲んで旨かった。黒麹のみの櫻井は初飲みです。

次に、優しく飲みやすいタイプを3本。優しい飲み口の癒し系。

0b4


「ひとり歩き」ジョイホワイトという芋を使う。独特の香りと優しいのみ口。ジョイホワイトを最初に使った焼酎で初飲み。

「尾鈴山・山ねこ」これもジョイホワイト使う。柑橘系の香りの独特な味わい。これは随分安くなったね。

「晴耕雨読」芋焼酎に若干の米焼酎をブレンドして飲みやすさを出している。正月に飲んだ同じ米焼酎ブレンドの「川越」と飲み比べたい。

さあ、飲むんだ~。

0b5

正月の4本を加えて、10本を飲み比べです。

いつだか読んだ本に、確か佐藤酒造の旦那さんだったか言った「好みの焼酎は一番減りの速い焼酎だ」という言葉。

この中で一番減りの速い焼酎はどれかな?これらを飲み切ったらまた次回の発注。その時はこの中で旨かったのをリピートし、徐々に自分の日常酒を再発見してみます。

ちなみに、一次マイブームの時は「八幡」と「玉露」が好きだったか。まあ造る年によって味も違うし、自分の好みも変わっただろうし、新たな好み芋焼酎探しの開始です。

|

2014年11月27日 (木)

芋麹焼酎・吉助<赤>。

私は連続飲酒男です。休肝日なんてありません。

しかし、今回の風邪でもう3日酒を飲んでいないのです。これはここ数年での最長休肝日記録ではないでしょうか?

お医者様のお薬のおかげで風邪も治ってきました。ちょっと薬疹出ていますけどね(笑)。

もう薬を減らして飲みましょうかお酒。その方が薬になりそうなんつって・・・。

寒くなって芋焼酎復活です。マイブームの頃の芋焼酎は全部飲みつくしたので、また買っています。最近買ったのはこれ。

赤霧島でお馴染みの霧島酒造さんの「芋麹焼酎・吉助<赤>」

1f1

私、赤霧島が結構好き。あの華やかな香りと甘み。やはり独特の味わいです。

ただ、春秋の2回限定出荷で、その入荷を逃すとネットでのプレミアム価格でしか入手が難しくなります。

入荷日だったら赤霧島は以前スーパーやセブンで定価で買えました。今回の秋の出荷は買えませんでした。ほぼ毎日セブンかスーパーに行っているので、いつも出荷日は知らずに買えましたけど、今年は見なかったなあ。

気が付いたらこの吉助・赤ってのもスーパーで売っています。調べたらこれも赤霧島と同じ原料芋の紫芋「ムラサキマサリ」を使っているという。しかも、吉助シリーズは麹も通常の米ではなく芋で作る。この吉助・赤は全量ムラサキマサリなのです。プレミアム感は赤霧島より上に感じてしまうよ。

赤霧島が入手できなかったので、同じムラサキマサリを使った吉助・赤を購入してみました。

1f2


720mlが定価の1602円(税抜き)で売っています。芋焼酎としてはかなりの高級品ですね。赤霧島は定価1175円(税抜き)ですが、ネットではプレミアムが付いて1800円前後で売られていることが多いですね。

まあ、瓶の量が吉助は720ml、赤霧島は900mlなので若干赤霧島プレミアム価のほうが安いか?けど送料を考えると似たよう。後はプレミアム価格を悔しいと感じるかどうか(笑)。

私は悔しいので吉助赤をチョイス。赤霧島の代替品というか、こっちのほうが高級そうだし。

1f3


このG-TASTEってのはイマイチわからないんだけど、凄いのだろうな・・。

しかし、赤霧島はムラサキマサリの収穫量が限られているからの数量限定品。ならば吉助赤など作らないで赤霧島を増産すれば良いのでは?とは思いますけど、色々と大人の事情があるのでしょう。

飲んでみます。ロックで。

1f4

うーん、パッと感じは似ていますけどね。手元に赤霧島が今回は入手できなかったので記憶の中の味と比較していますけど。ホントは交互に飲めたらよかったけど。

華やかな香り、香りは同じかな?

けど飲んだ感じ違います。全く同じ味の焼酎ではありません。

吉助のほうが、濃厚なコクがあるかな。これ芋焼酎をあまり飲まない人にはちょっとアルコール感として感じるかもしれませんね。辛さ、苦味が強いです。赤霧島だともっと甘くて飲みやすいかな。

紫芋っぽさは赤霧島。独特のムラサキマサリの風味が前面に出る。あれはやはり旨いと思う。吉助赤はムラサキマサリの風味を生かしたキレの有る辛口の本格的な芋焼酎です。生(き)で飲んでもそう思いました。

普段芋焼酎をあまり飲まない人は赤霧島の飲みやすさ甘さをおいしいと思うだろうし、芋焼酎好きは吉助赤の辛さキレを味わうでしょう。

吉助赤は、赤霧島の代わりにはなりません。全く違う味の芋焼酎でした。

私は、お子様なので赤霧島が好きです・・。

|

2014年6月19日 (木)

箱から芋焼酎。

お、おっさんにい、おっさんに酒を飲ませてくれい・・。

おっさんは、もうヘロヘロに疲れています。今週は特にハンパないっす。ハンパ無いという言葉を無理して使うくらい、おっさんは疲れています。

だから、おっさんは呑んで呑んで呑まれてしまう毎日なのです・・。

こんなものを発見してしまいました。

3j1


先日、海釣り道具を探そうと押入れをゴソゴソやっていましたら、箱を発見しました。

中からは、芋焼酎がごっそり出て来ました!やりました!おっさん呑めます。

以前、2005年~09年くらいでしょうか、私の中で芋焼酎ブームがありました。もう芋焼酎大好きで、そりゃかなりの数を飲みました。このブログにも焼酎カテゴリーがあるくらいです。

結構プレミアムなやつも入手して、楽しんでおりました。インプレもコツコツ書いて来ましたが・・。

いつしか、私の中にワインブームがやって来ました。そして、とうとうお気に入りのワインに出会ったのです!

ブルゴーニュワインです。フランスのブルゴーニュ地方で作れらるそのワインは、赤はピノノワール、白はシャルドネという原則単一ブドウ種のみを使い、ブレンドはしないワイン。

なので、栽培する一つ一つの畑の特性(土質、気候、標高、風、日照、傾斜など)それに人の力というものを合わせたテロワールと呼ばれる個性がワインに込められているのです。畑の小さな区画そのものの歴史や特徴に、ドメーヌと呼ばれる小規模な栽培農家である醸造者の顔を合わせた、複雑で深い世界にもうメロメロ。

いつしか、芋焼酎は忘れていき、たまの晩酌用の酒になっていきました。それこそ芋焼酎の姿だとは思いますが。芋焼酎、今でも大好きです。

もう、古いものは05年位のがあるよ・・。中途半端に飲みかけ。途中でもったいなくなって仕舞ったのか?

3j2


瓶内熟成が進んでいるでしょう。ちょこっと飲んでみましたが、お、いける・・。

まろやかで甘みがある。キレは少なくガツンとは来ませんが、このまろーんとして味わいはあり。いつかはインプレを書こうと取っておいたのでしょうが、これだけ熟成していると、もう正確なインプレになりませんので、ちょこっと感想などを・・。全て6~9年前の酒ですので、熟成後の感想です。

さあ、連続18本、インプレ達成なるか?!どこまで体がもつか!

まずは。

3j3


左から。好きな西酒造の逸品ですね。吉兆宝山。当時はプレミアム品でしたが、今ではスーパーでも売っています。あの事件からちょっとブランドイメージは変わりましたが、旨い焼酎であることは変わりません。定価はちょっと高めですよね。ガツンと来る男っぽさが売り。

「うーん、甘辛口。芋の香りと切れがいい。これはまたスーパーで買ってこよう。」

宝山・蒸撰綾紫。これは芋品種別の限定品ですね。好きな紫芋です。華やかさがたまりません。

「あー、華やか、紫芋いい。これはなかなか入手できないけど、また欲しいぞ」

旭萬年の黒と白を飲み比べ。贅沢だなあ・・。優しい感じの宮崎県焼酎。普通、黒麹はガツンと来る太い味わいで、白麹は滑らかで滋味深い味わい、ってことだったと思うが、この萬年は逆だという評判だったので飲んでみた。

「黒はかなり優しいですね。相当柔らかい。白は、お、香りがいい。香ばしさがあり、昔ながらって感じです。両方旨いです。」

つぎにこれ。

3j4


侍士の門。麹米が幻の米を百数十年ぶりに復活させて作った芋焼酎で、当時は大変なプレミアム品だったな。

「これは旨い。私の大好きな、ホクホクした芋を口にほおばったような旨みです。これは凄いな。この味は大好き。甘い芋のようだ、入手できるかな?」

竈。無濾過白麹焼酎を3年甕貯蔵熟成させたもの。さつま無双のこの限定品シリーズは同じようなラベルで難しい字を当てたり個性を出しています。

「これはかなりまろやかですね。柔らかいです」

あやかし福助。これはジャケ買いならぬラベル買い。これもさつま無双の限定シリーズで、やっぱラベルで個性を出そうとしている。これは黒麹の無濾過。

「おお、辛い。結構ガツンと来ましたね。芋っぽさもかなり感じます。これはアリ。」

やきいも黒瀬。有名な黒瀬杜氏が仕込む。芋を1本ずつ焼いて仕込んだという。焼き芋の味はしませんが・・。

「うわ、甘い。けど、昔ながらの芋っぽさがある。香ばしいね。」

3j5


これは鶴のラベルの芋焼酎2本。

千鶴。甕仕込みのレギュラー酒

鶴見。両方ともラベルは渋いね。これもレギュラー酒。鶴ラベルで飲み比べでもしようと買ったのだろうけど・・。値段も安くて両方とも晩酌向け。

えー、ここで、ご報告です・・。

もう、既に酔っ払ってしまいました!あははははーーーーっ!

も、もう無理です・・。

インプレはまた後日機会があったら、書き加えます。すんません・・。

3j6


島焼酎シリーズをやろうとして・・。種子島の芋焼酎。南泉としま甘露。南泉は種子島産の芋シロサツマを使った地焼酎。

しま甘露はコガネセンガンとシロユタカ。

白玉の露。あの魔王を作る蔵のレギュラー酒です。

大黒。小さな蔵で家族で作っているという。キャラメルのような風味がある、ということで買ってみた。

3j7


きろく。と読む。これ好きです。宮崎焼酎。あの「百年の孤独」を作った蔵の芋焼酎。ここの焼酎はかなり好きです。実は熟成した奴はほんとに甘く旨すぎてあっという間に飲んでしまった。これはまた買いなおした新品。プレミアムものでしたがスーパーで売っていましたから。

もとみ、と読む。これも宮崎で無濾過です。よく振って飲んでくれ、とのこと。

無濾過にごり芋。なんともストレートな名前。このころは無濾過に凝っていた。名前のように濁ってはいませんが・・。

不二才。ぶにせ、と読む。ブ男の鹿児島弁。いい男はよかにせ、だ。こん焼酎は圏外人呑むべからず、と書いてある。かなり硬派な無濾過。

以上。すんません、途中から紹介だけになりました。後半のインプレはまた後日書けたらいいなあ・・。

これで在庫の芋焼酎は全部飲めるぞ。そして、新たに入手しやすい芋焼酎のインプレをやろうと思っています。

おっさんは、まだまだ呑むんだぞ!

はああ、酔った・・。

|

2014年3月 8日 (土)

赤霧島。

久しぶりに赤霧島を飲みました。宮崎の芋焼酎です。

0z1


あの大雪以来、どうにも疲れが抜けません。仕事も忙しくなって今週もヘロヘロ。日曜日も休日出勤が決定し、本日は完全休養。釣りにも行けません。もう酒で癒されるしかない・・。

先日、近所のセブンイレブンで入手した赤霧島。紫芋系の美味しい芋焼酎です。

宮崎の芋焼酎は優しい味わいが多いので癒されますね。鹿児島の芋焼酎は旨いのだがガツンと来るタイプが多く、勝負を挑まれるときもある(笑)。

この赤霧島、甘く、風味が良く、飲みやすく美味しい。芋焼酎を普段飲まない人にこそお薦め。

飲みやすい芋焼酎は芋の風味が薄いことが多いが、赤霧島はその芋の香り高く甘いまろやかな飲み口で飲みやすく、芋っぽさを残しながら飲みやすいというのは他になかなか無いと思う。

この華やかな独特の風味と優しい甘さは癖になります。

しかし、原材料の芋ムラサキマサリの収穫量が「幻の紫芋」ということで限られており、春と秋の年2回の数量限定出荷となっています。

もう人気になって随分経つので、増産可能とは思いますが、これがメーカーの戦略なのでしょうね。定価は1234円(税込み)。

春秋の出荷日直後に定価で見つけたら買って飲む。年に2回の出荷日直後ならセブンイレブンでも売っています。

セブンは酒コーナーで霧島と黒霧島を定番品として取り扱っている関係から、赤霧島も限定出荷日に割り当てが有るのでしょう。セブン強いぜ・・。

こんな風に買った。

0z3

赤霧島は定価で買えたら飲むってことで。

0z2_3

食生活がバレてしまった・・。

近所のセブンでは4本並んでいたので一本買った。

やっぱ旨いな。口当たりも良いので、数日で一瓶飲んでしまったよ。

0z4

なので、もう一度同じセブンに行ったらもう売れ切れていました。

仕事帰りに職場の近所のセブンに行ったら1本残っていたので購入。

この独特の甘い香り、口当りのまろやかな甘さ、に対して後半の渋みのような辛さというか苦味が出る所が、バランスがどうなのかな?と思っていましたが、これがまた飲み口のキレになって、ベタッとした甘さにさせずに飲み飽きしないのだな、と今回飲んで思いました。

もうスーパーでも普通に売っている三岳と一緒に、キッチンカウンターに並べて2本目はじっくりと飲んでいます。

0z5_2

以前の焼酎ブームの頃にプレミアムとか言われて高騰して入手困難だった焼酎が、徐々に手に入りやすくなってきて嬉しい限り。

お酒に癒される毎日です・・。

|

2010年11月10日 (水)

レトロなラベルの芋焼酎・アサヒ。

朝晩はぐっと寒くなり秋本番。芋焼酎の美味しい季節になりましたね。って毎年書いている気がしますが・・。

最近ワインばっかりでしたが、芋焼酎復活です。寒くなるとお湯割りも旨いんだよ~。まだまだ部屋には大量の芋焼酎が眠っていて、そろそろ熟成してるんじゃ・・。秋~冬に飲み尽くしてしまおう。

今夜の一本はこれ。

レトロなラベルがたまらない「アサヒ」

E1

鹿児島県霧島市:日当山醸造

麹:白麹、黄麹

いい雰囲気ですね。これは地元の人が昔から愛飲しているレギュラー酒と呼ばれるもの(焼酎蔵は地元用のレギュラー酒とは別に、都会向けに洗練された味とラベルの焼酎も作る)。

これは小瓶だけど、一升瓶だともっとかっこいいよ。

芋焼酎は苦手っていう人は多いと思うけど、慣れです。慣れれば辛口の中に芋のほくほくした風味と甘みを感じられるようになりますよ。だって米焼酎や麦焼酎も最初は苦手じゃなかったですか?臭いやつもあるけど私はそういうのは紹介しません。芋の風味がある奴です。今回はやや中級者向けですが。

さて、このラベル、レトロな感じが良いですね。芋焼酎が流行ってから、和紙に毛筆でかっこよく書いた面白い名前のお洒落焼酎が沢山出てきましたが・・。昔から地元で飲まれている焼酎は、こういうひげ文字です。

E2

このデザインがたまらない。

けど、こういうレトロなレベルの芋焼酎は芋の風味というより、芋焼酎臭い、って感じのが多くて、飲み難いものも多かったのですが、このアサヒは違うのです。

グラスに注ぐと、なんとも甘い香りが拡がります。

E3

生(き)で飲む。そのままストレートね。TVレポーター風に言うと「甘~い」であります。ほんとうに甘いんじゃなく甘みを感じる風味ね。やっぱ地元酒なのでガツンと来ますが、その後ふんわりやわらかい甘みが拡がり飲みやすい。芋の風味は強く、旨みが多い。レギュラー酒に良くある荒々しさは少なく、柔らかい甘みが拡がります。芋の旨みと香りの余韻があります。

芋焼酎好きで、芋っぽいやつが好きな人にはお薦め。芋焼酎の臭みではなく、あくまで芋の旨みが濃いのです。

製造過程で、白麹で仕込みその後、清酒用の黄麹で添え麹するという。コレが甘みとまろやかさの元なのか?

ロックで飲む。辛口の味わいが強まり、切れのある飲み口になります。

やはり本領を発揮するのはお湯割りです。

先にお湯を注ぎ、次に焼酎を注ぎます。私は焼酎6:お湯4で割りますがお好みでどうぞ。

甘さと柔らかさがますます増して、ほんわかした気分になれます。芋焼酎好きがたどり着く飲み方です。だーらだーら長い時間飲んでしまいます。これから寒い季節は最高です。

レトロなラベルのアサヒ。芋の甘みとうまみたっぷりで、芋焼酎好きならお薦めの一本です。ネット通販で探せば定価で購入可能。私は生が一番甘みと濃厚さが感じられて美味しかったです。

|

2009年11月22日 (日)

漣美さんの魔王。

先日、お世話になっていますガンダム系居酒屋「海鮮酒家・漣美」さんにおじゃまして、たらふくしこたま飲んでしまいました。

夕方の早めだったので、マスターと差し向かいで飲みました。お互い人生山あり谷ありの出来事を語り合いながら、しんみりと夜は更けていきました・・。

本日のお薦め。

1s1_2

鴨のはりはり鍋。おひとり様用の鍋に鴨がたっぷり。汁に旨みが溶け出して美味しい。暖まりました。

すると、お世話になっています自転車屋さんのmanさんがいらして、それからスナックさくらのおねいさんが出勤してきたので一緒にお話しました。しばらくしてK岡さんがいらっしゃいました。いろいろなお酒を飲みましてパーッと盛り上がりました。K岡さんはさりげなくカッコよくお帰りになり、ダンディーな素敵な男の姿を感じました・・。

その後、manさんと自転車談義を楽しみ、一緒に焼酎を飲みました。

以前から、懐にゆとりがある時に飲んでいた「魔王」です。

芋焼酎の魔王は、人気が故、プレミアムが付いてしまい一升瓶で一万円以上する入手困難な酒です。それがショットで飲めるなんて。しかも吉兆宝山と同じ値段で・・。

1s3_2

魔王 白玉醸造

今思い出しながら書いていますが、香りはとてもフルーティーです。飲むと透明感と果実の香りと甘み。とても芋焼酎とは思えない。米焼酎や吟醸酒を思わせるような透き通った味です。芋の臭みはまったくなしの飲みやすさ。このタイプのパイオニアですね。その後に続いた飲みやすい系の焼酎と違うのは旨み甘みも感じるところか。

やっぱり人気が出るだけあって、飲みやすいですね。芋っぽい感じがしないので、別にコレでなくてもアレですけど、飲めるなら飲みたいですねえ・・。

で、お金の無い私は自宅で、この魔王の白玉醸造の造るレギュラー酒「白玉の露」を飲んでおります。

コレもまた旨い!なんとなく魔王を荒々しくしたような芋焼酎らしい旨みの多い酒です。魔王のあのフルーティーさと透明感は感じることが出来ます。そこに芋焼酎っぽさを加えた感じで、いけてます。芋の甘みがとても良く出ています。芋焼酎好きな方にはむしろ白玉の露のほうが良いのでは?いつかレビューを書きます。

ふー、この夜は飲んだ飲んだ。ほっけ焼き、刺身の盛り合わせ、赤おでん、〆には蕎麦を焼いて鴨汁につけていただく「蕎麦焼き鴨南蛮」は美味しかった!ほんとーに、ごちそう様でした!

|

2009年11月13日 (金)

芋焼酎・「くじらのボトル」「くじらのボトル綾紫」

今回はラベルがユニークな芋焼酎です。

やっぱCDのジャケ買いじゃないけど、芋焼酎にもラベル買いがあると思います。楽しいラベルだと味もいいのかな?と思って飲んでしまう。蔵もそれ狙いでラベルに凝った企画物を出したりしますが・・。

このくじらのボトルという芋焼酎もなかなかユニーク。

2a1

なんたって、焼酎の名前が書いてない。筆で書いたくじらの画と「KUGILLA」の文字のみ。名前がないと注文も出来ないので、「くじらのボトル」という名前で呼ばれています。

これを作っているのは、鹿児島市鹿屋市の大海酒造。ここの焼酎つくりもなかなか面白くて、まだ芋焼酎がメジャーではない頃に、何とか全国に売り出そうと、飲みやすい焼酎作りに励みました。結果「海シリーズ」と呼ばれる女性を意識した飲みやすい焼酎を展開。人気となりました。

以前のブログで紹介した、「海」という焼酎は、その癖の無さから評判になりました。味も無かったけどね・・。

で、その海シリーズの中のくじらのボトル。やはり評判となり、結構種類がありますが、そのうちの2本を飲んでみました。

2a2_2

くじらのボトル白麹と、紫芋を使ったくじらのボトル綾紫(白麹)です。

共通しているのは、鹿児島の垂水温泉水「寿鶴」を使っていること。これがどう味に反映されているでしょうか。

まずは、

2a3_2

くじらのボトル(白麹)

原料:コガネセンガン。麹:米麹(白)。

くじらのボトルは、海などの飲みやすい路線から、本来の薩摩芋焼酎の味を追求したスタンダードなもの。

大隅半島にある蔵、地元のコガネセンガン、国産米白麹、垂水温泉水を使ったこだわり。

海原を泳ぐくじらのような雄大さを表現したそうですが・・。

生でのみます。口当たりは滑らか。これは芋焼酎ならではの香りが強いですが、大変まろやかな甘さを持っています。雑味が無くピュアな味わい。そしてコクと切れ。旨みの多さ。ほくほくした芋感はありませんが、芋焼酎の癖のある部分をそぎ落として純粋に芋焼酎の良い香りと旨みを残したような。芋焼酎らしさにあふれているのに癖が無い、と感じました。ピュアな味わいは温泉水の効果のなのか?香りがよく、これは美味しい。芋焼酎の好きな方にお薦めです。旨みが沢山なのに飲みやすく、くいくい飲み過ぎてしまうよ・・。

お次は・・、

2a4_2

くじらのボトル綾紫(白麹)。

原料:綾紫 麹:米麹(白)

わたしの好きな紫芋を使用。フルーティな香りと独特の甘みに「赤霧島」を飲んでから気に入っています。

大隅半島で栽培される綾紫芋を原料に、やはり温泉水で仕込まれます。

2a5

生で飲みます。これまた口に滑らか。うはー、華やか。口にパーッと華やかな香りが広がります。そして甘い甘い。後味にはたっぷりな旨みが。そしてしっかり切れる。余韻が非常に長い。これはいい。紫芋の味わいが好きな方には是非。やはりこの雑味のないピュアな感じは、くじらのボトル共通のものかもしれない。水が良いのかなあ?紫芋ならではの華やかな香り、甘み、コクを十分に感じられます。後味にやや苦味と渋みが残りますが、余韻が長いため。派手で旨いです。

くじらのボトル、とても綺麗な飲み口と、溢れる旨みと甘さが気に入りました。

秋の夜長はやっぱり芋焼酎だなあ・・。

 

|

2009年10月16日 (金)

芋焼酎「金峰櫻井」「小さな蔵」

芋焼酎の美味しい季節になりましたね、ってワインの時もこんなことを言った様な・・。

今回は、家族経営の小さな蔵で少量生産される、白麹と黒麹をブレンドした芋焼酎です。

同じ蔵の2本、金峰櫻井と小さな蔵。

C1_3

櫻井酒造。鹿児島県日置郡金峰町

原料:コガネセンガン 麹:米麹(白麹と黒麹の原酒をブレンド)。

ご夫婦で営まれ、焼酎つくりから瓶つめ,ラベル張りまで手作業とか。原料の芋は金峰町で栽培されるコガネセンガンにこだわり、皮や傷んだ部分を一つ一つ手で丁寧に取り除くそうです。

さて、今回は白麹と黒麹のブレンド焼酎です。同じ蔵で作られるブレンド比率の違う2本を飲み比べ。

C2_2

白麹は芋の旨みのじんわりと沁みる優しい昔から地元で飲まれてきた焼酎、黒麹は辛口で苦味があり、切れを味わう都市部で流行の焼酎というイメージを持っています。それをブレンド。前回ここで書いた「玉露」の「上野原」がブレンド焼酎でしたが、あれは白と黒の良いとこ取りのイメージがあり旨かったので、今回も期待。

金峰櫻井

C3_2

実は以前から好きで、何本目かのリピート。人気の割りに生産量が少なく入手はやや困難です。

これの白黒麹のブレンド比率はよくわからないのですが、白8:黒2とか、白に味を整える程度の黒とか噂が多い。

生で飲みます。

C4_2

旨っ!芋の風味が分厚く、甘みがある。奥ゆきのある旨さ。そして軽く切れる。ホクホク感ではなく芋の甘さを持つ。雑味が無く品がよく、優しい柔らかな味です。これは旨い。

次に小さな蔵。ラベルにはいろいろ文字が書いてあり、どこまでが酒の名前かわかりませんが(笑)、小さな蔵と呼ばれています。

C5_2

こちらは白麹9:黒麹1のブレンド。

生で飲みます。

C6_2

これは辛口。金峰櫻井と基本は似ていますが、苦味も加わりややドライな感じ。酒質が強いですね。食事にはこちらが合いそう。キレを感じます。

飲み比べて、以前は違いがあまりわからなかったのですが、今回は味が違ったなあ。

金峰櫻井の上品な甘さは印象的。後に残ります。雑味のない綺麗さの中に旨みが詰まっている。しみじみほっこり旨い。ちびちび長く飲みたい。これは好き。

小さな蔵は、甘みの中にカラ苦さがあり、キレがある。料理に合いそう。

製造時期が違うのでボトル差もあるでしょう。人それぞれ感じ方好みもあるので微妙なところですが。どちらも芋の甘さが楽しめます。芋っぽい焼酎に馴れた方で、雑味のない中に芋の甘さを感じたい方にお薦めです。私は柔らかな旨みの金峰櫻井が好きかな・・。

これはお湯わりで楽しめそう。ストーブが出たらお湯わりで飲みたいですが、それまでに飲みきりそうです・・。

|

2009年8月 6日 (木)

お気に入りの芋焼酎・玉露・本甕仕込み

私は芋焼酎好きであります。鹿児島、宮崎で造られる芋焼酎を沢山飲みました。なかなか個性的な酒でして、銘柄によってこれは美味い!と私の好みに合うものや、う~んなんだかな?と好みに合わないものがありました。

やはり美味いと思う焼酎は、入手困難であったり、プレミアム価格が付いていたりと、なかなか飲む機会がなかったり。定価で入手しやすくてうまい芋焼酎はないかなあと探し、出会った感じの1本がこれです。

Gy2_2

芋焼酎・玉露 本甕仕込み 白麹(中村酒造場・鹿児島)

この中村酒造場は、「なかむら」というプレミアム価格が付いた焼酎が有名ですが、それは買えないので飲めないとして、これ、美味いです!入手しやすいほど流通していませんが、ネット通販でまだ定価で買えます。若干定価は高いですがプレミアムは付いていませんから。

私が好きな芋焼酎は、

1)蒸したサツマイモを口にほおばったような、ホクホクとした甘栗のような香りと甘い味わいがあるもの。

2)雑味臭みがなく、透明感の中に芋の香りがあるもの。

3)優しい柔らかな味わいがあるもの。

芋焼酎って結構辛口ですが、芋の風味があるものは甘く感じます。芋の感じがあっても芋焼酎独特の漬物のような土蔵のような香りがあるものは苦手です。

今のところ好きなのは、「八幡」「三岳」「川越」でしょうか。紫芋系も好きですがアレは別ジャンルとして。

で、この玉露、お茶の玉露にちなんで美味い焼酎を目指したとか。昔ながらのレギュラー酒の「玉露」もありますが、この本甕仕込みは高級バージョンのようで、いっそう美味い。

蔵の説明によると、つくりはレギュラーと変わらないみたいですが、味が違うのは、原料の芋にこだわり、丁寧な仕込み、甕熟成の違いなのかも?

口に含んだ瞬間に、蒸したサツマイモを口にほおばったような、甘くホクホクとした味わいが広がります。とても優しく、柔らかく、コクがあり、尖ったところがなく、透明で、甘くて、その後辛味が来て、キレて、後に甘い芋の香りが残ります。

ちょっと芋感のある芋焼酎が好きな方にお勧めです。「八幡」が好きな人には合うんじゃないかなあ?お値段もそれと比べれば入手しやすいし。

我が家の玉露のラインナップ。本甕仕込が気に入り、その後買ってしまった。

Gy1

本甕仕込みと飲み比べてみましょう。本甕仕込みを味の中心にすえて違いをコメントします。

Gy3

レギュラー酒の「玉露」です。昔からずっと造り続けている蔵の看板酒です。地元の人に愛されている酒ですね。ご家庭の晩酌用で、お値段もリーズナブル。白麹なのでやはり優しい味わい。

柔らかさは本甕仕込みと同じ。ただ、本甕仕込みと比べると、芋の甘み香りが希薄なのです。ですからちょっと辛さが強調されるかも。ややアルコール感が残ります。晩酌には飲み飽きしないかも。甘みは少ないな。

Gy4

ラベルは昔ながらでかっこいいですね~。

続いて玉露・黒麹です。

麹の違いですが、今まで飲んできてわかったことは、白麹は昔ながらの芋っぽい優しく甘い柔らかい焼酎になる。

黒麹は、辛口のキレのある、ちょっと苦味の効いた焼酎になる。

黄麹は、フルーティーで芋の癖のない軽い味わいの焼酎になる。

と感じています。

で、玉露黒麹です。

Gy5

実はこれは入手したばかりで、初めて飲みます。

ん?そんなに辛くはないですよ。うん、むしろ本甕仕込みのような芋のホクホク感と甘みがあります。でも後味は切れる感じ。これも好きかも。

コクがあるんですね。それが本甕仕込みに似ているんです。芋の香りを楽しみながらキレも感じられる。これは美味い。こっちも好きになりそうです。

最後は「上野原」

Gy6

これは一升瓶しかないのですが、もうほとんど飲んでしまった・・。上野原という名前は、この蔵の近所にある縄文時代の住居跡も上野原遺跡から命名したようです。

どうやらこれは、玉露・白麹と玉露黒麹をブレンドしたもののようです。

あじは、うん、甘い。最近こういうブレンドは流行っていますが、芋の味わいとキレの両方を味わおうという趣旨のよう。これも美味いですね。芋っぽさがかなり強調されていますが、甘みがあります。そして透明感も。

嗚呼、そして、私はもう酔っ払ってしまったよ~。

レギュラー酒の玉露はやや平板ですが、他の3種は芋の旨みが出ています。芋っぽいというか、芋の香り、甘み、ホクホク感を芋焼酎にお求めの方は、是非お試しください。ネット通販ならば探せば定価で買えます。

|

2009年6月27日 (土)

飲んだ焼酎の感想集。

焼酎好きです。
特に、蒸かした薩摩芋を口に頬張った時のような、ホクホクとした芋の香りが漂う芋焼酎が好きです。

以前飲んだ、芋焼酎を中心とした感想集です。以前やっていたブログに掲載した記事のリンクです。
好みの問題もあり、私の主観的な感想ですが、記事の中でお奨めした焼酎はやはり旨いと思いますので、入手困難なものもありますが、いつか是非お飲みくださいませ。

薩摩宝山 宝山のレギュラー酒。昔ながらの旨味のある焼酎です。

明るい農村 芋の旨味が後を引きます。

薩摩茶屋 村尾のレギュラー酒。香ばしさと芋の旨味。とにかく香ばしいのです。

八幡 甘い芋の香りと旨味が口いっぱいに広がります。これは旨い。

三岳 透明感のある清らかさの中に、ほくほくした芋の旨味がある。好きな芋焼酎です。

佐藤(黒) 飲みやすい綺麗さと旨味。キレのある辛さとコクの調和。旨い。

黒さつま 佐藤のレギュラー酒の黒麹。キレのある辛さと香ばしさ。

尾鈴山・山ねこ ジョイホワイト芋の爽やかハーブ系。飲みやすい華やか個性派。

富乃宝山 黄麹のフルーティな甘さ。飲みやすい爽やか個性派。

黄麹と減圧蒸留でクセのない爽やか系。旨味もないが飲みやすい。

川越 朝掘りの芋。ホクホクとした甘旨味。米焼酎をブレンドし飲みやすい。優しく旨い。

杜氏潤平 若い杜氏が造る。紅芋の華やかな香りと甘み。

越乃寒梅・古酒乙米焼酎 清酒の有名蔵が造る米焼酎。吟醸酒のような香りと飲みやすさ。

さつま寿・園乃露 昔ながらのレトロなラベルの2本。味も昔ながらのクセのある芋臭い焼酎。

もぐら・たなばた無濾過 無濾過の2本。もぐらは無濾過ならではの荒々しい辛さとホクホクしたいもの旨味。たなばたは上品な甘みの旨さ。

赤霧島 紫芋の華やかでフルーティな甘み。旨味より飲みやすさ。好きな焼酎。

宜有千萬(よろしくせんまんあるべし)米焼酎 清酒蔵の八海山が造る米焼酎。黄麹でフルーティー。軽く飲みやすい。

薩摩 鉄幹 柔らかい口当たり。前割でお燗して飲む。

こんな感じです。まだ飲んで感想を書いていない焼酎がゴロゴロしています。
今後もゆるゆると焼酎感想を書いていきます。

|