食べたもの・食べた店

2017年12月17日 (日)

季楽(新潟・上越高田)で日本酒を堪能。

前回の上越釣りで、メインイベントとなったのは、やっぱ夜の飲みです・・。

上越高田の裏通り。いつもの雁木通りじゃなく、大通りから1本入ったところ。雁木がところどころここもありますね。

同行のH氏と。

2v1

今回、また高田の街中新規開拓で新たな店を探します。いくつか候補があったのですが・・。全く釣れなくて、天候も荒れて寒かったので早上がり。まだ明るく早過ぎた・・。

けど、居酒屋ハンターの異名をとるH氏、見知らぬ街でもアタリ飲み屋を探し出すという勘でサーチ。夕方4時にやっている日本酒バー的な居酒屋があるという。

早速向かうと。ありました。4時にやっていますよ。

「季楽(きらく)」さんです。


2v2

入り口から奥に細長い店内。テーブルと小上がりの間を抜けるとカウンターが4席ほど。作務衣姿のマスターが驚いたように見てます。まさか客が来るとか?て感じでしょうか(笑)。

他にお客もいないし、マスターから美味しいモノを伺いながら飲みたいのでカウンター席に座ります。

4時開店ですがその時間帯はほとんどお客が来ないとのことで。ちょっと待っててもらっていいですか?とまだ仕込みの最中のようです。

なんでもお客さんからの要望で4時開店になったのに夕方はお客が来ない(笑)。なのでこの時間はゲームをやっているそう・・。見知らぬ客が来たので驚いたようです。

なんか、明るくていい加減そうなマスターで、これは楽しくなりそうです。

日本酒には相当拘りがありそうですね。上越の地酒はもちろん、全国の今評判の入手困難な酒たちが集めてあってびっくり。


2v3

グラスは1合に足りないくらいか?お値段はそれなりの感じです。

お通し。冷製の魚の揚煮。


2v4

まずは、生ビールで乾杯。

生モノ大好きなH氏は早速刺身の盛り合わせを。

マスターに今日の刺身を聞いて、それにイカの刺身を追加して盛り合わせ。


2v5

鰤と太刀魚とアオリイカ。イカが新鮮で旨かった。

ハタハタ焼き。なんか魚卵の話になってハタハタを・・。

けど、出て来たのはオスのハタハタ。


2v6

H氏は日ごろからシシャモは卵に養分を取られないオスが旨いと言っていて、ハタハタもそれに当てはまると。確かにメスのハタハタは卵がエラより前にも詰まっている感じですごいもんな。これ旨かったよ。

それと、昼間に能生川で鮭の遡上を見たという話になって。いろいろ鮭の話を聞いたりして。そうしたら鮭つかみ取り大会で捕った鮭があるという。

ええ!能生川で遡上の鮭が食べられるなんて。開店時にその鮭の味噌漬けを作っていたので忙しかったとのこと。

これは少し前から漬けてあった、能生川の遡上鮭の味噌焼き。


2v7

味噌の風味が良い。皮までうまい。これはいいぞ。

遡上鮭はもう栄養も無いから旨くないだろうと言っていたH氏もこれは見直した感じ、旨いという。

さて、日本酒がウリの店。ここまでにもうかなりの日本酒を飲んでおります!

自分が好きなのから、マスターのおすすめを次々と飲む。

ベロベロで憶えていないけど・・。

なんとなく憶えているのは豊盃の「ん」「豊盃81」

ん、は旨かったな。豊盃81は米を削らない酒だけど意外とスッキリ系だった。豊盃なんて手に入らないよ・・。

これは千代の光の「真」。


2v8

千代の光は好きだけど、真は知らなかった。マスターは千代の光ならこれが旨いという。かなり珍しい酒だと思ったら帰りにコンビニで売っていました・・。

マスターは酒には相当詳しいですね。蔵の裏話まで説明してくれますし、面白い。

嫌いな酒は容赦なくデスりますし。もう笑いが止まりません。

いつの間にかマスターも飲み始め・・。いつもは9時ごろまでは飲まないんだけどね~とか言っていながらまだ夕方なのに呑んでいます。これで料理が作れるのでしょうか(笑)。

なんか高崎でも一緒に飲んじゃう居酒屋さんがあって好きなんですけどね、そういうの。

しかも、これ呑んでいいですか?これも飲んでもいいですか?って我々に聞くので、マスターの飲み代もお勘定に入っているような・・・?

次々とおすすめの日本酒が出てくる。前回の割烹と同じパターンでお勘定が心配になってきますが、もう酔っぱらったら止まりませんから。

これは常連さん用ってのも口開けしてくれたり。徐々に高い酒を勧めるようになって・・。マスターが飲みたい酒を奨めてくるわけですね!

とうとうメニューに無い酒が登場。

三重の「酒屋八兵衛」純米大吟醸・・。


2v9

肴も言われるがままに・・。ますます高崎のあの店の「これ食べるかい?」攻撃のようです。

トン焼き串。

2v10

鰤カマ焼き。

2v11

料理のメニューはそう多くはないですが、酒に合う肴ですね。

マスターとっておきの「豊盃・純米大吟醸大寒仕込み」


2v12

旨いですねえ・・。

マスターものってきて、下ネタまで展開・・。

いや、日本酒は憶えていないだけで相当飲んじゃいました。

19時半ごろにやっと我々以外のお客さんがご入店。常連さんのようで我々の座っている席がいつもの席だそうで。じゃあこれにてお勘定と。

お勘定は二人で1万2千円行かなかった。まああれだけ飲んでだから、前回よりかは一安心。

もう帰りの歩いたルートも憶えていません。


2v13

なかなか面白い店でしたね。

マスターの話だと、お客さんもいろいろな方が来るらしい。東京方面からも来るし、群馬は来ないようですが。

常連さん達も面白そうだし、いい女のお客さん率が高いそうだよ。それはいいねえ。マスターの人柄に引き付けられるのでしょう。

酒の話もいろいろ聞けたし笑ったし、楽しい店でした。高田で日本酒が飲みたくなったら、この店にまた行きましょう。

|

2017年12月 9日 (土)

タラ汁定食・名立ドライブイン(新潟)。

先日の上越釣り紀行。締めに食べたのは名物でしょうか、海辺っぽい定食を頂きました。

名立の海辺ギリギリに建つお店。名立ドライブインさんです。

2w1


下はすぐに海です。

ドライブイン、というのは懐かしい響きですね。子どもの頃は街道沿いならばあちこちにありましたが、最近は見ないですから。うちの地元にも1軒ありますけど。

店内に入るとテーブル席と座敷席。お昼時だったのでほぼ満席です。

H氏と二人で座敷席へ。TVロケが来た時の写真、テツ&トモがこの席でどんぶりを食べている姿が飾られています。

窓の外は海です。

2w2


晴れていれば夕焼けが綺麗でしょう。この日は荒れた冬の海。

ウミネコが荒れる日本海の波をバックに佇んでいますよ・・。

2w3


寒そう・・。

暖かい店内でお茶を頂き、メニューを見ると。

2w4


人気のおすすめメニューは、やはり海鮮ですね。今回の旅は煮魚入りラーメンから始まり、魚系ばかり食べておりますが・・。

H氏イチオシの「タラ汁定食」を二人で頼みます。

タラ汁は店の前の道を富山方面へ走ると街道沿いにタラ汁の看板をたくさん見ます。このエリアの名物なんでしょうか。

おかずをもう1品、店の方に伺うと4個入りとのことなので「つみれフライ」も注文。どんなのが出て来るかな?

お客さんは観光の老夫婦や家族連れ、地元のグループさんですかね。お酒も飲めるので盛り上がっています。

2階は民宿で泊まれるよう?洗濯機が置いてあったりで合宿所っぽい感じ?

おっと来ましたね。鍋を煮込むので割りと時間が掛かったようです。

2w5


蓋を開けますと・・。

2w6


おおお、味噌仕立ての鍋であります。小鉢と漬物付き。

プリっぷりのタラが煮込まれています。

2w7


絹ごしの豆腐とともに、ほろほろと崩れていくほど柔らかく煮込まれています。

出汁も良く出ていておいしい。強風の中の釣りで冷え切った体を温めてくれますね。

そこに、つみれフライ登場。

2w8


これが旨かった。つみれを揚げてあるんですよ。すり身がほくほくに揚がっていて、ご飯が進みます。タラ汁だとどうも中の具をホフホフ食べてしまって、おかず的能力が足りなかったので、これで満足度アップです。

おばちゃんがカラシが足りないかなと2本チューブカラシを置いて行ってくれました。ソースと醤油で食べましたが、これはいいですね。

タラもプリっぷり

2w9


小骨は結構ありますが、柔らかい身は旨みたっぷりです。卵も入っていて(タラコですな)、私の方には白子が、H氏のはワタが入っていて旨み倍増です。

はああ、食べた。温まった。冬の海を感じる定食でしたよ。

2w10

この周辺の国道8号線沿いって意外に店が少なかったので、この店は目立ちますね。

懐かしいドライブイン。海に来てよかった、そう思える〆のご飯でした。

|

2017年12月 4日 (月)

おっちゃんラーメン(新潟・糸魚川)の・おっちゃんラーメン。

前回の上越釣行で、まず立ち寄ったお店。

糸魚川市の街から姫川を渡った先、国道沿いのラーメン店。糸魚川火災の復興のためにまずはこの店に行こう!と最初から決めていました。

同行H氏のお気に入りです、何度も通っているようですが私は初めて。

その名も「おっちゃんラーメン」

3b1


お昼でしたが、地元の人でかなり混んでいます。唯一空いていたテーブル席へ。

ラーメンにこだわりのある頑固なおっちゃんが切り盛りする店、と思ったら店のスタッフは全員おばちゃん・・。

おっちゃんがいねえええーーーっ!

店名だけがおっちゃんでした(笑)。

メニューはかなり豊富ですね。

3b2

カウンター上のメニューを眺めていたら、店員おばちゃまがテーブルの下からメニューを出してくれました。そんなところにあったのね・・。


これはどんな味なのか?と想像する楽しみがありますね。食材はウィンナーがお好きなようで。

H氏はラーメン店に行くと、その店の名前を冠したラーメンがあると必ず食べるとか。

ここにも「おっちゃんラーメン」があり、H氏は勧めてきますが・・。味噌味好きですが、プラスかくし味とあって怪しい。店内でも頼んでいる人はいないようですが、地元の人はもう食べ飽きたのかな?

じゃあ、それにします。

餃子も一皿追加して。

3b3


結構お値段が高かったけど、普通かな・・。

かなり混んでいるので結構時間が掛かりましたが、おっちゃんラーメンが来ましたね。

丼はかなり大きいです。んー、野菜豊富な味噌ラーメンの様子ですが。

3b4

何処に特徴が?

頂上の海苔を避けるとそこから出て来たのは。

煮魚(笑)。

3b5

タラとホタテの煮付けたものが乗っかっていますよ!

いただきます!

おお、熱々です!この熱~いラーメンは寒い日にはうれしいですね。上越は寒いからでしょうか、この地域にてスープで麺を煮込んだラーメンを以前食べましたが、これもそうなんでしょうか?とても熱くて麺は柔らかいかな?

コクのある白みそ系スープは具の沢山の野菜から出たのか甘みが強い。そこに煮魚の汁でしょうか、魚介の風味が加わります。個性的ですが良いじゃないでしょうか。

魚貝の煮付けも甘じょっぱくて、ラーメンとの組み合わせは名物ラーメン的な個性ですね。にしん蕎麦のラーメン版のような感じですかね。ボリュームもあって満足しました。

H氏は?何度も来ているので、今回は辛いラーメンにチャレンジ。

この店のもう一つの名物は辛いラーメンです。

来ました。うわああああ!

スープが真っ赤じゃないですか!これは辛そう・・。しかも量が多そう、丼大きいし。

3b6

辛いラーメンはグレードがあるようです。

3b7


H氏はビリビリまではたべたことがあるので、今回はグラグラです!目まいがする程に、って書いてあるんですけど。

しかも選べる唐辛子を練り込んだ赤麺にしました。どんだけ辛いのよ?

うわあ!麺が唐辛子で真っ赤ですよ。スープ&麺のダブル唐辛子状態です!

3b8


さらにとろみがスープにあって、これはかなりきつそうですが・・。

辛いの平気なH氏は、んー、それほど辛くないな・・と言いながら完食。それって良い子は真似しない方が・・。

私も一口スープを頂きましたが、激しくむせました(笑)。

H氏も後から辛さが来たようで汗だくなんですけど。

冬の日本海沿いで食べる熱いラーメンって良いですね。

3b9


上越に来たらまた食べたいです。メニューを研究してね。

糸魚川の皆さん、頑張ってください。

|

2017年11月11日 (土)

二次会・やっぱ「だんべ。」(高崎)。

高崎駅の西口、例の飲みビルでの激しかった職場飲み会を終え、解散となりました。

しかし、まだ飲み足りないI女史と私はフラフラと、二人きりで夜の高崎に消えて・・。

二人二次会です。あのビルからだと駅方面にチョット歩けばある、あの店でしょう。

駅西口の真ん前の一等地ですが、チェーン店ではなく地元食材を使った地元居酒屋、

「だんべ。」さんです。

3q1


こちらは入手困難な日本酒や焼酎も飲める店で人気です。開店直後から満席でなかなか入れませんが、もう10時も過ぎたのでそろそろ入れるかな?

お、入り口にお兄さんが立って呼び込んでいますね。これならオッケー。お兄さんに案内されて入店します。

しかし、さすがは人気の店、カウンターに2席空いているだけであとは満席です。びっくり。

早速、I女史とカウンターに二人並んで呑みましょう。

もうビールは散々飲んだので日本酒です。今日のプレミアム日本酒は何がありますか?とまずは店員さんに聞きましょう。メニューには載っていない本日のレア日本酒のリストを見せてくれますよ。

けど、この日はもうあまり銘酒が無いですね・・。うん、これがいいか。先日自宅で飲んだのですが旨かったし、I女史に紹介したいので頼みます。

黒龍ひやおろし。

3q2


乾杯~、旨いですね。

この秋に取り寄せて自宅で飲んだひやおろしの中でも旨かった1本ですから。後日レビューしますね。

お通しも、安定した旨さのもつ煮です。この店自慢の汁の無いもつ煮です。

もうお腹一杯1次会で食べましたので、日本酒を飲みながらポツポツつまめるのを頼みましょう。

エイヒレ、山芋のサク揚げ。

そして、I女史お気に入りの「沢田の漬物」盛り合わせです。

3q3


これがピリ辛で旨いぞ~、酒に合う合う。

黒龍ひやおろしは飲みやすいのであっという間に空に。

次の日本酒はメニューから選ぼうか。

群馬の地酒で人気の結人です。

純米吟醸 結人 中取り生酒。

3q4

これはフルーティーで旨かった。生酒って自宅で飲むと甘さが気になるんだけど、居酒屋さんで飲むと旨いんだな、不思議に。

0時半過ぎ、二人ともしっかりと酔っぱらいました(笑)。

だんべ。さん高崎駅前の人気店です。行く時は予約がいいですね。

3q5


群馬の地酒と食材、レアな日本酒と焼酎が楽しめますから、旅行や出張で高崎に来た方も場所がわかりやすいしお奨めです。是非。

|

2017年11月 4日 (土)

くいもの屋わん(高崎)・中締め打ち上げ。

3連休前の木曜日夜は打ち上げでした。

職場は夏から色々あった仕事が無事に終わり、年末まであと二月。ここで中締め宴会です。

高崎に繰り出して、7時スタート。

初めて来たんですよ。かなり全国展開中のチェーンですけど、なかなか良かったよ。

くいもの屋わん・高崎店。

3u1


高崎駅西口の、いつもの飲みやビルの中です。このビルは良く来るんですけど、まあ飲み放題パターンの時はいつも。この店は知らなかったな。

わんって?1かな、犬かな?

3u2


椀、でしたね。

お料理に自信ありかな?

宴会コースは飲み放題2時間付で3500円。安いですね~。

まずは、枝豆となんか魚のカルパッチョでスタート。

3u3


生ビールはピッチャーで来ます。飲み放題メニューの酒は結構種類がありますね。

所長さんの挨拶から乾杯~!あとはグダグダ~!

お豆腐にワサビと、カニみそ?美味しいソースが掛かっています。

3u4

サラダはさっぱりと塩系、上のはワンタンを揚げたものかな?


3u5

海老せんべいかな。ええ?って思ったけど、一味スパイシーさがあって美味しい。つまみになる。


3u6

蒸野菜かな。


3u7

キャベツの上に豚バラ肉。緑のは安中で生産するロマネスコかな。新種の野菜。ポン酢でさっぱりと。


3u8

ビール、ジントニックと飲んで、今回のヒット酒は・・。

ジムビームですね。飲み放題メニューの酒で一番素姓がよさそうだから(笑)。


3u9

ジムビームのハイボール、ロックと飲む。じゃんじゃん飲む。飲み放題だモーン。

ガーリックポテト。やっぱ一味いいね。ニンニッキーでお酒に合うよ。


3u10

鶏肉の味噌焼き。ネギも落とさずに食べるのが大変。

3u11

上の赤白のは、はじかみ生姜。これで結構盛り上がったね。赤い部分は食べないよ。

トウモロコシのチャーハンかな。上に揚げたゴボウが旨い。


3u12

何か一味足してある料理で、食材は普通だけど工夫してありますね。

ここで飲み放題はラストオーダー。ここぞとばかり酒を追加。お店から30分400円で飲み放題を延長できますが、と言われる・・。

商売上手!酔っぱらいにそんなこと言えば追加しますよ!

何時間追加しますか?

おい(笑)!30分でいいですよ・・。

梅酒ロック。ここからは危ない甘い酒シリーズに・・。

3u13

あんずのお酒、梅酒とローテーション。これはいかん、止まらん。

デザートはお団子の抹茶ソース掛け。

3u14

ごちそう様でした。値段以上に飲み食いした感覚です。くいもの屋わん、チェーン店ですが、料理はおいしいですよ。

呑み放題のお酒はもうちょっといいものが有ったら良かったかな?けどかな~り呑みました!

私はこのビルを呑みビルと呼ぶよ。


3u15

このビルに行けば、浴びるほど飲めるよ・・。だんまや水産も復活したようだよ、食2(クック)と同じくメニューから食べ放題のオーダーバイキング方式らしい、行くしかないね。

この後、おねいさんと二人っきりで2次会に行きました・・。

|

2017年10月31日 (火)

ラーメンショップ大潟店(上越市)・ネギミソチャーシューメン。

先日の上越海釣り旅。最後を締めくくるご飯は、やっぱラーメンです。

行きに以前寄っていたニューミサに行きそびれたので、ラーメン食べたい感が続いていましたから。

H氏と入店したのは、ラーメンショップ大潟店です。

3x1

ぶら下がっている沢山の電球が目立ってインパクトのある店構え。

朝6時1分開店って、なんで1分やねんって突っ込めるのがいいね。

駐車場も広く、トラックドライバーは朝からガッツリとラーメンを食べるのでしょう。

フランチャイズの店ですが、結構店によって味が違うらしいね。ここは椿系ってやつでしょうか、よく知りませんけど。

以前もH氏と釣りの途中で来たことがあって、ボリューミーで好印象。また来てみました。

釣っていた柿崎から黒井方面へ戻る途中の国道沿いです。

入ってすぐはカウンター席、我々は真ん中のテーブル席へ。

大人数用のテーブル席もあり

3x2


食券を入店して奥の券売機で購入。その場にメニューが無いので結構迷った。テーブル席の客はカウンター端で食券を渡します。

ここのウリはネギラーメンのようです。

前回来た時はネギチャーシューメンだったので、今回はネギミソチャーシューメンにしました。

並盛です。とはいえ油断してはならない。ここは盛りが多いのだ。

並盛が1・5玉と普通の店の大盛り並みか。

H氏は以前来た時にカレーラーメンの中盛りを頼んで麺が湧いてくるような感覚に。中盛りは2玉ですから。それなのに今回も中盛りをオーダーしてましたが。前日も徳市で大タンメンを食べて大変でしたのに、なかなかやりますね。

ちなみに小盛りが1玉。大盛りは3玉!さらに特盛が4玉でお一人で食べてくださいと注意書きが。食べられるの?

来たああっ!

ネギミソチャーシューメン並盛。でかっ。迫力あるう。

3x3

チャーシューが100gあるというボリューム。真ん中にごま油風味のネギ、青菜と海苔3枚。

この店の普通ラーメンが豚骨系なので、これも豚骨か。かなり背脂が浮いているコッテリ系です。


3x4

H氏のネギミソラーメン中盛り。でかあっ。

3x5

どんぶりからして大きいです。どんだけスープが入っているのか?

しかもレンゲがでかい!もう、いろいろデカイ。


3x6

さあ、食べましょう。

旨いぞ。ガッツリ系です。背脂は多いけど脂っぽいわけでなく、こってりしていますがスープが飲ませます。黄色い麺も太さがちょうど良い。

ネギもしゃっきしゃき。

チャーシューは切りたてだそうですが、食感は良いのだが旨みをどこかに出してしまったのか、ちょっと味が薄め。まあボリューミー。

途中でH氏がテーブルに置いてある辛いなんかと、おろしにんにくを入れたので私も真似して・・。

当店のおろしにんにくは臭くありません、と書いてあったので入れてみたが。十分ニンニク臭いです(笑)。非常に良い風味になりましたが。

1・5玉を完食。こってりしているようで、するっと食べられました。スープのコクと背脂の甘味と香り、が麺に良く絡んで、ネギのしゃっきり感と香味、チャーシューのボリュームは満足感が高く、美味しく頂きました。

まあ、相当お腹が空いてから行ったほうが良いよね・・。テンション高めで行ったので体が負けませんでした。

柱にティッシュが設置されていて親切。


3x7

いやもう、豪快にガッツリ食べました。満足です。

脂分がおっさんには消化に時間が掛かるタイプで、しばらくお腹に残っていましたが。


3x8

しかもネギ&ニンニクが恐ろしい臭気を放っていたようで、帰宅後妻に「何を食べたらそうなるの!?」って言われてしまいました。

翌日も臭っているのが自分でもわかったので、人に会う方はニンニクを追加しない方が良いかも・・。

1度食べるともう半年はいいか?と思えますが、癖になるのかここに来ると食べたくなる・・。

この満足感はありなので、上越釣りの際にはまた来たいですね。

|

2017年10月22日 (日)

割烹かこう(嘉肴)・地場の肴と地酒飲み比べ(上越高田)。

先日の上越海釣り旅、メインは釣りじゃなくって、夜のお酒ですね。

宿泊地の上越高田の街中、裏通りを彷徨って辿りついたのが、

割烹かこう(嘉肴)さんです。

ここが素晴らしいお店でした(なかなか高級でしたが)。

4c1

H氏との釣り1日目も終わり、上越高田に戻って来た我々。ホテル近くに良い店があります。豪雪地帯の昔ながらのアーケード雁木通り。

ここの居酒屋「雁木亭」さんは以前来たことがあってお気に入り。H氏もその後何度か来ているとか。

もうこの店に入りたくて近くのホテルに泊まっているよなもの・・。


4c2

しかし、夕方に来たのにすでに予約で満員とのこと!いろいろ紹介されていて、いつの間にか有名店になっていたのね・・。

仕方ない、とぼとぼと高田の街を店を探して歩きますが・・。なんだか気に入りません。

H氏は居酒屋ハンターの異名をとる。見知らぬ街でも良い居酒屋を見つけ出すことができるのだ!

いろいろ彼なりの基準があるようです。

ん?裏通りに向かうH氏。線路の側です。いや、もう繁華街も無く、こんなところに店があるの?

H氏は「以前から気になる店がある。こんな裏通りでもう何年も店を続けられているのだから、きっと地元の人に愛されている店に違いない・・。」

ありました。なんか普通の民家のような建物に看板が。

割烹・かこう(嘉肴)。

割烹?看板には即席会席?とか?え?

店構えは地元の家族経営の居酒屋、小料理店といった感じでしょうか?

えー、なんか地味な感じかなあ・・。ビールののぼり旗も出ていないし、メニューも表に無いし。

H氏は、白い暖簾は料亭系でやや値段は高いかもしれない、とつぶやきます・・。

そして必ず入り口に耳を近づけ店内の音をチェックします。カラオケの歌声がしたらスナック系でNGだ。

うむ、店内には先客だろうか、男女の笑い声が。客はいる。大丈夫だろう・・。

なあに、良くない店だったら1~2杯飲んで出ればいいから。H氏はいつもそんなことを言って新規の店に飛び込みますから。

ガラッ。こんばんは~。

カジュアルな装いの女将さんがいましたが、我々を見てひどく驚いた様子。え?どちら様ですか?って感じだぞ。

うう?ここれは一見さまお断りか?

あ、客です、通りかかって看板があって以前から気になっていまして。

え?どなた様からのご紹介ですか?

いや違います、たまたまです・・。

かなり驚かれましたが、大丈夫の様で、カウンター席に案内されました。

あとで、先客の常連さんがこっそりと、この店は予約して来るんだよ、しかも予約の取りにくい店なんだと教えてくれました。

すんません、入れてよかったです・・。

店内はカウンター6席くらいと小上がりの座敷にテーブルが2つ。先客は座敷に3人くらいだったか。

先客さんの話を聞くと先生と呼ばれているので、学校の先生が来れるのならお勘定は大丈夫か?と思ったら良く聞いてみるとティーチャーじゃなくてドクターでした。医者が来る店か!医者が来る店は高いイメージですから・・。うう、お支払いが心配。

女将さんは、うちはおまかせなんです。こちらで料理を出してお酒も気に入ったものを飲んでいただく形で・・。

うう、H氏、1~2杯じゃ出れないぞ、話が違うぞ、いくらになるか心配・・。まあ、最近は飲み食いに大1枚以上は払っちゃっているので、ドーンといったれ!こんなことも有ろうと財布には入れて来たのさ。

お通しは、自家製のイカの麹漬け胡瓜添えと、茹でた落花生です。初めて見る種類の落花生だったか。

ご夫婦でやっていて、ご主人はいかにも職人という感じ。旨いものが期待できそうです。

ビールは瓶で3種類ほどあったが値段は同じというので一番高いエビスを選んでしまう小市民な我々。

お疲れ!乾杯!プッハー!

もう飲んでしまえばこっちのものです。お酒。日本酒でしょう、新潟だもの。地酒は何があるのですか?

これは野暮な質問でしたね。冷蔵庫には地酒が4合瓶でびっしり入っています。凄い種類だ。

我々が旅行者ということはわかっているので、まずは地元上越市の有名なお酒を出してくれました。

しかもフルラインナップ!

雪中梅です。

4c3

ウオー、これは凄い。雪中梅にこんなに種類があったとは!

うちの地元では普通酒しか見ないです・・。

雪中梅など上越のお酒は甘口のお酒が多いと思います。寒いし、農作業での一日の疲れを癒し飲み過ぎないように甘口にしたのだとか。旨口って感じですね。

雪中梅は以前は幻の銘酒で入手困難でしたね。ちょいと甘いのでのん兵衛な我々はもっと辛口が良いのですが、うん、飲んでみるとやはりまったりと甘く美味しいですね。

辛口の雪中梅って無いんですか?無茶な私の質問にも女将さんは応えてくれます。女将さんはお酒が飲めないそうですが、凄く詳しいのですよ。

この真ん中の純米が結構辛口だとか。確かに純米系はラベルが他と違う。うん、風味は甘いですが酸が効いていて切れます。こいつは旨いぞ。

小さななグラスがどんどん出て来て飲み比べが出来ます。これが嬉しい。

もうこの雪中梅攻勢で私はすっかりとやられてしまいました。この先どんな酒が飲めるのだろうと期待。

ここでお造り。お刺身の盛り合わせです。地元でとれる白身の魚が二種きれいに並べられます。

これに合わせるのはどんな日本酒?

おお、最近マイブームな、ひやおろしです!佐渡の北雪。


4c4

佐渡の酒だけあって新鮮なお魚に良く合います。

お刺身美味しい。自家製のポン酢が出て来て、これがまた旨い。コクがあってそのまま飲めちゃう。

さらに自家製のドレッシング。すりおろした野菜がたっぷりで、刺身のつまの大根に付けて食べる。そのまま食べても美味しい、酒のつまみにもなるよ。

さらに日本酒を。

ええ?見たことが無いぞ。久保田でお馴染みの朝日酒造さんの季節限定商品です。


4c5

純米大吟醸「得月とくげつ」。新潟県産米「ゆきの精」を精米歩合28%にまで磨いたという。

これは凄い精米歩合。熱が出ないようにゆっくり磨くとか。後で調べたら4合で4300円もする高級酒でした!

うん、久保田よりもコクがあって、個性的な香りがしますね。これは美味しい。磨いた米のサンプルも見せてもらいました。

うちの近所に久保田の特約店さんがあるけど見たこと無いなあ・・。あまり流通していないのでしょうか。

さらに、朝日酒造さんの限定酒がずらっと出てきました!


4c6

左端は最近販売された久保田の純米大吟醸ですね。これはうちの地元の酒店で予約を受け付けていましたね。大吟醸らしい香りが立ち、スッキリと旨いです。

右の純米大吟醸「呼友こゆう」は本当に久保田の限定された特約店でしか扱っていない杜氏が栽培した減肥米を使ったお酒で、これも地元の酒店で売っているのであの店も凄いんだなあ。

一番右の純米大吟醸「洗心せんしん」はたかね錦を28%まで磨き、熟成させたという。4合瓶で5200円の超高級酒でした・・。

知らないとは恐ろしいものでカッパカッパと飲んでしまっています。

小さなグラスで飲み比べているので量はそんなに飲んでいませんけどね。

こういうグラスたち。間違えないように結構種類がありました。


4c7

もう中盤辺りから女将さんに自分で注いで飲んでよいよとのことで、出された瓶でお気に入りを自分で注いで飲んじゃいます。これってすごい飲み放題感覚です!いいのか?!

もう見たことの無いボトルが次々と・・。

越乃寒梅の大吟醸って小さな瓶のやつは見たことあるけど、無垢のラベルで純米大吟醸、こんなのあったのか。

4c8

右のブルーのボトルは越乃寒梅らしくないお洒落系。「さい」という名前の新作です。

もうどんどんお酒が出てきます。

そして料理も凄い。

炙り用の炉が出てきました。

すんませんもう夢中でこの日は殆ど写真を撮っていません、ので文章で表現します。

自分で焼きます。

鮎の干物、甘エビ、オクラ、ミョウガなど炉で焼いていきます。

甘エビは炙る程度でジューシーさを楽しむ。鮎の干物は珍しいですね、鮎の良い香りが出て来て絶品です。

そして、メインはこれ!

茹でかに。なんと毛ガニですよ。丸々一杯。

4c9

地元で捕れたそうですよ。

ええ?毛ガニって北海道のイメージなんですが、捕れるの?

いやあまり捕れなくて、漁として確立されていないのでこの辺りでは禁漁時期が無いのだとか。

滅多に上がらず、カニ籠にたまたま入っていたのがここに来たものだとか。

旨い!甘みがあって大変おいしい。この辺りの毛ガニは北海道産と比べると毛が柔らかく持って痛くないのだとか。

食べやすいようにご主人が丁寧に切れ目を入れてくれています。

H氏が甲羅に日本酒を注ぎ炉で炙ります。カニみそ甲羅酒、旨し!たまらん!

さらに日本酒をぬる燗で1本。お燗で旨い酒をと〆張鶴の月をお燗してくれました。沁みるよ。

変わり種ボトルも出て来た。見たこと無いなあ。


4c10

真野鶴のひやおろしは超辛口で+21だという。くうう、切れるね!

日本酒を散々飲んだのに、最もインパクトがあったのがこれ。

八海山と越乃寒梅の米焼酎。八海山のは結構出ていて何度か飲んだことがありますがそれは25度、こちらは40度で3年古酒。


4c11

越乃寒梅の乙焼酎も40度だから、よぱらっちゃったよ。凄くコクがあって香りのよい焼酎です。結構お値段するのですよこれ。

自分的に最大のヒットは右端の・・、

越乃景虎の梅酒です!甘くなくてすごく美味しい。これボトルで欲しいです。今飲んでいる梅酒よりはるかに旨いぞ。

知らなかったけどかなり有名でヒットした梅酒なんだそうで。探そう・・。

〆で揚げたての天丼。甘いたれとマッチして美味しい。メギスはほッくほく。地場の丸い茄子、オクラ。変わったところでイチジクの天ぷら!これはデザート感覚でしたよ。

それにお味噌汁がたっぷりと。入っていたナラタケというキノコはすぐに傷んじゃうので珍しい。栃尾の油揚げが入っていてほっこりする美味しい味噌汁です。

デザートに食用ほおずき。茶色い袋をむくと熟した実が現れます。甘酸っぱくておいしい。珍しいです。

お茶を頂き、宴は完成されました。お土産に地元の和菓子屋さんのお菓子も頂きました。

素晴らしいお店でしたね。地元の旬の食材を使って、丁寧なおもてなしをしていただきました。

30年続けているお店で、最初は居酒屋風だったのが、旬の食材にこだわるうちに今のおまかせスタイルになったとか。

満足しました!地元の食材を堪能出来て入手困難な地酒を飲み比べられるなんて。

上越高田に来てよかった、っていう店です。

女将さんは気さくでお酒に詳しいし、ご主人も釣りの話とかいろいろ教えて頂きました。カウンターで飲んでお話が盛り上がりましたね。

旅行や用事でこの街に来たらぜひ。店構えは普通ですけど内容は濃いです。

地酒好きだったら首都圏から来る価値ありかも。

もし地元で行ったことが無い人も是非。地元の食材を再発見するかも?

お会計はこれだけ飲み食いして大2枚でお釣りがちょっと来ましたから。贅沢でしたけど、旅先では思いっきりやるのが楽しむコツさ。こんだけ飲み放題やらかしましたからね。

お財布に余裕を持って、予約してから訪れてみてください。

いや~、H氏の居酒屋ハンターの嗅覚は凄いですね。今後もお世話になります!

さあ、高田の表通りに戻ってきました。いい思いをしたのでホテルに直行して、明日に備えましょう。


4c12

高田は良い街ですね~。豪雪の冬に来てみたい気もしてきたよ・・。電車なら。

|

2017年10月21日 (土)

食堂・徳市(上越市・名立)。

先日の上越海釣りで食べてきました。海辺にある食堂・徳市(とくいち)さんです。

4d1


隣で釣具店もやっているので、何度か餌のイソメを買いましたが、食堂は初めてです。

同行のH氏はお気に入りの店で何度も来ているとか。

店の外観はアレですけど、内部は海辺のドライブインといった趣で大きな窓があります。

4d2


メニューがびっしりと貼られているのは大衆食堂という雰囲気。

客層はトラックの運転手さんがメインでその業界では有名店なのでしょうか。

あとは高齢系の観光客。自転車乗りおねいさんも来ていましたね。夜は地元の人が飲む感じでしょうか、おつまみメニューも豊富です。

さて、何を頼むか?あまりにもメニューが多いので迷いますが。H氏は刺身定食の松がおすすめとのこと。地元で採れた魚の刺身で旨いとのこと。むう、白飯を食うには私は調理した奴がいいなあ・・。

アジフライ定食を頼みたかったがメニューが多くて見つからず、ぱっとアジ繋がりで目に入ったアジ焼き定食にしましょう。

座敷に座ったけど、オーダーは調理場に言いに行きます。そこのショーケースにはいろいろ皿に乗ったお惣菜が入っていますよ。

そこから二人でつつこうとカレイの煮付けを追加。H氏は大タンメンを注文。

ショーケースの中に大きな焼き魚があって、これ凄いね、小さ目のカツオかな?とか言っていましたら・・。

それが、アジ焼きだったあ!

4d3


でかあ!

こ、コレ、アジっすか?

いや、アジ焼きって言ってもアジの開いた干物が焼いて2枚も出て来るかな?って思っていたもんでびっくり。

割り箸と比べても、30センチオーバー?こんなの釣れたら大変。

4d4


こんな大型のアジは滅多に接岸しないだろうから沖合の網で捕ったものか?地場のモノでしょう。

なんたって体高が高いし太い!凄く太くてぶ厚いんですよ。丸々太っています。身が多いのです。

小鉢と漬物と、自分にはちょうどいい量のご飯とたっぷり目の味噌汁が付きます。

4d5


いやこのアジ。掘っても掘っても身があるよ。

脂がのっていて、満足でした。

H氏のタンメンも美味しかったそうですが、大盛りなんで麺が湧いてくる状態で。H氏はなんかラーメンの大盛りを頼んでもの凄い量だといつも言っている気がしますけど・・。

カレイの煮付けも美味い。

4d6


甘じょっぱくてお酒が効いていていい感じです。

いや、まさにアジのある店でした。

また来たいですね。次回こそアジフライ定食を食べたい。

店構えはこんな感じで、海に気を取られていると通り過ぎてしまう?

4d7


隣の釣具店では、厨房のおねいさんが来てイソメをお箸でパックに入れてくれますので・・。

いい感じです!

次回は青物が回遊してくる頃に、ぜひ来たいです。

|

2017年9月18日 (月)

焼肉・箕輪亭(きりんてい・高崎)・地元産増田牛を堪能。

夫婦で久しぶりに食事へ出かけました。

最近夫婦不仲でして、あまり一緒に出かけなくなってね。これまた久しぶりの焼肉です。この夜は二人の記念日なので、ゴージャスに地元産和牛の増田牛を味わってみます。

お店は箕輪亭と書いて「きりん亭」と読みます。箕郷辺りは古来箕輪(みのわ)と呼ばれていまして、お城の跡にも名前が残っています。場所は高崎の浜川あたりと渋い場所です。

地元で人気なので予約が必要かな?と思いましたが、台風の夜の8時ころ出掛けたので、客は我々だけでした。

テーブル席へ。

4w1

リーズナブルなチェーン焼き肉店が幅を利かす高崎で、珍しく高級志向。和牛メインの高級店ですよこちら。そして和牛の割にはお得だと思うのですが・・。

テーブルには炭火がセットされました。


4w2

今夜は妻が運転してくれたので飲めるぞ。

生ビールで乾杯!プッハー!


4w3

この生ビールも高級だぞ、サッポロから出ているエーデルピルス。拘りがありますね、旨いです。サッポロのサイトを見たら群馬でエーデルピルスが飲めるのはこの箕輪亭だけなんですけど。


4w4

さあ、焼こう。まずは定番。タン塩です。上タン塩です。


4w5

妻はライスも食べるので、キムチの盛り合わせを頼みました。


4w6

タン塩、旨いいい!


4w7

ビールグビグビいい!

エーデルピルスおかわり!

さあ、増田牛を本格的に頂きますよ。


4w8

地元高崎の箕郷町で飼育される増田牛。地元民でも知らないですよね?高崎産の地産和牛なんです。

4w9

説明しますと:高崎は箕郷町の増田畜産で飼育される希少銘柄。和牛といえばサシと呼ばれる霜降りの脂が入っているのが特徴ですが、サシの入った肉はしつこく量が食べられないことに気付いた増田さんは改良に乗り出す。但馬系黒毛牛のメスのみを34~35カ月昔ながらの炊き餌を与え丁寧に飼育。脂も旨くしつこくないがコクのある和牛になりました。

お値段も輸入肉と比べるとアレですが和牛と考えるとリーズナブル?今夜は記念日なんで贅沢しちゃいましょう。


4w10

スタンダード品はタレ味。上グレードからは塩&ワサビで召し上がっていただくとのこと。

まずはタレが良いのでスタンダードな赤身を。歳をとるとお肉も赤身がいいですよね・・。

うちもも(ロース)。

4w11

旨い!甘めのタレとマッチ。


4w12

凄く柔らかくてとろけそう・・。これは美味しいです。じゃあ、上グレードになるとどうなっちゃうのかな?

その前にナムルを。酒のつまみにもなりますし。


4w13

さあ来たあ!

上いちぼを頼みましたが、旦那さんが持ってきてくれたのは見事なサシが入った特上いちぼです!

4w14

台風の影響で全くお客が来なくなってしまったので、特別にサービスです、とのこと。ありがとうございます!

そうっすね、普段は人気店ですが客は我々だけ・・。

4w15

さあ、慎重にさっと焼いて、いただきます!

こ、これは!

4w16

旨ああ!

とろける。塩とワサビが合う。肉の香り風味が凄いです。こりゃステーキですよ。

ここで日本酒を。実はこの店、日本酒にこだわりがある店なのです。

息子さん?に「おすすめの日本酒を」と頼むと、旦那さんが来てくれました。おすすめ日本酒のメニューを見せてもらうと・・、おお私の好きな銘柄が。

七本槍です!


4w17

これはいい。旨みがたっぷりです。コクがあってこりゃ旨い。肉の味に負けません。

旦那さんが一升瓶を持って説明に来てくれました。

七本槍・純米渡船。

渡船という滋賀県で明治時代に造られた酒米、生産が途絶えたものを復活させて仕込んだとのこと。

これは後で買っちゃう酒ですね。精米77%で旨みたっぷりです。

ここで酒のアテ系で鶏を焼きましょう。


4w18

じううう。鶏は良く焼いてね。


4w19

柚子胡椒で美味しく頂きました。弾力があってプリっぷりでした。

炭火も替えてもらったので火力アップ。

もう贅沢しちゃいましょう。特上の旨さに目覚めてしまった我々・・。

特上らんぷ(らんぷステーキ)です!

これもいい感じでサシが入っています。


4w20

エリンギ、カボチャと焼くよ。このカボチャも旨いです。


4w21

慎重に・・焼き過ぎないようにさっと・・。

ワサビでね。

4w22

くううう、旨いよ。これは食べごたえのある厚みで、旨みがしみ出してきます。

ホント焼肉じゃなくてステーキ。

妻がまだ食べられるとのことなので・・。

やっぱ我々庶民はタレでじゅー、でしょう?群馬県民は朝○飯店のタレ味で焼き肉を覚えたからね・・。

最初のロースを再び。


4w23

お酒は梅酒の炭酸割りで。自家製梅酒で爽やかに旨い。

じううう。


4w24

やっぱタレ味は落ち着くね。焼肉っぽく締めました。

こんな近所で本格的な和牛焼肉が味わえるなんて。良い店でした。


4w25

贅沢しましたが、記念日だし、たまにだからいいよね。

ランチはお得なようなのでお奨めです。高崎産の和牛があったなんて知らなかったよ。増田牛、高崎市民ならば是非ご賞味を。

ああ、良い夜になりました。

|

2017年9月 9日 (土)

ミート&デリカHOSONO(松井田)の焼き鳥。

最近はもう殆ど、自宅で一人飲みであります。

ちょっとしたお惣菜や、夏前からマイブーム中のKFCのチキンでビールっていうパターンですが。

今後は、ここの焼き鳥がメインになりそうな予感・・。

ミート&デリカHOSONOさんの焼き鳥です。

B1


安中市は松井田の住宅街、分譲住宅地の一角にこつ然と現れるお肉屋さんです。道から1本入ったところなので、知っている人しか知らない、地元民しか知らないだろうお店です。

こんな場所でなぜ?という立地ですが、かなりの人気です。

以前から噂は聞いていましたが、初めて行ってみました。仕事から帰宅時に職場から回り道して。

小さな店構えに既に奥様方が3名ほど買い求めています。やはり評判のようです。

「よかったねえ、今日はいっぱい焼いているからすぐに買えるよ~」

お店の旦那さんは元気が良くテキパキと焼きながら楽しくおしゃべり。

「うちのは旨いよ~、うちの焼き鳥食べたらもう他のは喰えないよ。冷凍じゃないからね、生肉から焼いているから旨さが違うよ!」

旦那さんは焼き鳥に自信を持っていますね、こだわりがあります。

袋に書いてある「一味ちがう」

B2

旦那さんのこだわり話は続きますが(笑)、そこをとなりで奥様が「この人はうるさいんだよ、まったく」と突っ込みを入れるのが面白いです。明るくて良い店です。

基本はお肉屋さんのようですが、もう本業は焼き鳥屋さんになっている感じで。お肉は少々。

昼の部と夕方の部があるようで、昼間は揚げ物がメイン。唐揚げ、イカフライ、ハムカツがあったかな?けど夕方は欠品していますね。忙しそうに焼き鳥を焼いているので揚げ物を夕方に頼むのは野暮という感じです。

で、夕方16時からスタートの焼き鳥。定休日は月曜日です。

焼くのは「ネギマ」のみです。それのタレと塩です。

もうそれだけで勝負。お肉屋さんの生鶏肉ですから期待です。

1本110円。タレと塩で10本買ってみました。焼きたてです。

B3


焼き加減も焦げ目の葱で私の好きな感じです。

はあはあ、もう我慢できない。ビールをプシュっとやって、いただきます!

ますは、タレ。

B4


おお、てりってりのつやっつやです。

旨いっ!やっぱ肉がいい。肉は弾力があってジューシーです。

タレもたっぷり掛かって、容器の下にもたっぷり。割とさらっとしたタレで、甘いがくどくなく、この甘味と香ばしさでたくさん食べられますね。

続いて塩。私は塩好きなんで期待。

B5

これも旨い!

塩が効いていてビールがすすむ。胡椒も香りが良くピリ辛。

塩だと肉の旨さがよくわかりますね。臭みなど無くほんのりと甘みも感じる良い肉です。焦がしたネギもしゃっきりとして香ばしい風味がよく、全体のバランスがいい。

鶏、鶏、青ネギ、鶏、白ネギ。という基本構成のようで、最初の鶏ダブルで食わせ最後の葱でさっぱりと〆る。するともう1本手が伸びるという、旦那さん、こだわっていますね。やはりあのお喋りはウソじゃなかったですね。

ビール2缶に、一人で一気に10本食べてしまいました。日本酒も合いました。

美味しかった。地元にはいい店がありますね。定期的に晩酌の御供になりそうです。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

つぶやき日記 | カメラ | キャンプ | キャンプ道具・山道具 | ギター | クッキング | ニューバランス | パタゴニア | フォルクスワーゲン・ポロ | ホンダ・フィット3・13G | 二十歳の原点 | 山登り・トレッキング | 思い出 | 旅行・地域 | 時計 | 温泉 | 自転車・その他機材&ウェア | 自転車・アンカーRML7 | 自転車・ウィリエール | 自転車・テスタッチ | 自転車・デローザ | 自転車・トレックMTB | 自転車・バイクフライデー | 自転車・ピナレロ | 自転車・ブロンプトン | 自転車・TIME | 自転車・プジョー・パシフィック18 | 葬儀 | 読んだマンガ | 身のまわりのモノ達 | 釣り | 釣り・おくとねFP | 釣り・アングラーズエリアHOOK | 釣り・ウォーターパーク長瀞 | 釣り・フライ | 釣り・ルアー道具 | 釣り・ワカサギ | 釣り・前橋フィッシングパーク | 釣り・宮城アングラーズヴィレッジ | 釣り・川場キングダムF | 釣り・川場FP | 釣り・海釣り | 釣り・赤城フィッシングフィールド | 釣り・釣りキチけん太 | 釣り・FPベリーズ迦葉山 | 釣り・FPベリーズ青柳 | 電動おやぢアーカイブズ | | 食べたもの・食べた店 | 飲んだウィスキー | 飲んだワイン | 飲んだ日本酒 | 飲んだ焼酎 | 飲んだ酒いろいろ