自転車・ウィリエール

2010年6月28日 (月)

ドナドナ4

まさか、こんな別れの日が来るなんて、付き合っている頃は思いもしなかったよ・・。

うん、過去そんなことばっかり繰り返して来たけどね。

前回、こんな状態になってしまったロードバイクのウィリエール。

2w1

違う人のところへ行くことになりました・・。さあ、別れの時は出会った頃のような、素敵な姿を見せておくれよ。

買った時に付いていたホイール、シマノWH-R500。それにスプロケットを取り付ける。

2w2

WH-R500は脚力をつけるには最適なホイールだ!丈夫だし。完成車にこれが付いているメーカーって、ロードバイクの考え方がわかっちゃうような気がするよ・・。まあ、トレーニングや通勤には充分だ。

ハッチソンのタイヤも含めて殆ど走行していません。すぐに換えちゃったから・・。

ハッチソンて昔はユッチンソンって言ってたよねえ?MTBのチューブレスがかっこよかった。私もパイソンってのを使ってましたが滑る滑る。けど滑らせてコントロールできた。

磨いてぴかぴかです。

スプロケットも折角だから洗浄して磨く。

2w3

スーパージャンボクリーナー、タキザワバーゲンでまとめ買いしたけどまだ何本もあるよ。

あれ?間のスペーサーの位置がわからなくなったので、シマノのHPでチェックする。

このホイールはシマノ8・9・10速用だから、10速スプロケットを入れるときはまずはこのスペーサーを入れる。

2w4

10速専用ホイールにはいらない。先日ドナドナしたフルクラムも8・9・10速用なのでこのスペーサーを入れてね。何でフルクラムはそれ買ったかというと、9速の自転車もあるし、14Tトップのスプロケットを使うときは10速専用ホイールじゃ入らないのだ。

ホイールのハブの切り欠き部分に一箇所だけ狭い場所があるので、そこにスプロケのミゾの狭い部分をあわせればオッケー。

2w5

ロックリングをつけて、シマノのロックリング回しを装着してモンキーで締める。

2w6

この時は、例のチェーンの付いたスプロケットを固定する工具は要らないよ。

って、なんでスプロケット装着の説明してるんだろう?

ホイールは出来上がり。

2w7

サドルも、私の尻で使い込んだ奴では失礼なので新しい奴を。このバイクに付いていたセライタリアの安い奴が見つからない・・。誰かに売ったらしい。記憶が無いけど・・。

なので、在庫の中から。これが一番使っていないな。2,3回乗ったくらいのサドル。

ボントレガー・レースライトサドル。シートポストはカーボンだよ!イーストンのEC70。これだけでも高いよ~。サドルをバックさせたい人にはお勧め。

2w8

なんか背景がごちゃごちゃ。部屋がこういう状態、もうすぐすっきりするよ・・。

このサドル、レールがチタンじゃん!

2w9

実測208グラムとなかなか軽い。薄いけどしなるので乗れる。

う~ん、結構いいパーツ付いているんだよね、あとから交換して。クランクセットもアルテグラSLだよ。オマケのSPD-SLペダルもデュラエースだし。パーツだけ見てもお買い得だと思うんだけど・・。

フレームも水ぶき、パーツクリーナーで汚れ落として、ワックスかけたからぴかぴかだ。

2w10

車に乗せて遠征したりしたから傷は多いけどねえ。お値段は内緒ですけど・・・。さっき書いた交換したサドル、シートポスト、クランクセットの合計金額より安いよ!

ロードバイクを知っている人ならお買い得に感じると思うけど、知らない人だと、傷だらけの自転車なのに高っ!って思っちゃうかなあ?

完成しました~。綺麗になったね。

2w11

そして、ドナドナ~。

2w12

あああ、お別れです・・。思い出あったなあ。

買ってもらえるかなあ?新しいオーナーにいっぱい乗ってもらってねええ・・。

部屋はこうなりました。すっきりです。残った自転車はブロンプトンも含めて3台クロモリになりました!

2w13

外の駐輪場にあるスペシャのクロスバイクも、ホームセンター折りたたみ車も皆鉄だ。

残った自転車は鉄の自転車ばかり5台です。やっぱ、晩年に乗る自転車は鉄なのかなあ・・。チタンが欲しいんですけどね、ホントは。

さて、ドナドナもこれで最後。新しいオーナーに乗ってもらって活躍を願うのです。

|

2009年12月21日 (月)

ウィリエール過去記事リンク集・走った編。

ロードバイクをあまり乗らなくなってから買ったウィリエール。可哀相にあまり乗ってあげられていません。だから過去ウィリエール関連の走行記事を書いていないような・・。近所をうろうろある程度は乗っていますが、昔は記事に書かなかったみたいですね。最近はちょっとそこまで乗っても記事ですから(笑)。もうロードで走るって事もあまりないでしょうから、昔を懐かしむ、自分で書いた過去記事リンク集です。

まず最初の走行記事は、

第12回ツールド草津、でした。

W1

新車を買っていきなり本番ってことはないでしょうが、その前の走った記事が見つからないので。たぶん近場をうろうろしたはず。

このヒルクライムレースも、以前出た時は本気モードでしたが、コレは温泉目当てのファンライドコースに出走してますね。

次は、佐渡ロングライドの練習に100キロ走行。を一人でやってますね。

W2

いつもの利根川サイクリングロードです。

アルミって最初は軽快でも、最後は脚が回らなくなるんですよね。で、結局佐渡はテスタッチで出走したようです。

サーキットでのチームエンデューロに参加しました。

もてぎエンデューロ2007年・参加記その1

W3w

もてぎ2007年その2

雨の中で大変でしたが、結果、我がチーム負け組みは、小径車部門チーム2位、ファミリー部門チーム6位と入賞しました!

正月だと言うのに、またもてぎに行って、100キロ走りましたよ・・。

2008年もてぎサイクルマラソンは尿意との戦い。

W4

冷えるんでトイレ行きたくなるんですよ。けど行ったらタイム落ちますよ。新年早々楽しかったですけど。ぎりぎりのゴールでしたが、結局コレは無事完走をしていました。

で、5月まで乗らなかったんですね・・。もうこの頃になると小径車の輪行ツーリングに夢中のようですから。

やっと佐渡ロングライドにウィリエールで参加しました。

2008年佐渡ロングライド・その1バス旅行編。

W5

その2・民宿グルメ編。

その3・スタートZ坂編。

その4・ゴール編。

その5・チーム負け組みの完走バイクども。

その6・帰宅&参加賞編

佐渡は楽しかったです。良い思い出だなあ・・。

その後プライベートでいろいろあって、しばらく自転車も乗れず。秋に近所を走った記事。

秋の山里を走りエール。

このタイトル好きなんですけどね・・。

W6

一人で走ったかなり淋しい内容の記事。当時の気持ちを表していますね。

10月には久しぶりに仲間とご近所ツーリング。

脱力うどんツーリング。

コレは好きなツーリングです。

W7

この脱力さ加減が良い。普段着でロードバイクに乗ってツーリングしてお昼にうどんを食う。コレは今後定番化したいです。こういうツーリングにどんどんロードを使いたいのです。

このあと秋~冬とキャンプツーリングや、小径車の輪行ツーリングがあって、ウィリエールは出番なし。

5月の佐渡にまた出ることになってチームで走り始めます。

ロングライド初出場のメンバーのために練習走行。

高崎~羽生往復走行。

W9

走行120キロほどですが、この人数でトレインを組むと楽ですね~。遠くに行く時は大人数に限りますよ。なんか16インチで走っている人もいたし。

さらに山も走っておこうかと、秩父方面に練習走行。

朝練は杉ノ峠

W8

普段練習走行などしたこともないチームなのですが、世間の真似をしようと朝練に初挑戦です。走行90キロでしたが、久しぶりの山は辛かった・・。

そんなわけで、このあと佐渡ロングライドに参加するわけですが、結局雨で出走せず、酒飲んでバス旅行となりました。その記事書いたらコメントで本気のローディーさんに怒られました・・。興味ある方は上の記事の続き辺りを探してみてください。

ウィリエールの頃からどんどん脱力していくわけですね。まあ、自転車業界は今やこんなあんなな感じになっていますが、皆さんが脱力した頃、このブログでお待ちしております・・。

来年は、ツアラーっぽい使い方をするのでしょう、ウィリエールは。

|

2009年12月13日 (日)

ウィリエールについて過去書いた記事リンク集・機材編。

今日は昨日と変わって肌寒い日でした。日中は家の中の片づけをして、夕方に日没までの間、ロードバイクのウィリエールで近所を走りました。

1c1

ウィリエール・エバーション・チーム。2007年モデルです。もう3シーズン乗っていたのか・・。コレを買ったころからロードバイクにはすっかり乗らなくなった。ヒルクライムレースやイベントにも出なくなって、ツーリングモードになったから。性能を生かしてやれなかったのは可哀相だったなあ・・。

久しぶりに乗ると、やはりロードバイクは走りが軽いねえ。最近太ってきたので、運動不足解消と思い走りましたが、負荷が少なくってその辺を走ったくらいじゃトレーニングにはならないなあ。コレは楽です。

1c2

最近はカーボンバイクが主流ですが、こいつはアルミで、フォークとバックステーがカーボン。いわゆるアルミカーボンバックという奴。

やはりアルミは走り出しが軽快。近場だったらコレでまだ十分です。長距離になるとカーボンのほうが体には優しいか。私にとっては性能的には十分です。もう少し軽くしたいとか、乗り心地をもっと良くしたいと思ったらカーボンかなあ。まったりと流したいのならクロモリでも良いですし、一生物をそろそろならばチタンもいいねえ・・。

とにかく寒かったけど、軽快に走れたので気持ちよかった。このウィリエール、なかなか気に入ってるのですよ。

このトップチューブの薄さがたまらないんです。

1c3

最近のロードバイクってどんどんチューブが太くなっているけど、こいつも太いが幅が薄いのです。なんか軽快に走ってくれそうなイメージ。カーボンなんて逆に扁平に幅広のも有るしねえ。

さて、そんなウィリエールですが、過去書いていたブログにはまばらに登場していましたね。関係する記事を集めたリンク集を作りましょう。まずは機材編です。もう3年前のバイクで、モデル名も絶版になっていますが、中古とかで見つけて購入される時にはご参考ください。

最初は購入時のレポートです。詳しく書いていますね。嬉しかったんでしょうねエ。最初はこんな仕様でした。

1c4

ホイールなんて安いの履いているんですよね。ロードバイクはそれまでずっとフレームを選んでパーツを組み合わせてショップに組んでもらっていたのです。最初の一台から。なのでコレは初めての完成車購入です。もうあまり夢中じゃなくなっていたのね・・・。いや、完成車でもう十分というのがわかったのでしょう。完成車はお得でもありますが、しょぼいパーツが後々いらなくなるので損な面もあります。

ウィリエール・エバーション・チームの詳細・前部編。

後部編。

おっと、何でこのバイクを買ったかというエピソードもありました。

イタリアンバイクの台湾製を選ぶ。

結構悩んだようでも、結局適当に決めてましたね。

けど、いつもの癖ですぐに気に入らない面が見えてきてパーツ交換ですよ。

1c5

もともとペダル込みで9.1キロもある重量マシン。手持ちのパーツでいくつか交換すると8.4キロになりました。コレでもまだ重いですけどね。フレームが重過ぎるのです。このホイールは相当軽かった。

ウィリエールを軽量化。

この購入でまた自転車が増えてしまったので、ラックを購入して収納方法を考えました。

ミノウラバイクタワーで収納方法を考える。

ところでこのエバーション、チームエディションといって、他のエバーションとはちょっと違う。カラーリングが、ウィリエールがバイクを供給しているランプレのチームカラーっぽく塗装されています。しかしそれ以外にもノーマル仕様との違いがあったのです。その分若干値段が高いのですけどね・・。

エヴァーション、チームとノーマルの違い。

久しぶりにサイクルイベントを走ることに。早速ウィリエールを調整。体を調整せずに自転車をいじるのが私らしい・・。

イーストンのカーボンシートポストを装着。

いや、そんなの付けても速くならないって。けど、いろいろ調整もしたみたいですね。

スプロケットをよりクロスしているものに交換です。

14-25Tに交換。

もともと12Tと13Tは踏めてなかったですからね。

この後、2008年度になり、ブロンプトンを購入してからは興味の対象が小径車ツーリングになってしまい、ウィリエールはしばらく忘れられてしまった。しかし体重が増加、人間ドックで痩せるように言われ、再びウィリエールに乗ることに。が、そうも上がらないモチベーション。そこでまたパーツ交換を・・。

アルテグラSLのコンパクトクランクに交換。

1c6

標準のコンパクトクランクでも問題はないのですが、見た目を替えてみてやる気を出そうという作戦・・。性能もよくなりましたよ。その効果は?

さらにホイールです。標準装備のR500は一度も使わず、ヒルクライム用の軽量ホイールをつけていました。しかし、ちょっと華奢で、もっとオールラウンドに使える丈夫でなおかつ軽いホイールを探すことに。

ウィリエールの新ホイール選び。

結構悩んでいますね~。

結局、フルクラム・レーシング3を購入、装着。

1c7

10速で使うのに、9速用を購入しました。その理由は、14-25Tスプロケを使いたかったから。何でかを詳しく解説していますね。

で、早速走ってみました。

フルクラム・レーシング3・ファーストインプレッション。

走った最初の感想ですね。結構良かったみたいです。

1c8

うん、このホイール、良いですよ。わりと軽いし、しっかりしています。今の私だったら、シマノのカーボンアルミのアルテグラかな。金があったらデュラ行きますけど。もっと軽いのが良いですね。ゆとりがあったらディープリムもね。踏めないけどカッコイイから・・。

サイコンはシマノのフライトデッキを装着。コレって便利ですが、私のはトラブルが頻発。自分で直しています。

フライトデッキを調整。

今日も距離計が動かず、速度も表示の反応が遅い。もう買い替えかなあ・・。本体だけ新しくしてみようかな。

そんなわけで、今後はもうあまりパーツ交換もしそうにないです。これ以上やっても変わらないし。フレームを変えた方が良いですから・・。

アルミのしゃきしゃき感もよいし、見た目も好きなので、もう少し乗ろうかな。不況で収入も減るし、来シーズンの新車購入は難しそうですから・・。自動車の車検も有るし。

買う気もないのに、ここでは2009年のウィリエールを紹介しましたね。

ウィリエール2009年モデルをご紹介。

とうとうエヴァーションはなくなった。けどカーボンなんて良さそうだし、日本市場に本腰を入れてきましたかね。2010年モデルも楽しみです。

で、さらに買う気もないのに(いやこの時は買う気あったかも・・)、気になったカーボンロードを紹介していますよ。

2009年カーボンロード購入候補

やっぱ私の世代は、往年の名車、コルナゴとかデローザから離れられないのよ。リドレーとかフォーカスとかはわからないんだよ・・。

2010年モデルで買うとすれば・・。フレームならコルナゴCLXかなあ・・。完成車ならACEかな。あとピナレロのFP3とか、ビアンキのC2C・INFINITOなんていいなあ。完成車はやっぱり安い。

けど、今一番欲しいのは、コルナゴのマスターXライトです。クロモリね。復活したLXカラーが欲しい。丁度私がロードに夢中のころ売ってたコルナゴのカラー。当時は買えなかったし、トップチューブのコルナゴ小僧の絵が恥ずかしかった。けど今見ると、ハンドペイントのフレームなんてほとんどないし、ああいう絵が描いてあるフレーム欲しい・・・。

ま、このウィリエールに乗ろう。来年はサイクルイベントもあまり出ないだろうし、快速ツアラーとしてバックも装着しようかな・・。遠くに行くのに一番楽ですからね。もしくはひたすらトレーニング用としてかな。

1c9

このウィリエールで走ったイベントやツーリングは、またいつかリンク集を作ります。

|

2009年10月12日 (月)

ウィリエール復活・利根川走り&サイコンだめ。

散ポタとかやって、週末あまり運動しなかったら、見事に太りました・・。もうびっくりするくらい今の私は太い。何とかしなくちゃ。もっと運動強度を上げなくちゃ!

で、今日はラックの上の段で埃を被っていたウィリエールを引っ張り出しました。

G1

ウィリエール・エヴァーション・チーム。

アルミカーボンバック。私の持っている本気っぽいロードバイク。ホイールはフルクラムR3。

このブログは、小径車でのんびりと自転車ライフを楽しむ感じを出したかったのですが、とうとうこれが出ちゃった。やばいなー、こういうのもう無理なんだよなー・・。

今回からウィリエール・カテゴリーを新設。以前やっていたブログのウィリエール関連の記事のリンク集も作ります、ってテスタッチのもまだ作っていないじゃん!まあ、正月をめどにぼちぼちと・・。

メカを調整して注油してワックスまでかけたらもう午後じゃないですか(こんなのばっかり)。だって起きたのが11時だったからね、あの瞬間山登り諦めたしね。

ならば、坂を上るのもいやだし平地ということで、走りやすい利根川サイクリングロードを目指します。

けどギヤがやけにでかいね・・。

G2

12-27T。山用のスプロケット。前回乗ったのが、佐渡ロングライドの前週だったか。それ以来の出番。12-25Tに交換するのも面倒くさいのでこのまま行く。だって、軽いほうの2枚が、23→24T・25→27Tと違うだけだから。それに平地だって側道の上りとか前をインナーに落とすの面倒で50×27Tなんていつの間にか使っていて、結構便利だったりするし。

サドルバックに入れて持っていくのはこれ。

G3

ドイターの大き目のサドルバック。携帯アーレンキーセット、CO2ボンベ2個、小さいLEDライト、チューブ用パッチ、予備チューブ、ティッシュ、タイヤレバー2本、消毒綿&大型絆創膏2個、ウィンドブレーカー。です。あと細いワイヤーロック。ボトルは大小で2本だけどそんな飲まないか。けどね、サイクリングロードは補給が難しいんです案外。店無いから。

補給食はこんな感じ。

G4

ソイジョイ2本、羊羹2個、パワージェル2個。パワージェルは高いし入手しにくいのでなるべく食べない(笑)。今回は途中にコンビニがあるのでこんな感じで。バックとジャージのポケットに入れる。ポケットには、携帯電話とお金と家の鍵がジップロックに入っているのを。あとバンダナ。これは止血にも使う。

さあ、出発。ぴかぴかだよ。

G5

そんな磨いたりしてたから、もう午後も遅い時間だよ・・。なのでコースは、高崎群馬の森から利根川サイクリングロードに入り、上武大橋で折り返す両岸を走るコース。日没までは帰れるでしょう。

いつもの田んぼの中を走り、群馬の森方面へ。

G6

うーん、やはり走りは軽快。ホイールがよいのかなあ?しっかりしたロードバイクはよく進みます。

片岡→根小屋→、共栄橋までは交通量の少ない農道でいける。倉賀野の街を走り、JR、17号を超えて柳瀬橋。ここから高崎伊勢崎サイクリングロードに入る。

G7

いつもと同じ風景です。ちょっと向かい風がある。昼ごろの予報は南東の風3メートルです。ここでどっち岸を最初に走るか悩む。

結局、玉村から伊勢崎のほうが若干風除けがあったかなあと・・。どっちでも同じようなんですけどね。岩倉橋を渡り、県道を横断(ここ危険です)、玉村ゴルフ場の中を走る。

G8

その辺りは、こんな林の中を走りますから。この辺は結構好きだったコース。以前は真冬だって走っていたんだから、今じゃ考えられないよ・・。五料橋を渡り利根川沿いを走る。

以前と変わっていて道が新しくなっていた。いやずいぶん前に出来たのか。結構久しぶりに走ったのかなあ、こっち岸。

でも、やっぱり開けて吹きさらし。向かい風を強く感じる。

G9

草刈をしたばかりなのね・・。綺麗になってるけど、せめてススキでも生えていたら風除けになったのに・・。こんな直線路を追い風で軽快に飛ばしたかったなあ。いや、反対岸を走っても同じことを言っただろう。

路面はところどころ下草が侵食してきて、狭くなっている。

G10

対向車が来た時などは路面が悪いので注意。

くう、一緒に走っている人がいたら、べったり後を走れるのに、って前を引く気はまったくないのね。

休憩所に到着。これが出来る前はずっとここにフェンスがあった気がする。ここまでの走行距離35キロ。

G12

東屋は混んでいたのでベンチで休憩。

G13

羊羹とソイジョイを1個づつ食べる。もうすぐ折り返してコンビニがあるので少しだけ。

トイレもかなり綺麗です。

出発して、中島橋を渡る。

G14

一瞬車道を走るが、右側にサイクリングロードがある。右の川は広瀬川。前橋の市街を流れているあの川。

上武大橋を渡る。

G15

利根川はおっきいなあー。

上武大橋を渡った先にセブンイレブンがあるので補給。サイクリングロードって店が側にないからここは貴重。

G16

おにぎりと栗どら焼きです。おにぎりはなるべく海苔が無い奴が消化に良いらしい。赤飯なんて最高。おにぎり1個とどら焼き半分を食べて残りは補給食としてポケットへ。

羊羹だのどら焼きだので口の中が甘くなる。沢庵を食べてー、渋いお茶としょっぱい沢庵を想像しながら走る。

ふと気づくと、サイコンのフライトデッキの走行距離計が動いていない!35キロのまま。休憩したときにオートストップが働いてそれっきり動き出していないようです。困った・・。なぜかスピードは表示されるのです。

そういう設定にしてしまったのか故障なのか。取説が無いとわからん。本体を取り外したりしたがダメ。結局リセットしてみたがだめ。データが0になっちゃったよ・・。

そんなことをやっていたら曲がるところを真っ直ぐにいってしまってまた戻ったり・・。

単調な道を走る唯一の楽しみが走行距離と平均時速なのに。

G18

漕いでもアベレージスピードはゼロですから・・。

ぐったりしてきて、なんか楽しいことは無いかなあと思っていると。

頭上をしゅっと何かが飛んで、左手の土手にざざっと入って転がった。鳥?いや白くて丸いものだった。ゴルフボールだ!

50メートル前方の土手の右下でクラブ持ってゴルフボール打っている奴がいるよ。足元に沢山ボールがある。土手と平行に打っているようだ。それがスライスしてこっちに飛んでしまったのだ。

横を通る時睨んだら、その男は右手を上げて頭を下げた。謝ったってことは相当私の近くに飛ばしたんだな!「危ないですよ!」と温厚な私は軽く注意しました。血の気の多い私の某友人なら喧嘩になっていたところ。

この手前辺り。

G17

今回、公園や野球場の芝生でゴルフの練習をしている人を何人も見た。危ないです。ここを走るサイクリストの方々はお気をつけて。

楽しいことどころか危ない目にあいましたが、なんか疲れてきた。ていうか、単調なので飽きてきてしまったのだ。やはりサイクリングロードは後半だれてしまう。これが一般道ならば登りは嫌だがアップダウンのおかげで刺激を受けたり、下りの勢いで飛ばせたり出来るのだが・・。唯一のモチベーションの元、サイコンまで表示されなければもうやる気も落ちる。景色も何度も見ているし。女の子いないし。

G19

新町からは散歩の人も増えたので、上ハン持ってツーリングモードで流す。そうこうしていると日が傾いてきた。秋の日は岩石落としだっけ?暮れるのが早い。

予想では17時半くらいに日没かなあと思ったら16時後半に日が沈んでしまった。速っ!

G20

高崎市に入ってあわてて飛ばす。けど、散歩の人が多いので気をつけて。

何とか明るいうちに自宅に到着。秋の日の短さを甘く見ていました。まあ、もっと速く走ればよかっただけですけど・・。

走行距離は・・・。

G21_2

0キロですね!(笑)。リセットしたところからピクリとも距離計は動かなかったのか。故障かなあ?本体だけ買い換えるかなあ。

休息地点が35キロちょいでしたから、橋の前後と道間違えの部分を入れて、75キロちょいってところでしょう。少しは痩せたでしょうか?

サイクリングロードは車は来ないし平らだし安全で快適なのですが・・。単調なので、美味しいものとか、綺麗なおねいさんと一緒に走るとか、付加価値が欲しいですねえ。

|