カメラ

2017年2月26日 (日)

1型高級コンデジ・おっさん的選び2017年。

さて、前回書きましたが、このブログの画像の画質をもうちょっと向上させたい。

見た目が目立たないコンパクトカメラで高画質って無いかな?

とカメラ選びをやって辿りついたのが1型高級コンパクトデジタルカメラです。

自分は昔カメラに拘っていましたので、そんなおっさんがどれを選んだのか?

まあ、いじれる奴です(笑)。若い頃は「もう、そんなにいじっちゃだめだってばあ・・・・」ってよく言われるくらい、いろいろいじっていました。

で、そんなカメラで旅行に行って撮影したい。観光地には行かない。自分が過去過ごした場所に行って、若い頃「だから、そんなとこいじっちゃだめだからあ・・・」と言われた場所に行って写真に記録する、自分ストーカー撮影です。

首からぶら下げた大袈裟な一眼レフとかじゃあ怪しまれるし、かといって画質は向上させたい。ぱっと出してぱっと撮って立ち去れる目立たないコンデジで画質のいい奴。

それが1型高級コンデジではないかと。1型とはセンサーの大きさ。ミラーレスのマイクロフォーサーズよりかは小さいがコンデジの1/2・3型センサーより大きい1型。

高級コンパクトってのはフィルム時代からありまして、コニカ(泣)ヘキサーとか、コンタックス(泣)T2とか。

なのでその流れなのか、単焦点の高級コンデジもありますがまたそれは後で考えましょう。ブログ撮影用にはやはり超広角ズームが必要。画像はお作品ではないですから。

おっさん的にこだわる場所が違いますので、スペックとかは他のネット記事を見ていただくことにして、拘り所を書いてみます。動画は撮りませんし。

結局3機種に絞りました。大きさ重さはだいたい同じかなあ。

ソニーRX100・M3

3e4


これは1型高級コンデジのパイオニア。これから始まりました。センサーもソニーが各社に供給しているようだし。大き目のセンサーをコンデジのサイズに押し込んだ最初。

つるっとしたデザインであまりいじり所が無いのですが・・・、それが特徴かも。やっぱソニーですからお洒落なんですかね。

3e5

これの初代型はいまだに販売中。現在~M5まで5モデル有ります。新型が出ても追加機種という感じになっています。

初代モデルも十分使えてかなり安くなっていますが、レンズが28~100mmなのがネック。前回書いた理由で超広角が必要ですから。

このM3から24~70mmになっているので合格。

M4~M5は動画や連写速度が重点になっているので自分は必要ないかな。AFスピードが上がっているのは魅力だけど、凄く値段が高いですから・・。

販売価格は、おっさん的には楽天で(ポイントを貯めているので)カードのボーナス一括払いで買えるショップでの値段で参考価格を書きます。お小遣い少ないので・・。

カードのボーナス一括払いで購入可能な楽天最安値は77643円です。高いねえ・・。初代RX100ならば41679円で売ってますけどね。

RX100・M3のおっさん的なこだわりは・・。

ツアイスレンズですよね。バリオゾナーです。

やはりおっさんはレンズのブランドにこだわります。ツアイスはコンタックス時代からのあこがれです。GシリーズやT2、TVS、T3も所有していましたし。バリオゾナーって名前がついているところも良いね。

レンズの根元のリングもいろいろコントロールできます。絞り優先にすると絞りリングになるし。これは各社搭載ですがこれが最初なのかな?

そして、EVファインダー搭載。良くこのスペースに入りましたね。ポップアップで出てきます。

3e6

これもツアイスばりにT*コーティングですよ・・。電子ファインダーは液晶モニターに屋外で光が当たって見えない時に有効ですからね。

うーむ。

*ツアイスレンズ、24~70mmF1.8-2.8

*EVファインダー

*元祖

っていうところですかな?

次、

パナソニック・ルミックスLX9

3e7


これは拘っていそう・・。

お値段は楽天ボーナス一括カード払い可能最安値78500円。

くうう・・。

3e8


ライカレンズですよ。バリオズミルックスだって!

ライカは昔M2を持っていましたから。ズミクロン35ミリ、50ミリ使ってました。やっぱ憧れです。オーラがありますね、名前だけだとしてもな・・。

しかもF1.4というコンデジではありえない明るいレンズです。

3e9


そして、絞りリング!

この数字の書体がライカと同じだし。

例のコントロールリングと2段になって独立した絞りリングがありますよ!

やはりここはおっさん的なおこだわりポイントです。

昔のMF一眼レフとかレンズの根元に絞りリングがあってね(ズイコーやライカレンズは先端にあったが)、絞り優先モードでこの絞りリングをぐりぐり回すのですよ。

例えば50ミリレンズならば、通常f5.6~8にしておいて、背景をぼかしたい時とか暗い場所では1・4~2・0~2・8とかにセットする。背景も写したいなら11~16とかにセット。あまり絞ると画質は悪くなり、開けてもぼんやりした写りになったりして、そのへんのお味を楽しむのです。

他モデルでもコントロールリングで絞り値は変えられて、モニターに絞り値が出ているので、昔の一眼みたいにファインダー内の光学窓からレンズに書いてある絞り値を読むのと同じ感覚なんですが。これには独立した絞りリングがあるのでその分コントロールリングにズームとかを設定できるという。

うーむ。

*ライカ大口径1・4レンズ搭載。24~72mmf1・4-2・8

*絞りリング

というのが拘りですかね。

次。

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ

楽天ボーナス一括カード払い最安値68480円。

3e10

やっぱこれがカメラだわ。

キャノンだもの。ソニーとかパナソニックのカメラなんて昔は無かったもの。おっさんはキャノンだよ。

ニコンも1型高級コンデジを発表して期待していたのだが、あえなく発売中止。不具合とかもうからないとか言ってるけどカメラメーカーとして大丈夫?

ニコンのがおっさん的にはストライクだったんだけどなあ・・。

気を取り直してキャノンだ。あからさまな両吊りストラップ仕様でカメラっぽさ強調。

で、フィルム時代からの高級コンパクトのアイコン、これがあればこだわったカメラですから。

露出補正ダイヤル!

3e11


モードダイヤルと2段になっているところが泣かせます。ローレットという刻み彫刻も美しく、赤いラインも入ってギミックっぽさアップ。

一眼レフでもこの露出補正ダイヤルをやたらいじって、意味もなく露出補正してそこから露出の効果を学んでいったのだ。

いまでもちょっとお作品にしたい時はコンデジでも露出補正しています。けどボタン押して呼び出してまたボタン押してと面倒くさい。

このダイヤルなら一発でオッケー。ロック機構が無いと勝手に動いたリセットを解除し忘れたりするのはご愛敬。仕上がりを見れば戻せるし。

このダイヤルがあるだけでソソるんです。

これでレンズがね、EFとかFDとかLとか書いてあったら完璧なんだけどね赤いライン入れてさ・・。

コントロールリングもあるので絞りもそこでいじれるし。

こだわりは、うーむ。

*露出補正ダイヤル

*24~100mmf1・8-2・8と望遠側が他よりちょっと長くてポートレートもいける。

*値段が他よりちょっとお求めやすい。

ってとこですかね。あとカメラっぽさね。

この3機種で選びます。

え、選べない・・。どれも欲しい!

けどね、実は一番欲しいのが他にあってね。

パナソニック・ルミックスLX100

3e12


か、かっこいい。

だってこれ凄くいじれるんですよ!

3e13


絞りリングに露出補正ダイヤル、そしてシャッタースピードダイヤル。もういじり放題じゃないですか!マニュアル露出でも撮れますよ。

EVファインダーも搭載。

お値段は例の価格で78500円。シルバーなら64800円からありますし、かなり下がっていますかね。

けどこれ1型じゃないんです、もっと大きなマイクロフォーサーズなんです。

だからデカイ。一回りデカイ。レンズも飛び出していて完全にポケットには入りません。ねじ込めば入るかなあ?しかもストロボ外付け。

そうするとミラーレスと同じような存在になってしまう・・。

何でもどこでもさっと取り出してブログ用に撮影できる感じではないかも。

かっこいいよなあ。昔のライツミノルタCLのイメージがあるんだよね。これはこれで両吊りで首から下げてお作品撮りように別途検討しましょうかね・・。

ということで、結論・・。

キャノンかなあ?

3e14


で、次の次のボーナスくらいでさっきのLX100を購入。

ソニーのツアイスはどうするかって?

これでいいかなあ?

ソニーDSC-WX5003e15
センサーは従来の1/2・3の小さい奴になってしまうけど。

サブ機ってことで・・。ツアイスだし。例の価格で34300円。

うーんうーん。これで3機種買えるのか?

時間差で購入して、

キャノン・パワーショットG7 X MarkⅡ→ルミックスLX100→ソニー・DSC・WX500

って感じでー・・。

いや、やっぱRX100M3、LX9、G7 XMarkⅡの3機のうちどれか一つに絞らなければ。

うーん、うーん、選べない・・。

うーん、うーん。

|

2017年2月25日 (土)

高級コンデジが欲しい・・。

か、カメラが欲しい・・。

なんか、久しぶりのカメラ欲であります。

昔はフィルム一眼レフを集めて、膨大なレンズシステムを作ってお作品を撮っていました。

けど、今は当時以上に撮影しています、コンパクトデジカメ(以下コンデジ)で。ええ、このブログ用にです。物撮りも多いし、フィルム代や現像代も掛からないのでシャッター押しまくり。コンデジの耐久性ってのは凄いと思います。

ブログ用なので画像は嫌というほど圧縮するから画質にはこだわらない。むしろ速写性、接写力、暗い場所に強い、ストロボ内蔵、コンパクトっていうところに拘ります。

今使っているブログ用のカメラはこれ。

3e1


オリンパスのは防水。釣り用に使っています。水没しても大丈夫。でかくて重いけど、レンズが繰り出さないので結果コンパクトなんですよ。

ニコンのは一時期調子悪かったがSDカードの不具合と判明して、復活して飲み会写真や物撮りで活躍。

両方とも画質はイマイチですが超広角ズーム、ワイドレンズ搭載です。ブログ用にはできるだけ情報量が多いほどよく、いらない部分は後で削ればよいので超広角が便利です。

経験上、撮影に際しては遠方へ寄れないことより狭い場所で下がれないことの方が多い気がします。

遠くのものは、野鳥とか飛行機とか可愛い女の子を盗・・・、いやいや、そういった撮影以外では近づけばよろしい。お子さんの運動会は望遠があった方が良いけどね。

近いモノは狭い所が多いので下がりたくても下がれない。すると超広角が便利。24ミリくらいからがいいと思います。

ただ、お作品の場合経験値が低いと超広角は散漫な写真になります。普段より2・3歩寄らないと超広角はだめです。28ミリくらいからをおすすめします。超広角は寄って遠近感を上手く使うとお作品になりますよ。

で、上の写真はスマホで撮影。だってカメラが被写体なんで・・。

写りがイマイチですよね。まだまだです。けど、もう世の中はこういう写真はスマホが主流です。なのでローエンドのデジカメが売れなくなってしまい、どのメーカーも生産をやめていますよね。

一時期ブームだったのがミラーレス一眼ですね。

私も持っています。昔のオリンパスペン。

3e2


最近出番がありません・・。

デジ一眼よりコンパクトでレンズ交換可能ってことでウケたと思いますが。

やはりデカいです。

レンズも集めなくちゃいけないし。このようにフードに凝ったりと、趣味性が止まりません。それはそれで楽しいのですが・・。

ブログ用にはポケットに入らないので不便です。コンデジと比べるとこんなに大きい。

3e3


絶対ポケットに入らない・・。

コンデジはミラーレスのフードの厚みですよ(笑)。

さらにこういう両吊りでストラップを装着して、首から下げたり肩に掛けたりするのが格好良くてこだわった頃がありました。

けどね、今時カメラを首から下げていたら怪しまれますよ。エスカレーターに乗ったら逮捕されるかもしれないし・・。

一眼レフも大袈裟だしね。一応昔のペンタックスのデジイチ持っていますが、スペックも弱いし、昔のMFレンズSMCのMとかAレンズ用になっています。

晩年、退職したらニコンのフルサイズを買って昔のMFニッコールで遊ぼうと思っていますが・・。

スマホもカメラとしてみれば薄けど大きいし。

けどミラーレスの画質は良い。

レンズ性能もあるがセンサーの大きさが違うのですよ。

ミラーレスはマイクロフォーサーズ3/4(17.3×13ミリ)

普及型のデジ一眼はAPS-C(15.6×23.6mm前後)。

超高価なフルサイズ一眼(24×36ミリ)。

で、コンデジは主に1/2・3型(8.8×6.6mm)とすんごく小さい。

やっぱもうちょっと画質にこだわりたい。けどミラーレスよりコンパクトでポケットに入るやつ・・。

そこで登場したのが1・0型センサー搭載のコンデジ。13・2×8.8mmのセンサー。

ミラーレスより小さくできて、コンデジより画質が上がる。大口径レンズと組み合わせればそれなりに背景のぼけるお作品が撮影できますし。

1型高級コンデジというジャンルがあって、各メーカー力を入れているようです。

むうう、欲しい・・。

どんなものを選べばよいのか、このおっさん的に選んでみます。

次回書きますね。

|

2016年4月17日 (日)

オリンパスTG-860のピクチャーモードを試す。

前回の桜の撮影で、ニュー防水カメラのオリンパスTG-860のピクチャーモードを使ってみました。

これがTG-860。

1y1


防水だけにコンデジにしてはでかい重い・・。

けど、電源は入れやすいし、結構使いやすかったですよ。

で、ピクチャーモードね。

要は、画像に掛けるエフェクト、演出効果です。

こういうの自分的に邪道だと思って、一切使ったことが無かったのですが、桜なんでソフトフォーカスくらいいいだろう?と思って使ってみたらハマった(笑)。

すんません喰わず嫌いでしたか・・。けどやりすぎはダメだよ。遊びですからね。

まあ、ピクチャーモードを使う気になったのも、カメラのモード選択の中でも使いやすい位置にあるから。

モード画面の一番上にピクチャーモードがあります。使えと言わんばかり。オリンパスも使ってほしいのだろう。

1y2


最初に、通常どういう色合いで撮るかが選べるんだけど、自分はブログは小さい画像でも分かりやすくと発色が一番派手な「ビビット」に設定してある。これでも地味に感じるけど・・。

で、エフェクト系なんだけど。

前回の桜撮影での作例。桜限定なんでちょっとうまくいってないのもあるけど、まあ最初ってことで・・。

最初は、やっぱ桜という花撮りなんでソフトフォーカスだろう。

柔らかく仕上がる。ちょっとハイキーに仕上げるのがコツで露出をプラス補正してやる。露出補正は十字キーやボタンで呼び出して面倒だが慣れた。

1y3


ファンタジックフォーカスという。

1y4


ソフトな感じ。昔はソフトフィルターを使っていましたから。結構付け外しが面倒だったが、これならボタンでオッケー。

フィルターが無い時はプロテクターフィルターに鼻の頭の脂を付けるとか無理したけどな。あとサランラップをフィルターに被せたり。

いい時代になったものだ。昔のデジカメでもシャッタ切った後もう1回ピントをぼかして連射させてソフトにするって機能があったけど、これはどうやっているのだろうか?

で、同じくソフト系でもう一つ、デイドリームというモード。さっきのファンタジックフォーカスとどう違うと、

これがファンタジックフォーカス。

1y5


こっちがデイドリーム。

1y6


デイドリームの方が露出がプラスになって発色が地味になる。なんか色が抜けた白い世界みたいでほんと、違う世界に来てしまったような、白日夢って感じになる。

いい世界。昭和っぽい遊園地とかこれで撮るといい感じになるかも。人がいない場所がいいかもね。

次にドラマチック系。

普通に撮った桜を見る家族連れ。

1y7


これを「ドラマチックトーン」で撮ると。

1y8


なんか不穏な、恐怖が襲ってくるような・・。世界が終わっちゃうような雰囲気になります。コントラストを上げて明暗を強調させている。

「ラフモノクローム」

1y9


普通のモノクロモードより、粒子の荒いハイコントラストな仕上がり。なんか犯罪が起きそうな雰囲気になっちゃった・・。

昭和のアングラ芸術作品、森山大道さんみたいな感じ・・。ドラマチックだね。

普通の滑らかなモノクロモードもあると良かったなあ・・。

これは「トイフォト」

1y10


おもちゃのレンズとか昔のレンズ、構造がシンプルな安いレンズみたいな感じ。周辺光量落ちっていうんだけど、そういうレンズだとこうなるのね。昔っぽい雰囲気になります。

「ポップアート」

1y11


これは発色が派手になる。ビビットより派手になるので常用してもいいくらい。蛍光色は派手すぎるけど。

「ジオラマ」

1y12


ジオラマ模型みたいな風景になる。ピントが真ん中だけであとはぼかすのね。似合う風景が無くてこの作例は失敗だけど、ごちゃごちゃした街とかを俯瞰でこれで撮ると模型っぽくなると思う。

ここまでアート系モードなんだけど、次は加工系。

「フィッシュアイ」

1y13


気持ち悪ーい。魚眼レンズの効果です。歪んじゃっています。こういうのは使いどころがわからないけどなア・・。

「クリスタル」

1y14


ああこういうの昔あったね、クロスフィルター。買ったけど使いどころが無くて使わなかったなあ・・。お遊び的ですけど。もう少しさりげなく使えば画になるかもしれないなあ。

あと「ミラー」と「ランダムタイル」ってのがあるけど、こればっかりは使いどころがわからなかったので未使用です。

あー、セピアが有ったら良かったのにあ。

以上、この中で使うとすれば、デイドリームかな?前回掲載してこれ、

2a9

これは好きです。違う世界に迷い込んだみたいな、非日常感が素敵。

オリンパスは結構こういうエフェクトは力が入っている気がするぞ。PENあたりから評判が良かったからかな?盛りだくさんで搭載されています。機種によってモードの数が違ったり。私のTG-860はエフェクトのかかり具合は調整できないんだけど他の機種はどうなんだろう?まあ、露出補正や光源を入れたりでいろいろ調節はできそうです。

ピクチャーモードもなかなか遊べるってことがわかりました。写真の中では邪道ですけど、お遊びってことで。

|

2016年2月24日 (水)

おニューのコンパクトデジカメ届く。

来たあああーーっ!

2q1


先日、防水デジカメを買ったばかりだというのに、またポチってしまったああ・・。

2q2


だってあのこの記事に書いた防水デジカメが大きすぎたんだよおお。

以前使っていた防水デジカメのソニーTX30があまりにも小さかったため、やはりあのオリンパスでは違和感が・・。

普段使い用に小さくて安いコンデジを探した結果。

これが安かったのです!

ニコン・クールピクスS3700です。

2q3

安いモデルから検索したら、ニコンのベーシックなデジカメが結構お買い得ってわかった。

ニコンはフィルムの一眼レフの時代から愛用して好きだったカメラたち。この値段ならアリでしょう。1万円しなかった。

下から3番目のモデルかな?この下のモデルは7000円くらいでそれでもレンズも悪くないしスペック的にはよかったのだけど、手ぶれ補正がついていなかった。

このS3700は光学式の手ぶれ補正がついている。これは強みです。自分の日用品では携帯より良く使うカメラだけに、ちょっとでも良い奴をとこいつを選んだ。


2q4

付属品はこれ。


2q5

しょぼいストラップ、バッテリー、USBケーブル、USB充電式ACアダプター。

最近のデジカメはバッテリー充電機は付属していないんだ。USB経由で本体で充電する方がコスト的に安いのかな?

バッテリーを直接充電する方が慣れているので好きなのですが・・。

取り説は凄く簡略。これでいいのかな?まあ読まないでも使えそう。ニコンのコンデジは以前にクールピクスS610を使っていたので、裏面のボタン配列がほぼ同じなので大丈夫。オリンパスも似てる感じだし違和感なく2台を使い分けられそう。

値段の割にカメラっぽい雰囲気があるのはニコンのバッチのおかげでしょうね・・。


2q6

コンパクト。これなら普段使いによろしい。

直前に購入したオリンパスの防水デジカメと大きさ比較。


2q7

まあ、小さい。持ち歩いてさりげなく撮影できそう。

厚みもこんなに違う。


2q8

オリンパスはもう防水用途で。釣りや自転車で撮影する時用。渓流釣りだと結構水没します。ワカサギ釣りの後は水洗いして鱗を落としたいし。

管釣りはニコンで大丈夫かな?旅行とかスナップはニコンが気軽。

お気に入りで壊れてしまったソニーTX30と比較。

やっぱソニーは小さいが微妙にニコンが大きいくらいでほぼ同じな雰囲気です。


2q9

これならニコンを持ち歩いても違和感少なそう。黒ボディーはシルバーより目立たない感じだし。

しかし、TX30はこれで防水なんですよね・・。凄いカメラだったんだなあ。何で生産終了なんだろう?

ホント小さい。まあ、どっちもとても小さい。コンパクトデジカメはこの小ささじゃなきゃ。


2q10

TX30があれば1台で済んだのに2台体制になってしまった・・。

予備機は必要なんで、まあいっか。

出費してしまったが、デジカメは必需品だからねえ。壊れちゃったんだから仕方ないです、うんうん。

画質はあまり気にしないのでスペック的には十分。だってブログ用の画像を撮影するだけですから。

このブログ。1記事で画像は1MBまでというしょぼさ。どっかに行った記事だと1記事に30~35枚くらい画像を貼るんだから1画像30KBくらいなんだよ・・。そんなんじゃあ画質どころじゃないからねえ。一番小さな画像で撮影しているし。

このブログと以前やっていたブログに貼った画像数を知らべたら合わせて今回で19932枚でした!2万枚かよ・・。良くぞ撮ったり良くぞ貼ったりですよ。このブログの生命線は画像なのですね。

そうすると、むしろ耐久性なんだけどね。週末出掛ければ100枚以上シャッター押すし、日々の物撮りも併せて週に300枚くらい。月に1000枚かあ。年に1万回以上シャッター押しているんだ!

フィルムカメラの時代とは比べ物にならないくらいシャッター押すからね。フィルムもったいなくないからシャッターも軽いさ。フィルム時代からやたら撮影枚数が多い奴と言われていたけどね・・。

3年持てば十分かな?この値段じゃ2年くらいか。もうデジカメは消耗品なのかなあ?

高級機ならもっと耐久性があるかな?なるべく長く使いたいんだよねカメラは。スペックも落ち着いて来たし、そろそろ良いカメラを・・。

もうしばらくは無理かなあー。

|

2016年2月18日 (木)

おニューの防水デジカメ・届く。

愛用の防水コンパクトデジカメ・ソニーTX30が壊れて以来、

なんとか、それ以前に使っていたTX-5を騙し騙し使ってきましたが・・。

先日のカラオケパーティの際、落下。電池蓋のパーツが吹っ飛んで、

蓋が閉まらなくなりました。

2u1


これにて防水は不可能。カメラとしても体を成してないよ・・。

ガムテープで何とか使えていますが、もう可哀想。

2u2


引退していただくこととなりました。

防水コンデジは、釣りでの撮影に必要、釣り後に水洗いもできますし。

けど、このソニーTXシリーズが防水コンデジにしてはあまりにもコンパクトで便利でした。防水を感じさせないコンパクトさは何処へでも連れていけます。普段使いも出来た。

しかしTXシリーズそのものが生産終了・・。

で、ここで書きました、防水コンデジの比較をして、検討していましたが。TXのあまりの素晴らしさになかなか買い替えが出来なかったのです。

けどこれで決心しました。買い替えます。

ぽちっ。

来たああああっ!

2u3

さあ、何を買ったでしょうか?


2u4

悩んで・・。

オリンパスにしました!

2u5

こんな感じに入っている。


2u6

付属品は、結構しっかりしていそうなストラップ、USBケーブルで充電するACアダプター。

USBケーブル、充電池、取説類。

2u7

買ったのは、

オリンパス・STYLUS TG-860Tough WHT

です。


2u8

カラーはオレンジ黒と迷ったが、目立たないようにと白シルバーにしました。

けど、シルバー部分が目立つね・・。

液晶はこんな角度まで動かせる。自撮り用?遺影でも撮るかな・・。

2u9

金属ボディでがっちりしている。触った感じ高級感があります。

かなり重い・・。金属のどっしり感、塊感は十分ですが。

やっぱ、大きかったな。

いや、TX30が小さすぎたんだよね・・。

TX30と比較しますと。


2u10

うわああ・・。

オリンパスデカイ。

厚い。厚過ぎるよ。


2u11

けどね、今の防水コンパクトはみんなこれくらい大きいよ。

TX30と比べてはいけないのかも。


2u12

やはりソニーTXシリーズは凄かったのです。このサイズで防水とは。普通のコンデジよりも小さいくらいなのに・・。

ソニーもTXシリーズを生産完了にするなんてバカだよな・・。

だからソニーダメになってるんだよ。自分で作っている製品の凄さに気が付かないなんて。

TXシリーズの再生産を強く望みますよ。

まあ、このオリンパスの防水モデルで頑張っていこう。釣りはこれを首からぶら下げてと。

やっぱ、普段用途のこのTXくらいに小さいデジカメが欲しいな・・。スマホ持っていないから。ていうかスマホもデカイし。

カシオのエクシリムだっけ?あれの8000円くらいのやつを買おうかな・・。カシオには由縁あるしね、私。

買ったばかりの防水コンデジの大きさに驚いてしまいましたが、早く使いこなせるようにしましょうか。撮影するぞ~。

|

2016年1月10日 (日)

釣り用防水デジカメ選び・2016年冬。

前回書きましたが、愛用の防水コンデジのソニーTX-30が壊れてしまいました。

それ以前に使っていたTX-5を復活させましたが、これも壊れるのも時間の問題・・。

修理は15000円掛かります。それなら修理費に足して新しいのを買っちゃうか?しかし、このソニーの後継機種を買おうと思ったらシリーズとして生産完了。

どんどんメーカーのコンデジラインナップが縮小されている現状(もうカメラはスマホで済むから)で、2016年1月現在で、どんな防水コンデジがあるのか?購入検討のために調べてみました。シーズン外れの真冬ですが・・。

まずは、壊れたTX-30のおさらい。

3r1

なんといっても小さい薄い。そして前面カバーが電源スイッチなので起動しやすい。

1890万画素・1/2・3型CMOSセンサー

防水10m、レンズ26~130mm、手ぶれ補正・光学式 マクロ・1㎝

モニター3・3型 マイクロSDカード

幅96・4㎝×59・3×15・4 重量140g。

長所・薄さと軽さが際立つ。モニター大きくタッチパネル。

短所・壊れた(笑)。

さて、これに比較して、現状の防水コンデジはどうなのか?

ちなみになぜ防水かというと・・。

釣りブロガーだから。特に渓流フライ釣りをやっている時、魚が釣れてネットに収めて、さて撮影って時に胸元にぶら下がっているはずのデジカメは川の中に水没中・・・てのが過去あって何台か壊しました。

渓流ではウェーダーっていう腰までの長靴を履いて川の中に立っていて、釣れるとしゃがんで針を外す。川の中でしゃがむとぶら下がっている携帯が水没すると・・。

あとどんな釣りでもカメラは魚臭くなるので、防水コンデジだと水洗いできますし便利。

私のコンデジ選びの基準は、

ブログ記録画像用なんで画素数画質はそれ程良くなくてもよいので、速写性とコンパクトさを重視しています。機能も、GPSやらWiFiやら通信機能はいらないスマホ持っていないし。

工事現場用のごつい奴や、ダイビング用のプロ水中カメラもいらない。釣り時の一瞬の水没で壊れなければよい。

耐衝撃性も重要だが、結局機械なんで酷い扱いをすれば壊れますし・・。

耐寒性も真冬の釣りでは重要ですが、その前にそんなに寒いと人間が無理なんで、それほど凄くなくても良いのでは?

記録用なので超広角レンズ(26ミリ以下)を重視、望遠はあまりいらない。ブログ画像はどれだけデータを含んでいるかが大事だから広く写った方が良い。いらない部分はトリミングして削ればよいが足りない部分は撮っていなければ存在しないからね。

レンズの明るさも暗くても良し、手ブレ防止機能と腕前でカバー。記録媒体もSDカードが使えればよいや。動画も興味ないんだよね・・。

その中で実売価格3万円以下で。

という基準で見てみましょう。どれも防水なんでレンズは繰り出さないようですね。

あと気になる電源スイッチは、どのモデルも小さなプッシュボタンです・・。これは慣れるしかないのかな・・。残念!

サンプル画像は、カラーラインナップの中で私が購入しそうな色を選びました。

・・・・・

ニコン・クールピクスS33

3r2

ニコンでのローエンドの防水コンデジ。実売価格11000円前後。

これは安い、激安。ファミリー用で海遊びや砂場で壊れないようにと防水。

防水10m、1317万画素 1/3・1型CMOSセンサー レンズ30~90mm

手ブレ・動画のみ? マクロ機能・不明、SDカード、2・7型モニター

109・5×67×37・6mm 180g

長所・安い、軽い

短所・このセンサーではスマホ並み。レンズ突起で厚い。レンズ広角弱い。

結論:防水スペックはこの程度で良いし、安さ軽さは良いが、カメラスペックが弱すぎで却下。

・・・・・・

ニコン・クールピクスAW130


3r3

これは本格的でかっこよいですね。実売価格29000円前後。

防水30m、1605万画素、1/2・3型CMOSセンサー

レンズ・24~120mm 手ブレ防止・レンズシフト、電子併用式 マクロ1㎝

モニター3型 SDカード

110×66×26・8ミリ 221g

長所:防水、カメラスペックは問題なし。

短所:重い。オーバースペックで値段が高い。

結論:検討中。

・・・・・

富士フィルム・ファインピクスXP80


3r4

これは生産完了したばかりか。実売価格19000円前後。

防水15m 1640万画素 1/2・3型CMOSセンサー

レンズ・28~140mm 手ブレ・光学式 マクロ・9センチ

モニター2・7型 SDカード 

110×65・5×25・9mm 179g

長所:軽い、薄め。安い

短所・在庫のみ、広角側が弱い、マクロがやや弱い。

結論:検討中。軽さは魅力だが広角が弱い。在庫のみで早い者勝ち。

後継機種シリーズも出ないようで、富士も防水やめちゃうのかな?

・・・・

リコー・WG-40

3r5

これはペンタックス時代からの?ガンダムっぽいデザイン・・・。実売価格26000円前後

防水14m 1600万画素 1/2・3CMOSセンサー

レンズ:28~140mm 手ブレ・電子式 マクロ1㎝ SDカード

モニター2・7型 

122・5×61・5×29・5mm 192g

長所:厚いけど軽い

短所・レンズ広角側が弱い。スペックからは値段が高い?

結論・却下かな?

・・・・

リコー・WG-5 GPS
3r6

さっきのモデルよりレンズスペックを上げたが住み分けがわからない。実売価格26000円前後

防水14m 1600万画素 1/2・3CMOSセンサー 

レンズ・25~100mm 手ブレ・センサーシフト式 SDカード

モニター3型

125×64・5×32mm 236g

長所:カメラのスペックは良い

短所・厚く重い。これはヘビー

結論・重すぎる 却下。

・・・・

キャノン パワーショット D30

3r7

本格的防水。この色のみ。実売価格26000円前後。

防水25m 1210万画素 1/2・3CMOSセンサー

レンズ・28~140mm 手ブレ・光学式 マクロ・1㎝

モニター3型 SDカード

109・4×68×27・5mm 218g

長所・本格的な防水

短所・大きく厚い 広角側が弱い

結論:カメラ的には良さそうだが、レンズと大きさで却下。

・・・・

オリンパス・STYLUS TG-860Tough

3r8

耐久性が売りのよう。実売価格26000円前後。

防水15m 1600万画素 1/2・3CMOSセンサー

レンズ・21~105mm 手ブレ・レンズシフト式 マクロ・1㎝

モニター3型 SDカード

112・9×64・1×27・6 224g

長所・レンズ広角側が強い。

短所・厚い、重い

結論・検討中。やや重いけどレンズスペックが良い。

・・・・

ルミックスとカシオも以前はあったのに、もう防水コンデジはやめちゃったみたいね・・。

と、いうわけで、

レンズスペックとかデザインとか価格で絞った結果。

ニコン・クールピクスAW130か、

オリンパス・STYLUS TG-860Tough

に決定かな?

他はレンズの広角側が弱かったりで。デザインもあるしねえ・・。

両方とも大きくて重いのですが、こればっかりはTX-30には遠く及ばないわけで、そこは我慢と慣れなのかなあと。

ニコン、ストラップが両吊り?あれかっこいいけど、速写性は縦吊りかな。ぱっと握りやすいんだよ。

ニコンかっこよいがカラーが赤と青と迷彩なんだよね。迷彩はそそったが、ちょっと威圧感がありそうで・・。

カメラは目立たないに越したことはありません。今時カメラって色々と警戒されるからね・・。地味に行きたい。

出来れば黒が一番良い。

さっきのオリンパスのこのカラーも良いよね。

3r9


オレンジが派手だが全体は地味だし・・。

オリンパスで決まりかな?

あとは店頭で実際に手に取ってみないと大きさはわからないですね。寸法的に大きくても周囲がカーブしていて握りやすいとか、そういうこともあるので。

重さは店頭のはモックアップだったりするのでわかりませんが・・。

でも防水デジカメってこの時期は店に置いてないんだろうなあ?

うーん。けど今のが壊れる前に買わなくちゃね・・。

|

2016年1月 9日 (土)

デジカメ壊れた・TX30生産完了・・TX5復活。

あああ、愛用のデジカメが壊れてしまいました。

年末に壊れてしまったんですけどね。ソニーのDSC-TX30です。

3s1

もうデジカメはこれしかない。一生これで行く、くらいの愛用品でした。

このブログのカメラカテゴリーを見ると、2014年の2月からこのカメラを使っていますね。いつかはこのTX30について詳細な解説記事を書こうと思っていましたが、その前に壊れてしまいました。

2年持たなかったか・・。もっと使っていた感じでしたが。

当ブログの99%はこのカメラで撮影しています。その前は先行機種であるTX5を愛用してきましたから、このブログの画像のかなりの割合をこのシリーズで撮影しています。

特徴は、やはりなんといってもこの前面カバーが電源スイッチになっているところでしょう。

私はこれをデジカメの世界最大の電源スイッチと呼んでいます・・。

3s2_2


このTX30の特徴は。

1)薄型である。かなり薄いのです。

2)電源スイッチがデカイ。

3)レンズが繰り出さない。

4)起動が速い。

5)10メートル防水。

です。これは凄いことなんだよ・・。

特に、釣りブロガー、自転車ブロガーには大変お奨めの機能なんです。

ます。1)の薄い。これは首から下げていても邪魔にならないのです。釣りや自転車乗車中にぶらぶらさせても邪魔にならない。またポケットにも簡単に入る。他人に携帯に間違えられていましたね・・。

2)電源スイッチがでかいのは素晴らしいこと。手元を見なくても電源を入れられるんです。ブログの画像はその瞬間の画像が多いので速写性が重要。カメラを被写体に向けるまでの胸元から顔に持っていく間に手元を見ないで電源を入れられるんです。

釣りならば片手には竿を自転車ならばハンドルを握りならがらもう片方の手でスイッチオンできる。

これは他のデジカメじゃ難しい。現状、コンデジの電源スイッチは小さなプッシュボタンですよね。誤作動を防ぐためだと思いますが、スイッチを探しにくい押しにくい。

以前に使っていたルミックスは電源がスライドスイッチだったので指先で引っ掛けて起動できましたが、あれも廃止されてしまった。このTXの電源スイッチは大変便利でした。

3)レンズが繰り出さないので、邪魔にならない。自転車だと結構ハンドルにガンガンぶつけるので電源入れっぱなしだと怖い。

で、4)の起動が速いに繋がるんだけど、機械的な作動が無いので電気的にオンされれば撮影ができます。

レンズに駆動系が無いのでトラブルも減るし。ルミックスはレンズが出たまま引っ込まなくなって壊れたし。

5)の10メートル防水は凄いよね。あのサイズで防水だもの。釣りで何度水没させたか。以前のデジカメは水没で壊したし。自転車乗って突然の雨でも大丈夫です。

ワカサギ釣りの後に鱗だらけになって生臭くなったけど、石鹸で水洗いしましたし。

他の防水カメラって、ものすごくごつくて大きいんだよね。これはコンパクトですから。

とにかく便利!

この個体はスライドふたが硬くて擦れて印字が消えたけど。これカールツアイスレンズなんですよ。

3s3

ただ、このカメラの唯一の欠点は、写りが悪い(笑)。

いくらカールツアイスでも、レンズを繰り出さない光学系は相当無理をしているようで、コントラストは低いし、発色も悪い、望遠側はシャープじゃないし。

それでもブログ用の記録写真としては十分でした。広角側は26ミリだし。

このブログを支えてくれてる大切な道具なのです。

それなのに、壊れてしまった。

以前からSDカードの読み取りに難があった。角度を変えてSDカードを挿しなおすと治ったけど。

とうとうSDカードを認識しなくなった。

3s4

カードが悪いのかと思ったけど、内部メモリーへの記録もこのC:13・01ってコードが出たり消えたりして使えない。

壊れた・・。完全に。

よし、同じものに買い替えよう。このカメラしばらくモデルチェンジしなかったんだよね。

あれ?売っていないぞ!

昨年の夏頃に生産完了になったようですよ・・。

後継機種も出ていない。完全にこのシリーズ、やめちゃったみたいです。

くうう、買っておけばよかった。

もうコンデジは、スマホに変わってしまったようで、どこのメーカーを見てもこういうスタイリッシュ系コンパクト系はラインナップを縮小しているようです。

ヤフオクで見たら、凄いプレミアム価格になっているよ。定価以上だ・・。

やっぱりこれを探している人がいるんだな。

修理したらどうか?調べたら定額修理で1万5千円掛かるらしい。

うーん。

これに変わるモデルがどのメーカーにも無いんだよおおお。

これ以前に使っていたTX5を出してみた。

もうボロボロで、調子も悪くなってTX30に買い替えたんだっけ。


3s5

スイッチを入れたら動くぞ。

こいつも一応カールツアイス。

3s6

確か手ブレ防止装置のモーターが誤作動するんだったっけ。うん、確かにブブッて音が鳴るけど、使えないことは無い。

なので、年末(川場の釣りの後の記事)からこのカメラで撮影した画像でアップしています。


3s7

電気屋さん行って、電源スイッチのデカイ奴が無いか探してみるかなあ。

それとも修理か?けど、いつかはまた壊れちゃうわけで、使いやすいのを店頭で手に取って探してみるしかないかな?

それほどにこのソニーのTX、素晴らしいカメラだったわけです。やたら新しいものにポンポン買い替えてしまう私が手放せないのです。それってすごく珍しい。

ソニーの人、このカメラの素晴らしさを全然わかっていない。後継モデルを出して欲しい。

元ミノルタが作るハイエンドのソニーカメラは全然欲しいと思わないけど、このTX30が今定価で店にあったら3台買います。

|

2014年2月23日 (日)

さよなら・DSC-TX5。

この物体はなんでしょう?

1e1


なんかボロボロで汚いものをお見せしていますが・・。

カメラです。愛用のデジカメ、ソニーのサイバーショットDSC-TX5、防水コンデジです。

1e2


2010年の9月に購入し、3年半使い込んだ姿です。

これでどれだけ撮影したんだろうか?

プロバイダーのページで調べたのですが、このブログと以前やっていたブログの両方に掲載されている画像の数は1万6000枚だそうです!

は~、撮るに撮ったり、載せましたね。ビックリです。

このブログを始めてから1年後くらいでこのカメラになってから三年半・・。それから殆んど掲載した写真はこれで撮影してますから。さらには1度出掛けると50~100枚は撮影し、そのうちの10~30枚ほどを掲載しているわけです。

シャッターをどれだけ押したんだろうか?ン万回ですよね・・。

フィルムカメラの時代から、私は人にシャッターの軽い男と言われ、とにかくバシャバシャシャッターを押して、出掛ければ36枚撮りフィルムを3~4本撮っていた。

デジカメになればもう気軽にポンポンシャッターを押せるわけですから、とんでもなく酷使しているわけですねえ。

ほとんどの人はこれを汚いと思うでしょうが・・。昔ながらのカメラ好きならば、カッコイイと思ってくれるはずだ(?)。

1e3


昔の報道カメラマンは、もうボロボロになるまでカメラを使う。キャノンFー1やニコンF3のブラックボディーの、塗装が剥がれて下地の真鍮の金色が出ているカメラは最高にかっこよかったのです!特に戦場カメラマンのブラックボディがそうなっているのはめちゃくちゃカッコイイ。

そのイメージ感じませんか(笑)。結構気に入った状態。

実はもともとこのカメラは塗装が弱くて、確かクレームがメーカーに寄せられていたはず。使ってすぐ塗装がはげるので有名なモデルだったのです・・。

まあ、私は昔、ニコンFMの黒を紙やすりで削って下地を出して使っていたくらいですから、この感じは歓迎。

機能的にも、もうこのカメラじゃなくてはダメな状態。それ程素晴らしい。私にとって最高の操作性です。

1e4


あのボロボロの部分がレンズバリアー、蓋になっていまして、アレを押し下げるとこのレンズが現れます。同時に電源が入る。

そう、あの蓋の部分が電源スイッチなのです。

こんな巨大な電源スイッチのカメラはないぞ。カメラは出掛ける時いつも首から下げていますが、手元を見なくてもこのスイッチは一発でわかるし、すぐに起動できる。

このカメラの前に使っていたパナのルミックス(ここに壊れた時の記事がある。)も、電源スイッチがスライド式の小さい奴でしたが、あれも指先に引っかかるので手元を見ないで起動できた。

一般的なプッシュ式の電源スイッチでは、スイッチの位置をカメラを見ないと探せないし。なので入れやすい電源スイッチにはこだわっているのです。

自転車に乗っている時も片手で操作できます。ハンドルにいつもゴンゴン当たっていたけどな・・。

釣りの時でも、片手には竿を持っているので片手で操作。

しかもこのレンズは繰り出さないので、邪魔にならない。薄いボディーは片手で持ちやすいのです。

レンズはカールツアイスですが・・。

1e5


写りは大した事は無い、名ばかりのツアイス・・。けど、この薄くて繰り出さない状態からよく撮れるもんだなと。

裏面の液晶にタッチスイッチがあって、使いにくいが慣れれば平気だった。

そして、防水。釣りで使うので防水は必要。ルミックスは釣りの最中に水没させて壊れたし。

水洗いも出来るので、臭くなったら洗えます。

で、数ある防水カメラの中で、2010年防水カメラ選びをここでやったわけで、その結果TX5にしました。

TX5の詳細はこちらに書きました。

しかし、それ程本格的な防水機能ではないのは見た目からわかりますけど・・、結局釣りの最中に何度目かの水没で浸水。

電源が入らなくなって、確かこのブログでもサヨナラ記事を書いたと思いますが・・・、しばらく干したら復活!また使い続けたわけです。

けど最近、電池が消耗して来ると発生するのですが、手振れ防止のモーターが暴走し、ブーンとレンズが振動し続けてしまい、ブレブレの写真しか撮れなくなるのです。

騙し騙し使ってきましたが、これはもういかんと・・。

サブ機のもっと古いニコンクールピクスを併用していましたが、やはり荷物になってしまう。

なので思い切って新しいコンデジを購入しました。

やっぱり、もう、TXシリーズから逃れられません。

ソニーDSC-TX30です。TXシリーズの現行機種です。

1e6


気持ちTX-5より大きくなりましたが、薄くてコンパクトなのは変わらない防水コンデジです。

やはりスナップ撮影には目立たない黒が良かったのですが、これはシルバーとオレンジしかないのでこれ。

機能や写りは進化しているでしょう。

やはりこの電源スイッチの便利さは、一度使うともう別のカメラじゃだめなんです。

被写体を見ながら手元を見ないで片手で操作できるカメラ。スナップ撮影の速写性が必要な方(写真はシャッターチャンスを逃さないことと思う人)、趣味の活動中に自分が動きながら撮影する必要のある人、に最適だと思う。首から下げたカメラを持ったときに蓋をスライドさせ目の前に液晶画面を持って来た時には起動していますから。

ただ、TX30はTX5に比べるとデザインの違いでこのスイッチが操作し難くなっている。慣れだとは思うけど、この辺のところを含めて今後レビューしてみたいと思います。

TX5もまだ、何とか撮影できるので、今後もサブ機として活躍してもらおう。バッテリーはTX30でも使えるので(何故か逆は出来ないらしい)遠出のさいは二機体制で活躍するだろう。

1e7


TX5、私にとっては名機でした。

埃だらけにしたり、海釣りのコマセで臭くしたり、ワカサギの鱗だらけにしたり。頑張ってくれたね。

お疲れ様。

|

2013年11月14日 (木)

待っていたよ、ニコン。

ああ、こんなカメラをこんなデジタル一眼を待っていたんだよ。

ニコンDf

3g1

くうう、往年のMF機をイメージさせるデザイン。

MF機からのカメラ好きには、もうたまらんね。

ペンタのニコンロゴは彫って墨入れてるの?ペンタのデザイン、そうペンタ横に黒いシボ革貼ってあるところなんてFE、FM系デザイン。

機能的にはFE2ってところですね。

スペック的には、なんとフルサイズ機です。もうここまでいったら画素とか画質だのは気にしないんだけど、フラッッグシップ機のD4並だっていうから全く問題は無し。

ただカメラとしての機能を優先すればD800の方が今時のカメラらしいんだろうな。これはやっぱり、昔のMFレンズを昔ながらの操作方法で撮影したいとか、カメラ趣味の人向けの機種なんだろう。趣味機なのにフルサイズ、ここが嬉しいよ。やっぱ50ミリレンズは50ミリで使えなくちゃ。ピントリングを回し絞りリングを回し、ダイヤルでシャッタースピードをセットする。待ってましたよ・・。

昔のカメラ好きならば、夜な夜なこんな雰囲気だよね。ブラックボディーもいいな。

3g2


くっはーっ。バーボンやリながらさ、磨いたりしながらさ、ファインダー(丸窓だよ!)覗いてさ、古いMFレンズのピントリングを回してさ、空シャッターを切る。よくやっていたよ。いや、これならデジカメなんでそのまま撮影。

いい夜になるよなあ・・。

同時発売のレンズ、50ミリF1.8はピントリングが太くてイメージを合わしたね。

3g3

くう、かっこいいね。けど、絞りリングが無くて残念。

フルサイズ機としては相当小さいらしいけど、やっぱ当時のMF機よりかは大きいよね。F2とかのイメージ。いや、F3を使うという感覚でいいかも。

ピントリングはゴムなのかい?

3g4_2

う~ん上から見ると流石にボディは太いよね・・。コンタックスを思い出しちゃう厚さ。

シャッター速度ダイヤル、露出補正ダイヤル。ISO感度ダイヤル。

このダイヤル配列たまらねえ。デザインはFE2だな。機能的にはFAか?グリップ付いているしな。

デジカメってバシャバシャシャッター軽く押して撮るけど、これならダイヤルを操作しながらフィルム時代のように1枚1枚大切に撮影するだろうな。

かあああ、欲しい。これを待っていた。なんで貯金無いのよ!冬のボーナスは小物をねちねち楽しもうと思っていたから、こんな大物想定していなかった。

11月28日発売。価格は・・・、

3g5


えっと、来年の冬までにはお金を貯めて・・・。

何か売るかなあ。

しかし、ニコンのMFレンズは随分前に全部売ってしまった。なかなかフルサイズ機が出なかった頃、もう持っていても仕方ないかと。当時の彼女を撮りまくったAi50ミリF1.4のSじゃない奴。味のある描写だった。

28ミリのF2.8とF2。無茶苦茶写りが良かった。花を撮りまくったマイクロニッコール105mmと55ミリ。懐かしい。皆売ってしまった・・。

取り戻したい。けど、ちょっと前のAFレンズも良いんだよね。

3g6

そのほかの機能も最先端のトップ機種と同等だし、フルサイズとAPSフォーマットにも切り替えられるし、加えて100%視野率ファインダー、マグネシウムボディとカメラの部分も最高機種並み。たまんねー。

なんかカメラ熱再燃。

ニコンも良いけどEOSのフルサイズも良いんだよね。マウントアダプターでレンズ遊びしたい。

昔と違って、フィルムじゃないからバシャバシャシャッター切っても現像代気にしなくてレンズ遊びできるし。

ニッコール1本くらい有るかと防湿庫をゴソゴソやるも無し。ペンタックスのMFレンズが沢山出てきたよ・・。Aレンズなら現行機で絞り使えるし。

っていうか、ペンタックスのフルサイズが出ないかと、KマウントMFレンズ売却しないで待っているのですけど・・。

ああ、ニコン、またレンズ集めるか?けど、Df登場で昔のMFレンズが品薄&高騰しないかな?

Dfの値が下がる頃にはMFレンズの中古在庫が心配です。

だから、今がDfは買いか?それとも先に古いニッコールレンズを探すか?

|

2012年9月 3日 (月)

E-PM1・その3・ストラップ&本革ボディージャケット。

オリンパスPEN・MINI、E-PM1を購入しまして、まず装着したのがストラップ。同梱の付属品ではありません。

小型のカメラに似合うストラップはやはり本革の細身の奴でしょう。純正は5000円するので手持ちの中から。カメラ道具箱をゴソゴソやって、ストラップが十数本出てきたが(笑)、ペンミニに似合うのはこれかな。

1x1

手前のこげ茶のはライカM2に使っていた奴。黒いのはキャノネットで使っていたニコン製の奴。

レンジファインダーカメラはやはりこういうストラップが似合う。ミラーレスでもそうじゃないかなあと、結局黒ボディーに違和感が無い黒色をチョイス。

1x2


やはり両吊りストラップはカッコイイね。両吊りはミラーレスや高級コンデジならでは。やはりライカあたりのイメージから来ているのかな。普及版のコンデジだと1箇所で縦にぶら下げるタイプ。高級機はこうでなくちゃ。

昔、私が元勤務していた会社の出してるデジカメ某エクシリムについて、元上司とメールした時にカメラはやっぱ両吊りだと力説したんだけど、その後あれに両吊りモデルは出たかなあ?

おじさんは首から下げるけど、カメラ女子さんとかのナウなヤングは斜め掛けするそうだ。

ペンミニは昔のMF一眼みたいにストラップ取り付け用の三角環が付いていて、取り付けやすいしクラシカルで好き。

さて、次は純正の本革ボディージャケットです。

2色買ってしまった・・。

1x3


CS-31B。税込み5670円となかなかするね。色は4色あって悩んだ。カメラ女子さんだと白とかいくのかな。おじさんはこげ茶(ブラウン)にしようかと思った(さっきのストラップに合うかもと)りしたが、ちょっとお洒落にとライトブラウンを買った。キャメルっぽい奴。けど、ちょっと恥ずかしいので黒を買い足したのです。

こういう革ケースは、昔のカメラはつけていたよね。父の時代のカメラは付いていたよな。もっとぶ厚いテカテカした革の。レンズ前面まで覆って撮る時はぶらぶら下がっているという。

最近はこういうボディージャケット。以前、高級フィルムコンパクトのコンタックスT3に装着してとても可愛かった思い出がある。こういうオプションは洒落ているのだ。

パンケーキ装着ボディにブラックを装着。三脚穴にねじ込むだけです。

1x4


ボディと同色なんで馴染みますね。ちょっと大人の風格が。

ミニはコンパクトで表面がつるつるでちょっと握りにくい。このグリップ部分が指の引っ掛かりになって持ちやすくなりますよ。

1x5


質感いいんじゃないでしょうか。本革です。

標準ズームレンズ装着ボディだとこんな感じです。

1x6


ちょっと高級感出ましたか?とてもホールドしやすくなりました。

裏から見るとこんな感じです。ボタンには干渉しません。

1x7


この上の機種ペンライトとの兼用なので、ちょっとサイドが微妙に大きいのか膨らんで・・。外して手で内側に押したらボディに沿いましたけど。気になる人は気になっちゃうんでしょうね。

一番の特徴は高さが増すということ。下部は硬い素材で厚みがあり、ボディが縦長になります。これで手が大きい人も小指までしっかり持てるし、ボディーが大きくなって私はバランスがよいと感じる。ミニを少しでも小さいカメラをと選んだ人は、このジャケットを付けるとボディは大きくなることを知っておいてください。

で、そうすると、右下に出っ張ってる部分があるでしょ?そこが親指の付け根に当たってね、握る指とでぐっと押し付けると非常にホールドがよろしい。撮影上はメリットあります。

次にライトブラウンね。これは派手だよお洒落だよ。

1x8


かっこいい。なんか違うカメラみたい。変身したね。こういうのもボディジャケットの楽しみ。

けど派手だよなあ・・。

お洒落にしたい時はこれだ。けどスナップで目立ちすぎるのも問題ありかも。

パンケーキの時は。

1x9


うん。これならカメラ女子さんにもありだよね。これなら同色の純正ストラップを装着すればぴったり合うよ。

なんか派手だけど、実際自然光だとこんな感じ。

1x10


シックな感じもあるでしょ?お洒落感ならこれだよ。

でもしばらくは、地味な黒でいくよ~。

こういうセットで完成です。

1x11


なかなかいいカメラですね。シューに光学ファインダーVF-1でもつければもっとかっこいいかな?

うん黒のボディージャケットは違和感が無いね。さりげないお洒落。

けどね、こげ茶(ブラウン)がちょっとお洒落でボディージャケット装着していますって感じで落としどころかもしれません。

ブラウン買うか?いやもう・・。

それよりも電子ビューファインダーVF-2と高倍率ズーム14-150ミリを購入しなければ。あと超広角ズームと、マクロと大口径標準レンズと。新しいカメラを買うとシステム化に散財するんですよね・・。

付属品のストラップも同梱しているけど、あれよりペンシリーズを買ったらまずは細身の革ストラップの装着をお薦めします。かっこいいよ。

ボディージャケットはちょっと個性的な外観になるし、グリップ感も良くなりますよ。

|