飲んだ酒いろいろ

2018年11月14日 (水)

サッポロ・塩レモンサワー

セブンイレブンで見つけた缶サワー。

サッポロの塩レモンサワーです。

0r1


セブン&アイグループの限定のようです。

レギュラー缶とロング缶があります。けど、近所のセブンでは最近ロング缶ばかりになった。売れているのかな?

0r2


アルコール分6%と通常のビールより若干高め。

最近流行りのストロングタイプの缶チューハイは、甘さ控えめなのはいいんだけど、アルコール度数がやや高過ぎて、すぐ酔っ払っちゃうし。

それって甘くないというよりかは苦いと感じて、ちょっと果実感も足りないかなあ・・。

もっとちょうどいいアルコール度数で果実っぽいのは無いかと探してこれがよかった。

居酒屋とかレモンサワーが流行っているそうですが。飲み屋さんで、自分で絞るタイプの生レモンサワーを除けば、チェーン店系のレモンサワーって薬臭くておいしくないよ・・。

けど、夏に行ったお洒落な飲み屋さんの瀬戸内レモンサワーは旨かった。

レモン自体が甘いのですよ。レモンの良い香りに続いて酸味と同時にほんのりと甘いという。瀬戸内産のレモンの甘味なんです。

そしてその店にあった塩レモンサワー。グラスの縁に塩を纏ったスノースタイルなんだけど、塩気と酸味とのハーモニー。もう忘れられない美味しさで。

で、今回のサッポロ塩レモンサワー。これはどうでしょうか?

アテは最近マイブームのセブンのピクルス。

0r3

お手軽で結構おいしいです。丁度良い甘酸っぱさ。

ちょっとしたおつまみが欲しい時に重宝しております。

0r4


さあ、塩レモンサワーを飲みます。

ぷはあああ!

0r5


旨いです。

レモンの果実感、爽やかな酸味とほんのりとした甘さ。程よい炭酸のピリピリが消えたあたりから塩気を感じて、後口に塩と酸味の余韻。

さっぱりとした飲み口ですね。

アルコール度数もそんなに高くないし、果実感もあるよ。

糖類が入っているのでちょっとだけ甘いんだけど、塩との関係でいいバランス。むしろレモンの甘味を演出する効果がありますよね。

ちょっと香料がわざとらしいかな?香料無しでも良かったかもね。

なかなか爽やかです。ちょいっとリピート中です。限定なんだけど、いつまで売っているのかな?

|

2018年10月30日 (火)

越乃景虎・梅酒。

梅酒って美味しいですよね。

母の漬けた自家製梅酒を幼い頃から飲んでいるからか(もう時効)、一番飲み慣れた酒のような気もします。

飲兵衛なので甘い酒は基本は飲みませんが、飲み会とかでちょっと箸休め的に飲むことも多いのです。辛い酒だって飲み続ければ飲み飽きしますから、目先を変える意味で。

いろいろな梅酒を飲みましたが、定番はチョーヤの梅酒。中に入っている漬けた梅もうれしい。

サントリーの梅酒も山崎で使った樽で仕込んだり、これも美味しい。大人になると甘さ控えめな梅酒がいいですね。

で、今回のこれ。

越乃景虎。これって日本酒だよね?

1a1


いえ、梅酒なんです。

1a2


日本酒で漬けた梅酒なんです。

1a3


瓶は見た目が日本酒なんですが・・。

通常梅酒はホワイトリカーという35度くらいなプレーンな焼酎で砂糖とともに漬けられます。

自家製梅酒は出来上がりが20度くらいでしょうか。

市販の焼酎漬けの梅酒は加水調整されて14~16度くらいでしょうか。チョーヤの紀州が14度。

それに対して日本酒で漬けられたこの越乃景虎・梅酒、12~13度と軽めのお酒に仕上がっています。日本酒の甘味を活かし、糖類控えめです。

越乃景虎梅酒は日本酒梅酒の先鞭をつけた人気銘柄です。

以前、上越高田の「割烹かこう」さんにふらっと飛び込みで入った時に、この梅酒を飲ませていただきました。

やはり地元でも人気で、入手困難だとか。

その後に数本ネット購入し、最後の1本になったのでレビューしますね。

1a4


まずは良く冷やしてのストレートで。ワイングラスが似合いそう。もっと小さいウィスキー用のストレートグラスです。

ああいい香り。アルコール感がきつくなく、香りが綺麗に出ています。

飲むと、くうう、うまいです。実に繊細。透明感のある液体。甘さはやや控え目で実にすっきりとした味わいです。べったり感やしつこさは無縁。後口に梅由来の酸味が漂い、飲みやすく爽やかです。

もともと端麗辛口のすっきりした新潟の酒で仕込まれています。龍、という普通酒で仕込まれているようです。普通酒といえば地元の晩酌用常飲酒。飲み飽きしない酒質です。

それで仕込まれているからのすっきり感なのでしょう。とても飲みやすく、希薄か?と思うほどにアルコール感が少ないので、普段飲まない人でもストレートでいけるでしょう。

ロックではどうか?

1a5


ますますスッキリ。梅の風味と甘さが良くわかるようになるが、液体はますます希薄。やや薄すぎる。少し物足りないが。普段飲まない人はこちらの方が飲みやすいかも。

炭酸割りで。

1a6


これはもうがぶ飲み用でしょう。

酸味が全面に来て、何とも爽やか。圧倒的に爽やかです。ただ風味も酒感もまったく希薄になります。軽く果汁を垂らした炭酸水のよう。

これは濃い目に作るのが正解。それでもお酒を飲まない人もお酒と気が付かずに飲んじゃうでしょう。

実にすっきりとした梅酒です。けど癖が無いかというと、日本酒の癖はあります。クリアな液体なので案外それが目立ちます。けどそれを越えてのスッキリ爽やか感です。

やはりおすすめの飲み方は良く冷やしてのストレートです。これは止まりません。梅の風味と酸味がとても心地よいのです。アルコール感も感じず、まろやかで優しい味わいです。

1a7

梅と日本酒の風味を楽しみながらクイクイ飲めます。

どんどん飲んじゃうけど、アルコール度数は12~13度があるので、飲み過ぎ注意ですね。

|

2018年10月 2日 (火)

秋限定ビール2本。アサヒ食楽&サッポロ焙煎生ビール。

もう、朝の肌寒さに秋を感じます。

今年は秋限定ビールが出ていますね。以前からある「秋味」が王道ですが、今年はこんなのも出ています。

1r1


アサヒから「食楽」サッポロから「焙煎生ビール」が限定で登場。

缶のデザインが似ている?

1r2


これは偶然なのか?

金色っぽいアイボリーに紅葉を散りばめたデザイン。紅葉デザインは秋味が元祖ですが。秋味にも似ているか・・。まあ紅葉を散りばめればみんな似てしまうか。

秋に似合うビールの味ってどんなだろう?食欲の秋をイメージ?

ご飯に合うビールなんだろうか?

1r3


パッケージにはサンマを焼いたのがあるけど・・。

アサヒ食楽。

1r4


飲んでみます。

1r6


苦味が効いている。麦ではなく国産ビールには使われる米を焙煎したとか。

焙煎らしさはやや焦がした風味がほんのりで、それほど強くない。スパイシーな感じで喉を通る。結構苦いが、焙煎効果なのか少しの甘さを盛る。

そして後味には結構な辛さを感じます。むしろ辛い余韻が長い。

何と香辛料が原料に入っています。

1r5


スパイス的な辛さで、香辛料は胡椒系が入ってるのかな?いやこれ本当に後口が辛いよ。うーん。

メーカーの紹介によると、

「食がすすむ秋にふさわしい限定醸造生ビール。食事の味に負けずに調和するしっかりしたコクがありながら、新たに採用した「国産焙煎米」による香ばしい薫りと、これまでのビールには無い喉の奥にピリっとくる心地よい刺激によってより食が楽しめる、食欲の秋ならではのビールです。」

とのこと。

こういうのが増えるのかな。香辛料など副原料を加えたビールが。

4月より酒税法改正でビールの副原料が認められたようで。発泡酒なんかはそういうのがあったが、これでビールに使える副原料が大幅に緩和されたそうで、ハーブとか果皮とか香辛料とか、鰹節入りなんてのもアリだそうで。

この副原料の香辛料の辛みで食が進む感じを演出しているのかな。少し邪道かなあ、こういうフレーバーを加えたビールが増えて来るそうだけど、私はビールっぽいビールがやっぱ好きだ。王道で行こうぜ。

次。

サッポロ焙煎生ビール。

1r7


メーカーによると、

「厳選した2種類の焙煎麦芽(最初の香り立ちが良い焙煎麦芽と、奥行きのある香りが特徴の焙煎麦芽)を絶妙に組み合わせることで、芳醇な麦の香りと深みのある味わいを実現しました。さらにアルコール6%による力強いコクを引き出しました。」

とのこと。

過去に何度か販売流通限定で発売されたそうですが、今回は秋限定で全国発売に。

これも米が入っているタイプですね。副原料に変わったものはないようです。

1r8


色は結構濃い目ですね。

1r9


飲みますと。

お、香ばしい。そして甘みもありますね。焙煎した感じが伝わります。それでいて飲みにくくなく、後味はすっきりしています。程よい苦みと、コクはそれ程でもないか、個性がありながら飲みやすいです。

雰囲気的には黒ビールと普通のビールをブレンドしたハーフ&ハーフに似ている感じですか、香ばしさがいいですね。

これは、焙煎の香ばしさでコクを感じさせ、後味はすっきりとしているタイプ。

で、秋限定のビール。

結局、秋の食事に似合うビールというコンセプトでしょうか?

コクや香ばしさを出して秋の食材に負けない味わいとするとともに、やはり旬の風味を邪魔しないスッキリさ、という事ではないかと。

香ばしさはインパクトがありますが、常飲はしないかなあ。

私は秋限定ならば、王道の「秋味」の麦芽1・3本分という麦芽の効いた、ビールっぽいビールが一番好きですけどね・・。

|

2018年8月20日 (月)

川場ビール・3本。

先日、川場村にある道の駅「川場田園プラザ」で購入した地ビールです。

川場ビール。

2q1


道の駅の中の川場の物産を扱っている店舗にて。確か店には種類が4本あったのですが、アルコール8%だったかのそれは高価だったので、この3本にしました。

以前もここで購入してレビューした記憶がありますが。ラベルが変わりましたね。ラインナップも変わったようです。

まずはこれ。

2q2


雪ほたかかピルスナー。

副原料に川場産コシヒカリ”雪ほたか”を使用したビールとのこと。昔からの日本のビールはお米が入っていますが、これはどうかな?

2q3


色:透き通るやや薄めのレモンイエロー。

香り:少しのフルーティーさ。

2q4


飲む:爽やかな飲み口。苦みも適度でスッキリめ。余韻に麦の香ばしさと、ほのかに米の甘い風味がある。

米配合のビールで米の風味を一番感じる。苦味甘味の中にコクがある。最後は爽やかに切れて旨みもある。

 

ヴァイツェン 

2q5


色:緑掛かった黄金色。かなり濁りがある。

香り:ややフルーティー。

2q6


呑む:地ビールらしいフルーツ感はあまりない。きめ細やかな泡。地ビールっぽくないから飲みやすい。癖は無い。結構濃い目でカラメル風の香りがかすかにあってコクがある。後口に軽めの苦みと微かな酸味。

しかし酵母のオリが凄いが、それ以外はある意味地ビールらしくなく、個性としては少なめだが、濃いのにまろやかで飲みやすい。

アンバーエール

2q7


色:赤褐色。濁りがあって、泡も赤味掛かる。

香り:ホップの香りが良い。

2q8


飲む:カラメルのちょっと甘い風味。少し黒ビールのような香り。ホップが効いている。程よい苦みと、麦の香ばしい風味が良い。これもまた癖が無く、とても飲みやすい。

川場ビールを3本飲んで感じたのは、癖のない飲みやすさと爽やかさです。地ビールというと妙にフルーティーで果実の香りが全面にあって、昔あった地ビールブームの時はそれが飽きられちゃって消えたところも多かったのでは。

川場ビールは普段飲んでいるビールと変わらない感覚でごくごくと飲めます。苦みのバランがよく爽やかで、それでいてコクのある所が特徴かも。後口も切れます。

もうちょっと地ビールっぽい個性や癖があってもいいんじゃないかとも思いますが、この呑みやすさは誰でも好むところでしょう。あとは値段とのバランスでしょうか?

メーカー品に少し個性を加えて飲みやすい、フレッシュなビールが飲みたい時にあり。川場村に来たらぜひご賞味を。

 

 

 

 

|

2018年8月14日 (火)

お盆酒。

飲んでます。飲んでます。

お盆休みですから飲んでいます。

和な感じのするお盆ですから、まずは日本酒。

最近は甘い生酒が多かったので辛口で。けど夏なので爽やかなフレッシュ感も欲しい・・。

端麗辛口な久保田の生原酒です。

2w1

吟醸の本醸造タイプの生原酒。アルコール度数が高い。

久保田はすっきり過ぎてあまり飲まないのですが、生酒ならではの甘さとフルーティーさが加わり、それでいてやはりそこは淡麗、甘過ぎず。

で、原酒のアルコール度数の高さからコクと飲みごたえがあり。本醸造タイプなので辛さも切れも十分。

これはグッときますね。飲ませます。お燗好きの飲兵衛が冷やで飲むならこういうタイプが良いのかも。

お盆っぽくなってきたぞ。

夏だ猛暑だ。ならばビールだ。

もう嫌というほどビールを飲んでいますが、ここでクラフトビールを。地ビールです。

先日行ってきた川場村の道の駅「田園プラサ」で購入した川場ビールです。

2w2

この雪ほたかピルスナーは、現地で生産される米の雪ほたかを加えたビール。


2w3

スッキリ爽やかでほのかにフルーティー。そして麦の香りに交じって米の風味も感じられます。

ぷっはあ、効く~。

そして爽やかハイボールです。ハイボールのウィスキーといえば夏はやっぱり白州です。

最近全く売っていませんが、1本空にして、自己在庫残りあと2本です・・。


2w4

以前はスーパーでも普通に売っていた白州ですが。原酒不足からの国産ウィスキーの品薄。白州12年の休売から、この白州NAも全く見無くなりました。

無くなる前のストックをちびちび飲んでします。ネットショップでは1本8000円前後と倍のお値段がついていますからね。潤沢になるまで待ちましょう。

ぶはあああ!これも効くうう~。ソーダで割って爽やかすぎる~。

梅酒も忘れちゃいけない。

甘くて爽やか。

寝かせておいたこれを飲んでみた。

越乃景虎の梅酒。

2w5

これかなり評判でして。上越高田の割烹で飲んで気に入って買ってみた。

日本酒で仕込んであって、甘さ控えめでとてもスッキリしています。淡麗梅酒。

ロックやソーダで割ってみたが、こいつは瓶ごと冷やしてストレートが一番です。

もうお盆だし、良いワインを奮発しましょう。

ブルゴーニュブラン(白)を久しぶりに。

盆と正月はブルゴーニュの村名以上のクラスを飲んじゃいます。以前ワインにはまっていた頃は日常的に村名を飲んでいたが、ブルゴーニュが超高騰しているのでもう無理・・。

ルイジャドの村名ムルソー2015年。


2w6

ルイジャドのこのラベルはスーパーでも良く見ますが、それとは違うのだよ村名ムルソーだよ。

やはり樽感が欲しいので、白はこのクラスから。

いい色。

2w7

くはああ。蜂蜜の甘さに柑橘フルーツの酸、ナッツの香り。クリーミーなまろやかさに樽香。これは本格的なブルゴーニュブラン。

果実味と綺麗な酸で爽やかすぎる。旨い~。

いい思いをしたよ・・。

あとは晩酌のウィスキーはこれ。

こんなに集まってしまった、サントリーローヤルのオールドボトル。

2w8

昔のローヤルです。これが旨い。

やっぱ私はウィスキーをロックで飲むのが好き。加水で旨くなるのが日本のウィスキー。

しかし、今の国産ウィスキーは原酒不足からNAクラスでは若すぎてイマイチなんだ・・。

山崎や白州クラスも入手困難だし、味も落ち気味。現行ローヤルも値段の割にはなあ・・。

なので昔のボトルだ。この画像にあるものを紹介すると、

ローヤル’60は1960~70年代で白州の原酒も無い時代、山崎原酒がメイン。80年代のSRは山崎15年モルトが使われている。2002年~2008年の12年SR,12年も山崎12年以上と白州12年以上の原酒が入っていますから。15年はシェリー樽原酒の15年以上ですよ。

今じゃあ山崎12年や白州12年は全く入手困難ですが。この時代のローヤルならばブレンデットですがそういう原酒の風味が味わえるのですよ。

昔の国産、ぼちぼちと飲んでいます。購入時は栓のコルクの状態にお気をつけくだされ。

はああ、お盆は飲んでいます。14日は夕方は仕事に行きましたが、夜は飲んで飲んでます。

|

2017年8月24日 (木)

チョーヤの梅酒が旨いっしゅ。

この夏ハマったのは梅酒です!

それも、チョーヤの梅酒ね。一番スタンダードなやつ。

K1


甘いお酒は基本飲めない私ですが、梅酒だけは別。この爽やかな酸味がいいんですかね?

さらりとした奴とか、飲みやすい梅酒とか出ていますけど、このスタンダードなやつが一番。

なんといっても漬けた梅がそのまま入っているし!

この夏は、小瓶でスタート、1本飲み切って、止まらない、

2本目も飲み切った~。

K2

この中の梅を食べるのも醍醐味ですが、我慢して残しておきます・・。

もうこうなったら大瓶でしょう。

K3

そこへ、さっきの小瓶2本から、梅を移動いたします!

これこのように、たっぷりと梅の入った大瓶の出来上がりですよ。これで梅のエキスがさらに出るってもんだあ。

K4

やっぱ、我々の世代だと、人生最初の飲酒体験って、家で漬けている自家製梅酒じゃないでしょうか?

小学生の頃ですかね?いやいやもう、時効だよ(笑)。

最初はこの梅をかじったりしてね。お、旨いじゃん?甘いし。梅のリキュール漬だもんね。デザートですよ。

そのうち、親に内緒でこっそりとね、台所の茶箪笥の上にある大きな瓶に入った梅酒をね、コップに移してちびちびと・・。甘い!ウマあ!けど強いから水で薄めてね。

で、そのうちひっくり返ると。

いやー、甘いけど飲めちゃうんだよ。

夏はビールですけど、2本3本と飲むとね、やっぱ酒を替えたくなる。でもやっぱさっぱりした奴がいいんだよね。

そうすると梅酒なんですよ、暑い時期は、奥さん!

ああ?あれれ、これも飲み切っちゃいますね・・。


K5

そうすると梅が露出して、傷んじゃうかもしれませんね。これ以上梅も増やせませんしねえ。

そこでこれ。紙パックのチョーヤの梅酒ですよ。


K6

中身は同じでしょう。けどこれには梅が入っていません。

でこの中身を大瓶にですね、

K7

これこのように注ぎますと。


K8

ほうら梅酒が満杯ですよ。これでさらに内部の梅からエキスが出て旨くなりますよ、奥さん。


K9

しかもですね、この作業を繰り返すことで、いつまでも、飲んでも飲んでも・・、

梅酒が減らないんですよ、奥さん!

不思議ですねえ・・。

凄いですねえ。

この後いったいどれだけ紙パックの梅酒を追加したのか。この夏相当飲みました。

基本はまったりとロックですか。


K10

けどスカッと爽やか、ごくごく飲めちゃうのがソーダ割ですよね。


K11

もうのど越しですよ。ビールと違った爽やかさです。

この夏は梅酒にハマったー。

もう、梅酒の夏でした。そろそろ中の梅をかじるかな。

|

2016年8月11日 (木)

お盆休みはサッポロラガービール。

やっと、お盆休みになりました。

つ、疲れた、夏バテ状態・・。

けど、そんな時はビールで栄養と水分補給(?)です。

0s1

夏はやっぱり若い頃から飲んでいるキリンのラガーだよな、っと思っていましたが・・。

7月下旬頃からコンビニで見るようになって、この夏に愛飲していますこのビール、

サッポロラガービールです。

0s2


ぷはあああ、旨いねえ~。夏っぽいねえ。

世の中の缶ビール、麦芽100%の生ビールが台頭してきた昨今、

このサッポロラガーは米の入った熱処理タイプの日本伝統ビールです。

若い頃、家族の目を盗んで父親のキリンラガー瓶をこっそり台所で飲んだ夏の思い出がよみがえる。

昔のビールはこのタイプが主流。

ちなみにラガーとは貯蔵庫(ラガー)で熟成させた下面発酵ビールのこと。最近ウケているエールとかのフルーティーなビールは上面発酵ね。

サッポロラガーは昔ながらの味わいの厚いビールです。

0s3

サッポロラガーは赤い星。1877年に誕生した日本で最も歴史のあるビールブランド。片面にはその1877年発売当初のラベルを再現。ラベルの1876年は創業年。

星は北海道開拓使のシンボルの北極星とのことでロマンがある。

赤星の名で、主に飲食店にて瓶ビールとしてのみ販売されてきました。

それがこの夏、数量限定で熱処理缶ビールとして販売されたのです。(普段飲んでいるサッポロ黒ラベルは黒丸に金星で生タイプです。)

昔は熱処理だったキリンラガーが、アサヒスーパードライの生ナンバーワン宣言に対抗するため96年に生ビール化され、オールドファンを悲しませました。その後キリンクラシックラガーで熱処理タイプを復活させましたが今一つ店で見ないですね・・。

生だからと熱処理だからと味に差があるわけじゃないらしいですが、昔ながらの製法で昔の味わいを作り続けていることがおっさんには嬉しい。

コンビで昔ながらのビールが買える喜び。この夏はサッポロラガーで乗り切ります。

つまみも、夏のビールには枝豆、焼きイカ、焼き鳥があればよろしい。胡瓜の塩もみだけでも良い。

コンビニに敬意を表して、セブンの三角つまみシリーズ(笑)。

0s4


この焼き鳥、けっこうしょっぱくてビールのアテにいけてます。イカと枝豆は食感がイマイチだけど。

ああ、やっとお盆休み。ここまで予定通りの夏休みが取れず、夏の計画はパーに。

ここ2週間の仕事は体へのダメージが大きく、今週の3日間はもうヘロヘロ。お盆は体の回復に当てますよ。何処へ行っても混んでいるしね。

夏後半の永年勤続リフレッシュ休暇に期待です。何処かに行ってきます。

オリンピックを観ながら、朝からプシッとビールを飲む幸せ(笑)。オリンピックに隠れてちょっと高校野球が地味になったけど、熱戦が続いていますよ。

地元前橋育英高校戦もビールを片手に応援。残念だったけど春も頑張って。

ここ群馬は車社会なんで休日も夜まで飲酒はおあずけですが、お盆くらいは何処にも車で出掛けず家にいて昼から飲んで良いでしょう?お盆休みは明るいうちからサッポロラガー飲ってます。数日間の幸せですから。

お疲れさま~。

|

2016年2月16日 (火)

ノンアルコールビールを美味しく飲みたい・・・。

職場の方からノンアルコールビールを頂きました。

ありがとうございます。

2w1

お知り合いから頂いて飲まないからとのことで頂きましたが、これは酒販店向けの販促品ですね。ノンアルコ-ルレモンサワーもあるのか今じゃ・・。

2w2


見本缶です。販促品はこうして人伝に渡っていくことも販売促進活動なのですよ。元企業の販売促進マンの私が言っているので間違いない(笑)。

普段、ノンアルコールビールは飲みません。だってアルコールが入っていないからね・・。

けど、車で行って帰って来る宴会ってことになればね、その場の雰囲気もあるのでノンアルコールビールを飲みます。

特に多いのが法事。

お清めの席でね、親戚に囲まれて話すこともなく、堅苦しい雰囲気。飲み物もコーラやバヤリースじゃあ量が飲めませんし間が持たない。ウーロン茶じゃ感じが出ないって時に、このノンアルコールビールを飲みますね。唯一その時。

出たての頃のノンアルコールビールよりビールっぽくなっていますよね?っと会話を何とか繋げる話題になるしね・・。

今回もそのまま飲んでみますと、うーん、やっぱり、ビールと違う・・。独特の酸味があってビールとはかなり違う感じ。

ホッピーって知っています?あれ旨いんですよ。焼酎で割るノンアルコールビールなんだけど、あれはアルコールが0・8%入っているそうで厳密にはノンアルコールじゃないし。好きな割合でアルコール濃度を調節できるので結構好きなんですよね。あれはあれで独特の世界。

んん?ホッピー・・。

ノンアルコールビールのうまい飲み方を思いつきましたよ!

アルコールを添加するのだ(笑)。

ホッピーみたく焼酎で割っちゃえばいいじゃん~。

ノンアルコールレモンサワーなんて、焼酎で割ればそのままレモンサワーじゃん~。

ええっと、焼酎割なら無味無臭な甲類焼酎ですが・・。

芋焼酎が沢山ストックしてあるので飲まなくちゃね。

2w3

旨い芋焼酎ばかりですが減らないやつもあるよ。んー、減らない焼酎はお気に入りじゃないんで消費しましょう。

この中で一番芋焼酎っぽくない奴です。名前は伏せますが、イモ焼酎の癖が嫌いな人に飲んでもらおうと米焼酎をブレンドして飲みやすくした品。芋っぽいのが好きなのであまり飲んでいなかった。

2w4

これなら合うだろう・・。


「美味しいノンアルコールビールの飲み方」

まずグラスにノンアルコールビールを注ぎます。

そこへ焼酎を注ぎます。

2w5


材料もグラスもすべてよく冷やしておいて、氷はいれないで、ホッピーがそうだから・・。

では、いただきます!

ぐっ。

すんません。私が悪かった・・。やっぱ芋焼酎の風味と甘味が合いませんでした・・。

でも、これは甲類焼酎で割ればイけると思うよ。

冷蔵庫を探すと・・・、あった!

おおお!ホッピーには最適とも言われるキンミヤ焼酎ではないですか!

2w6


良し、今度はスタイルフリーでチャレンジ。

キンミヤ焼酎で割って。

2w7

いただきますー!

おおお!これはイケる!

美味しいんじゃないでしょうか?

やはり酸味が強く、旨みが薄いのでホッピーには及びませんが、雰囲気はホッピーですよ!

うん、これはキンミヤ焼酎の素晴らしさもあるな。

ノンアルコールビールの焼酎割り。キンミヤ焼酎ならばイケますよ。

飲みごたえあって、酔い心地も素晴らしいいいい・・・。あっという間に飲んじゃいますね。

ご馳走様でした。

|

2015年12月 1日 (火)

部屋からコニャック4本発見。

この前の土曜日は、部屋の掃除をしたり、布団カバーを新しくして干したり、雑誌や本を整理したりのお片付けをやりました。

掃除機をガーガー掛けながら、壁と家具の隙間に突っ込んだロードバイクのホイールケースを引っ張り出したら、その奥から何やら袋が・・。

ん?と思いながら引っ張り出してみると中から酒のボトルが4本!

0l1

何やら高級そう・・。ハイソな家庭のキャビネットに入っていそうなボトル。

思い出しました。もう何年も前、以前の職場の同僚Mさんから「家にあって誰も飲まないから~」と頂いたものです。Mさんも頂き物だったようです。

ブランデーの中でも高級なコニャックです。飲まない人でも知っているようなメーカー品。

ブランデーというのは、ワインを蒸留して樽熟成させたものです。アルコール度数40度ほど。そのブランデーの中でも、フランスのコニャックという町の周辺で作られるのがコニャックです。高級なんです。

アルマニャック地方で作られるブランデーはアルマニャック。それ以外はフランス産でもフレンチブランデーと呼ばれる。フランスのスパークリングワインでもシャンパーニュ地方で作られるのがシャンパンで、それ以外はクレマンだよね。

違うジャンルでは下仁田ねぎは下仁田町で作られるぶっとい葱だけです。それ以外は味も落ちるらしいし・・。

そういうわけでコニャックはコニャックで作られるブランデーのみで厳格な基準がある。

等級があって、熟成年度によってVO→VSO→VSOP(5年熟成)とのこと。

これ以上は、7年熟成以上で、ナポレオン、XO,エクストラとかを表記するけど、それはメーカーが等級を独自に決めているみたい。普通のフレンチブランデーでは結構安価なナポレオンが沢山存在するが、コニャックでのナポレオンは別格の上級品なのです。

てーことらしいが、私にはあまり縁のない酒でした。なんかハイソぶっている感じがしてね。これを頂いた時も、イモ焼酎大好きで興味が無かったんで、はあ、ありがとうございます、くらいでしたが・・。

これらを調べたらすごい高級品であったわけで、ありがたいです。

今は自分ウィスキーブームですから、樽熟成した蒸留酒に興味が無いはずがありません!

頂きます!

相当年月が経っているものばかり。蒸留酒はワインのように瓶内熟成はしないので、これは単に古酒になります。もう現行のボトルじゃないようです。味のレビューはまた後日。頂いたのは・・、

レミーマルタン・VSOP

0l2


これはボトルデザインは変わって現在も販売中。スタンダード品ですな。現行品は3500円前後、この古酒は4500円前後で取引されているようです。

カミュ・ナポレオン・エクストラ。

0l3

カミュは現在アサヒビールが取り扱っているようです。そのラインナップにナポレオンはありません。このナポレオンエクストラは上級品で、昔は5万円したなんて表記もあったな。

0l4


カッコイイラベル。

古酒のナポレオンは4000円前後、ナポレオンエクストラは6000円前後で取引されているよう。

レミーマルタン・XO・スペシャル。

0l5


こいつはボトルが高級そうですな。現行のXOエクセレンスは1万円前後。このXOスペシャルは1万2千円前後で取引されています。

しかし、このボトルのキャップを掴んで持ち上げたら、ぽきっと中のコルクが折れてしまった。あああ・・。もうコルクがぐずぐずになっていました。ほじって穴を開けてすぐに飲み始めました。

0l6


ラップで蓋をしてあるので早く飲んでしまいましょう。

コルクはどれもグズグズになっている可能性があるので、コルクを湿らせるためしばらくボトルを横にして保存しましょう。まあコルクの匂いがつく前に早く飲んだ方が良い。

最後は真打。

クルボアジェ・ナポレオン。

0l7


これこそ本物のナポレオン。世界で最初にナポレオンの名を冠したそうで。クルボアジェがナポレオン1世にコニャックを献上して好かれたことから。ナポレオン3世も飲んだとか。これぞ元祖ナポレオンです。

クルボアジェは昔は高級洋酒の代表格だったそうで。現在サントリーが扱っているが、正規品の定価は2万円!うわー。

けど並行品は5000円前後で入手可能ですが・・。まあ、楽しみです。

Mさんありがとうございます!今更ながら価値がわかりましたよ。

ちびちび飲んでみます。全部飲み切ったらコニャックを語れるようになるでしょうかね。

旨かったら、いつかレビューします。

|

2015年11月 8日 (日)

川場ビール・2本。

群馬の地ビール、川場ビールです。

0v1


先日、群馬の沼田市のさらに奥の川場村にある管理釣り場「川場FP」へ釣りに行った帰りに、お土産として購入した地ビールです。

その釣り場の近くにある道の駅「田園プラザ川場」にあるビール工房で作られています。

田園プラザ川場は「関東好きな道の駅5年連続1位」「日経プラス1 家族で一日楽しめる道の駅 東日本第1位内」だそうですよ。

すごいよ。パン工房、ミート工房、ピザ工房、ミルク工房、そしてこの川場ビールを作っているビール工房があるという、そりゃ人気が出るよねっていう個性的な道の駅なのです。

ミート工房の、ハムやソーセージを焼いた山賊焼きは行列ができるという。

当日は釣りが長引いてしまい、閉店間際に行ったらもう真っ暗でどこもやっていない。山賊焼きがああ・・・。ぎりぎり開いていた物産センターで川場ビールを購入できました。

二種類購入できまして、川場ビール・ヴァイツェン。

0v2

と、川場ビール・レッドエールです。

0v3


今時王冠の栓なので栓抜きが必要です・・。どこにあったかなあ?栓抜き。見つからないので、スイスアーミーナイフの栓抜きを使用。

0v4


まずは川場ビール・ヴァイツェンを飲んでみます。

0v5

アルコール度5%。330ml価格税込み432円。


酵母を残した無濾過なのでやや濁りがあります。

0v6


飲むと。

さわやか!地ビールのフルーティーすぎる癖もなく、ほのかなフルーティーさ。

飲んでいるときは苦みも少なくスッキリ。あと口にさわやかな苦みが少し残ります。

とても飲みやすく、爽快。これは暑い日なんていくらでも飲めてしまいそう。飲み口の良い美味しいビールです。

レッドエール。

0v7

アルコール度5%。330ml価格税込み432円。


濃い赤褐色が印象的なビールです。

0v8


カラメル香が前面に。一瞬黒ビールのような味ですが、苦味が効いて、余韻は甘い。コクのある濃い味わいです。最後はきりっと切れる苦味。こいつもうまい。

両方ともさわやかなんです。地ビールっぽいフルーティーさよりもキレ重視の飲み口の良いビールです。

ヴァイツェンはどなたにもおすすめの爽やか系。

レッドエールはコクのある個性的な味。

川場に来たらお土産にぜひ。

良いお値段なので毎日は飲めませんが、沼田方面に釣りに行く度に買ってしまうでしょう。

|

その他のカテゴリー

つぶやき日記 | カメラ | キャンプ | キャンプ道具・山道具 | ギター | クッキング | ニューバランス | パタゴニア | フォルクスワーゲン・ポロ | ホンダ・フィット3・13G | 二十歳の原点 | 山登り・トレッキング | 思い出 | 旅行・地域 | 時計 | 温泉 | 自転車・その他機材&ウェア | 自転車・アンカーRML7 | 自転車・ウィリエール | 自転車・ウィークエンドバイクス26 | 自転車・テスタッチ | 自転車・デローザ | 自転車・トレックMTB | 自転車・バイクフライデー | 自転車・ピナレロ | 自転車・ブロンプトン | 自転車・TIME | 自転車・プジョー・パシフィック18 | 葬儀 | 読んだマンガ | 身のまわりのモノ達 | 釣り | 釣り・おくとねFP | 釣り・アングラーズエリアHOOK | 釣り・イワナセンター | 釣り・ウォーターパーク長瀞 | 釣り・フライ | 釣り・ルアー道具 | 釣り・ワカサギ | 釣り・前橋フィッシングパーク | 釣り・宮城アングラーズヴィレッジ | 釣り・川場キングダムF | 釣り・川場FP | 釣り・海釣り | 釣り・赤城フィッシングフィールド | 釣り・釣りキチけん太 | 釣り・FPベリーズ迦葉山 | 釣り・FPベリーズ青柳 | 電動おやぢアーカイブズ | | 食べたもの・食べた店 | 飲んだウィスキー | 飲んだワイン | 飲んだ日本酒 | 飲んだ焼酎 | 飲んだ酒いろいろ