釣り・ルアー道具

2019年4月17日 (水)

男竿降臨。

はあ、はあ。

いい竿を持っているらしいじゃねえか?ああ?

なあ?その竿を見せてくれよ・・。

いいだろう?見たいんだよ、そのお宝を。

いい竿なんだろう?

男の竿が見てえんだよ。

その竿でブイブイ言わせるつもりなんだろう?

ええ?その凄い竿でヒーヒー鳴かせたいんだろう?

ああ・・、見せろよ、その竿を。

赤紫色に輝く男の竿を見てえんだよおお!

何い?見せてくれんのかよ?ほ、本当か?は、早く、

早く、出して、今ここで出して、見せてくれええ!

うおおお!

こ、これは!

2r1

う、美しい・・。

2r2

管釣りトラウト用ルアーロッド。

フォーナインマイスター・ホワイトウルフ、

2r3

62L-TRZ、

2r4

トラウトショップ・リミテッド。

北関東の釣り具ショップ・オオツカさんの別注ロッド。予約して購入してしまった・・。

所有のトラウトショップLTDは62ULに続いて2本目。

どんなリミテッドかというと、

ホワイトウルフはEVAグリップでコルクグリップはUL-eのみだが、他モデルもコルクグリップ化。

塗装の薄いアンサンドで軽量化。パープル意匠のコスメ。

2r5

パープルパーツで華やか。

ん?皮がかむっているじゃねえか・・。男の竿がもったいない。

いつものように、割礼の儀式を行わなければ。

むいてやるからな・・。ズルむけにしてやるぜ。

さあ、ペリペリとむいてやるかな?

いや、まて、まだこいつの出番じゃないな。

トラウトショップLTD62ULの方もお宝ロッドとしてなかなか出番が無い。もったいなくって・・。

しかし、2本になってこれからはメインロッドに成っていただく。

それなのに、今シーズン釣りをしていない!

渓流フライ釣りは完全に出遅れ。地元漁協の年券はもう買うまいと思ったし。別の釣り場も出かけられない。もうフライは今シーズンは行かないかな。

管釣りがメインになりそうな今年、けど、冬季自主禁漁からいまだ自己解禁も出来ていない・・。

仕事の年度末から年度初めのバタバタが収まらず、さらに忙しくなってきた!

GWもいつもの様に出勤が多そうだが、10連休でリセットしてみせる。

管釣りは道具をシンプルに見直そう。

このロッドの詳しいことや釣行記はまだまだ先でしょう。

GWで、何とか生き返ろう・・。

そして、ドラグを鳴らしてやるんだ、この男竿を振りまわしてやる。

え?どの辺が男の竿なのかって?

それはね、

お値段が男(笑)。

 

|

2019年1月12日 (土)

加賀用。

正月休み明けの三連休。年明けのお仕事が思いのほか体にダメージがあったため、初日は休息。

まあ、疲れたってことで。洗濯3回やって釣り道具の購入。

年末に行った栃木県の管理釣場「加賀フィッシングエリア」さん用のルアーを若干買い集めてみました。

B1


加賀さんは、広大な釣り池に遠投する楽しさと、魚の活性が高くいろいろな釣り方で楽しめました。

地元は狭い釣り池と冬場は魚も動かないので、加賀さんには通っちゃうかも。

前回は初めてだったので手探りで釣りましたが。前回の釣行で掴んだ情報から、攻め方を再構築。

やはり圧倒的に広い釣り池の沖から手前まで魚がいる。ちょっと今まで通った管釣りと違った攻め方が必要では。そうすると手持ちのルアーじゃ足りないな・・と、口実を作ってまたルアーを購入(笑)。

遠投放流スプーン。前回はノアBOSS3・5グラムを使ったがサイズがでかすぎて喰わない魚も多そう。

ノアB2・6gの方がより使いまわせそうな感じ。しかし距離が足りない。ノアBOSSも空気抵抗がでかいのかノアB2・6gと飛距離は変わらず、放流イケスまで自分の釣り場からは届きませんでした。

重たいスプーンは普段使わないので、手持ちはあまりありませんし。

え?こんなのあった?と思って思わず購入したコレ。

ノアB3・4グラム。

B2


放流用のオレキン、アカキン。グリメタ。

こんなウェイトがあったとは知らなかったよ。ノアBは2・6gだけだと思っていた、最近出たの?

これはいいかも。シルエットは2・6gと同じで肉厚になっている。スピードは速くなるだろうが、飛距離は手持ちでは一番飛びそう。飛距離が欲しいんだよおお。

クランンクは、日中もグローカラーの反応が良かった。表層下よりもちょっと下の中層上あたりまでを狙いたい。

クランクは上か下かでやっていて手持ちはDRとSRばかりでMRが少ない。なのでMRを探したが小さ目のモデルのMRってあまりないのね・・。

買ったのはこれ。

B3

ウッサは前回使わなかったと思うけど、期待しています。普通クランクは巻くと潜航するがこれは浮上します。カウントダウンで沈めて巻き上げて反応が良し。スプーンの様に使えるクランクです。中層を切って使えそう。より沈みの速いXSのグローカラー。

チビパニクラDRは、MRを探したけど無くて、大きいチビじゃない方はMRがあるので勘違い。SSじゃないDRにして速度でタナを調整。ショボクレグローというのが前回反応が良かったので似た緑っぽいグロー。

これで加賀対策は揃ってきました。新兵器を携えて加賀へ出陣か。

行くの?いつ行くの・・。

ああ、ちょいロングロッドが無いとね、ロングロッド買わなくちゃね。

ていうか、釣り始めもまだでしたね。

いつ行けるの・・。

|

2018年11月29日 (木)

PEラインを交換。

管釣り用のリールのPEラインを久しぶりに交換しました。

0g1


先日のWP長瀞釣行で、PEラインタックルでライントラブル。

スプールからラインが飛び出したので、ラインを引き出したら・・。

ダメですね。PEラインを引き出しちゃ。アウトです。元には戻りません。

編んである糸。釣り糸とは思えない、木綿糸みたいで全くコシが無い糸。

そういう時は重めのルアーを装着して遠投するのが一番解決に近いと思っていますが、今回失敗。

切って、リーダー繋ぎ直して、重目のミノーを遠投したら。WP長瀞の噴水を過ぎたあたりで、ラインが目いっぱい出てピーンとなって、そこでポちゃんと落ちた。こりゃだめだ。短すぎ。

随分こいつは長持ちしました。けどこれでお終い。

購入したのは、前回と同じく、バリバスのエリア用PEライン0・2号のイエロー。

0g2


これはいいと思う。強度もばっちり。トラブルも少なかった。PEはピンクも使ったことがあるけど黄色の方が自分は見やすい。

PEラインは、自分はミノーとボトムで使用。ボトムはラインを目視してアタリを取ったりするので視認性は重要です。

これからは大きな池での放流遠投スプーン用にも使おう。

お値段は高いです。管釣りラインでは長さ単価では一番高いと思う。けどね、すごく長持ちします。

これも数年変えてなかった。それでも大丈夫。

ナイロンやフロロは私は1カ月で替える。ナイロンは強度が落ちるし、フロロはよじれたり癖がついてトラブルが多くなる。

けどPEはものすごく長持ちするので、結果、一番安いラインなのです。

感度最高。伸びないから。けど浮くし風に弱いので使いどころは限られます。

伸びないので魚をバラしやすい。ショックを吸収し、擦れて切れないように、見た目カラーが派手なので魚に気がつかれないようにショックリーダーを接続します。

伸びないからの操作性や、沈めて感度が必要な釣りに使うので、私はフロロカーボンのリーダーを装着。

いままで3lbを使っていましたが、高価なミノーなどをロストしないように4Lbにしました。

0g3


これでよしと。

ついでにクランクも購入。

最近話題のウッサ。

0g4


クランクは巻くと沈んでいきます。けどこれは巻くと浮き上がるんです。沈みの良いシンキングを巻き上げて使う。スピードでレンジキープや巻き下げもスプーンのように可能。

ニョロ系とかトルネード系とか、あんまり奇抜なルアーとか露骨な豆系とかは、使っている自分の姿が自分の美学に反するので使わないのですが(笑)。

ウッサは釣れているという声を聴いて我慢できなくなり、遅まきながら・・。モカをひっくり返してあるんだけどね、よく考えるものですね。この発想は素晴らしいので導入。

グロー系を2個購入してお試しです。

さて、PEラインを巻きましょう。

現状がこれ。12ルビアス2004。ドラグ音がたまらないリールです。

ああ、もう下巻きが見えていますね。

0g5

PEラインを外すと・・。

下巻きはカラーラインで、グリーンのナイロンでした。

自分で巻いた記憶がよみがえる。


0g6

今回購入のPEラインは75メートル巻きと短め。その分お安いんでしょう。

下巻きが無いと長さが足りないかもしれないし、滑ってずれるのを防止できるので下巻きは必要。

新しいPEラインを巻きます。

おおお、輝いている!鮮やかなイエローです。やっぱ新品はいいね。

0g7

結構目いっぱい巻けました。

なんか上部が膨らんでいますが・・。リールに付属のワッシャーをどうにかして調整するって奴でしょうか。

まあ、めんどいので、重めのルアーを投げながら何とかしましょう。

何とかなるのか?

使えればまあいいっかってことで。

ガイドへの滑りが良くなって遠投できそう。

ああ、早く投げてみたい。

|

2018年10月28日 (日)

おっきいスプーンを揃える。

秋晴れの爽やかな日曜日だった今日。

起きたら10時過ぎていたよ・・。

洗濯ものも昨夜から出しっぱなしだった・・。まだ乾いていないし。

今日の釣りはもう諦めた。あは、あははは。

さてと。釣り道具でも出して、整理して、妄想の中で釣り上げようかな・・。

管釣りルアーですが、おっきいスプーンを買ってきましたよ。

こんなの。

1c1

管釣りルアーは沢山買いましたが、自分の中でメインのスプーンは1~2g。タフッてくると0・5~0・9gの世界になります。

なので、2グラム以上のスプーンなんてあまり持っていません。良く行く管理釣り場もコンパクトな池が多いので、あまり重いと対岸に届いちゃう・・。

真冬などはゆーくり引いてじっくり魚に見せるのでどうしても軽いスプーンがメインになります。

けど、そういう繊細な釣りはゲーム性があって面白いんだけど、ラインがトラブったり、ちまちまとして来て、イライラと・・。たまにはばびゅーんと遠投したいんです。

で、広い池で釣りたいなあと、いつ行けるかわかりませんが、広大な管釣り場で伸び伸び遠投できるように、重ためのスプーンを買ってみました。

ノアボスの3・5g。

1c2

重いうえにシルエットがデカイ・・。手持ちのスプーンで一番デカくなった。

こんなでかいスプーンで釣れるのか?

魚だって「こんな、おっきいの、無理だよお、お口に入らないかも・・・」

とか言うかもしれないが、放流されて興奮して来て新鮮な大きいのが来ると思わず「こんなのって初めてかも、すっごい、おっき・・・」と、くぱあ、と咥えてしまうのである。

遠投が必要な放流用に2個だけね。なんか沖合のイケスまでスタッフさんがボートを漕いで行って放流する釣り場があるそうだから、放流直後は遠投が必須であろうと。

次。

ノアB2・6とQM2・8g。


1c3

これは今までも放流で使った事があるが、放流以外のカラーも揃えてみた。遠投が必要な沖合の魚を狙う。

大きな池は人的プレッシャーのある岸付近を逃れて沖合に魚がいることもあるので遠投は竿抜けポイント狙いなのだ。

前回書いたロデオクラフト(中)はもう満杯なので・・。

おっきいスプーン用ワレットを用意。もともと、いつかは湖でネイティブの鱒を狙う時が来るかもしれん・・、とこっそり用意してきたワレットです。初心者の頃使っていた安いワレットを流用。

購入したノアボス3・5gとノアB2・6gを移設。


1c4

QMも増えました。ドーナのアカキンも普段は使わない2・5gも一緒に買ったのでここに。

1c5

ネイティブ用に買ったミュウ3・5。やっと陽の目を見るのか。カエシ付きのフックがついていたのでバーブレスに交換。


1c6

模様が面白くて買ったシマノのロールスイマー2・5グラムもやっと実戦配備。

昔集めたミュウ2・2gとパル2・5gが復活。


1c7

管釣りを始めた頃に揃えたスプーンですが、あの頃はこのくらい重いスプーンでも釣れた時代。広大な管釣り池用として復権。

さあ、釣れるでしょうか?ワレットに刺している間は妄想で大漁だったのですが、現実は・・。

まあ、PEタックルでぶっ飛ばしてやれば、気持ち良いことでしょう、釣れなくてもね・・。

これでどこに行くかといえば、広大な池の管釣りといえばあそこでしょう?

今年中に行けるかどうかわかりませんが、真冬は避けたいところです。

さて、ロデオクラフト(中)からノアBとQMが出て行かれた結果スペースが生まれました。

最初の頁はノア2・1gとノア1・8g、ジキル1・8gがまとまりました。


1c8

で、次の頁がまるまる空いた。ノア1・8~1・5~ジキル1・8からノアjr1・2へ落とす間の繋ぎが欲しかった。

その中間を埋めるスプーン・・。うーん、と悩んで手持ちの中から、

ティアロ1・6gと1・3gが1軍復帰です。

1c9

一時期使い込んだスプーンなので期待です。中活性くらいまでの繋ぎで。

あとボトムスプーンから長らく楽しんだペンタが出て行かれました・・。もうボトムプラグの時代へと。

ボトムスプーンはメビウスのみとなりました。それとメタルバイブ。

ペンタの空いたスペースには放流スプーンとしてミュウ2・2gとドーナ2グラムと1.5gを配置。このワレットだけでも放流に対応できるようにしました。

1c10

ああ、今日もいっぱい釣れたぜ!妄想の中でな。

こんなことをやりながら、秋晴れも絶好の釣り日和の日曜日に、釣れた妄想を広げておりました・・。

管釣り何時行けるかなあ、どこ行こうかなあ・・。

今シーズンはワカサギ釣りを復活させたいんだよね。鳴沢湖もやっと釣れて来たし。

まずはワカサギですかね・・、ここまで管釣りネタを書いておいて。

|

2018年10月15日 (月)

管釣りスプーンをロデオクラフトワレット(中)にまとめる。

買ってしまったロデオクラフト・カーボンワレット(中)のブラウンです。

1l1

管釣り用のルアーでスプーンというのを入れてあります。

以前記事に書きましたが、夏場用にルアーを最小限にしてウェストバックに入れてロッド1本でやるという、管釣り道具のダウンサイジングを図りました。

暑くってそんなに行けませんでしたが、ウェストバックに小型のスプーンワレットを入れるのは気軽でアリだと思いました。

すぐにスプーンを取り出せる。いちいちボックスまでワレットを取りに行かなくてよい。

ルアーを体に装備するのはやりやすいと思いました。

なので冬に向けても、ウェストバックに入るだけのサイズに、スプーンを一気にダウンサイジングします。もう道具をそんなに持ち歩かなくても、自分で使うスプーンは決まっていますし。

それで釣れなくても癒しのレクリエーション釣りなので納得がいきますし。競技をやる人はそうもいかないでしょうけど。

それに、もうおっさんなので新しいものを見つけるのもなかなか難しい。知らないブランドが沢山出てきてしまって・・・。どんなものだかわからない。

昔からあるルアーで、いまだに人気があるのはやはり釣れるからなのでしょう。そういう慣れたルアーを使い続けようかなと。沢山持っているし。

あとは地元群馬から最近出たルアーは応援したいなあと。(群馬には大きなルアーメーカーがありますけど、使わなくなっちゃったな、持っているけど)。

昔あって今では話題にものぼらないルアーも沢山持っていますが、そういうのを使っても既に入手できなかったりで、ブログ的には読んだ方も困惑するだろうから思い切って外しました。

そういうの売っちゃおうかな?友人達が管釣りルアーを始めてくれたらみんなあげちゃうのに。ちっとも友人は管釣りをやってくれないんだよ。

さて、ダウンサイジング。

まずはかなり前に記事に書いた、ロデオクラフトスプーンワレット(大)2個に自分はスプーンをまとめていました。

これ以外は2軍で、ドリームマスターというプラケース8個に入っています。

この2個の(大)を

1l2

今回買ったブラウンと以前記事に書いたピンクの2つのワレット(中)にまとめてしまいました。

上のが下になったわけです。


1l3

これ本当に(大)の半分くらいしか入らないのに、お値段は(大)とそんなに変わらず・・。

で、この2個とクランクのケースを以前書きましたムカイのウェストバックに入れます。


1l4

クランクのケースを入れたら結構ぎっちぎちになってしまったよ・・。クランクケースはボックスでもいいかな・・。

プラノのタナハシスタンドボックスはロッドスタンドと小物入れとして活用しますから。

この(中)は、手持ちの(大)の素材がネバネバしていたのに対して、すべすべで少しざらっとした感じでいいのですよ。入れやすく落ちにくいという感じ。

このムカイのウェストバックも蓋が取り出しやすいように付いていませんけど、逆立ちをしたりとか釣り中にあり得ないポーズをしない限り中身は落ちないとは思います・・。

(大)はやはり手に持って扱うには大きすぎる感じ。(中)は片手で持って使いやすいのです。

ワレットの中身は結構決まってきました。

前回の釣れなかった川場FPに持って行った中身は。自分の主観で、自分こんなの使っていますレベルで参考程度でご覧下さい。

ブラウンのワレットは、放流からセカンド、そっから徐々に活性が下がるまで。やっぱり好きで慣れているロデオクラフトがメインです。

この頁。

放流用のドーナ2g、1・5gとミュウ2・2g。ノアB2・6gからQM2・8g、ノア2・1gまでが放流から遠投セカンド。

ノア1・8は活性の低めの放流からセカンド。最近どこの釣り場も放流多くないよね・・。

1l5

次の頁。

ノア1・8の食わせ系。マッディーな池だとこのアピールが効いたり。ノア1・8は沢山持っているけどコレクションと化して、もう一部を放流以降からマッディーのサードくらいまで。

これでバカスカ釣れていた時代が懐かしい…、もう今のご時世に放流以外でこれで釣れれば幸せ釣場。

ジキル1・8gは遠投で使えるロール系。

1l6

反対側はノア1・5g。ノアを使う時は大規模池以外は最初はこれからという事が多くなった。サーチルアー的に使っている。

次の頁。

ノアjr1・2gはマイクロに行く前。これでダメならマイクロに行っちゃう。


1l7

ボトム用のスプーンはペンタとメビウス。メタルバイブはシャドーアタッカーとハビイ。
昔はボトムスプーンのデジマキは楽しかったけど、今はボトムプラグになってしまったなあ。これはもう少し整理するでしょう。

ピンクのワレットはマイクロ系。食わせはこちらです。

ベリーズは群馬発祥なので応援しています。ベリーズ青柳は好きな釣り場だったし・・。

やっと使い方がわかってきて、レンジキープが凄くやりやすいです。

ベリーズ1g、0・7g、0・5g。

1l8

反対側のジキルjrの1・1gと0・9g。いまだに使いこなせない。浮き上がっちゃう。使いどころを考え中・・。

次の頁。

ノアjr0・9gは信頼しています。最近はライバル出現で出番が減ったけど、これは頼りにしています。


1l9

反対側のアキュラシー0・9gと0・6g。これは実力があるよ・・。真の性能は自分には引き出せないと思うが、意外性があるというか何かやってくれそうなポジション。

ウィーパー0・9gは昔自分のメインなマイクロでしたが、最近は出番が無く0・6gをお守り代わりに・・。

次の頁。

話題のハントね。0・9gと0・7g。これもレンジキープしやすい。凄くスローに引けて激しく動く。シルエットの小ささが効く。やっぱいいよこれ。


1l10

反対側は最終兵器ブラインドフランカー、BFね。

もう最後はこれ。これでダメなら飯を食いに行きます。最初からこれでいいじゃんと思われるが、それはもっと効率の良い方法を探すから無い。

0・9gと0・5グラムは大きさ違いで動きは似ている。これ以外のウェイトもあるけど混乱するのでこの2つを使い分け。

BFとハントの組み合わせがいろいろな性格の魚に対応出来ていいかも。

もっと寒くなるとスイッチバックが出てきます。低活性時に信頼しています。

スプーンはここまでだけど、うーん、ノアとマイクロの間に何かが欲しいような・・。ベリーズに頑張ってもらいましょう。

クランクはシャローとディープの2つのボックスがある。

これから寒くなると活躍するディープのボックス。DRとシンキングがメイン。


1l11

昔から好きなモカDR-SS、チビパニクラSS、クーガS、つぶあんSP、ピコチャタクラDR-SSとかですか。あれ?いつの間にかマイクロクラピーDRが消えてしまった。これも時が流れたからか・・。

クランクは沢山あるので随時入れ替え予定。プラノにディープクラピーやパニクラなど大き目クランク。ボトムプラグ、ミノーもプラノに装備。

あ、あとスプーンワレットが一つ。ヴァルケインのスプーン。


1l12

昔から使っているが整理してこれ1個にまとめた。竿のダーインスレイブがメインで出動する時に使う。

ハイバーストとか各種あるが、マークΣって実力ありそうな気がするよ・・。じっくり使ってみたい。

1l13

こんなので今シーズンはやってみますかね。これを腰に付けまして、身軽にやりたいものです。

やはり小型のワレットがウェストバックにあると、いちいちボックスを開けてかがんで大きなワレットを置いて交換、よりもスピーディーで気軽。

前回の釣行では普段の自分よりもスプーンの交換頻度が上がった。結構一つのルアーで引っ張っちゃうタイプですが、今回は駄目だと2.3投で見切って変えていった。ルアー交換がやりやすいのよ。

ウェストバックにワレットは、やっとツリウマな人に装備が追い付いてきた感じで今更ですが、自分的にはやって良かったかなと。

小型ワレット2個になって管釣り道具もすっきりとダウンサイジングです。

前回の川場FP釣行では釣果もダウンサイジング・・・。

|

2018年8月17日 (金)

W神楽をWで(w。

管釣り用ルアーは売るほど持っているので、今シーズンこそ買わないように思っていたのに・・。

特に、もう随分長いこと管釣りをやっているので、ショップのオリカラ商法には引っかからないように気を付けていたのに・・。

買ってしまったよ、W神楽のプラグ。一人2個までなのでダブルで。

2t1


オリカラというのはショップなどで作ったメーカーには無いオリジナルカラーのこと。

限定だったり、良く釣れると評判になったりすると売り切れ続出になる。すると皆さん殺到すると。

W神楽というのは北関東の釣り具ショップオオツカさんのオリカラで、とても良く釣れるらしい。私もまんまと釣れ・・。

2t2

これが出た頃には私の中で管釣りブームは下火になっていたので、特に買い集めなかった。

けど、全然知らないクランクでたまたまこのW神楽が売れ残っていたので買ってみたら、使った事も無く使い方もわからないクランクなのに川場FPで反応が良かった。こりゃカラーがいいんだろうと。

さすがに釣れると評判のカラー。今回もたまたまよくお世話になっているオオツカさんで見掛けたので買ってみました。

しかも好きなメーカーのヴァルケイン。けどここのクランクはほとんど持っていないので使ってみましょう。

クーガF。フローティング。こういうカラー。

2t3


シャロークランク自体あまり持っていないのでこれを使ってみましょう。夏から初秋の表層パターンに良さそう。って、今年の夏は猛暑だからか表層近辺より深いタナの反応が良い感じがしますが。魚も深い所が涼しいのかな・・。

クーガS。クーガのシンキングタイプ。

2t4

クーガSって以前は限定モデルじゃなかったの?ならばと私もいくつか購入した気が・・。

シンキングのクランクは冬場に活躍するのであってもいいかなと。

ボトムプラグのシャインライド。これは自分も得意なパターン。

2t5


ボトムは茶色系かグロー系がいいかなと思っていますが。こいつはグローが入っているから期待します。

あああ、買っちゃったよ。釣れちゃったよ自分が。

けど久しぶりに釣れると評判のルアーをゲットしたので、今後の管釣りのやる気が出た気がします。

そろそろ釣りに行きたいもんです。

|

2018年7月12日 (木)

クロノタクト・アイランドモデル・オリジナルとの比較。

先日入魂しました管釣りニューロッド、スタジオミネギシのクロノタクトCT6002SULアイランドモデル。

クロノタクト60SULの釣り具ショップ「タックルアイランド」さんの別注モデルです。

アイランドカラー?黒と金のこのモデル、特徴をオリジナルモデルと比べてみます。

4e1

ブランクスはオリジナルはブルー(グリーン?)のクリア塗装ですが、アイランドモデルは黒のクリア塗装。

ロゴ文字は銀色から金色へ。

オリジナルはブルー&シルバーですがアイランドモデルはブラック&ゴールドなのです。

カラーリングだけの変更ではありません。

まずはグリップ。


4e2

オリジナルはストレートのコルクグリップですが、アイランドはシェイプしたテーパーコルクグリップ。やや細い握りになっています。

リールシートのウッドは同じですが、リングにはオリジナルはシルバーのスレッドが巻いてありメタルパーツはシルバー。


4e3

アイランドはなんか真っ黒のリングでメタルパーツはゴールドです。

一番違うのはガイドセッティングです。

数は同じ7個ですが。


4e4

オリジナルはトルザイトリングのチタンATガイド。

アイランドはトルザイトリングのチタンKRHガイドです。


4e5

1本足のATガイドは懐かしいですね。Kガイドが出てからあまり見なくなりましたが、昔はこれが多かった。峰岸はみんなATガイドだった気がしますが・・。

PEラインが絡まない様にとKガイドが出た気がしますが、ATガイドでも問題なかったような。

ただ見た目的にKガイドのほうがかっちょいい(笑)。

あとは感度とか重量とかいろいろありそう。細かいことは私はわかりませんが、ミネギシはATガイドをクロノタクトに選びましたから。

取り付け位置は微妙に違うけどリング位置はほぼ同じかな。装着のスレッドはKRHガイドの方がフットが長いのか長め。スレッドはやはりシルバーとゴールドね。


4e6

KRHガイドの方がややロッドから離れた位置にリングがあるかな。

ATガイドの方がどう見ても軽そうなんですが。

両方の重量をタニタの食材ハカリで測ったところ、同じ83gでした。

今の水準で決して軽い竿ではありませんが、同じ重さだったのには驚きました。

以前ショップコラボのフォーナインマイスターを買った時、ガイドが変わって塗装を盛った結果20グラムほど重くてガッカリした記憶があり、今回もそのパターンかと思いましたが、うれしい誤算です。

うーん、ガイド分アイランドはどこかで重量を削ったのか?ガイドの重さは変わらない?

塗装で重くないのは良かったと思います。素のブランクスに両方クリア塗装のようですから。

曲りに影響が出ているか?イメージ画像で・・。振った感じ私は変わった感じがしませんけど。変わっているんでしょうねえ?


4e7

まあ、見た目がとてもかっちょいいんですよ。

おっと、ロゴがクロノタクトが出た時スタジオミネギシ部分が筆記体になりましたけど、アイランドは元に戻ったか。


4e8

4軸カーボン部分のクリア塗装がかっこいいんです。アイランドモデルはちょっと見た目がマムシっぽいですけど・・。

で、先日入魂したのですが、使用感はオリジナルのクロノタクト60SULとの違いは判らなかったなあ。2本並べて使ったわけじゃないし。

オリジナルのクロノタクトSULのインプレは、このブログの「釣り・ルアー道具」のどこかに書いてあるので探してみてね。

これ1本で使う時とか、重宝しそうです。アイランドモデル、やはりかっこいいのが魅力です。

|

2018年6月30日 (土)

管釣りダウンサイジング。

暑い時期に管釣りをやろうと思って、持ち歩くタックルを減らそうと考えました。

荷物が少ない方が暑い中で、楽そうかなと思って。

お道具類はこちらに集約。

4l1


ムカイのウェストバック。これをお腰に装着してボックスは持って行かないと。

これが管釣り用によく出来ていまして。

4l2


一番大きな収納部にはワレットやボックスが入る。すぐに取り出せるように蓋がありません。

便利なんですがやはりワレットを落っことしたら不安なので、簡易的な蓋があったらもっと良かったか。逆立ちとか寝転がらなければ落ちないとは思いますが・・。

ジッパーを開けるとワレットになっていましてルアーが刺せる。ここは使用済みルアーとか釣れたルアーとか挿しておこうかなとか。だってワレットは収納部にあるし。

スマホとか財布を入れてもいいかな・・。

ワレットはロデオの小さいのを買った。今まではこれの大きいやつ2つにルアーは収納して持ち歩いていましたが、マイクロスプーンを中心にこの一つに集約。沢山スプーンを持ち歩いてもそんなに種類を投げない自分にやっと気が付いた(笑)。

何でこの色よ・・。

4l3

これ人気なのか売り場にこの色しか残ってなかった・・・。けど手触りがざらざらしていて気持ちよっかったので買っちゃった。ちょっと恥ずいけど、目立つから無くさないだろうし。

ウェストバックにはカラピナとか付けられるリングが3つ付いていて。

ピンオンリールを付けて、ラインカッターとスプリットリングオープナーを装備。


4l4

あとカラピナ付けてスマホのケースを付けた。けどあんまりジャラジャラさせたくないな・・。

ペンチを入れるポケットがあった。海釣りで使っていたフォーセップペンチ装備。


4l5

ウェストバックの位置がずれたりするのでリリーサーはズボンのベルトに装着。

真ん中のジッパーポケットにフックと、スナップと鋏を入れたボックス。ハサミはライントラブルの処理にはラインカッターより便利。

フックはヴァンフックのSP21の#7(放流スプーン・ちょっと大きめスプーン用)#8(マイクロスプーン用)、SP11の#8(マイクロスプーンの暴れるセッティング用)。


4l6

クランクをスプーン用フックがつかえるモノだけにしたのでクランクフックを持ち歩かなくて済んだ。

マイクロクラピーSRもリングを1個入れてスプーンフックで使えるようにした。

クランクボックスはシャロークランク中心で。レンジが探れるかと思ってSSも結構入ってます。

マイクロスプーンはセレクト中なので決まってきたらまた後日ご紹介。


4l7

バックの収納部分は結構スカスカなのでもう1個ロデオの小さいワレットを入れようかな・・。もうそれに残りの大きめスプーンを集約しようと思う。

管釣りもやって半日なのでそんな沢山ルアーチェンジしないから、もうお気に入りルアーだけで楽しもうかなと。それで釣れなきゃ納得のレジャー釣りです。

4l8

で、タックルの数ですが。

トーナメントを闘っている選手の方々は、ラインの種類やルアーチェンジを素早くし、ライントラブルに対応するために6タックルほど持ち歩くと思いますが。

こちらはレジャーなので、多くて3本(ナイロン、フロロ、PE)でオッケー。真夏はボトムはそれ程出番が無いとおもうので、ナイロンかフロロにして夏場はできれば1本で行きたいところ。

先日ロッド1本でやってみましたが楽でした。問題があったのはロッドの置き場が無い(笑)。

立てかけるのも不安だし、手に持ち続けていましたが・・。

今まで持っていたロッドフォルダー付きのプラノのボックスもスタンドとして便利かなと。中にクーラーバックに保冷材を入れてペットボトルを数本装備するとか。もしくは3本置けるロッドスタンドでも買おうかなと思っています。

冬場になればもっと色々な引き出しが必要になるので装備は増えるでしょうけど、夏場は身軽にしてフットワークを良くして魚が溜まっているポイントを捜し歩きましょう。

もうちょっと涼しくなってくれるといいんですけど・・。

夕方メインのイブニング釣行をやってみようかな。

|

2018年6月28日 (木)

ハントとベリーズ。

先日の前パ釣行が、凄く暑かったけど面白かった~。

管釣りルアーをまたボチボチやろうかなあと思いました。

やっぱ管釣りは楽しいですね。夏場のレジャーとして標高の高い場所の管釣りに行ってみたいなあ。

で、夏場の表層に浮いたトラウトを狙うのに、やっぱマイクロスプーンの釣りがメインになってきます。

1グラム以下の小さいスプーンで表層付近をゆっくり狙います。

マイクロスプーンは沢山持っていますが、今まで夏場の管釣りってやってこなかったので、冬場の底の方にいる動きの遅い魚を狙うのに使っていました。出来るんだよ。昔に宮城AVで練習しましたもの。

けど、深い所に沈めるのに時間が掛かるし、最近ではボトムルアー達が主流になっちゃった。

なので、夏場の表層釣りをやって活躍してもらいましょう。

けど古いスプーンが多いので、最近のスプーンも使ってみたい(笑)。

そこで最近話題なのが、ここ群馬県の管理釣場発祥のマイクロスプーンが激熱なのだ!

まずは話題のハント。

4n1


今まで群馬のHOOKという管釣りで販売されていたが、最近ニュードロワーというブランドを立ち上げ全国販売になった模様。売り出したときにたまたま見つけて0.7gを買ってみました。

長い距離を追わないんだけど活性の高い魚に対し、ゆっくり引いても激しく動くので短い距離でアピールしてシルエットの小ささで喰わす。という事らしい。

確かにBF0.5gくらいの小ささだけど良く動きます。

ちょっと使っただけでまだわからないけど、ゆっくり引けるし使いやすそう。期待です。

フックセッティングで動きが変わるようで。私はヴァンフック派なので#8のSP21,11,31で試してみます。

沼田のベリーズ迦葉山で生まれた、その名もずばりベリーズ。

4n2


1gと0.7gを購入。

大きさはBF0・9gより少し小さい感じ。レンジキープがしやすいとのこと。

これもちょっと使っただけですが魚の反応は良かった。それによく飛んだよ。使い込んでみたいですね。

使いやすかったので追加して0・5グラムを購入してしまいました。

4n3


このウェイトになるとかなりスローに引けますし、マイクロって感じが味わえます・・。引いてる感じが無いからね。

うーん楽しみ。

夏用にマイクロ専用ワレットを作りまして。ロデオの小さいワレットに、ハント0・7とベリーズ1と0・7と0・5。

そこに所有のマイクロから使い慣れている奴。沢山あるんだけどやはり自分の中で使い込んだ奴は。

昔から使っているウィーパー0・9と0・6。アキュラシーの0・9と0・6。BFの0・9と0・5を入れてみました。

うーん、あと使い慣れているノアjrの0・9も入れようかな・・。

ハントとベリーズ。両方とも北関東のショップ、オオツカさんで通販可能です。釣り場に行かなくても買えるようになりました。

群馬で生まれたスプーンが全国で人気になるといいですね。

と思ったらハントは発売日に瞬殺ですよ。あっという間に売り切れていましたね。凄いや。

しばらくは手に入らないかも。

って、思っていたら再生産があったみたいで今日入荷していましたね。今回は軽量フック装着で暴れるセッティングだそうです。

ハント0・7グラムの無かったカラーを追加して、ハント0・9gもより広いレンジで使えそうなので夏以外の活躍も期待して購入しちゃいました。

今回も売り切れちゃうかな?メーカーになったんだしそろそろ生産潤沢になりますかね?

まあ、欲しいカラーがある人は、

急げっ!

|

2018年6月23日 (土)

工房峰岸・クロノタクトCT6002SULアイランドモデル。

き、来たああっ!管釣りニューロッドが降臨!

4q1


スタジオミネギシのロッド。え?ミネギシのクロノタクトはもう何本も持っていたはず・・。

最近管釣りやっていないのに、いきなりのまたニューロッド購入?

いや、もう管釣りはテンション収束気味なんで、道具も縮小。性能的に被っているロッドは売却中です。

クロノタクトも他は売却してこれ1本にまとめることにします・・。

普通のクロノタクトじゃありません。

釣り具ショップ・タックルアイランドさんのオリジナルモデル。

4q2


カラーはアイランドモデル共通なの?ブラック&ゴールドに変更。

グリップはストレートのコルクですが、こちらはシェイプされやや細めに。

6フィートのSULです。ブランクスもブラック、ロゴはゴールドで入る。

4q3

金属パーツはゴールドに変更。


4q4

ただのデザインカラーの変更じゃありません。ガイドセッティングを変更。

オリジナのチタンATガイド・トルザイトリングを


4q5

チタンKRHガイド・トルザイトリングに変更。数は7個と変わりなし。

クロノタクトはお気に入りですが、唯一ATガイドがなんか古臭くてねえ・・。

これで解決。かっこいいぞ。

おおっと?

まだ皮を被っているじゃないか。皮かむりのままじゃあ筆下ろしが出来ないな・・。

むいてやるからな。

ペリペリペリ・・。


4q6

ほうら、ぺりぺりぺり・・。

一番敏感な部分がむき出しになっちゃったね。


4q7

くうう、美しい!

くびれがくびれがあ!

白くてすべっすべの肌です!

4q8

リールシートのウッドも真っ黒だと思ったら光線によって木目が薄っすらと出ます。

4q9

ゴールド&ブラックリングが美しい。

ガイドセッティングと曲りのイメージ。

4q10

いい曲りです。ティップはやや硬めか?

ガイドが違うだけでイメージも変わりました。

さ、早速使ってみたい・・。

来週も大仕事が入っていますが、もうなるようになるしか・・このところのきっつきつのお仕事から解放されたい。

この週末も暑いですけど、水温が安定していそうな近場の管釣りに、ニューロッドの入魂に行ってきましょう。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

つぶやき日記 カメラ キャンプ キャンプ道具・山道具 ギター クッキング ニューバランス パタゴニア フォルクスワーゲン・ポロ ホンダ・フィット3・13G 二十歳の原点 山登り・トレッキング 思い出 旅行・地域 時計 温泉 自転車・その他機材&ウェア 自転車・アンカーRML7 自転車・ウィリエール 自転車・ウィークエンドバイクス26 自転車・テスタッチ 自転車・デローザ 自転車・トレックMTB 自転車・バイクフライデー 自転車・ピナレロ 自転車・ブロンプトン 自転車・TIME 自転車・プジョー・パシフィック18 葬儀 読んだマンガ 身のまわりのモノ達 釣り 釣り・おくとねFP 釣り・アングラーズエリアHOOK 釣り・イワナセンター 釣り・ウォーターパーク長瀞 釣り・フライ 釣り・ルアー道具 釣り・ワカサギ 釣り・前橋フィッシングパーク 釣り・加賀フィッシングエリア 釣り・宮城アングラーズヴィレッジ 釣り・川場キングダムF 釣り・川場FP 釣り・海釣り 釣り・赤城フィッシングフィールド 釣り・釣りキチけん太 釣り・FPベリーズ迦葉山 釣り・FPベリーズ青柳 電動おやぢアーカイブズ 食べたもの・食べた店 飲んだウィスキー 飲んだワイン 飲んだ日本酒 飲んだ焼酎 飲んだ酒いろいろ