釣り・ワカサギ

2016年4月 2日 (土)

結局ワカサギ釣りに行かず、今シーズン。

人事異動でバタバタしている間に、この辺りのワカサギ釣り期間が終了していました。

折角、電動リールまで買ったのに。

ダイワのクリスティアCR PT。

2b1

諏訪湖のドーム船に2度誘っていただいたが、行けなかった・・。

今シーズンは近所のワカサギ釣り場、ホームの丹生湖と鮎川湖が超不漁・・。例年良く釣れるのですけどね。何かが悪かったか、ボートは若干釣れたようですが、魚が薄かったのと桟橋に魚が来なかったようですね・・。私は桟橋派ですから。

一番家から近い鳴沢湖は桟橋でも釣れたようですが、ここはいつもサイズが小さ目です。鳴沢湖に一度くらいは行こうと思いましたが、桟橋のポイントがコロコロ変わったみたいで。

やっぱ丹生湖で釣れないとなあ・・。

最後行こうかと思ったが、おニューに中途半端に鱗を付けたくなかったし。

2b2

PEライン巻いたし、コードも付けたけど。

使ったこと無いし、なんか使うの覚えるのが面倒くさい(笑)。

やっぱ、手巻きリールの方が釣っている感があったし。手巻きでも以前諏訪湖で4束半釣ったし問題ないんだけど、音がうるさくてね。桟橋で近所迷惑なんで電動リールを導入したわけですが。

ニューリールはまた来シーズンデビュー待ちです。

ていうか、生き餌とか、釣った魚を持って帰って料理するっていうのが面倒くさくなってしまって・・。やっぱ疑似餌でリリース派なんだよなあ・・。

いっそ、ヘラブナ釣りはどうか?あれもゲームフィッシングだぞ。片手で練り餌丸めながら長いウキを一日眺めているってのも、これから先の人生で良いかもしれません・・。

明日、地元は渓流のヤマメ放流です。

フライラインも綺麗にしたしリーダー付けたし。あとは竿のガイドにラインを通してフライを結ぶだけなんですが・・。

明日は、新しい職場で必要なものを探しにお買い物ですな。

今日は洗濯3回やって、もう疲れた。

さあ、飲もうか・・。

|

2015年11月 1日 (日)

今季のワカサギ道具・電動リール・クリスティアCR PTを購入。

今日は、群馬県内近所の湖でワカサギ釣りが解禁です。結果釣りに行けなかったので、湖名を書くと検索してブログに来てくれた方が空振るので書きません(笑)。

オープニングとか、放流日とか、イベントとか大会とかがホント苦手なんですよ!

普段通りに静かな釣りをしたいと思う今日この頃。いっそ今日は既に10月からオープンしている別の近所の湖でワカサギ釣りをやってやろうかと思いましたが、いろいろあってやめました・・。

自宅の冷蔵庫が半分壊れていて、土曜日に新規買ったのですが、なんか返品になりそうで家庭内でもめていまして。

冷蔵庫が新しくなるまでワカサギ釣りは封印です。

が、釣り道具は新しくしてしまったよ・・。

き、来たああああーーーっ!

0x1

楽天でポチってしまったよ・・。

今シーズンのワカサギ釣り道具を購入。


0x2

いよいよ電動リールを購入しました。

ダイワ・クリスティアCR PTです。


0x3

今まで通りの手巻きリールで釣りは問題ないのですけどね・・。

そんなに手返し重視するほど連続して釣れませんし。いつも釣りをする桟橋は水深が浅いので、手巻きリールでも苦にならないし、むしろリーリングが重いと、おお?連掛けか?とか、釣りをして楽しいんですけどね。

けど、これだけ電動リールが普及するとね、手巻きリールの音が気になって。桟橋で隣り合わせの人に騒音を与えて迷惑じゃないかと思ってね。渋々導入です。

この機能なら使えるか?というのを選んでみました。

カラーは後から追加で出たグリーンゴールド。上手な人が割と使っているので(笑)。


0x4

いい色ですね。

手持ちで使うのでマウス型では困るのだ。

今の手巻きリールは棚ハンターってやつで水深がわかるカウンターがついていて便利。なので水深カウンターが欲しいからこいつに。

電池は単四2本。

このモーター、見慣れたマブチモーターっぽいね。


0x5

以前のモデルでは水濡れで故障したりの防水性が問題になっていたが・・。

こいつはモーターはケースに入っていますが、電池ケースに防水パッキンは入っていないし、水没は完全にアウトですね。

ダイワなんだからいっそマグシールドでも入れればいいのに(笑)。

ラインは同じダイワのワカサギ用PE0・2号を30メートル。

0x6

PEの0・5号が30メートル巻けるスプールなので、滑り防止も兼ねて下巻きに管釣り用のナイロンラインをちょこっと巻いておいた。


0x7

スプールはとても滑らかなので、バックラッシュに気を付けないとね・・。

どうやって竿先に巻き込まないように停止させるかというと、船べり停止機構っていうのがある。スイッチに当てるようにビーズ玉を通して浮き止め糸を結ぶ必要があるのだが・・・。安いものなんだから付属品にしてくれてもよいのになあ・・。

海釣り用の道具から引っ張り出して設置したが、調整がうまくいかん。

面倒くさくなって、カウンターの設定で自動停止するようにした。これなら仕掛けを作るときにいろいろ設置しなくても済む。

けど、なんか誤差があるなあ・・。カウンター0・0メートルで停止するように設定したが、0・1メートルで停止してしまう。10センチちょいたらしができる。

メーカーとしての安全マージン?巻き込んで竿先壊したなんてクレームが来ないように長めにして止まるの?

これ、私なんて50~70センチの短い仕掛けしか使わないから問題ないんだけど、長い仕掛けや手返しに真剣な人は困るよね?

スプールの巻き糸量なんかでカウンターに誤差が出るので、それかな?手動で補正ができるそうなんで、釣りながらいろいろ調整してみましょう。

可変アダプターは竿先の角度を調整できるが、まあ上手い人がみんな付けているから真似して(笑)。竿先の角度はこれからこだわってみるが、これを付けると若干竿が長くなるのでそれがうれしい・・。

さて、同時に購入した竿もクリスティア。

今まで使っていた胴調子の26Sと先調子の32Sに加えて今回は、32SSを追加購入しました。

気に入っている先調子の32Sだが、誘いやすいし、掛け易い。けど気持ち硬めなのでもうちょっと柔らかいのはどうだろうとSSを。

4グラムの錘を下げての曲がり比較。

先調子32S

0x8

先調子32SS

0x9

微妙な違いですけど・・。

きっと釣りをすれば違うのだろう!

さて、初回ワカサギ釣り&電動リール試し釣りはいつになるでしょうかね?

|

2014年12月24日 (水)

丹生湖で今季初ワカサギ釣り・やっと1束。

クリスマスイブの本日、今シーズン初のワカサギ釣りへ、富岡の丹生湖に行って来ました。

0t1


自宅から車で30分ちょい。昨年までは何度か釣りに行きましたが、ワカサギ釣りも丹生湖もこの冬最初。色々体調が回復しないでねえ・・、ここまで引っ張ってしまったよ。

高崎周辺ではこの丹生湖、鮎川湖、鳴沢湖の3つの貯水湖がワカサギ釣り場です。12月に入ってからの寒波で、中旬あたりからこの3つどこも釣果が落ち気味の様子・・。特に私がやっている桟橋の釣りは渋くなっていますよ・・。

今日は久しぶりに有給休暇。12月締めなのに随分と有給を残してしまった。上司が「有給年末にとんなさい、とんなさい」と言ってくれたので、事業所も年末のメンテナンス期間に入ったし、ありがたく有給を頂きました。

今シーズン最初のワカサギ釣りは、やはり空いている平日にやろうと思って。朝5時に起きました。

6時半に丹生湖到着。外気温はマイナス4度です。

0t2


寒いーー。けど風のない穏やかな日になるそうで、人間には嬉しいが、そういう日は釣れないんだよね・・。

平日だからかなかなか事務所が開かなかったが、桟橋利用券を購入。

0t3

支払ってこの券を預かって、桟橋入り口で渡す。

事務所にある釣果情報をチェックする。ぎょっ!

0t4_2

昨日釣れなかったですね・・。祝日で賑やかだったでしょうが、竿頭の達人さんでも桟橋は135匹・・。やはり丹生湖は例年12月中旬から釣果が落ちて年末から2月くらいまで不調だそうで。公式HPを見てもその頃の釣果データが無いのはそういう理由・・。3月はかなり釣れるらしいですけどね。

このところ丹生湖の桟橋は厳しいようなので、覚悟して挑みましょう・・。

7時入場。桟橋は霜で滑りやすいのでご注意。

0t5_2

最近釣れている南桟橋へ。なぜか最先端が空いていますが・・、そこは達人さんに任せて、私は先端から4番目の南向き31番に入りました。

仕掛けを作るのにモタモタ・・。久しぶりなんでねえ。餌をつけて、あああ!仕掛けを道糸に絡ませてしまったあ!はううう、340円の仕掛けがパー!道糸からやり直し・・。6本針に餌を付けるのも大変なことに。

やっと仕掛けを投入。既に7時半ですよ・・。しかし、周りも釣れていませんので焦りませんでした。どうにもアタリが無いらしい。

うん、アタらないね(笑)。朝のサービスタイムが無いとは、これは苦戦の日になりそうです。

けど開始5分で1匹目。

0t6


今シーズン最初の一匹。ああうれっしい!

10分で4匹に・・。

左隣は台付き電動二刀流の達人さん二人組みですが、釣れないという。これは今日は1束も厳しいかな?とおっしゃるのでビビる・・。それは辛い・・。

8時ごろにアタリがあって、ダブルなんかも。

0t7

とにかく、アタリが小さいです。ブルッとなんて来ない。もっともぶるっと来るのは魚が針を吐き出す時の感触、あれは低活性な時はフッキングしてくれない。向こう合わせなんてありえない、ほんのちょっとの穂先のあたりを合わせないと釣れません。ダブルなんてあたりを見逃しているんですよね。釣れてラッキー。

8時40分で15匹です。

0t8_2

くうう・・。これは渋いなあ。頑張れ。

今日のタックル。

相変らず手巻きリールで頑張っています。手巻きが好きだからね・・。電動欲しいけどな!今シーズンもこれでやるぜ。リールはダイワの棚ハンター。

0t9

今シーズン、今までワカサギ釣りに行かなかった理由はもう一つあって、自宅の冷蔵庫の冷凍室が壊れてしまったのよ。だから釣ったワカサギを冷凍できないんで、すぐに食べなくちゃならない。だから頻繁には行けないんだワカサギ釣り。来年度は電動リールを!その前に冷蔵庫を新しく!魚探も無いから勘で勝負だけど、この時期はもう底狙いだから。

穂先は今シーズンデビュー。ダイワのクリスティア先調子32Sです。

0t10


32は長いと思うけど、桟橋でね、私は皆さんみたいにアグラが膝が悪くて出来ないのよ、だから高い椅子に座ってるもので長い竿じゃないと湖水に落ちそうになっちゃうの(笑)。

先調子のSで掛けるのだ。この根元が硬くて合わせが効く。先端は柔軟でアタリが取れやすい。

0t11


こんな曲がり。もっと硬くても良かったかな?アタリはもっと繊細に出て欲しいけど、以前の胴調子より合わせが効くようになった。

9時頃にぱったりとアタリがなくなります。そうすると風景や道具の写真ばかりになる(笑)。

0t12


風が無いね。暖かくなってきました。9時45分トイレタイムです。

私のいる南桟橋。先端ばかり混んでいます。南向きのほうが釣れるそうです。達人たちは両側試してからそうおっしゃっていましたよ。

0t13

中桟橋はヘラブナ釣りの皆さんが並ぶ。ワカサギは先端。北桟橋は先端にワカサギ釣りが数名。

0t14_2

やっぱ平日は休日より空いていますね。けど、思ったよりも人が来ていますね。

ボートも今日はあまり出ていない様子。ワンドの入り口が人気みたいですね。

0t15

ちゃんとトイレ行って来ましたから。

0t16

じーっと座っていると辛いね。立ち上がる時にクラっと来て水に落ちそうになったもの。何度か歩いたほうが良いみたい。

0t17_2

今回の釣座。もっと整理整頓しようね。

0t18

針は狐の1・5号で始めたけど、ここで狐1号に変更。10時台はぽつぽつあたる様になる。ただし誘わないと当たらないよ。置き竿の人は全然釣れていない。

0t19

11時で50匹に。1号のほうが掛かりが良いかな?バラシも増えたけど。バラすと群れが散って良くないんだよね。ただ、左の達人がコンスタントに釣っているので、魚を上手に止めていてくれていたように思う。ありがとう!

色々誘いを研究してみる。細かく竿で誘ってアタリが出ても合わない。むしろカラアワセのほうが釣れたりして・・。

ゆっくり竿を上げていく誘いがちょっと効いたよ。それの応用で、底に仕掛けをべったり落としてゆっくり上げていく、ふかせ釣りの真似をしてみたがこれが釣れた。最初は錘の負荷がかかって竿が曲がった所でのあたりを取っていたが、ふかしてラインテンションが抜けている時も当たっていることに気が付いた。椅子が高い分べったり仕掛けを底につけて目の前まで竿を上げれば長い仕掛けでもできるというメリット。

しかし、ラインがたるんでいるので、実に難しい。皆さんはだから仕掛けの上にガン玉をつけているんだよね?ちょっとだけテンション感がでるのかな。今度やってみよう。

ベタ底が良かったので、底針を付ければよかったが、余裕が無かったなあ。

今回はロングハリスの仕掛けを使ってみたけど、アタリは増えるだろうが感度は鈍くなっているのだろうな。達人たちが使っているあの敏感な竿が欲しいよ・・。

11時台はこの誘いが効いて11時半で70匹。ポツポツ釣って行きます。

0t20_2

今日は、自宅でクリスマスイブのイベントがあるので早く帰りたいのです。お昼上がりを考えていたのですが・・。どうせなら100匹・1束を狙ってみたい。

パンを食べて釣りを続行。

その後ダブルも数回。

0t21

着々と地味に伸ばす。けど、ヘラブナの群れが通過するとパタッと釣れなくなるよ。

午後になって沈黙が・・。ちょっとは上向いてきたかと思ったのに悶絶です。魚がいない感じ・・。

北桟橋はとうとう無人に・・。

0t22

さて、トイレから戻ってラストスパート。ヘラに何度もハリスを切られ、残り3本針で釣ったりとか・・。

何とか14時に99匹まで来ました。もうちょいです!くう、14時半には帰らなくちゃな。

0t23

しかしその1匹が釣れない!もうコイツばかりだ!ヘラの群れです。

もぞっと当たって、お、来た、とあわせるとゴーン。グングンと引っ張る。

0t24_2

この穂先凄いなあ。持ちこたえるどころかファイト出来るよ。

完全にリールファイトします(笑)。何の釣りなんだ。

0t25

虹鱒みたいに横っ走りはしないので隣り近所に泳がないけど、これが掛かると確実にワカサギは散るだろうな。

両隣さんと3人同時ヘラブナヒットなんて時もあって、何釣りやってるんだか・・。

けど、この竿もリールも凄いよ。30センチ近いのを浮き上がらせるんだから。リールにドラグが付いていてランディングネットがあったら釣り上げられたなあ。って釣っても・・。

5~6匹掛けてハリス切られて仕掛け3つだめにしたよ・・。

20分後やっと1匹釣れて1束達成・・。カウンターに誤差があってはイカンと10分間で追加。

結果、7時~14時半で105匹でした。厳しかったが、なんとか1束いけました。

0t26


渋い時の釣り方。ワカサギ釣りの奥の深さを感じた、今シーズンの初釣りでした。

最後にサービスタイムがあったかもしれんなあ・・、と後ろ髪を引かれましたが、今夜はクリスマスイブですから!

タックル:穂先クリスティア32S先調子、リール:ダイワ棚ハンター。PE0・2号。

仕掛け:ガマカツ・ワカサギ連鎖ロングハリス狐1・5号&1号。錘:ダイワTGR5g。

0t28

もうちょっとハリスが短いほうがアタリが取れるのかなあ?

さて、クリスマスディナーにワカサギの天ぷらは似合わないので、明日揚げましょう。

帰宅後、地元デパートスズランで高級お惣菜とケーキを買ってきました。夕方前に行けたので空いていてよかった。

0t29_2

妻と自宅パーティーです。

さあ、餌が残ってしまったので、もう一度行こうかな?ワカサギ釣り。年末年始にはワカサギの南蛮漬けが食べたいし。行けるかなあ。

|

2014年11月21日 (金)

今シーズンのワカサギ釣り道具。

既に群馬県内湖の近所のワカサギ釣り場は解禁から3週間が経ちましたが、私は未だにワカサギ釣りに行っていません・・。

完全に出遅れた感がありますが、寒くなって魚が底に落ちつくのを待っていたのさ(泣)。

そろそろ行かなくちゃね・・。

道具を準備します。まあ、殆んど昨年までと一緒です。

相変らずの手巻きリールの棚ハンター。時代に置いていかれています・・。

1i12


電動リールは今シーズンも導入見送りか・・。そろそろ買っても良いと思うのですが、今期はあまりワカサギ釣りに行きそうにないからなあ。また来年かな。この手巻きリールも結構使えるし、なかなか味があると思うのです。

で、今シーズンのワカサギ釣り道具を買ってきました。

穂先を追加しました。昨年買ったダイワのクリスティアのちょい長めで先調子の奴を。

1i1


昨年のクリスティア26Sは胴調子で、諏訪湖で一度使ったが、ドーム船にはピッタリの短さで、活性が高い時は自然に乗る良い感じでした。

けどね、桟橋で使うとちょっと短い気がして。桟橋で釣っている上手な皆さんは、座布団か低い座椅子にアグラをかいて座って桟橋のギリギリ前で釣る。

だけど、私はひざが悪くてアグラが出来ず高めの椅子を使います。すると桟橋のヘチまで距離があるし、短竿でギリギリ前で釣ると湖に落ちそうな感じになるのです。

なのでクリスティア穂先で一番長い32センチ。これは今シーズン出たの?それの先調子のSね。

1i2

やっぽ、この辺りの湖の桟橋釣りだと入れ食いで乗せっぱなしってことも無く、小さなアタリを掛けていく釣りになると思います。

なのでクリスティアで一番長い先調子にしてみました。なんでクリスティア?それは、将来その電動リールを買おうと思っているのですが、なかなか買いませんねえ・・。

26Sとの長さの差はこんな感じ。

1i3

同じようだが違うのだ。

1i4

調子の違いは、イメージですが、

26Sがこんな感じで真ん中から曲がる。

1i5


強いアタリを柔軟な胴で弾かせずに針に乗せるイメージ。

32S先調子は、向きが逆になっちゃったが、

1i6

微細なアタリを穂先で捕らえ硬い胴で合わせを効かせ針に掛けるイメージなのかな?

このあたりは管釣りルアーロッドのイメージで書いてみたのだが、同じような感覚だと思うので。

この違いを使い分けてみようかなと。渋めの地元の桟橋では先調子のほうが良いかなと今回購入。

手巻きリールの竿にセット。結構長いね。

1i7

穂先が浮いているよ・・。そろそろ電動リールが欲しいよ。

仕掛けも、シーズン最中になると品切れしてしまうので、まとめて買ってきました。

私は不器用なので、長い仕掛けが扱えません・・。5本針の50センチか、6本針の70センチまでが限界です。さらにオールフロロ。仕掛けを扱う手際が悪く、ナイロンハリスだと絡めてしまう。フロロだとピンとハリスが張って絡みにくい。感度じゃないのね・・。

あと、道糸にはヨリモドシを付けるので、仕掛け側はスナップスイベルでないと困る。

今シーズンのメインはこれ。

1i8_2

やはり近所の湖だと誘わないと。ロングハリスを導入。針も、最近老眼が進んだので出来るだけ大きくしたいのだけど、やはりこの近辺だと小さな針じゃないと掛からない様子。餌が付け難いので1号は使いたくないけど・・。2号をメインにしたかったがやはり1・5号で。

掛けないと釣れないので狐針。バレ難い袖針は高活性時に使おうと思うが出番は無いだろうね・・。ハリスはフロロで、幹糸はより絡まないホンテロンという奴らしいよ。絡まないところを期待。

手返し良く釣りたい時は、もっと短い仕掛け。

55センチの5本針のは好きだなあ。使いやすいです。

1i9


諏訪湖のドーム船ならこれでバッチリなんだけどね。

底鬼ってのは57センチの6本針で手返し重視、底に魚が溜まっている時に狙い撃ちするというものなのだけど、いつか使えるかなあ?

一番右の長い仕掛けは、タナがばらけて絞れない時。魚探を持っていないので、これを魚探代わりに。置き竿でも使えるように向こう合わせでバレない袖針にした。これは出番が無い事を願います。

錘も換えてみました。高かったけどダイワの。

1i10


1号とか1・5号とかLサイズとかってのは直感的にわかり難いので、ぴったりのグラムのがよいかなあと。もうわかりやすさ重視。現場寒いから。

こんな感じで今年のワカサギ釣り道具を揃えてみましたが、いつ行けるのかなあ?

1i11


三連休はいけるかな?管釣りに行っちゃうかな?

ワカサギ釣りは釣った魚を天ぷらなりにして食べることになるから、その夜とか翌日に時間がないとダメなんですよね。

そういうことを考えると、なかなか行けなくなってしまう今日この頃です・・。

解禁当初は好調気味だった近所の湖の桟橋ですが、このところの急な冷え込みで不調っぽくなってしまったか?

うーん・・。

|

2013年12月26日 (木)

諏訪湖のドーム船で良型ワカサギ。

昨日、今年最後の休暇を頂きまして、行って来ました諏訪湖でのワカサギ釣りです。

2g1


例年よりひと月遅い釣行で、湖畔は既に氷が。このところの冷え込みで釣果は落ちているようですがどうなるかな?

今回のメンバーは、いつも諏訪湖釣行でお世話になっております職場の元所長さんを中心に、職場の個人研修という名目で幹事をやってくださったUさん、職場のジャニーズ系新人のS君、元所長さんのお知り合いの計5名です。

早朝4時半に安中を出発。7時には諏訪湖に到着しましたが・・。タッチの差でドーム船は出航済み。

なので渡船に乗って、ドーム船まで送ってもらいます。いつもの「みなと」さんにお世話になります。

これが渡船。和船に船外機を装着した奴。

2g2

このオレンジのシートに座る・・。

激寒の湖面を出航。わくわく~。

2g3

これがかなりスピードが出る。寒い、けど気持ちいい!

2g4

朝日の諏訪湖を滑るように渡船は行く。

2g5

沖のドーム船に接近。

2g6

諏訪湖のドーム船とは何か?

については、前回の諏訪湖釣りの当ブログこの記事をご覧ください。

さて乗船。お世話になります!今日は平日なので、いつもよりお客さんは少なめ。10名くらいか。一人分のひと枡は広い。

2g7

周りの状況を見ると・・。常連さんぽい方々が、朝から一度もアタリが無い、とつぶやきます。まだ1匹も釣れていないという。ヤバイ・・。諏訪湖のワカサギは朝一の爆釣がいつも楽しいのに。今日は厳しい日になりそうです。

新人S君は、今年の海釣りツアーで釣りは経験しましたが、ワカサギ釣りは初めてです!さあ、初体験でどれだけ釣れるかな?

2g8

私のリールタックルを貸して、餌のつけ方からレクチャー。海釣りに慣れたので、道具の扱いは大丈夫のようです。

私のスペースはここ。側溝で釣りをしている訳ではなく、ドーム船の底に開いた溝から湖面が見えているのですよ。

2g9

7時半過ぎに釣りスタート。うーん、当たりません。のんびりやるしかないかな。

やっと群れが来ました。群れが来れば連発です。2連で。おっと、型が良い、結構大きいですね。10センチクラスが2匹掛かると重いですね。

2g10

7匹で止まる・・。

その後沈黙し、渡船でスタッフさんがやって来て、状況を見てポイントを移動。

すぐに群れが来る。このポイントは良いかも?

けどまたすぐに止まる。

2g11

8時10分で19匹・・。ペースはいまひとつですね。

今回のタックルも手巻きリールです。今シーズンは電動リール導入を見送り。来シーズンはどうするかな?

2g12

先日購入したニュー穂先もデビューです。感度はどうかな?

2g13

白くてカッコイイ~。

また群れが来ました。今度も高活性。

おっと、4連です。これも良い型で重い。

2g14

この日は、もう群れ依存の釣りです。群れは高活性でもうアワセと関係ない。来ればすぐ食う。せっかくの穂先も当たると釣れているので感度わからず・・。そして2連、3連4連・・、6本針のショート仕掛けですが、6連もありました。

けど、群れのスピードが早い。ドーム船の端から釣れ始め、自分の前に来て3~4回の投入でお終い。あっという間です。「新幹線並だな。さっきの群れはひかり並で、今度の群れはのぞみ並だ」という声も。

水鳥が多数湖面にいて、ロケット花火で追っ払っているようですが、この水鳥に群れが終われてスピードが速い、なんて意見もありましたが、どうなんでしょう?

そして群れがいないと全く釣れません。

そうすれば、もうのんびりと、外を眺めたり。長閑な感じ。

2g15

常連さんもこんなのは珍しいと。誘っても全く反応がありません。いつもは誘えば居付きの魚の反応があるのですが。今シーズンは魚影が薄いそうです。魚探も全く映っていないとのこと。もう誘っても釣れないから誘うのやめた、と群れが来るまで竿を上げてしまう状況。

トイレもあって快適ですよ。ここがトイレ。

2g17

S君も釣れると超楽しい~と言っていましたが、釣れないと辛い。気分転換にドームから出て外で釣りますが、やはり反応がありません。

2g18

お、渡船が来た。お弁当のデリバリーです。船でランチがやって来るとは、タヒチの水上コテージみたいですね、ってタヒチ行ったこと無いけど。

2g19

11時にお昼。注文したカツ丼です。暖かくて美味しい。ホッとしますね。

2g20

で、釣りのほうですが、端に座っていた親子連れのお子さんが非常に上手。群れが必ずそちらから来るので、そのお子さんが「釣れた、来たよ!」というと、全員が起き上がって仕掛けを投入するという状況。それ程群れが来ないと、船内で1匹も上がらないのです。

30分ほどに1回来る群れで10匹程釣る感じ。特にスタッフさんが渡船で来ると群れも来る。スタッフさんは群れを引っ張ってきたよと言っていましたが・・。

で、私はお昼で110匹でした。なんとか一束を越えてホッとしましたが・・。

特に12時から13時半まで1時間30分、全員アタリの一度も無く、重苦しい沈黙・・。スタッフさんもこのドーム船の周りには凄い群れがいると言うのですが・・。

しかし!13時半過ぎに群れキター!まさに入れ食い、楽しいーっ!

今度の群れは大きい。長い時間釣れています。この群れで63匹釣りました。

2g22

ふう、こんな群れがまた来ればな。あと終了までの1時間半で2束は越えるだろうと思ったら・・。

終わりまでの1時間半、群れは来ない、誰も釣れませんでした。

渡船が押しに来て、皆さん諦めムードの中で終了。

2g23

午後に大きな群れが来て、皆さん楽しかったようです。

私の釣果は173匹でした。

2g24

型が大きいのでこの数でもずっしりしています。ただ、群れが来た時に餌がついていなかったりとか、仕掛けが絡んだりとか、もっと伸ばせたなー。餌が2箇所しか付いていなくて2匹ずつ釣れ続いたりとかだったのだ。リカバリーしようとしたが群れが1~2分で過ぎてしまうのだもの。

もう、誘って小さなアタリをあわせるってことが全く出来なかった。よーく穂先を見たが、群れ以外のアタリは感じませんでした。

他のメンバーさんも100匹前後釣れて、良かった。

みなとさんのHPを見ると、このところで一番釣れない日だったか。何隻か船が出ていましたが、トップの人で213匹でしたから、健闘したってことで。

今シーズンの諏訪湖は、釣り上げ制限があって1キログラムまで。型が良いので制限350匹というところで、前回477匹釣ったから制限まで釣れるか?と思ったらとんでもなかった。やはり12月は厳しいです。

もう群れオンリーという釣りでした。

お世話になりました。

2g25

ドーム船も帰ってきました。

2g26

釣れたワカサギはこれ。

2g27


173匹で605グラム。型は良いってことだよね?

2g28

午前中の群れが大き目が多かった。10センチ前後が中心。

2g29


これなら旨いだろうな。

2g30

8時頃無事に帰宅。

早速天ぷら開始!私もちょっと天ぷら揚げるの上手になったかなあ?

2g31

2g32_2

おー、いい感じ。サクサクに揚がりましたよ!

2g32_3

熱々を塩で食べる。

旨い!揚げたてのワカサギ天ぷら旨し!やっぱり大き目は旨い。丹生湖の5~6センチくらいのだと衣の味が勝っちゃうんだけど、このくらい大きくなると、魚の味を感じるよ。釣りたてのワカサギだよ!いい香りだ。良かった。

夫婦で食べきれないほど揚げたけど、まだ2/3は残っているから冷凍した。年末に唐揚げにして南蛮漬けにするつもり。正月の間に酒のつまみでポツポツ食べよう。

岡谷市街の酒屋さんにいつものように立ち寄る。

地酒を2本購入しました。

2g33

岡谷の酒蔵、これぞ地酒、豊香(ほうか)です。これいつもここで購入して帰るんだけど美味しいよ。

特別純米のしぼりたて生、新酒です。

2g34

精米歩合59%。

諏訪の名酒、真澄の吟醸生酒あらばしり。

2g35

精米歩合55%。

両方とも出来たて。正月に飲みます。楽しみ~。

諏訪湖。今年は型が大きいし、みなとさんによると味も例年以上に美味しいとのこと。ホント旨かった。

今シーズンの諏訪湖は、例年と違う釣れ方だと常連さんが言っていました。釣れる時間と釣れない時間がはっきりし過ぎている。

群れが来れば高活性でどんどん掛かる。初体験のS君も1束越えたようです(彼は釣りのセンスが良い)。誰でも群れは釣れる状況で、誘ってあわせたい上手い人はちょっと物足りない感じですが、引きも良いし楽しいですよ。真剣モードというよりはレジャーという感じですが、寒くないし快適で楽しいのは確かです。

「みなと」さんはおすすめ。HPの釣果情報はこちら。

メンバーの皆さん、大変お世話になりました。

また来年も諏訪湖に行きたいな。

|

2013年12月 7日 (土)

ニュー穂先。

ワカサギ釣り用の穂先を買ってしまった・・。

2r1

ダイワの電動リール用の穂先、クリスティア。

び、敏感さが欲しかったから・・。

けど、電動リールは思いとどまったよ。今までの手巻きリール竿にセットするよ。

でもわざわざ電動リール用の穂先を買ったってことは、この後の電動リール導入の布石なのか?

2r2


現在使用の穂先が1500円だから倍以上したよ・・。

小さいアタリが取れ、誘いやすく、あたった瞬間に掛けられる穂先を探した。

最初このクリスティアの先調子が気になって店に行ったのだ。掛けやすそうだし。

けどお店で店員さんに聞いてみて、まあ、まずは普通の胴調子でやったほうがいいんじゃないか、って事で、このレギュラー調子にしてみた。

クリスティアワカサギ26S。

2r3


最近錘は1号を使っているが、錘負荷は5グラムまでいけるので、1・5号が使える。もっと重くても大丈夫だと思うが、次回は1・5号の錘も試してみよう。

桟橋で釣るのであんまり短いのだと、ギリギリに座って水に落ちそうなので21センチはやめて26センチに。それでも今までの竿より短くて水に落ちそう・・。

より硬いMか迷ったがSにしたのはこれはスタンダードだそうで、これでやってみてこの後の方向性を決めてみよう。

所有の手巻きリール用のグリップにちょっときつかったが入った。

うーむ、高級品は綺麗だな。

2r4


スレッドがおしゃれ。高いだけのことはあるぜ。

けど、フライロッドやルアーロッドに比べると10分の一の価格だよな・・。なぜかワカサギ釣りには投資を惜しむ私。うーん、年が明けても電動リールの在庫があったらいっちゃうかあ?

この先端の赤い部分がピクピクって。ぴくぴくー。

2r5


早速ニュー穂先を試しに釣りに行くか?

|

2013年12月 1日 (日)

丹生湖の桟橋でワカサギ釣り・やっと一束。

昨日11月30日、丹生湖へワカサギ釣りに行きました。今シーズン2回目です。

2y1


前回は66匹と不調でしたが、今回はリベンジなるか?

安中の釣り友H氏宅へ6時に迎えに行き、6時20分に丹生湖へ到着。

駐車場には大型トラックが?水槽車です。まさか、ワカサギの追加放流?

2y2


いいえ、中身はヘラブナでした・・。7・5トンのヘラを放流したそうで、ワカサギに影響が出なければ良いが・・。

なので今日はヘラ釣りのお客さんが多かった日でした。

今朝は氷点下の冷え込み。桟橋には霜が降りていて、滑りそうで慎重に歩く。

2y3


さて、順番2列目の桟橋入場でしたが、北桟橋か中桟橋かに迷う。入場一番目の皆さんは北と中は半々くらいだ・・。えーい、中桟橋にしよう。ここ数日の冷え込みで深いほうが良さそうな気がしたのだ。

釣座はここ。

2y4


先端から5番目の北向き。最先端ではないが先端だろう・・。右にH氏。まあ、先端部分は我々以外は皆さん上手そう・・。機材も本格的です。

モタモタと仕掛けをセット。今回の仕掛はちょっと長めのこれにしました。

3c2


7本針なんて扱い難くて好きじゃないんですけど。普段は全長60センチ以下の5本針でトラブルレスの快適さを追求。しかし、前回の丹生湖は中層の釣りでしかもタナがワイドにバラけてしまい、60センチの仕掛けでは惨敗でした・・。

今回は全長115センチ。このくらいの長さが私の限界・・。実際、竿を目一杯腕を伸ばしてあげて、錘が床上ぶらぶらするくらい。疲れるなあ。

さあ、7時過ぎに釣り開始。

ウー、タナは?このところの冷え込みでいよいよ冬っぽくなった。底にワカサギがいることを期待して錘を底へ。

ぶるっと当たるが掛からない。またここの名物クチボソ?しばらく当たりは無し。前回のメインだった4メートル付近を狙うも反応は全く無し。

底に戻して、ようやく1匹目。開始5分以上掛かった1匹目。

2y5


本日も苦戦の様相。活性はかなり低そうです・・。

タナを迷走するも、やっぱ底かな?ていうか底ベッタリを期待して。やっぱ底釣りが好きなんで・・。

開始1時間で12匹・・。

2y6


厳しいな。ワカサギ釣り2回目の海釣り師H氏は、まだ4匹。つ抜け出来ないかもと弱気です。この低活性は初心者さんにはかなり厳しくなるかも・・。

8時頃に少し群れが来るが、全体にポツポツ。

北桟橋も、前回より客が減ったような。

2y7_2


先端に20人くらいか。このところの桟橋のトップ釣果は300~400匹というところ。ただ釣れない日も増えてきて、お客さんは減少傾向か?

今日も不調日かなあ?周りからも当たらないの声が・・。

今回も、手動リールで頑張ります。電動も良いけど、やっぱ手巻きで釣り上げるのが好きなんでしょうね・・。

2y8


ここの水深は5・8メートル。

2y9


この水深カウンターは便利だね。電動を買うときも水深カウンター付がいいんだけど、手持ち出来る軽い奴ってあるのかな?

前回が6・8メートルだったから、3人分岸に寄ると1メートル浅くなった。

その後も悶絶時間が長く、9時にトイレ休憩。ここまで2時間で39匹・・。今日も昼過ぎには上がって高崎で昼間から飲もうとH氏は言っているので、一束は微妙な状況です・・。

この日も先端人気です。

2y10


南桟橋は不人気。根元に並んでいる人達はヘラ師の皆さんです。

これが私たちのいる中桟橋。

2y11


隣のH氏はというと。今回も長めの振出ワカサギ竿仕様。

2y12


これに自作のロング仕掛けで、前回の様なワイドなタナに対応しようという作戦。長めの竿は長めの仕掛が扱いやすいということで。

敏感なワカサギ穂先を奨めているのですが、あれはアタリを手で感じないからわからないという・・。いや、手に感じるアタリを待つより目で穂先のアタリを取ったほうが良いよ、と説明しますがまだ納得のいかない様子。

目でアタリを見るという事を奨めますが。手の感度にこだわる彼はルアーフィッシングをやってみると釣れる気がします。

もう1本は振り出しの堤防竿のようなやつで、遊動式の浮き釣りをしているようです。自作の魚入れも持ってきて、オリジナルのタックルにこだわりがあります。

風も無く、だんだんと暖かくなって快適な釣りに。しかし、ベタ凪は良くないらしく、悶絶が長く続きます。群れが全くやってこなくなったよ・・。

2y13


お昼で70匹。前回は越えましたが・・。H氏は20匹と苦戦中。アタリがまったく取れないという。

なので前回は釣れなくてあまり好印象ではなかった私のスペア竿を使ってもらう。この敏感な穂先で、ワカサギのアタリがどういうものか知ってもらいたい。

2y14


最初は全くアタリがわからなかったようですが。敏感すぎて情報が多すぎるのだ。体や桟橋の揺れとアタリとの違いをまずは認識してもらう。さらにブルっとくるアタリでは掛けられないようなので、その前アタリを感じてもらう。徐々にわかってきたみたいだよ。

お昼過ぎは全く釣れない・・。けど、丹生湖は午後にも群れが来ることがあるので期待。

1時頃には、もう帰ろうかという感じに・・。

しかし、群れが!4連になんと6連、2投で10匹とこりゃサービスタイムか?と思ったらそれでお終い・・。群れは来ますが速く過ぎてしまうよ・・。

うーん、手返し重視でいつもの短い仕掛で釣るか?けど、一番下と一番上に掛かっているなんてこともあり、群れがワイドに広がっている様子。そのまま続行。今日の私にとってのロング仕掛は、やっぱり絡まるトラブルもあったが、オールフロロはすぐ直せるので良い!

まあ、長閑な時間が多いのですが・・。

2y15


やや風が出てきてポツポツ釣れるように。今回は防寒対策で靴をスニーカーから登山靴に替えてみましたが、やはりつま先は冷たくなってしまったよ。次回は真冬のボア付きブーツを履いてこよう。

今回も1時ごろには上がろうか?ということでお昼ごはんは用意しなかった。せんべいとチーカマをもそもそ食べて釣り続行。

お腹が空いてしまって、そろそろ上がるか?けど、もうちょっとで一束・・。あともうちょ、もうちょ、ッとつぶやいて2時ごろ一束達成!良かった・・。

その後、2時過ぎから薄めながら長い時間の群れが来てポツポツ釣れ続く。H氏もアタリが取れてきたようで釣れ始めました。

アタリがわかってきた、微細なアタリが掛けられたと嬉しそう。開眼してきたようですね。ワカサギ釣りの釣り方を理解してもらえました。なんであんな振り出し竿を買ってしまったのだろう?と後悔(笑)。短くて敏感なワカサギ穂先を購入するそうです。

さて、ポツポツモードで上がっても良いのですが、、H氏がこのアタリの取り方を体に染み込ませたいと継続。結局、H氏が仕掛けをトラブらせたところで終了。

本日の釣果は7時~15時20分で128匹でした。

2y16


前回よりもアタリが取れてきた感じ。周りもあまり釣れていないようで、クチボソも全く釣れない。低活性の日にまた来てしまったようですが・・、一束をなんとか越えて満足でした。

H氏も60匹越えたようで、竿を替えてから釣れだして、前回より伸ばしました。ワカサギ釣り2回目で手応えがあったようです。これでワカサギ釣りにはまってくれたらいいな・・。

このワカサギ、今回もH氏にプレゼント。

2y17


前回、二人合わせて100匹のワカサギを天ぷらに揚げたようですが、数が少なくご家族には不評だった様子・・。今回は二人合わせて200匹近いので、3人家族でもワカサギ天ぷらを楽しめるはずです。良かった良かった。

二人とも納得の釣り。

2y18


底釣りモードになってきたのが嬉しい。これなら魚探が無くてもそこそこ勝負できる(笑)。次回はも少し釣れると良いな。今回は掛かってからの途中バラしが多かった。乗ってるのに不必要なあわせでバラシているのかな?この辺りは要研究ですね。

お昼を食べなくちゃ。通りに出て富岡方面に曲がってすぐにあるラーメン屋さんに行くことに。

「手延べラーメン大連」さんへ。

2y19


ここは手でぐーんと伸ばして麺にする本格的な手延べラーメンのようです。中国の方がやっています。

手延ごま味噌ラーメンを二人とも注文。

ばんばんと麺を打っているようです。なので時間は少し掛かります。

来た。

2y20


麺は手延べらしく不揃いでいい感じです。

2y21


切っていないから麺のエッジが無くて丸いのだ。これが手延べ麺。

お、スープも本格的な中華の出汁を感じますね。中国式のラーメンの出汁です。

なかなか美味しかった。麺も柔らかめですがモチモチした食感が良い。柔らかめな麺が嫌じゃなければここはお薦めです。丼がプラスチック製なのは何で?と思いましたが、丹生湖を降りてすぐの場所なので、お昼に食べに行っても良いですね。

2y22


メニューも色々あるようなので、丹生湖ワカサギ釣りの帰りには是非。

この後、高崎に行って、10時過ぎまで飲んでいました・・。へべれけになって本日の日曜は二日酔いでしたー。

|

2013年11月10日 (日)

丹生湖で今シーズン初ワカサギ釣りは・・。

昨日、11月9日に地元の丹生湖へワカサギ釣りに行って来ました。今シーズン初ワカサギ釣りは釣れるかな・・。

朝焼けの丹生湖。

3j1


今回は、釣り仲間のH氏との二人釣りです。H氏とは海釣りでお世話になっていますが、初の淡水同行釣りです。

朝6時に安中のH氏宅へ。6時25分には丹生湖に到着。新潟への海釣りの時とは圧倒的に近い釣り場。この気軽さが嬉しい。駐車場には後10台ほどの残りスペース。

いつもどおり、桟橋での釣り。既に桟橋の行列には荷物が置いてある。

3j2

管理棟で受け付け、桟橋での釣りは1日2090円也。餌はすでに購入済みだが、ここでも売っています。

H氏は海釣り歴は長いが、淡水釣りは最近はやっていない、ワカサギ釣りは初体験だ。隣でレクチャーしながらの釣りになる。

丹生湖は近所だし、気軽さが良い。鮎川湖も近くにあるが、あそこは桟橋手前から電動2本の魚群探知機装備の名人たちがズラッと並んで、ちょっと緊張感がある玄人向きっぽさを私は感じる。

丹生湖はファミリーも多いし、レジャー的な感覚があるように私は思うのです。この日もスピニングタックルの親子とかいて、ほのぼのしていていいよ。

7時に開門。ここで通路桟橋手前の桟橋の水没事件が起こるが、無事渡る。

3j3


朝日の通路桟橋。

さて、どこに入るか?北桟橋の先端が釣れているそうで人気。既に満席のようなので、中桟橋の先端部分に。これが後に運命の分かれ道・・。

先端部分は今シーズンの解禁からの人気ポイントで、中桟橋も混んでいたがぽっかりと二人分開いていたので、、先端から3番目に入れました。事務所棟側向き。

3j4


丹生湖の桟橋は、隙間が空いているので、魚や道具が落ちないようにシートを敷きます。

さて、仕掛けをセット。H氏も振り出しのワカサギロッドを持ってきましたね。それに海釣り用の小型両軸リールを装着。ラインもワカサギ用極細PEライン。これならばいけるはず。仕掛けは長めを持っていたので、私の短めの仕掛けを付けてもらう。

さて、釣り開始。しかし、久しぶりのワカサギ釣り、仕掛けの扱いに戸惑う。新たに買ってきたダイワの短めの仕掛けだが、やはりリーズナブル品、ナイロンハリスに全くコシが無い。餌付けで仕掛けを絡ませ、直す間にズボンに針を引っ掛け、結局切って3本針で投入・・。

まずは底へ。水深6・8メートルとなかなか深い。アタリは頻繁にあるが掛からない。それはきっと丹生湖名物のクチボソのアタリだ。ちょっと底を切った所へ仕掛けを上げると乗った。

まずは1匹。釣れてよかった。

3j5


朝のサービスタイム期待するもそれ程でもないか。底は続かないので、中層が調子良いとのことなので、4メートル前後を狙う。群れという感じでもなくポツポツと・・。

H氏は、小さい針に戸惑ったが、2連、3連掛けをやって初ワカサギをゲット。やったね。ちょっと竿の感度があまり良くなさそうなので、連掛けになっている模様。

開始1時間で14匹・・。これでは今日は苦戦決定です。

3j6


型は昨年よりは良さそうで美味しそうなんですが、数が続きません。ぽつぽつです。

周りの釣り人もアタらないを連発。向こう側の北桟橋の方が調子良いかな?けどそれ程連発はしていないか。

3j7


中桟橋も、先端に入っている電動&魚探の人も流石で群れが無い時も上げていますが、8時半には止まって他の場所を魚探を持って偵察に。

3j8


中桟橋は苦戦の模様。

その後も悶絶時間もあり、9時半には休憩。群れが来ないのよ・・。

体も固まってきたし、トイレに行こう。

3j9


北桟橋の様子。

3j10


やはり先端部分に釣り人が集中。

桟橋は放尿禁止だよ。

3j11


各桟橋、なかなかの人手ですね。

3j12


先端人気です。

さて戻って来て釣再開。H氏によると、私がトイレに行っている間に群れが来て、周りはかなり釣れたとのこと。H氏も3連があったと。悔しい~。そんなものだよね。

再開後は30分悶絶。

10時半ごろちょっと群れが来て、3連。

3j13

その後止まったので、魚をクーラーバッグへ。7時~10時半で

3j14


35匹とは、トホホ・・。今日はダメでしょう~。一束は絶望的。なぜなら午後はH氏と高崎へ繰り出し、食堂飲み&夕方居酒屋飲みの企画があり、昼過ぎには上がる予定なのです。

今回は、周りではクチボソ攻撃が凄かったようですが、私は数匹程度です。クチボソは口が小さいから、掛けられてないんだな、私のアワセ。

この頃、事務所の人がやってきて、先端の人に話を聞いていたが、「群れが入ってこない、映っているのはクチボソ・・・」フル装備のその人はここまでで70匹ほどだそうで。おおっと、自分はその半分くらい釣って結構私やるじゃんとも思う(笑)。北桟橋で釣れている人が140匹だそうで、やはり北なのか・・。

11時頃にちょっと群れが来てダブル。

3j15


全く釣れない時間もありで・・。まあこの日は風が無くて、長閑で良いんですけどね。

3j16


このリールのカウンターでタナを合わせる。群れごとに水深が違うんだよね。4メートルが中心の感じだったけど、3メートルより浅い所でも5・5メートル付近や6・8メートルの底でも釣れた。

メインは3・5~4・8メートルを探って、たまに底や5メートル前後、3m前後を探る感じ。群れというか単発を拾う釣りでした。6メートル前後や2メートル前後は全く反応なし。

群れも小さく、魚探が欲しいよ・・。けど、勘で頑張る。4m前後を20センチ刻みで仕掛けを移動。

長い仕掛けがやっぱりこういう時は有利でしょう。けど、快適性重視で90センチ以下の短い仕掛けしかもう持っていないしね。

仕掛けはトラブルの多いダイワの5本針→6本針と行って、やっぱ絡むので、高級な仕掛けへ(笑)。ガマカツのケイムラ5本針仕掛はオールフロロなのでハリスに張りがあって絡まない。これにしたら全くライントラブルが無くなったので、やはりフロロの仕掛けが私に合っているなあ。ケイムラ効果はわからないが、ストレスが無いし、そんなに回数も行かないので、この高級仕掛けを追加で少しだけ買おう・・。

それでも5本針仕掛けでは、気まぐれなタナを探るには苦労するよ・・。魚が掛かった針位置でタナを修正するも、もうそこには魚はいないし・・。

その後は、微小なアタリを取ることに専念。穂先をじっと見る。

3j17


ブルっと来るアタリは魚が餌を離して逃げる時だと聞いた。活性が高いとその時にフッキングするんだけど、今日は掛かりませんよ。その前アタリを捉える。もう穂先がク、と動くだけ。

H氏にも教えるが、桟橋のゆれ、自分の呼吸や心臓の鼓動のゆれと区別が付かないようです。

H氏には、私のスペアの竿に自分の両軸リールを装着して試してもらった。高感度のワカサギ竿っていうのを知ってもらいたかったが、柔らかすぎて扱い難そうです。だんだんアタリがわかって来たそうです。

私もなかなか掛からないが、その微小なアタリで掛かったときは凄く嬉しい。

周囲からも釣れないなあ、と諦めムード。今日は急に気温も下がったし、解禁から9日目と叩かれて、良くない日になったのでしょうか。

お昼からは完全に止まったなあ。お昼ごはんもないし、お腹が空いたよ。H氏は30分に1匹状態。私もポツポツ。

後1匹釣れたら帰ろうと決めて、その1匹が釣れない!

13時にダブルで来て、これでやっと納竿。

7時~13時で66匹。惨敗です~。

3j18

とほほほ・・。

3j19_2

型は昨年よりは少し良いかな?

ワカサギ釣り初体験のH氏は30匹ほどとのこと。

今回のワカサギ釣り、H氏の高齢なお母様が霞ヶ浦出身で、懐かしいワカサギが食べたいと言い出したので釣ろうということになったのです。本来H氏は海釣りで大物狙いの人なんですが、この小さい魚にそういう理由で挑戦、窮屈な格好で長時間釣りをして疲れた様子。けど、初体験でこの厳しい状況の中30匹とはやはり見事です。ちゃんと掛けていましたし。

私の魚をプレゼントして、二人で合わせて100匹、お母様に天ぷらを揚げてあげるそうです。この親孝行者め~。

丹生湖は、意外と午後にサービスタイムの群れが来るので、13時上がりはちょっと心残りですが、私も小さいアタリに集中したので結構精神的にも疲れた・・。体も痛いし最初なんでこれで正解。

南桟橋は相当苦戦したのか、先端部分にいた皆さんは移動か帰ったのか、人もまばらになっていました。

3j20


今日の丹生湖は全体に厳しかったようです。もうしばらくして釣果が上向いたらまた来てみましょう。

富岡市のHPにも釣果が出ていますが、トップの数字は、電動&魚探装備で神業レベルの職人技を持っている釣り師の釣果ですから・・。私のようなレジャー手巻き釣り人ならその5分の一から10分の1くらいの釣果ってところですから。勘違いしちゃダメ(笑)。トップが500匹を越えたら1束のチャンスがあるかも・・。

こんな渋い日もあるよ。群れが小さく、タナがワイドにバラけちゃって、私の短い仕掛けでは歯が立たなかったなあ。今日は魚探が欲しかったよ・・。底べったりになる日がいつなのか。長い仕掛けも扱えるようにするかなあ。

車に戻って、二人ともお腹が空いてもうフラフラ。

高崎まで持ちそうも無いので、食事どころを探す。

すぐ下の丹生の集落の中に、我々好みな素敵な中華料理店を発見。大幸苑さん。

3j21

これがいい感じのお店。サービスでウーロン茶を頂いたり。

特製そば、というラーメンに興味を持ったので二人ともそれを。

3j22_2

野菜たっぷりでお肉が入り、中に煮た卵が入っている。ゴマの香りが良くて卵風味のラーメン。体も心も暖まりました。ご馳走様。

割と穏やかな天気でしたが、気温が低くたまに吹く風が冷たいし、日があまり出なかったので結構体が冷えていたのですね。

その後、高崎に二人で繰り出し、裏町通りを散策して飲み屋探し、そして飲んで飲んで・・。

良い日であった。ワカサギ釣り、もっと釣れるようになりますように・・。

|

2013年11月 8日 (金)

今シーズンのワカサギ道具。

近所のワカサギ釣り場も解禁。ぐっと寒くなってきて、そろそろワカサギ釣りに出掛けたいと思います。

解禁当初は良く釣れているようですが、現在の釣果は一段落している感じかな?まあ、少し落ち着いた頃にのんびりやるのが好きなんですよっ。

釣具屋さんで今シーズンのワカサギ道具を購入しました。大体の道具は揃っているので、消耗品の補充です。

3k1


今シーズンも電動リールは導入せず・・。ええ、一匹づつ手巻きで釣る所が楽しいのですよ!

・・いや、他の釣り用にちょっと良いリールを買ってしまって・・・、ワカサギ釣りにはそれ程お金はかけられないのですよ。

それに、電動リールを使うと、やはりまとまった数を釣らないとカッコウ付かないしね、そうすると自分にプレッシャーが掛かっちゃうので、今シーズンも手巻きでマキマキして、のんびり楽しみましょう。

ましてや魚群探知機なんて、もう無理。気軽が一番よ。買えないだけだけど。

まずは仕掛、これは一番の消耗品。気に入った仕掛けはやはり人気が高くて、シーズンが進むと売り切れるものも出るので、お気に入りはシーズン最初にまとめ買いがよい。

3k2


私は針が少なめの短い仕掛けが好き。タナがバラけていたり群れが速かったりすれば長い仕掛けのほうが有利だと思うけど、短い方が扱いやすいのよ。絡みにくいし。

やはり仕掛のトラブルほどつまらないものは無い。釣れている人は針の多い長い仕掛けを使うのだろうけど、私は快適性優先。

昨年より短めの仕掛けが増えた気が売り場でしたのだけどどうかな?

これが短めで使いやすそうなので、普段は買わないような大手メーカー品を買ってしまった。

こういう大手メーカーって、マニアックな人よりも一番人口が多い釣り人をターゲットとしている気がするので、この短い仕掛という流れも今アリなのかもしれないよ。

去年好きだったのが、ケイムラっていうのだけど、これは釣れた気がする。今年は同じものが無かったので似ているこれにした。

3k3

濁りや深いところでは発光する仕掛けは有利かもしれないよ。けど値段が凄く高いので、ここぞという時用で2個だけ購入。

道糸はPEライン。昨シーズン導入して、その感度に驚いた。ナイロンとは全く違う釣りが出来る。けど、値段が高い。持ちはいいので何シーズンも使えるので実はお得でもある。

昨シーズンのを今シーズンもそのまま使おうと思ったけど、もう少し細くしたいので、巻き足してみる。

3k4


30メートルあれば行っている釣り場の水深ならば十分に足りる。

竿の握り部分。リールシートが付いていて、穂先を差し込んで使う。穂先は2本持っているので、互換性のあるグリップを追加。

予備の竿ではなく、一緒に初心者の人と釣行する時のレンタル用だ。これを貸してワカサギ釣りをやってもらおうと。

3k5


昔使っていた、ピカ丸君というリールを装着。これをレンタルしますから、初めての方、一緒にワカサギ釣りに行きましょう。

右は、昨シーズンと同じカウンター付きのリールと短い方の穂先。

それと、ホームセンターで買ってきた。レジャーシート。

3k7

桟橋の釣りがメインなんだけど、スノコ状の桟橋だと隙間から魚や仕掛けが落ちちゃうことがあるので、これを敷くのだ。

ハサミ。100円くらいの。これは餌の半切りっていうのも大切なので、餌切り用。

3k8

穴に指を入れるタイプじゃなくて、がっと握ってピっと切れるこのタイプが作業の流れがよい気がします。

すぐに汚れたり錆びたり無くしたりするので消耗品ですね。

仕掛けを作る時は、このはさみだとPEラインは切れないので、別にPEラインも切れるはさみを持って行く。これは管釣り用の良く切れるはさみを流用しています。

今シーズンの竿はこんな2本。

3k6


あとの道具は昨シーズンのものが全て使える。今後は仕掛けと餌を用意すれば、毎シーズンあまりお金の掛からない釣りが出来るでしょう。

これで、夕御飯になるくらいの天ぷらが揚げられる数のワカサギか釣れれば、もう言うこと無しなんですけどね・・。

|

2012年11月23日 (金)

諏訪湖ドーム船ワカサギ釣り・4束超え。

諏訪湖のドーム船でワカサギ釣りをしてきました。

S1

ワカサギ釣りを始めて通算2シーズン目8回目の釣行という初心者の私ですが、4束超えの釣果。

やっぱり諏訪湖のドーム船は釣れますね~。楽しかった。

職場の所長さんプロデュースの私的研修企画。所長さん、参加の皆様お世話になりました。

ドーム船は、3回目の乗船となる「みなと」さん。

S2

こちらでの前回の釣行では、初の1束(百匹)を釣りましたので今回も期待です。

職場関係12名での参加です。

これがドーム船。

S3_7

台船にビニールハウスを被せてあります。

朝、4時半に群馬を出発、6時40分到着。他のドーム船は既に出発。最後の船を予約してあります。7時20分出発。

内部はこんな感じ。農作物になった気分?晴れている日は冬でも暖かですが、この日は雨模様。寒かった。

S4

この溝が湖面。一人の釣りスペース。内部の水が流れているのではなく、船が動いているのです。

S5_8

雨でも濡れないのがドーム船。天気を選ばずにワカサギ釣りが楽しめます。

S6_2

先週までは岸近くの浅場がポイントでしたが、先日より沖合いの深場が釣れているというので、結構沖に出ます。7時半に釣り開始。

いつものリールに35センチの竿。

S7

早朝は活性が高い。一投目から釣れ続きます。いきなりのダブル。

S8

その後ダブルが多発、30分でこれだけ釣れました。

S9

いい調子だぞ。早朝のラッシュはすぐに終わるのが常ですが、この日はやや持続。

9時頃まで続きました。その段階で126匹。早くも一束超えました。

S10

このペースなら自己新記録可能かな?

けどまあ、やはりペースは落ちるわけで、9時過ぎからは沈黙モード。ぽつりぽつり拾っていく感じに・・。

魚をビニール袋に移してクーラーボックスへ。トイレタイムです。外に出る

こんな沖合い。雨ですが風はまだ無い。

S11

このドアはなーんだ?

S12

ドーム船にはトイレが付いています。これなら快適。

S13

簡易水洗の洋式。ブツはどこに流れていくのか?仲間が下にタンクがあるようだといっていましたから溜めているのね。

天気が悪いのは残念ですが、釣れているからオッケー。他のドーム船が見えます。結構色々な場所に散っている。ポイントが複数有るのだろう。

S14

トイレから戻ると、ポツポツ釣れているようです。皆さん溝に釣り糸をたらす。よく考えると不思議な光景。

S15

出船時は少な目のお客でしたが、今日は予約で満杯、徐々に渡船でお客がやってきて満席状態にこの後なりました。

決して側溝で釣りをしているんじゃないよ(笑)。これが湖なんだよ。広い諏訪湖のこの部分が私のスペースだ。相当沖合いなんだよ。

S16

タナは底です。水深は5メートル。錘を底からわずかに切った状態。置き竿はダメだよ。手持ちで必ず誘います。

船が風で流れ動いて場所が変わったり、お客が渡船で帰ったりすると喫水が上がるのか、微妙に水深が変わる。その度に底は取り直そう。底からわずかに錘を切った状態を保つのだ。

10時で166匹。3束を目標にしよう。

S17

仕掛けはドーム船専用。全長45センチの短さ。手返し重視です。とても扱いやすい。

S18

一番下のハリスがやや長いのは底釣を意識。5本針なのも、餌交換をマメにする配慮。諏訪湖は紅サシの半切りでマメな餌交換が原則。これはドーム船のルールのようなもの。新鮮で匂いの出る半切りサシで群れをドーム船の下に留めておくのを全員で協力し合うのです。

やや喰い渋った。針が2・5号と何故かやや大き目の針を使うのも諏訪湖の特徴か?普段使っていない大きさだし、ちょっと大きい気がしたので2号へ落とす。

いつも使っている仕掛けにする。

S19_2

この80センチが長く感じてしまったよ・・。曇りで暗いのでケイムラの効果が出るかな?

お昼には注文したカツ丼。船で出前してくれます。


S20

ホカホカ暖かく、寒かった船で食べるととてもおいしい。この他、何度か売店の船が来て、仕掛けや餌、飲み物などを販売しています。なんかタヒチの水上コテージみたいな贅沢気分。

今回は、ドーム船初体験の方もいます。隣のH君は手バネで釣っています。私もここでのワカサギ初体験は手バネでやりましたね。彼はとてもセンスがよくって、繊細なアタリを上手に合わせていましたね。


S21

しかし、皆さん腰が痛くなってしまったようで・・。

特に若者はこの姿勢が駄目なよう。椅子でも座布団でもダメ。休憩は立っているのが一番楽。お昼も立って食べている(笑)。おじさんたちは平気。


S22

徐々に天気が荒れてきて、波が強くなる。

S23

昼食前の11時頃から活性があがる。昼食後からいい群れが入ってきました。

この日は9時過ぎからの30分くらいが沈黙で、あとはずっと釣れ続いている感じでした。いいぞ。

4連発もあり。

S24

午後は何度も入れ食いモードが来る。もう忙しい~。

12時半で300匹達成。


S25

このまま激しく釣れ続くか?と思ったらやっぱりポツポツに。そこはねちっこく誘って釣果を伸ばす。

小刻みに誘うとアタリがある。それでもダメならそーっと竿を上げて顔の前あたりまであげると当たったり。後半有効だった誘いは、錘を底に付けてちょっとふかす感じにしてまたラインを張ると当たった。

錘に底針も付けてみたが結構それに掛かった。

風雨がかなり強くなり、やや船が動くが前回ほどは仕掛けが流されない。しかし温度はどんどん下がって寒い~。

釣れだすと忙しくボウルに魚が溜まる。

S26

14時10分に400匹達成。


S27

所長さんからの業務命令で、14時から釣った魚は全て職場へのお土産として供出することに(笑)。ならばと真剣モードで釣るけど、ちょっと群れがまばら。

最後はラッシュで3連発の連続。多点掛けもこの日はじっと待ってやるんじゃなく一発のアワセで掛かることが多かった。魚が多くて高活性なんだな。

15時25分に迎えの船が来て納竿。

釣果は477匹でした。4束超え、5束も狙いましたが時間切れ。

S28

今までの自己記録はワカサギ5回目釣行の前回の諏訪湖ドーム船での179匹でしたから、自己記録を大幅に更新しましたよ~。

今回釣果アップの訳は、魚の活性以外には手返しの向上です。前回の丹生湖で練習した、ワカサギ片手外しが成功。親指と人差し指で幹糸を挟んで針のチモトまで下ろす。ワカサギの口を指で挟むと外れます。外れない時は中指でワカサギの頭を押す。これで殆ど外れます。外れない場合は下顎に針が掛かっているので両手で外します。

殆どこれで竿を床に置かなくて済むので、手返しが早くなった。しかも竿を上げてラインをぶら下げたままで出来るので仕掛けのトラブルがグーンと減った。絡んでもフロロのハリスだとすぐに直るし。ライントラブルでの仕掛け交換は無かったよ。前回の丹生湖では4個も交換したが、今回は意図的に一度交換しただけ。

こういうトラブルを抑えて、手返しを速くした効果が出ましたね。

さあ、ボートに押されて岸に戻ります。


S29

ドーム船、ありがとうございました。


S30

他の船も帰ってきます。

S31

今回は群れが多くて釣れ続く時間が長かった。初めての皆さんも100匹前後釣れる良い日でした。

私も合わせが決まり、誘いも有効、針への乗りも良かったのですが、微妙なアタリも意識して取る練習をして、初期アタリがわかるようになりました。

100匹ほどは職場のお土産にしました。それでもこんなに。

S32

お持ち帰りは370匹くらいかな?850グラムありました。

うーん、食べるぞ~。塩水で洗っておく。

S33

サイズの中心は5~7センチですが、なかには10センチも。

S34

諏訪湖はワカサギの魚影が濃いですね。11月中は電動二本の方なら10束が狙えるという。

私は手巻き1本で自分としてはこのくらいが限界な感じです。電動リールの導入も考えていますが、今回わかったのは集中力の持続が大事ですね。途中でちょっと疲れて休みが多かったですから。釣れてる人はやっぱ集中していますね。私は落ち着きがないので、釣れるモードでもこの辺りが限界のようです。あと寒い中長時間同じポーズでいるのも結構体力が必要です。

沢山釣りたくなったら諏訪湖、やっぱ釣れますね。また行きたいなあ~。

|