釣り・海釣り

2014年7月13日 (日)

直江津ちょい投げ釣り&上越高田呑み・その1。

もう先月ですが、6月22日に上越方面へちょい投げキス釣りに行ってきました。今ごろ記事を書きます。

いつものH氏とおっさん二人ビジホ前泊釣りです。前夜の呑みは後で書くとして、まずは翌日の釣り。

直江津の釣具店で早朝5時前に、餌のジャリメを購入。壁に貼った釣果を見ると・・。うーん、あまり釣れていない?キスは唯一黒井が釣れているようです。ただ黒井は狭くて混んでいそうなので、混雑ポイントが嫌いなH氏は却下。直江津より西方面へ行きます。

目的の船見公園は駐車場のゲートが開いていない・・。そのまま車を西に走らせ、ようやく車が駐車できた、居多ヶ浜で釣りをすることに。この日はトホホの雨模様。

3g1


テトラ方面は先客が居るので左側のサーフへ。波が結構高いですね。

雨で道具が濡れるのがいやなので、竿は1セット。クロスビート864TMLFSにレアニウムC2000SにPE0・8号の仕様。これにL型天秤に6号錘のちょい投げ。2本針のショートキス仕掛。

3g2

全然アタリがありません・・・。波のせい?濁り?

いや、海草がすごい。

3g3_2

毎キャスト海草が釣れてしまって、釣りになりません。

さらに波が強くなり、サーファー達がやってきて泳ぎ始めてしまった。

撤収。ここはフグ1匹でした。朝一のゴールデンタイムを無駄にしてしまった・・。

やはり、上下浜方面のほうが良いのでは?と移動。

6時半に上下浜到着。しかし、誰も釣りをしている人がいませんよ・・。いくら雨だって日曜ですよ、これは?釣れていないのかなあ?

なんか怖いので移動。

手前の鵜の浜で竿を出すことに。ここは以前ポツポツ釣れたし。

3g4


しかし、あたりがないよ・・。

ここもさっきのこのタックル。ちょい投げ3セットと遠投竿を持って来たけど、もう面倒くさいので今日一日これのみでやる。

3g5


いい感じだけど、魚の気配が無い。

3g6


細いPEラインなので6号錘でもフルライン出てしまうよ。

3g7

といっても確か100メートル巻きのラインを巻ききれなかったから80メートルくらいか。

ここではH氏がキスを2匹釣ったがそのくらい。撤収。

やっぱり釣具店で唯一釣れている情報があった黒井が良いだろうと移動。40~50匹釣れたとの釣果情報があったし。

黒井第一突堤と第二突堤の間の砂浜。夷浜といったか。

3g8_2

家族連れやら結構釣り人がいますが、入れないほどではない。

3g9_2

左側の老夫婦はポツポツ釣っていますが右側の親子は全く釣れていないな。かなりピンポイントな群れなのだろうか?

その間に我々は入る。

小さなアタリがあって、ようやくキスが釣れました。

3g10_2

その後もポツポツ当たるも、遠くやら波打ち際やらで絞れない。

そのうち波が出てきて、また海草ばかりが釣れる。

H氏は波打ち際で仕掛けを止めておく釣り方に開眼したらしく、アタリを多数出しています。

私は波打ち際の海草に苦戦。もう沖から10メートルも引けば竿が重くなってテンビンは海草だらけ。これでは釣りになりません。

それでも沖でポツポツ。

3g11_2

結局ピンがメインでキス数匹と、

メゴチと、

3g12

カニを釣っていました(笑)。

3g13_2

H氏は良い群れをゲットできたようで、ピン混じりでキス20匹近く釣ったそうです。10号のジェットテンビンを使い波打ち際の海草帯で仕掛けをステイさせていたようです。なるほどね・・。

海草が多いときはジェットテンビンというセオリーを使わなかった私は惨敗。L型テンビンでは海草のダンゴを釣るばかりです。ちょい投げ用の軽めのジェット天秤を用意しましょう。

相変らず釣りはパットしませんな。早朝から黒井に入っていればもう少し釣れていたかも。12時撤収して帰宅しました。

3g14

もう餌もグロくて閉口。やっぱ海はルアーにしようかな・・。遠投セットは売ってしまいそう。

まあ、釣りよりもお楽しみは前夜の上越高田での飲みです。

いつものホテルです。

3g15_2

上越中央ホテルさんです。なんといっても1泊3800円という激安さが魅力です。

3g16

部屋は昔のシティーホテルという感じで、かなり古いがとても広い部屋です。

しかも飲み屋街に面しています。ホテルを出ると上越高田の渋い町並み。雁木と呼ばれる雪避けの屋根を家々が歩道に出した、地域が協力して作る昔ながらのアーケードです。

3g17

おお、この「おばこ」は前回行った時に美味しかった餃子専門店。今夜も行けるかな?

しかしまだ、5時前です。飲み屋さんは開いているのか。前回目をつけていた居酒屋を目指す。雁木亭。

3g18_2

中に声を掛けてみたが5時半からだそうです。じゃあ、それまで開いている店に。

お、あそこはどうだろうか?前回行ってよかった焼き鳥屋さん。路地に入った所。

鳥ふじ。

3g19

5時前なのにやっていましたよ。

ここは昭和って感じでおっさんにとっては凄く良い雰囲気の店です。地元の常連さんが行く店なのかな?

3g20_2

いや~渋い。ガラスケースに焼き鳥が仕込んでありますが、それ程多くない。

3g21

レモンは切って焼き鳥についてきます。

生ビールで乾杯!

寡黙なおやじさん一人でやっている店です。あまりしゃべりません。カウンターを挟み、ついているTVが共通の話題。番組に時折おやじさんがポツリと鋭いツッコミを入れて笑います。話しはじめれば、盛り上がります。

ああ、このポスター。去年も貼ってあったな。もう最高な感じ。

3g22


焼き鳥が出てきました。ねぎま、手羽先、砂肝。

3g23

旨い!焼き具合と塩加減が最高です。おやじさん腕は確かですね。

やはり良い店だ。地元の人で行ったことがない人は是非行ってみましょう。焼き鳥しかないようだが、旨い焼き鳥を何本か焼いてもらい生ビールをグビリ。っていうスタイルで良い店です。上越高田に来る度に行きたい店ですね。

さて5時半になったのでさっと店を出る。おやじさん、ご馳走様でした。また来ます。

雁木の街を戻る。

3g24

さあ、雁木亭に入店。これがまた良い居酒屋でした。地酒を堪能しました。ここはまたいつか書きます。

いい夜になった上越高田。なんて素敵な町なんだ。

|

2014年6月15日 (日)

今年のちょい投げ海釣り道具。

負けたあ・・。負けてしまったあ。サッカーワールドカップ初戦。

けど、今日は親戚の四十九日法要でTV中継観られなかったあ・・。4年間待ち遠しかったのになあ。

お寺から墓地へ納骨に行く途中に車のラジオで聞いたら1-0で日本が勝っていた。

墓地から会食会場に行く途中にラジオを聞いたら2-1で負けそうになっていた。結局負けたあ。

わかったことは、ラジオでサッカー中継を聞くのは難しいということだったあ・・。

夜の再放送も見ないことに決定。午後の中途半端な時間が残ったので、釣具屋さんに買い物に行きました。

そろそろ海釣りに行きそうな雰囲気になってきたので、昨年始めた、ちょこっと投げるちょい投げ釣りの道具です。シロキスがそろそろ接岸してきたかな。

上州屋でこんだけ。

3k1

キス釣りのちょい投げ仕掛けは、遠投用の2メートルモノより、船釣用の80センチ前後の仕掛けが使いやすいよ。

錘も3号を補充。ラインはPEの極細を購入。

ダイソーにいって噂の100均メタルジグを購入。

3k2_2

これだけ買って600円プラス消費税。

昨年の最終海釣りで青物を狙ってメタルジグを大量ロスト。青物は釣れない時は全く釣れないが、釣れるときは何のジグでも釣れるとのことなので、もったいなくない100円メタルジグにしてみました。今シーズン好調な上越の青物シーズンももう終了だろうけど・・。

エギも100円なので、イカも狙ってみようと。

で、仕舞ってあった海釣り道具を取り出して整理してみました。

3k3_2

釣りのジャンルごとに小分け。これは全部同時に釣り場にもって行くと大荷物になるので、車に置いておいて、これからやる釣り方の道具をヒップバックやサーフ専用クーラーのサイドボックスに移して釣り場に持って行きます。竿が2本ならこのケースも2種類になります。

さて、今シーズンのちょい投げタックルですが、昨年と大きくは変わらず。

3k4

左から、

クロスビート965TMFSにレブロスMX2500にPEの1・5号が巻いてある。

これは5~10号錘のやや投げ用か、メタルジグ用。

次が、クロスビート864TMLFSにレアニウムC2000SにPE0・8号が巻いてある。

これは3~7号錘のちょい投げ用。

次が、クロスビート764TULFSにルビアス1003。

この管釣りで使っていたルビアス1003をULちょい投げ&アジング用に使うことに決定。

管釣りはルビアス2004が3台になったので、1台だけの1003はバランスが変わっちゃうので外しました。管釣りもトーナメントやらないから3セットあれば十分だし。

で、タックルベリーにでも売却して3000番台リールをメタルジグ用に買おうと思ったが・・。どうせ安く買われてしまうのだろうから、ULちょい投げに使おうかと。

PEラインの0・4号を100メートル巻けます。

3k5


フロロを巻いてあったが、やはりULちょい投げは細いPEが有利。

2~3号錘かチョメリグの6~8グラムでULちょい投げか、アジング&超小型メタルジグやアイスジグ。

あと一番右のJJパックにルビアス1003をセットして2グラム前後のジグヘッドのアジング。

こんなところに、遠投用の投げ竿が加わります。

小物類は・・。

やや投げ&ちょい投げ道具。テンビン錘がメイン。フロロリーダーは2号。仕掛けは1メートル以下の2本針。

3k6

ULちょい投げ道具。フロロリーダーは1・5号、小型テンビンかチョメリグに1本針仕掛け。

3k7_2

これは今シーズンはやるのかなあ?遠投キス釣り道具。

3k8

青物狙いのメタルジグ&弓角のライトジギングセット。これに今回購入のダイソージグが加わる。もうシーズンは終わったか?好調時に行けなかったのが残念。シーバス用プラグもあるけど・・。

3k9_2

これはお楽しみのアジング&メバリング道具。

3k10

けど、海釣り遠征では夜は飲みに行くので、デイアジングじゃあ釣果は期待できず・・。

こんな道具で、今シーズンも脱力したライトタックル釣りをやります。

なんでULちょい投げかというとね・・。やっぱ道具も軽いから、おっさんの体力のなさにマッチしているのよ。

だってこのリールの大きさの違い。右が遠投用投げリール、左がULちょい投げ用に使うリール。

3k11_2

遠投リールは巨人が使うのか(笑)。重さも雲泥の差。もう気軽にやりたいのよ。

えさ箱もプラ製の安いのにしました。

3k12

クーラー内部のトレーに餌を入れといて、小出しにこの餌箱に出して使うと。

さて、海釣りに行けるかな?

なにせここは海無し県の群馬。全国で最も海から遠い所に県庁所在地がある県なのだ。なかなか海には行けませんよ・・。

道具ばかりが増えていきます(泣)。

|

2013年10月26日 (土)

2回目の魚津ビジホ釣行。

お久しぶりです。疲れています。金曜日の大仕事が終わって、やっとブログ書いてます。

さて、先日の魚津のビジホに宿泊しての釣り。2度目になりますが、結果から言えば全く釣れませんでした。けど、周りは釣れていた人もいたので、そろそろ秋のシーズンのようです。我々はちょっと早かった。もうちょっと我慢すればタイミングがあったかも・・。

今回は休日出勤の振り替えで月曜日の休暇に釣りをします、日曜日の出発です。いつものように地元ですきやの牛丼。おろしポン酢牛丼の中盛りサラダセット。

3r1


中盛りは量的には私にピッタリだが、専用丼に段差があって御飯をかき込みにくいな。しかし随分汁っぽくなったよすきや。

上越経由で高速を富山県へ。群馬から3時間ちょいで到着です。宿は前回も同じ、魚津で最安値クラスのビジホ「魚津スカイホテル」さんです。

3r2


今回は3人で行ったので、3部屋割りとかいって一部屋3500円で宿泊できました!駐車場も無料だし、これは安いですよ。

部屋も清潔で、普通に良いビジホ、ぐっすり眠れました。

3r3


サンルート系列なので、アメニティーも充実。フロントで入浴剤ももらえます。お得なホテルです。

4時半にはチェックインをして、魚津の街に繰り出し、居酒屋めぐりを堪能した夜でした。釣りよりこの夜のほうが楽しかったな・・。この模様はまた後日書きます。

さて翌朝4時半にフロント集合。若者S君は「ヤバイッスよ、夜にばっちゃって、2度もばッちゃったっすよ」

ばった?

「金縛りっスよ、2度ですよ、2度もばっちゃうなんて・・・」

・・・。

さあ餌を買おうと思ったら、前回チェックした4時半から開いているはずの釣具屋さんがやっていない。月曜だから?その後餌を求めて何箇所か行ってみるがやっていない。結局私の持って来た人工餌でやろうということに。

5時20分、ホテルから近いK漁港に到着。月明かりが幻想的でした。

3r4


S君が「神様が降りてきそうな雰囲気ですね」とつぶやく。美しい景色です。

さあ、今日は平日、外海に面した堤防先端を目指すが、前回イナダが釣れていた先端外海側のテトラには既にイカ師が先客。

なので、真正面のテトラに乗る。

3r5


狙いは青物回遊魚。イナダがそろそろ来ていると思うのですが、この方向にいるか?ナブラは全くなし。

35グラムのメタルジグをクロスビート965TMFSにセット。

3r6


表層からボトムまで探るが当たらない。しゃくってしゃくって。

イカ師はアオリイカを上げている模様。

S君にも864TMLFSを貸してメタルジグをセット。途中、地元の常連さんがやってきてメタルジグを投げるも不発。昨日はイナダがこの位置で上がったとのこと。

けどこの日はダメのよう・・。

漁港内のちょい投げに切り替える。

3r7


前回は良型のキスがいくつかつれたポイントですが、ここもアタリすらない・・。

サーフに移動して、キス狙いでちょい投げ。

3r8


ピクリともキスのアタリはない。

3r9


今回使った人工餌、パワーイソメ。やっぱグロいのでモザイクを掛けました。

3r10


かなりリアルです。これを使えばちょい投げもルアーフィッシングってことになるのかな?

前回海釣りデビューしたS君がイソメを大変に気味悪がって、私もぶっとい青イソメのグロさに閉口、手も汚れて臭いし、今後はこのパワーイソメで行こうと購入。ブルーベリーの香りでこれならS君も安心だ。

再び漁港内を狙うが不発。

3r11

H氏が人工餌が原因では?ということで途中餌を買いつつ移動することに。

ちょっと走って富山県内のN漁港に到着。ここは私が初めて海釣りをしたメモリアルな場所。堤防が高くって苦手だなあ。

3r12


ううう、高いよ。

3r13


8時20分釣り開始。やはり外海側のテトラ帯には地元の常連さんっぽいルアー師が入ってジギング中。

そこではイナダやヒラマサが上がっていました。

3r14


地元の常連さんは6~7名に増えて、ローテーションで交代しながらの釣り(笑)。30~40センチのイナダ&ヒラマサは6匹ほど上がっていたか。

3r15


釣れているのはそのポイント1っ箇所のみ。けどテトラは滑りそうで怖い。われわれは結局最先端部分に入ったが、そこは釣りにくいよ。高いし根が多い。

さっきから釣っているおじさんに聞いたら、昨日はここでもイナダが釣れたらしい。くうう、またか。ナブラがあって、堤防際まで来たとのこと。この日はナブラは全く見なかった。

ボトムからのジギングのやり方を教えてくれました。どうもありがとうございます!けど私のシーバスロッドではやはり弱いらしい。30センチのまでのイナダだったら上がるが40センチクラスだと泳がれてテトラに潜られてしまうとか。投げ竿があったらそっちの方が良いとのこと。

おじさんたちは太目のロッドにPE4号巻いて、40グラムのメタルジグを遠投して底まで沈めていましたね。しゃくって落としたところで食うそうです。

このポイントは非常に深い。おじさんがいたところで水深30メートル、我々の所も底まで沈めたジグがなかなか上がってこないほど深い。しかも、根や捨てラインがあってジグのロストを連発。

S君もジギングをやってます。

3r16


なかなかカッコよくなって来ましたね。イカも相当釣れているようで、新しい墨跡が沢山ありました。

この高さの場所で釣っています。

3r17


怖くて苦手だあ・・。

根魚を狙っていたH氏もあまり釣れないのでジギングに転向。

3r18


この日はこのポイントには青物はまわってこなかった様子。S君と私はちょい投げをするも不調。

結局ここも我々には釣れませんでした・・。11時撤収。

高速に乗って新潟県へ。糸魚川で降りて昼食。

ここは好きです「きときと寿司」。

イカの3種握りでスタート。

3r19


コウイカの塩炙りが旨かったな。これはリピート。

白身魚の3種握り。

3r20


スズキ、カワハギ、真鯛。地場の魚です。やはり白身魚が旨い土地。真鯛がやはり旨くリピート。

お勧めのタコの頭。

3r21


その他、ブリ、コハダ、甘エビ、生ホタテなどなど。デザートにチョコケーキも食べてダイエットは完全放棄。

3r22


今回は釣りじゃなくって、喰いがメインになっています。

さて、糸魚川で釣り。サーフで投げてみようってことで、須沢海岸へ。

3r24_2

小石でゴロゴロする・・・。

生命反応なし。一度も当たりません。まだもっと沖にいるのかな。ちょい投げではでは全く無理でした。生き餌でもつれないのでパワーイソメの所為ではなさそうです。

撤収。

3r25_2

どうしたものかねえ・・。落ちギスっていつ来るのでしょうか?10月21日でこの状態。

姫川港を見てから、前回メゴチが連荘したU漁港に行って鬱憤を晴らすことに。

クロスビート764TULFSに10gのチョメリグでの港ちょい投げ仕様。

3r26

1投目でメゴチをゲット。これでボウズを逃れました。

3r27

天気もいいし、椅子に座って静かな海面を見ながらのんびりとちょい投げ。

3r28

しかし、その後も当たらず。ジャリメで釣っているH氏もハゼやフグ。

ああ、見上げれば秋空。これで釣れればなあ。

3r29

ここで釣れだしたのがS君だ。天秤に2本針の仕掛けで、一人でアジを釣っています。しかもダブルも。

どうやって釣ったかというと、遠投して、前半にやったジギングのしゃくりの感覚が楽しかったのでしゃくったら釣れたとのこと。

3r30

つまり、ちょい投げ仕掛けでリフト&フォールの釣りをやって、パワーイソメでアジングを成立させたのだ。

魚紳さんなら「うーん三平君、常識にとらわれない釣り、見事だ」と唸ってしまうところ。

いろいろ釣り方があるもんだなあ。私も柔らか頭で釣らなくちゃな。

U漁港ではS君が竿頭。成長したな、S君。

私は結局、メゴチ1匹・・。今までで一番悲惨な海釣り。ジギングもアジングもちょい投げも不発でもう飽きた~。

3r31

17時撤収。美味しいラーメンを食べて帰りました。H氏、S君お世話になりました!

青物の回遊もすぐ側で見るだけ、キスの接岸にも合えず。

遠投もやってみればよかったか・・。

富山方面から青物の釣果が聞こえてきたし、11月に入ったらキスも寄ってくるかな?一ヶ月早かったか、そう何度も行けない釣りなので我慢すればよかった・・。

いよいよ地元での管釣り&ワカサギが始まりますので、今シーズンの海釣りはこれでお終い。次回は春ですかね。

|

2013年9月30日 (月)

上越高田ビジホ釣行・その2・S君の初体験編。

さて、先週末は新潟県の上越市で釣りをやっています。今回は職場のS君に釣りを覚えてもらい、このおやじどもと今後も遊んでもらおうという計画です。

高田のビジホに宿泊して、夜の飲み屋を徘徊した記事はまた後日書きます。

翌朝、最初に行った釣り場は、柿崎海岸です。

3z1


柿崎駅より米山寄りの場所です。

早朝は港を目指しましたが・・。朝4時にはホテルを出発する予定が、やはり釣り初心者のS君には受け入れてもらえず、なんとか5時半出発としました。前夜は早めに上がって22時には寝たのですが、やはり釣りをしない人には、釣りのためにそんな早朝に起きるなんて考えられないんだろうなあ・・。

既に目的の港内の埠頭は釣り人で一杯・・・。遅すぎました。黒井突堤も人がびっしりで入れる隙間がありません。

もう港は無理。直江津周辺の休日の釣り場は早朝から激混みです。砂浜にしました。

キスの投げ釣りをやります。

S君、いよいよ投げ釣りデビューです。昨日軽量メタルジグでスピニングリールの投げ方を習得しました。

なので、もっと重い35グラムのメタルジグでキャスティングの練習。

3z2


なかなか飛ばせるようになって来ましたよ。キャスティングが気持ちいいようです。

今回、買ったばかりのロッドのデビュー。ダイワのクロスビート振出965TMFSです。これを使ってもらう。

3z3


ルアー負荷35グラムまでいけるシーバスロッドです。

メタルジグで青物でも掛からないかなあ、と思いましたが、そんな甘いものでもなく。キス釣りに変更。

朝行った釣具店で餌を購入。砂イソメは品薄状態で欠品。青イソメを買ってきたけど、コレが恐ろしいほどに太い。S君にはとても無理だろうと、餌をつけてあげる。

天秤に8号錘のちょい投げ仕掛け。

3z4


まだアタリが良くわからないようです。

私も交代してやってみましたが。うん、アタリがあります。けどなんか違う・・。H氏はハリス切れを連発。

それって・・。

フグでした。クロスビート764ULで10gチョメリグ仕掛けで掛かるようになりました。

3z5


もうフグばかり。針も相当消耗します。

しかしH氏は18cmのキスを釣る。おお、いるんだ。しかも波口だそうで。ULちょい投げで狙いますが、やはりフグばかり。

もうフグでも良いからS君に初獲物を釣らせようと、H氏とレクチャーしますが。アタリを拾って釣れたか?いやハリス切れ・・。

途中、S君が根掛りをしたので、私が外して巻いてくるとベラの稚魚が掛かっていました。が、私が釣り上げたのでまだ初体験とは認定されません。素○タ程度です。

S君の初体験はおわずけで釣り場を移動することに。

今回の収穫は、サーフでは長靴が有効。夏場はサンダルでしたが、やっぱ長靴が砂も入らないし快適ですね。

3z6

S君に比べるとかなりかっこ悪いですけど・・。

柿崎海岸の私の釣果はフグ多数、メゴチ1匹でした。

高速に乗り、もう少し空いているだろうと能生方面へ。

フグのおかげでイソメを使い果たしたので、途中、いつもの徳市さんで餌を仕入れる。

3z7


ジャリメがここにはあったので購入。ここの食堂はトラックの運転手さん達にいつも大人気です。

さて次のポイントは、T石漁港です。

3z8


人が多かったので、魚市場方面で釣ります。

やはりクロスビート965Mの錘6号でのちょい投げです。

ハゼですか。

3z9


さあ、ここでS君にはサビキ釣りをやってもらいます。アミコマセを使うのできっと何かが釣れるでしょう。S君筆下ろしのチャンスです。もちろんターゲットはアジです。お土産釣れるかな?

3z10


くう、職場で唯一のジャニーズ系イケメン男子S君は、何をしても決まってしまうぜ。

こんなクーラーに座ったらわれわれは単に疲れたおやじになってしまうのに悔しい。

3z11


堤防下はフグの群れが凄い。ここにアジはいるのか?

3z12

何とか釣ってもらおうと、私が以前好調だった新潟アジサビキのピンク3号をプレゼント。竿はH氏からプレゼントされた磯竿1号です。

そして運命の一投。

3z13


で、出たあーーーっ!

アジが釣れました!

3z14


S君の初獲物ゲットです!

やはりボトム付近にいたか。あのフグの群れの下からアジを釣り上げました。

メゴチバサミで外しましたが、やはり戸惑う。

3z15


何とかクーラーへ。海水氷を作り氷締めをレクチャー。

その後も順調に釣り上げます。良くあのフグの中からアジだけ釣るもんだとこちらも感心。

しかし、ダブルでアジがヒットした時に好調のサビキ仕掛けが絡まってアウト。その後使ったサビキ仕掛けは不調に。

私は、やはりメゴチ・・。

3z16

アジがボトム付近にいるようなので、アジングに変更。JJパックを投入します。

3z17_2

けど、ソフトルアーをフグにかじられまくりで終了・・。

ポイントを背中側に移動します。昨日視察した時にサヨリが釣れていたポイント。今日はサヨリは見えませんが・・。

朝購入したサヨリの投げ仕掛け。のべ竿を忘れたので、リール竿でやるのです。

3z18_2

久しぶりにコマセを使います。うう、く、臭い・・。もうあの太い青イソメも怖かったし、コマセも臭いし、ルアーに完全移行しようかな・・。

このポイントもフグの群れです。コマセカゴが着水と同時に、仕掛けはフグの大群に襲われます!

3z19_2

もうまったくサヨリ釣りは無理・・。

その後コマセにフグがびっしりと寄ってくる。これではフグの養魚場だ!

3z20

ぎょえええ。S君はフグの餌付けを結構楽しんでいます・・。

フグに負けました。T石漁港は終了です。

3z21

S君はアジ8匹!初めてで良く釣れました。今晩のおかずが出来たね。私もH氏もうれしくなります。

次はやはりキス狙い。落ちキスにはまだ早いのかなあ。この日も夏のような暑さでした。

漁港で居つきのキスはいないかと、以前キスのつれたU本漁港へ。

3z22

近距離なんで、764ULでULちょい投げです。

3z23

10gのチョメリグに、今までは一本針でしたが、今回は3本針仕掛けで行きます。

やはり遊動式なので、小さいアタリもプルプル手元に来ます。竿の感度も良好。

上がってきたのはピンギス。

3z24_2

ワカサギかと思った・・。小さすぎます。

続いてピンギスとメゴチのダブル。

その後は、メゴチの連続。

3z25

結構型も良く、天ぷらサイズ3連もあって竿が大きく曲がりました。

しかし、1投げに必ずメゴチがヒット。入れ食いに面白いのですが、キスは釣れなくなりました・・。

S君も挑戦。餌も自分で付けるという。さっきの青イソメよりジャリメは随分細くなったので、これならいけると思ったらしい。けど見る度にゾゾッとしているよう。

「ミミズは触れるので、ミミズだと思えば・・・。ぎゃああーーーっ!小さい脚がめッちゃ沢山付いてるうっ!!ぞぞぞぞーーー!」

ならばこの石粉というのをイソメにまぶせばどう?

「ああ。これなら大丈夫かも・・。これは神の粉ですう」

何とかイソメを針につけて、メゴチを釣っていました。けど、針を外すのも苦労して・・。錘だけでキャスト練習していました・・。

ハゼも釣れたし、ここもおしまいに。

3z26

クロスビート764ULでのULちょい投げ、楽しいです。キスが接岸したら大活躍の予定・・。

3z27

メゴチが大量に釣れましたが、こういうファミリーフィッシングを続けていてもねえ・・。

S君に魚を釣ってもらう計画は成功したので、これにて終了しましょう。

U本漁港、家族連れの釣りにいい感じ。メゴチがいやというほど釣れました。摑む時は必ずメゴチバサミでね。

3z28_2

S君、アジが釣れてよかった。帰宅後に料理する時間が必要なので、帰ります。

明るいうちに上越を離れるのは珍しい。明るい高速を走ります。

3z29

20時前に無事帰宅しました。

しかし、なーんか釣れないねえ。今回は潮も止まって良くなかったな。S君への釣りレクチャーがメインだったね。

そろそろ砂浜にキスが寄って来ないかなあ。青物も釣りたいなあ。

ちょっと海釣りは、やり方か時期か場所か潮とか、狙い物を含めてもっとしっかり考えないとダメですね。

今シーズンの上越は次回で最終かな。伊豆や房総への遠征も検討中。

S君、初釣りはどうでしたか?またおやじどもと遊んでね!H氏お世話になりました。

上越高田の夜の飲み歩き記事はまた後日書きます。

|

2013年9月29日 (日)

上越高田ビジホ宿泊釣行・その1・出発編。

この週末は久しぶりに、新潟へ宿泊釣りに行って来ました。

海はとても綺麗でしたよ。

A1_2

今回は職場の若手スリム長身イケメンNO.1のS君を釣りデビューさせるという企画で、いつものH氏と私の3人で出掛けました。S君は釣りが初めてなので、どうなることやら。

先ほど帰ってきたばかりなので、今日はオープニングです。

前夜が激しい職場飲み会だったので、11時半にH氏宅に集合と、ゆっくり目のスタートです。初日は、見知らぬ街での飲みがメインということで・・。

群馬を出発、上信越自動車道を直江津方面へ走ります。東部湯の丸SAで昼飯。前夜の後遺症で食欲も少なく、暖かいお蕎麦を頂く。たらの芽と平茸の天麩羅蕎麦だっけな?

A2


席の側にあるTVであまちゃんを放映していました。思いがけず最終話を見ることが出来てラッキー。

車は走って上越に到着。名立谷浜SAで休憩。

屋外のテントで栗を売っていました。

A3


焼ポンとかいう。ちょっと高価でしたが、話しのネタに買ってみました

A4


割れていてむきやすいよ、ということでしたが、不器用な我々はなかなか綺麗にむけず苦労しました・・。ふっくらとしていましたが、天津甘栗のような甘さを期待してはいけません。自然な旨みに秋を感じましたよ。ごちそうさまでした。

宿泊先の上越市高田には直行せず、この界隈の釣り場を壁外調査しながら高田に戻ろうということに。

15時には能生ICを下りて、まずはN生漁港へ。釣り場の名前を伏せるのは内緒にしたいわけではなく、新潟の港関係は複雑な事情がありますので、伊豆とかと同じには行かないようです。なので港の名前は伏せます。

A5


人は沢山いますが、そんなに釣れてはいなさそう。今回は、初心者のS君に釣りやすい場所を選びます。

漁港は安心ですよね。

A6


おおーーっと、もう我慢できないH氏が竿を取り出して釣りをするようです。偵察じゃないじゃん・・。ホテルに行って早めに飲みだしたほうが明日の早朝動ける気もするが。やるならやろう、ならば全員釣るぜ。

S君は、リールを使ったキャスンティングも全くの初めて。小さい目のメタルジグを投げて練習してもらう。身体能力が高いのか、すぐに遠投が出来るようになりました。

ならば私は・・。餌も買っていないのでソフトルアーをやる。

旅用に買っておいたパックロッド「JJパック」を初めて使います。

A7


今回持って来た振出のクロスビートには皆やや太めなPEラインのちょい投げの仕掛けが付いているので、アジング用にとこのセットを持って来た。リールは軽量なルビアス1003にフロロの2lbを今朝巻いた。これで軽いジグヘッドに対応。

ルビアス1003は管釣りに使っていたが海用になってしまった。管釣りのリールが1個足らなくなってしまったが、新型のルビアスを買うしかないよなあ、困ったなあ。

このセットは始めて使うが、軽快でとてもいい感じです。1・3グラムのジグヘッドが良く飛ぶ。JJパック使えるぜ。

さて釣り開始。

そういえば釣りは真夏はお休みしていたので2ヶ月ぶりですね。

色々な趣味をやっていますが、長続きさせて楽しむ為に、明確なオフシーズンを作っていこうと思っています。

その趣味をやるのに体が辛い時期、体調が悪い時、気持ちが乗らない時、対象のコンディションが整わない時期、などは夢中になっている趣味でもお休みです。オフシーズンを作って、一番楽しめるときにやって、細く長く趣味を楽しもうと思います。

まあ、釣りは暑くて無理だったんですけどね・・。

久しぶりですが、感覚はすぐに戻ります。

ソフトルアーは全くダメだったので、お気に入りのラパラのアイスジグを使った、しゃくって8の字で泳がす釣り方をやります。ヘチ際の藻の下をタイトに攻めると・・。

結構大きなハゼが来ました!JJパック入魂です。結構良い引きでした。天麩羅に出来そうなサイズ。

S君が海の魚に興味津々なので観察してもらいました。

A8


S君、釣りに来たのにシャツがお洒落だね・・。流石は職場のジャニーズと呼ばれるだけのことはあるよね。

コマセもイソメもない状態で、結局3人でこのハゼ1匹でこの日は終了。17時に出発、18時に上越高田のホテルにチェックインしました。

このホテル、値段が決めてでした。1泊3800円也。広くて個性的な部屋でしたよ・・。

A9

ビジネスホテルですよ・・。

さて夜の街へ。高田は雁木造の町並みでも有名。

A10


渋くてかっこいい街です。飲み屋も充実していそう。

飲みレポートと、ホテルレポートは釣行記の後に書きます。

次回はサーフからやります。S君初釣り獲物ゲットなるか?次回に続きます。




|

2013年9月14日 (土)

海釣り用品を追加&分類。

来たああーーっ! 届きましたよおお。

M1


ハアハア、また買ってしまった海釣り用品。

M2


必要だったんだよおおお!

けど、20ℓのダイワクーラーボックスはギリギリ我慢して買わなかったから偉いよね?

最近自分の中ではちょい投げブームですが。シーバス用とかのルアーロッドで出来る釣りを拡大していきたいのです。

海が遠いので、なかなか行けない海だけど、行けた時には思いっきり釣りをしたいので道具はバッチリ揃えたいのです。新規ジャンルの回遊魚釣りも挑戦だあ。

まずはサーフトローリング用品。これは回遊魚の青物イナダやサバなどを砂浜や防波堤から狙うもの。弓角というルアーを投げるのね。

M3

竿がシーバスロッドなんでそんなに遠投できないけどライトにね。釣れるかなあ?

ライトショアジギング用品。砂浜や防波堤からメタルジグを投げて回遊魚を狙う。

M4_2

シーバスロッドで28グラム前後のジグでやるからライトなのね。アシストフックが決め手だよ。釣れたらいいなあ。

この手の釣りの地合は一瞬だから、ちょい投げでキス釣りしていて地合が来たらぱっと切り替えるように準備。

投げ釣り&ちょい投げ用品。仕掛けを結構ロストしたから補充。

M5_2

キスがそろそろ近場に来ないかなあ。そうすりゃ釣れるぜ~。

こちらはULちょい投げ用品。軽い仕掛けで近場のキスを狙うのだ。

M6

チョメリグもちょっと重ためにして、より遠くまで探れるように。渋った時はこれで釣るぜ。

ダイワクーラー用のロッドフォルダー、CPロッドキーパーマルチ。

M15_2

ちょい投げキス釣りで、ちょっと遠投するちょい投げロッドと、近場を柔らかいロッドで食い込ませるULちょい投げロッドの2本体制でやっています。当然釣っている時は一本竿を置いているわけで、これでクーラーに一本ロッドを置いておける。

早速、手持ちの投げ釣り専用クーラーに装着。ドライバー一本で出来る。

M7


この右側は餌箱が装着されていましたが、外して左側へ移動。ネジ穴が1個露出してしまったけどね・・。

左側には竿置きが装着されていて、餌付けの時に立てかけておくので、竿2本が干渉しないように右にロッドキーパーにした。

餌箱とスペアの竿を装着した図。

M8


こんな感じでちょい投げやってみます。

で、タックルボックスを整理してみた。本当は一箱に全部入っているのが便利なんだろうけど、あまり同時にはやらないし・・。

ライト感覚が海釣りの基本と自分はしているので、投げ用クーラーのサイドボックスに投げ道具、ヒップバックにルアー道具って感じ。あとは駐車場まで戻って道具を取りに行けばいいかな?

で、ハサミやペンチはクーラーやバックに装着。小物を分類。その釣りをやる時にそれ用のボックスを車から取り出しバックへ移動。

ULちょい投げセット。錘が軽いのが特徴ね。

M9


基本一本針で、キスを狙い撃ちにするのだ。

ちょい投げセット。やや錘が重い。針は複数の仕掛。

M10


あまり違いがわからないが、違うのだ!

これが遠投用の投げ釣りセット。

M11


まあ、ちょい投げでキスが近くにいるときライトに釣ろうよ、という気持ちになったため次回何時出動するかはわからない・・。

回遊魚狙いのルアーセット。今回新規で挑戦です。

M12


サーフトローリング、ライトショアジギング、ジグサビキ、ルアー釣りと、シーバスロッドでやる。

青物やシーバスが釣れたらいいなあ・・。

ここまで手持ちの振り出しのルアーロッド3本でやります。

こちらも本格化したいジャンル、アジングセットです。

M13


チューブラーティップのアジングロッドを持っているが、ソリッドティップのアジングロッドも欲しいなあ。この冬はアジングちゃんとやろうかなあ・・。

他にも、防波堤でのサビキ釣りセット、投げウキサビキセット、ウキフカセ釣りセットがあります。これらはケースじゃなくてジップロックに分類して保管。最近出動はしないから。

それは、アミコマセを使った釣りはやめていますから・・。だって後処理が大変なんだもの。どうしてもやらなくちゃっていう状況になったらやりますけど。しばらくは持っていきません。豆アジの唐揚げ美味しいんだけどね。

海が遠いってことで、それ程のめりこんでいない、全て夢中にならない程度に基本的な道具で抑えてあります。

え?これで?と思ったあなた、夢中になったらこんな道具で収まりませんて。本気でやっている人の道具はそれは凄いんですから・・。

これは、ちょいとライトにやろうという道具ですから。どんな釣りでも、奥が深いです。道具に限りはありませんよ。我慢、我慢・・。

さて、三連休初日に何故こんなことをやったというと、明日あさってと、宿泊しての上越釣り遠征があるのです!

ロッドも3本用意し、仕掛けもセット済み。

M14

これにホームセンター物の20リットルクーラーボックスも引っ張り出してきて準備完了。

しかし、台風18号が関東直撃と・・。今日の夕方中止を決めました。3日前に宿を予約した時は台風は発生していなかったんだよお。同行のH氏に宿をキャンセルしてもらいました。また次回、行きましょう。安全が何よりです。

台風には皆様もお気をつけくださいませ。

|

2013年9月11日 (水)

クロスビート3本目・965TMFS。

来たああーーっ! 届きましたよおお。

N1


ハアハア、また買ってしまった海釣り用の釣竿・・。

ダイワの汎用ルアーロッド・クロスビート。それの振り出しバージョン。

N2


ダイワ・クロスビート・965TMFS。

N3


9フィート6インチのミディアムアクション。かなり硬いです。シーバスロッド。

クロスビートはこれで3本目。

振出って便利だから。車に搭載するのも釣り場での移動でも。リールや仕掛けを装着したまま移動できるし。仕舞が短ければ電車でも釣りにいけるし。

現在は、キスのちょい投げロッドとして使っていますが、本来のルアーロッドとしても今後は使う予定。

で、振り出しのちょうどいいルアーロッドって、クロスビートが良いんじゃないかって。

ちょい投げなら大手釣具店ブランドの万能ロッドでもいいんじゃね?と思いますが、やっぱダイワやシマノだと後に中古で売れる(笑)。あとはルアーロッドとしての性能にも期待。

振出って、ガイドを揃えるのが面倒だとか、ガイドの間隔が適当だとか問題はありますが、便利さは偉大。

ティップは結構太くてしっかり。

N4


メーカーはしなやかティップって書いてあるけど、かなり硬め。

この965TMFSは、チョイ投げとしては、8~10号程の錘を背負わせて、今までのちょい投げ用864TMLFSの4~6号錘よりも少し遠投させようと。もう少し遠くへ投げたかったんだよおおお。けど投げ竿じゃあなんか重くて疲れちゃって。歳だしライト感覚でやらせて。

あと、小型回遊魚狙いの、ライトショアジギングとか、サーフトローリングとかをちょっとライト感覚で出来ればいいなあと。シーバスも狙いたいし。色々やってみたいので色々出来るロッドが必要なのだ。

3本揃ったクロスビート。

N5

それぞれ用途が書いてありますが・・。

N6


私は全部基本はちょい投げロッド(笑)。

PEラインを使うのでトップだけsicガイドになっているのは嬉しい。使用目的を左から解説すると、

764TULFSは、7フィート6インチの4本継ぎULロッド。

ULちょい投げとして4~8gのチョメリグなどの軽い錘を使う。アジやメバルのジグヘッドや軽量プラグの釣りにも使いたい。

864TMLFSは、8フィート6インチの4本継ぎMLロッド。

ちょい投げとして4~6号錘で使用。28グラムのメタルジグやジグサビキにも使用。

965TMFSは9フィート6インチの5本継ぎMロッド。

ちょい投げとして6~10号錘で使用。35グラムまでのメタルジグや6~10号ジェット天秤での弓角のライトなサフトロ。

仕舞寸法は、5本継ぎなんで一番上の965が結構短くて嬉しい。

N7

グリップの大きさ長さも違ったり。

N8


3本を釣り場へ持っていくと864が無くてもいいんじゃね?と存在が希薄になるが、1本だけしか持っていけないとなると864になると思われ。

あくまでも汎用ってことで、ちゃんとした投げ竿もアジングロッドも持っているので。

ちなみにロッドの硬さは。まあイメージ程度ですが。

764ULは、

N9


864MLは、

N10


965Mは、

N11


です。

硬さの違いのイメージってことで。

965は他2本より結構硬いです。

この3本でライトに海釣りを楽しんでみます。

N12


海は自宅から遠いので本格的にはやれそうもないので・・・。

あくまでライトに振出ルアー竿で。

|

2013年7月10日 (水)

上越市でちょい投げキス・その2・やっぱキスはライトで。

前回の続きです。この前の日曜日、上越市でキスのちょい投げ釣りをやっております。

黒井周辺で小型のキス5匹と、今回も不調気味ですが、ライトタックルなちょい投げでキスのアタリを楽しんでいます。

初めて訪れたさらに隣の漁港に到着。空いているし、釣りやすそう。

0m1

漁港なんでそんなに遠投が必要ないし、流れも穏やかなのでULちょい投げメインで行きます。振出クロスビート764ULにPE0・8号をセット、チョメリグ8gに一本針の仕掛けに餌はジャリメです。

0m2


これで餌がバイオワームとかの人工餌だとキスゲームとかキッシングとか言う釣りになるのだろう。今回は生きているイソメなんでちょい投げつりね。キスゲームもいいかもしれないな。

もう一本の同じくクロスビートの864MLは6号錘の天秤2本針仕掛けでぶっこみして置きます。

すると864MLのティップが激しく引き込まれた!おお良い引き、大キスか?と思ったらフグでした・・。

その後アタリを探して764ULでスロープ周辺を探ってピンギス1匹ゲット。この漁港もキスがいるぜ!

けど、当たるけど乗らない現象に悩む・・。

H氏はいきなりアイナメを釣る。

0m3

足元で釣れたそうです。

H氏はさらに、足元でキジハタをゲット。

0m4_2


いつの間にかルアーで釣っていたのね。どうもH氏の足元には根があるのか。

H氏はいつも釣れる魚種が豊富ですね。やはり色々な釣り方を試すからだろう。

私は狙い魚を釣るやり方しかしないからなあ。今回ジグヘッドのワーム釣りもやればよかったよ。

スローにサビいていくと・・、前アタリからギュンと引き込まれる。ジッとドラグが鳴った。おおデカいか?

いや、このサイズのキス・・。

0m5


天ぷらギリギリか。ULちょい投げだと引きが楽しめますね。私は管釣りでもドラグゆるゆるなんで・・。このサイズでもドラグが鳴るとは。

今までは竿を引いてサビいていましたが、今回はリールを巻いてリーリングでサビいてみました。このやり方だとなんか管釣りルアーをやっているのと同じような気分になってくる。ハンドル1回転に5秒くらいのスローリトリーブ。真冬の管釣りでクランクを超デッドスローに引いているような感覚になる。底を引きずっているけど。

0m6


メゴチですね。これも天ぷら出来そう。

0m7


どれも口ギリギリフッキングで食いが浅いなあ。

もう少しサイズアップしないと天ぷらは難しいので皆リリースです。

ちょい投げ2本セット。

0m8


やはり764ULは軽快。これをしばらく振っていると864MLがとても重く感んじてしまう。付いているリールの軽さも相当違うし。

これに慣れたら遠投ロッドがどれほど重く感じちゃうのだろうか・・。

その後プルプルアタリは多いのだが、餌をとられてしまう。さらにハゼが連発・・。

結局この漁港は、キス2匹、メゴチ1匹、フグ1匹、ハゼ数匹でした。ぶっこみには殆どアタリがないので、絶えず餌を動かさないとダメみたい。

0m9


振出ルアーロッドのちょい投げ2本。とても軽快で釣り場間の移動も楽です。

15時にここを撤収。さて、最後の釣り場です。最後にサーフをやりたい!

直江津方面に戻って、鵜の浜海岸に到着。

0m10


ここは沖にテトラがあって、ポイントもわかりやすいし、テトラも近いのでちょい投げ向きと判断したのだ。

既に海水浴場として海開きをしているが、この天気では人はいないよ・・。中央の大きな駐車場は既に有料になっていたようです。海水浴シーズン以外なら無料だそうだけど。

なのでちょっと直江津よりのところに公園があって、無料で駐車できました。トイレもあって良い場所です。

反対側のテトラ。こちらの方がより近い。

0m11


この真ん中と右側のテトラの間で釣る事にします。

サーフで波もあるし、ちょっと距離も欲しいので、ULではなく864MLに6号錘の仕掛けでやります。

0m12


1投目でぶるっとアタリ、キスが釣れました。

0m13


ここはキスがいるかも?

2投目。グンと引きこまれ重い!これは大きいか?しかし途中でふっと軽くなってしまった・・。

ピンギスが上がってきました。

0m14


ダブルで掛かって途中で大きい方が落ちてしまったのか、残念。

3投目。ぶるっと来て上手く乗る。

0m15

相変らずフッキングはギリギリ。当たるけど食いは浅いのです。

3連荘でこれはナイスポイントか?と思ったが、次の大きなアタリはフグだったかハリスが切られてしまった・・。

それまで長めの遠投用仕掛けだったが在庫切れ。短めのちょい投げ用仕掛けに変えたとたんアタらなくなったよ・・。仕掛けって影響するんだな。

右のテトラの端を狙うが、6号錘なんで届きません・・。

0m16_3

それでも粘ってもう1匹。これも食いが浅いねえ。

0m17_2

H氏も18センチほどの天ぷらサイズをゲット。

アタリが遠のいたので、チョメリグ8gの764ULでやりましょう。サーフでのULちょい投げはどうかな?

底の様子はとても良くわかります。

ググンと引き込まれて、おお、引くね、波打ち際までブルブル引いてくれて。チョメリグで釣れました。引き味も楽しい今日一番のサイズ。ギリギリ天ぷらサイズです。

0m18_2

チョメリグで釣れたとアピールしたかった画像なのね・・。

今回は皆フッキングがギリギリに浅かったのと、天ぷらにするには油がもったいない大きさと数なので皆リリースしてきました。

その後当たるのに乗らなくなった。おかしいなあ?と粘るも・・。

よく考えたら針を交換していなかった。投げ釣りは海底をずっているので石に当たったり針先は駄目になりやすい。2本針仕様だと針がダメになる前に絡んで交換していた(笑)。けどチョメリグの1本針仕掛けは絡みにくいので、同じ針を使い続けてしまったのだ。

自分で針にハリスを結んだので交換が面倒くさかったし・・。ダメだな。次回はハリスを結んだ針を沢山用意してこよう。

さて夕方が近づいても特に活性は上がらず。17時半に鵜の浜海岸を撤収。

これ本日の釣りは終了です。美しい海岸ですね。

0m19_2

鵜の浜海岸ではキス5匹でした。針をチェックしておけば・・。

上越市街に戻り夕食。

やっぱ回転寿司へ。富寿司さんです。

0m20_2

まずは近海アジを。

やはり地場の近海ものがメインです。

近海南蛮エビと真鯛。

0m21_2

おいしうございました。

帰ろうとしたら、なんと厨房におねいさんの寿司職人が現れたじゃないですか!

しまった!おねいさんの握った寿司が食べたかったよ。おねいさんに握ってもらいたかった・・。おねいさん、に、握ってえええーーーっ!

と心で叫びましたが、我々は帰路につきました。10時半には無事群馬へと帰宅しました。

今回の釣果は、

キス(15センチ~ピン)12匹、メゴチ3匹、フグ1匹、ハゼ数匹といったところ。

釣れないねえ・・。そしてキスはちょっと小さかったね。天ぷらにこだわったけど、唐揚げだったら食べられたかな?次回は持ち帰ってみよう。

ULちょい投げは軽快で楽しい。遠投釣りも豪快だが、繊細なちょい投げも季節によっては楽しめそうです。

うーん、もっと繊細なソリッドティップのアジングロッド8フィートくらいのが欲しいな。それともキスゲームロッドにするか?

あと、遠投とちょい投げの中間の投げ竿が欲しいな。3・3mくらいの15~18号クラスの投げ竿でちょい投げとの2本セットで。

クロスビートも振り出しの機動性を活かして移動する釣りに活用したい。

真夏は海釣りをお休みして、次回は秋の落ちキス狙いですかね。遠投&ちょい投げで。

|

2013年7月 9日 (火)

上越市でちょい投げキス釣り・その1・ULちょい投げデビュー。

先日の日曜日、またまた海釣りに行って来ました。キスの投げ釣りです。

0n1


今回は、より繊細なタックルで、キスの微妙なアタリを取って、釣り味を楽しもうという釣行です。遠投しないちょい投げタックルなんで、近場にキスがいそうなポイントを探します。

日曜日の日帰り。今回は新潟の近場ということで上越市近郊を目的地に。ここ群馬県から2時間半~3時間というところ。

早朝4時に安中市のH氏宅を出発。やはり朝食はここ。

すき屋原市店にて、朝4時の牛丼です・・。

0n2


おろしポン酢牛丼のおしんこセット。やっぱ早朝は肉だよな・・。

さあ、元気一杯に新潟へ。

しかし・・。ここ群馬は梅雨明けして猛烈な暑さが続きましたが、上越~富山方面には梅雨前線が居座り、前日は激しい雨。この日も雨時々曇りで雷注意報という悪天候。群馬は真夏日で暑いのでまさかのノーマークでした。

うーん、鹿島灘方面に行こうか?けど、天気が悪くても慣れてる釣り場の方が良いかと高速に乗りましたが・・。

やはり伊豆方面にするかと佐久あたりで迷いましたが、上越方面に決行です!

長野市を過ぎるとぶ厚い雲に覆われ、雨がポツリ。

なんとか曇天の中、6時40分に上越市の釣具店に到着。2時間ちょいで来ちゃったよ・・。

0n3_3

上越市の街中には沢山の釣具店がありますが、大型の店はこの時期オールナイトで営業中。直江津港の釣り場が随分小さくなってしまって大変だと思うが頑張っています。

おお、レジにはおねいさんがいますよ。徹夜で働いていたって感じで、キュンときますね。

早速、キス釣りの釣れ具合を聞いてみますが、「あまり釣れていないですね・・・。黒井の堤防辺りでは釣れているようですが、昨日強い雨が降ってしまって濁りが入ったかも。」

とのことで、まあ釣れていないという事ですね(笑)。もう今シーズンの上越~富山間の釣具店で聞くとこんなのばっかですから。

ジャリメと板氷を買う。おねいさん頑張ってくださいね。

さて、黒井堤防に向かいます。ここは、堤防で釣ると足元には捨石があって投げ釣りは大変にやり難い。

なのでその横に有る砂浜を攻めることに。夷浜というのかな?

0n4

海岸沿いに駐車場もあって良い場所です。海開きはしたようですが、この天気なので水遊びの人もいません。突堤には釣り人が沢山いますが、砂浜にはいないので・・・、釣れていないのかなあ?

さて、今回はこの2タックル。0n5_2


ちょい投げセット。クロスビート864MLには6号錘の天秤に2本針仕掛けの以前やったちょい投げ仕様です。

先日買ったクロスビート764ULには中通しのチョメリグという奴の6gに1本針仕掛け。ULちょい投げデビューです。

遠投用のプライムサーフTの27号-405も持って来たのだが。H氏は今日はちょい投げに徹するそうで遠投ロッドは持ってこなかった。漢だね~。ならば私も今日は遠投ロッドを封印し、ちょい投げに徹することに。まあ遠投って言ってもそんなに飛ばないし・・。

まずは従来のちょい投げで7時20分開始。

0n6


この静かな海の感じ。何度かキス釣りをやってみて、この低活性の昨今、こういうテトラが波除をする静かな感じが釣れそうな気がするんだよね。H氏は漁港にキスはいると断言するし。

沖のテトラを狙うが6号錘だとそこまでは飛ばない。

うーん、アタリはある。けど乗らない・・。

ならばULちょい投げ。おお、当る。やはり中通しにPE0・8号は敏感。しかし6グラムは飛ばないよ・・。波口辺りで小さなアタリがあるけど、くう、やっぱ乗らない。

前回の、プルプルル、乗るか?乗らないのかあ?という我慢比べのような釣りをまた再現。ULちょい投げでさらに敏感になったが、このロッドのティップはまだ食い込ませられないのか?やはりソリッドティップのアジングロッドでないとダメなのか?

すると遠投していたH氏がキス1匹目をゲット。

むう、やはりテトラ方面か?864MLに持ち替えて遠目で、やっと1匹目。

0n7


シロギスゲット~。小さいですけど・・。釣りをしない読者様のためにグロい餌部分にはモザイクをかけてあります。

1匹釣れてよかった。開始1時間20分後でした・・。

その後H氏は2匹目をゲット。

アタリはあるのだが、やはり食い込まない。活性が低いんだよなあ。

このまま第三突堤方面までは砂浜を釣り歩きたいのだが、H氏はやはり漁港を狙うべきだと。

9時に夷浜を撤収。

0n8


ここはいい感じだった。もっと活性が上がれば。街からも近いし、海水浴シーズン以外ならまた来てみよう。

さて、我々はここ黒井から富山方面への釣り場は色々行ってみましたが、柿崎方面はまだ未開拓なのです。行ってみます。

小さな漁港があり、その横にスロープがあり、テトラの内側に静かな水面が広がる。

0n9


キスがいないかな?と竿を出すが、海草がひどくて釣り難い。早々と撤収。

その隣の漁港をやってみる。

0n10


漁港こそULちょい投げが威力を発揮するはず。チョメリグの6グラムは飛ばないので、8gに変更。

これが調子がいい。プルプルとアタリは出てくる。キャストも試行錯誤したが、慣れているルアーでやるスナップで投げるワンハンドキャストのほうが自分は良く飛ばせるようだ。

ゴツゴツというアタリを取って釣れたのはメゴチでした。

0n11


天ぷらに可能なサイズでしたが、なんかヌルヌルだし・・・リリース。その後もう少し大きいメゴチが釣れる。

762に合わせるルールはレアニウムのC2000S。軽量なのでULちょい投げによろしい。とても軽快な釣り。

0n12_2


そして、プルプルアタリをやっと乗せられて、来ましたキス。

0n13


ULちょいなげで待望のキスゲット。ニューロッド&チョメリグでキス入魂です。

ちょいとサイズアップして引きも楽しめました。

その後H氏に大物が!21センチの良く太ったシロギスゲットです。うーん、やはり漁港にいましたね。ピンギスがいれば大きいのもいるさ、というH氏の粘り勝ちです。

私もその後アタリが大きめに出てきて2匹釣りました。

0n14


小さいけどね・・。小さいキスでもアタリが取れるし、釣り味も楽しめる。何より軽快。ULちょい投げアリです。

けどもう少し釣れてもいいよね・・。アタリが全部取れればなあ・・。ここまで全て口周りのギリギリフッキング。食いが浅い浅すぎる。この敏感な釣り方でなければアタリも見逃していたかも。なんとかフッキングさせているのです。

ぶっこみしていた864MLにピンギスが掛かっていましたけど、それすらギリギリフッキングの向こうアワセ。

空が暗くなってきました。直江津方面には強い雨が降っているようで、黒い雨の筋で遠くの山が見えなくなりました。雨が近づいてきます。発電所の煙突が見えなくなったら車に逃げよう。

ああ、左端の高圧電線の鉄塔が見えなくなった。そろそろ撤収ですかね・・。とか片付けていたら発電所の煙突が見えなくなった。タンクも霞んで・・。

ヤバイ、逃げろ。・・・・間に合いませんでした。

激しい雨の中車に逃げ込む。

0n15


あああ、ずぶ濡れになってしまった・・。雨って速いねスピード。

寒くなって何か暖かいものでも食べようと。

近所のラーメンショップに行きました。11時半だがなかなか人気で混雑。

チャーシュー麺の並盛りを注文。これで並?かなりのボリュームですね。

0n16


ここは盛りがいい。麺の量は並が1・5玉、中盛が2玉だったのです。ちなみに大盛りが3玉、特盛りが4玉。洗面器みたいなラーメンが運ばれていきましたよ・・。

そんなことは知らず、ちょっと多目が食べたいH氏はカレーラーメンの中盛りを注文。

0n17

2玉だよ・・。辛い辛いといいながら完食していました。

私のチャーシュー麺はチャーシューが100グラム。0n18_2


チャーシューは切りたてを出してくれる。ジューシーです。背脂たっぷりで濃厚。おいしく頂きました。お腹も満足して冷えた体も温まりましたから。

さて、雨が通り過ぎるのを待って、次のポイントの漁港に到着。

0n19


未知なる漁港でキスゲットなるか?ここまで小さめキス5匹、メゴチ2匹です。

次回に続きます。

|

2013年7月 4日 (木)

ULちょい投げタックルを準備。

ハアハア、ま、また届いたよ・・・。

0o1

竿だよ。自分へのご褒美だよって、いったい何本目の竿なんだあ・・。

前回の魚津釣行で、キスのちょい投げ釣りに目覚めてしまった。

あれは楽しいよ。近距離しか投げられないけど、アタリは良く感じるし、小さい魚でも釣り味が楽しめます。

キスの投げ釣りは遠投を豪快にやって爽快だあ、っていうのもいいけどね。練習不足で飛ばないし、アタリ良くわからないし、釣れているんだか釣れていないんだかわからなかった。あー、掛かっていたみたいな。あれは良く釣れる時が楽しい釣りの感じ。

なんで遠投は良く釣れる状況の時までお休み。数が釣れなくても釣った感が強いちょい投げを追及しようかなと。やっぱ漁港の釣り、好きだし。

前回のちょい投げロッドは感度が良かったけど、食い込ませるのに苦労した感じ。なのでもっと柔らかい竿にしてみました。

0o2


またダイワのクロスビートです。やっぱ振り出しは便利だし。

764TULFS UL(ウルトラライト)ルアーロッドです。

0o3


アジングロッド。振り出しのアジングロッドってのも珍しい。ルアーは0・8~7g。鯵ならばジグヘッドがメインで、軽いプラグやメタルジグという感じでしょうか?

前回使ったクロスビートは864TMLFS。ML(ミディアムライト)ルアーロッド。シーバスやエギング用ね。あれは5~28gのルアーが使えます。なので8号錘(30グラム)まで使ってみた。PE1・5号のラインで結構飛びました。けど食い込みの問題で、錘を2号(7・5g)まで軽くしたけど、釣りは可能でした。

なんで2号くらいでもキス釣りにはなるなあと実感。

で、調べてみたら、やっぱそういうジャンル有るのね。

ちょい投げも、8号錘前後のやや投げと2号錘前後のちょい投げがあるみたい。

8g前後錘をちょい投げ、2号前後の錘をULちょい投げと言ったほうが自分はしっくり来るかな。ULロッド使うから。

なんで次回のキス投げ釣りはULちょい投げを試してみたくて、このロッドを購入したのです。

さらに調べると、キスゲームとか、キッシングとか、やっぱルアー系の釣りもあって、けど仕掛けはちょい投げ用っぽくって、餌がイソメから疑似餌のパワーイソメになる感じ。

その時のロッドは、メバルやアジングロッドのソリッドティップモデルを使うようです。ソリッドティップって極細で柔軟なやつ。キスゲームにはやや張りの有るアジング用のソリッドモデルが一番良いらしいけど。

そういうの高価だしね、振出が今は欲しいので、このロッドでやってみよう。

この764TULFSのティップだって結構細いよ。

0o4

けど、そこまでは細くないか。錘を投げても投げられそう。

クロスビートでも同じ長さで764TLFSというルアー1~10グラムのモデルもあって、そっちの方がちょい投げ向きかなと思ったけど、やっぱULちょい投げやるならより柔らかい方にチャレンジだ。

折れませんように・・・。

もう少ししっかりした竿が必要なら月下美人のチューブラーがあるし。

そういえばJJパックの6フィート8インチを持っていたが、アレは3・5gまでなんで無理っぽいよなあ。折りたくないし。

管釣りをやっているのでトラウトロッドは嫌と言うほど持っていますが、アレは3~4グラムまでの世界で8グラム錘は無理だろう。

この764ULでお試しだ。

0o5

柔らかい・・。所有する同じクラスの月下美人76LーTよりかなり柔らかい

このロッドに合って、ULちょい投げが快適に出来る仕掛けも必要です。

こんなの買ってみた。

0o6


小型の天秤にナス錘2号(7・5g)あたりでやるのが基本だけど。

これは釣れるらしい。チョメリグ。

0o7


遊動式天秤の発展型?下のが錘で上はフロート?針を海底より少し浮かせる効果がありそう。海底の様子も解るし根掛りも少ないらしい。

元々はジグヘッドを先につける用で、アジングなんかに使われていたのが、餌釣りでも釣れるという事になったらしい。

4、6,8グラムを購入。うーん、軽すぎるかなあ?MLロッド用に10,12グラムも買っておけばよかったか。最近もっと重いのも発売したようだし、研究してみよう。

ここ群馬辺りでは売っていなくて通販で買ったけど、メール便で買えたので送料が安かったよ。

1本針仕掛けが良いようで、キス針やハリスにビーズ玉とかも一緒に買ってみた。

ラインも細くする。PEの0・8号。

0o8


ホントは0・6号が欲しかったが売り切れていたよ・・。まあこれでやってみよう。

PEライン高いね。これはかなり安い方だ。けど、なかなか劣化しないから長期間使えるので結局ナイロンよりお得になってしまうかも。

リールは手持ちのレアニウムC2000Sを使おう。

これでキス投げ釣りは3種類でやる。

遠投は4メートルの27号ロッド。

ちょい投げは8フィート6インチML(~28グラム)ロッド。

ULちょい投げは7フィート6インチのUL(~7g)ロッド。

追加で、~15グラム錘は月下美人76L-Tでやってみようか。

キスが釣れますように~。ULなら軽快だし、漁港を探りながら釣るのが楽しいと思う。なんでルアーロッドかというと、メッキ、アジ、メバル、シーバス、回遊魚などの海のルアーも出来るからだよ。

さて、今度の週末はまた新潟遠征の予定です。ニュータックルを試してきます。

ここのところ仕事が忙しくって大変。7月一杯は尻上がりに忙しくなっていきます。ブログはポツポツ更新になりそうですが、8月になれば夏休みも取れるだろうし、なんとか書けそうです。



|