釣り・海釣り

2017年12月 3日 (日)

初冬の上越海釣りは・・。

先週行った上越方面への海釣り紀行です。冬の日本海をなめていました、ごめんなさい。そんな記事です。

あれから1週間色々あって、やっと書けます。妻の看病でどこへも出かけられないし・・。

いつもお世話になっています海釣りの師匠H氏と、群馬から二人で行った上越の海。

そこは既に冬の荒れた日本海だったのです!

3d1

やば・・。

結論から言えば、群馬の海無し県から来た二人が上越で釣りが出来たのは11月12日辺りがリミットだったかも・・。11月18日ごろにはすでに雪が積もっていたし。

二人のスケジュールが合わずに11月末になったのですが、もう初冬。我々の感覚であればもう真冬な感じになっていましたよ・・。

群馬をいつも通り9時過ぎに出発。もう早起きもしないおっさん達です。

軽井沢から信州にかけては晴れの良いお天気。

しかし、妙高辺りから雲が増えて。海辺は雨風強し!


3d2

H氏の愛車シャトルハイブリッドにお世話になりましたが、高速道で横風にハンドルが取られる状況。

海の様子を見ようと、直江津方面を過ぎて糸魚川方面へと向かいます。

糸魚川の火災現場がかなり広範囲で驚きました・・。

少しでも復興のお役になればと近くの店でラーメンで昼食。店の下の海岸に降りると・・。

なんか、ヒュ~ルル~と演歌っぽい、冬の日本海・・。


3d3

周囲の山は雪景色。初冬ですが、群馬ならもう真冬って感じの山です。


3d4

これは竿を出さない方が・・。天気予報ですとこの後さらに荒れると。で、明日は晴れて穏やかという予報ですし。

姫川漁港も釣り人が少なく。


3d5

他の漁港を見ながら直江津方面に戻りますが、釣り人がいない。いても地元の人はいない、長野県民と我々群馬県民。

岬を回り込むと風が無かったり、それを過ぎるとまた波が高い海と、海無し県から来た我々は全く状況を判断できません。

地元の釣り師が竿を出さない状況では釣れないでしょう・・。
観光モードへ切り替え。

このシーズン、上越の河口付近では鮭の遡上が見られるという。

遡上する鮭の採取は一切禁止です。けどイベントでは特別に1匹は良いのかな?前週に鮭つかみ取りイベントが行われた能生川に、まだ鮭が泳いでいるかなあ?と見学へ。

3d6

この濁った本流では鮭の姿は無いなあ。

鮭供養の碑を発見。ここがイベント会場だったようです。


3d7

するとそのイベント用に造られたらしい本流から引き込まれた人工的な細い水路の流れに大きな魚が!背びれがいくつも見えます。

3d9

鮭だあ!でかいですね。遡上する鮭を初めてみましたよ。


3d10

もう体色が変化しています。

結構たくさん泳いでいます。


3d11

細い水路は浅く、この先で行き止まり。進退窮まった鮭たちはここを産卵場所にするのでしょうか?ペアリング活動をしています。

3d12

3匹の群れを発見。1匹のメスを2匹のオスが奪い合っている様子。種の保存に向けてのバトルです。


3d13

1匹のオスが負けて退きます。ペアになった2匹は産卵行動に移ったようです。

3d14

いやーいいものを見ました。貴重な体験でした。上越は良い所だあ。

直江津方面へ車を走らせてると。沖合の海上で竜巻が発生!


3d15

かなりの荒天でしたが、まさか竜巻とは。画面左から右へ移動していたので大丈夫でしたが。道がずっと海沿いなのでビビりましたよ。

直江津港も見ましたが。釣り人がいるポイントも工事中で竿を出せるスペースが無いし。

そのうち、さっきの竜巻があった雨雲が直江津港に上陸して暴風に。

H氏がタブレットで早めに開店している飲み屋さんを見つけたのでもう宿に戻って飲むことにします。初日は竿を出せませんでした・・。

上越高田に到着。天気は回復。荒れているのほほんと海沿いの幅の狭いエリアなんですよ。

今回は雁木通りではなく、新しいアーケード街の本通りへ。


3d16

いろいろ店を検索してきましたが、結局16時開店の店を見つけ、開店と同時に突入。日本酒をたくさん飲んだレポートはまた後日。

宿は既に常宿になった上越中央ホテルさん。うーむ、相変わらず斬新。誰かの部屋みたいな。今回のソファはこちら。


3d17

早く飲み始めたので早めに就寝。

翌日。

んー、思っていたより快晴ではないが、前日よりかはいいかな?と思ったらまた風が強くなり波も高い。

波が少なさそうな海岸で釣りをすることにします。良さそうなポイントはサーファーが沢山いますので我々は端っこで。


3d18

念願のサーフでのライトショアジギングです。青物はいるのか?いなそうな予感はしますが・・。

竿を出すのが目的なのさ。イナダがいればなあ・・。

クロスビート965Mにメタルジグ30グラムを装着。

3d19

うーん、風が強く右に流れちゃう。

左向きにキャスト。あまり飛ばんね。

いろいろなレンジを攻めようとしましたが。

なんか水深が浅いよ・・。

これじゃあ青物もいないでしょうかね。


3d20

10回もキャストして、もう諦めました・・。

やっぱ港ですかね。波が無いし、外が荒れていれば魚が入っているかもしれないし・・。

ND港へ。


3d21

クロスビート764ULにフロロ1・5lbでデイ・アジングです。


3d22

しかし、またも突風が。体が持ってかれそうな防風状態です。

1gのジグヘッドじゃあ風下に流され気が付くと岸に着地していました・・。


3d23

アミ籠のサビキをしている親子は豆アジより大きい小あじを釣っていましたが、私のワームはフグに喰われるばかり。

青イソメを使い切ろうと房掛けにしているH氏はフグをいくつか釣っていましたが。

強風で寒く、終了。2日で1時間も釣らなかったかなあ・・。

ええ、ボウズですよ!

天気に負けた。

ドライブインでタラ汁定食を食べて温まり帰路へ。

もう帰りはドライブということで・・。

高速じゃなく途中まで下道で行きます。国道18号のバイパスは高速並みの快適道路です。

途中、信越大橋で散歩を。

長くて高さのある橋ですよこれ。


3d24

妙高山も雪ですね。

3d25

橋から見下ろすと。川も渓流釣りにいい感じでしょうね。上越は良い所ですよ。


3d26

野尻湖を見学し、ここでワカサギ釣りにいつか来ようということになりました。高速にそこで乗って、H氏がお土産に「かんずり」を買って帰りたいと言い出し、SAに寄りますが売っていない。結局横川までほとんどのSAに立ち寄ってはかんずり探すことになってしまいまして、まあ入手できませんでしたが、のんびりとした帰宅になりました・・。

H氏、お世話になりました。次回は春の青物狙いと、キスのチョイ投げメインですかね・・。

けど、我々は上越では歯が立たない感じですかねえ・・。

来年は、沼津方面か房総へ遠征ってどうでしょうか?

|

2017年11月25日 (土)

冬の海釣りに行ってきます。

冬の日本海をナメんじゃなああーーーーいっ!!

これから海釣りですよ。出掛けてきます。

もう冬型気候で海は大荒れです。波にのまれちゃいます。

企画した時は秋だったのですけどね・・。

何でこんなことになったのか。海無し県に住んでいると状況がわからないんですよね。

まあ、飲み会だと思って、地酒を堪能してきますから。

き、来たあああーーっ!

メタルジグを追加。前回ロストしてしまったので。

3g1

これで青物が、釣れるといいなあ・・。サーフがだめなら出番はないかな。

投げないで終わるかも。

海釣り道具はこのバックにひとまとめ。今回が終わるとワカサギ釣り道具入れに変わりますけど。

3g2


タックルは3本。海釣り竿はこれで打ち止めだ。

ライトショアジギング用のクロスビート965M。

3g5

PE1・5号。ブッコミ投げ釣りもこれでやる。

UL投げ釣り用、クロスビート864ML。

3g6


PE0・2号。

アジング用。クロスビート764UL。

3g7


フロロ1・5lbをセット。

以上3本。

3g8


まあ、竿を出せたらラッキーです。

波にさらわれませんように・・。

防波堤はライフジャケット着用です。

3g9


何年前の?CO2ボンベ入っているの?ちゃんと膨らむの?

海釣りは、春に期待かな。

美味しいお酒を呑んできます。

|

2017年10月18日 (水)

上越海釣り・その2・パワーイソメのパワーを見たか編。

朝です。上越海釣り二日目、やっぱ雨です・・。

前日は地元の群馬では雨でしたが、上越は曇りというラッキーな状態だったのに・・。

起きてすぐにスマホで直江津第3東防波堤のHPをチェックしました。満員だと思うけど・・、今日こそ入ってやるううううーーーーっ!

えー、風雨が強いため、閉鎖です・・。

ああああーーっ。結局入れないとは。

仕方ない。サーフでやるんだ!

釣り友H氏の作戦では雨は南西から来ているので北東に移動すれば避けられるはず、とのこと。

吉野家で朝定食を食べて、柏崎方面へと出発します。ちなみにハムエッグ定食牛小鉢付を食べました・・。

上越市を抜けると雨が小降りになりました。ならば柿崎辺りのサーフはどうか?

行ってみると。風が強く波も高い。

4f1

誰も釣っていません・・。

これは無理だろう。やはりこんな時は穏やかな港に魚が逃げ込んでいるかもしれない。

近所のKZ港で釣ることにします。

4f2

小さくて、とてもいい雰囲気の港です。


4f3

この小屋の中にモーターがあってウィンチで漁船をスロープに巻き上げているのです。

真冬なんていい風景だろうなあ・・。

さて、以前入ったポイントの対岸まで歩きます。

外海から入ってきた潮が当たる辺り、防波堤に挟まれた船道を狙います。

まずはクロスビート764ULにフロロ2lbを巻いた12ルビアス2004をセット。ジグヘッド1gにアジリンガーでアジングです。


4f4

結構潮が流れているので期待。リフト&フォールでやりますが反応無し・・。アジがいないみたい。

H氏はクロスビート904MLにジェット天秤チョイ投げ仕掛けでジャリメを使い、ピンキ゛スをいくつか上げています。やはり港にキスはいるな・・。

私はタックルを変更。

クロスビート864MLにPE0・2号を巻いた12ルビアス2004をセット。チョメリグを通し、キス針6号ハリス0・8号45センチ仕掛け。


4f5

もう少しハリスを長くしたかったが枝ス用の針だったので仕方ない。

餌はもちろん!疑似餌のパワーイソメです!

まだこれで釣ったことが無いような・・。

ピンキ゛ス狙いで小さ目のパワーミニイソメを使います。

船道の向こう辺りからサビいてきます。

私はロッドじゃなくてリールをゆっくり回して引いてきます。

管釣りでクランク引いているみたいな感覚・・。


4f6

何度か竿先にブルブルっという感覚。キスがいるね・・。

船道の真ん中あたりでブルルルッときてティップがぐんと引き込まれる!

竿を立てて合わせると、ゴンゴーんと引きます。

重いぞ。これは大きいかも?巻いてくると。

シロキ゛スです。いい型です!

4f7

H氏もおもわずデケーと。測ってもらったら22センチでした!


4f8

やりました~。私はクーラー持ってこなかったのでH氏にプレゼント。

パワーイソメで釣れたじゃないですか。

チョメリグ10グラムです。

パワーミニイソメの色は青イソメカラーです。やっぱグロいのでモザイク掛けます。


4f9

港の中など広範囲に狙うと・・。

4f10

ぶるっと来てヒット。

メゴチです。食べられるサイズ。


4f11

天婦羅にするとキスより旨いとか。

パワーイソメやるなあ。今回はミニが丁度良かったようです。


4f12

パワーイソメが生餌のジャリメより反応がいいなんて・・。

もうこれで生きたイソメに噛まれなくてもいいんだ。今後はパワーイソメで行きます!

その後、錘を重くしたり仕掛けを2本バリにしたりやりましたが、徐々に反応が無くなる。

塩が止まってしまった。

今回のタックル。このリール管釣り用なんですけど。


4f13

こんな海で使っても大丈夫か?

家に帰ってから速攻で水洗いしました、細水でドラグぎゅうぎゅうに締めてから。IOSオイルもさしてやりました。

管釣り用として大丈夫かなあ・・。けどこいつ凄くスムーズに回るんですよ。

H氏はアジングに切り替える。なんとソルパラを持っていた!ほ、欲しい!

4f14

まだ入魂できていないとのこと、狙っています。ソリッドティップの7フィート。

途中ULチョイ投げ仕様になってジャリメで狙いますが。入魂はお預けです。

私もちゃんとしたアジングロッド欲しい。

さて、港の中も反応が無し。





4f15

これにて今回の海釣りは終了~。

やはり我々は港の中なのね・・。外海に向けて投げてえええ。

パワーイソメのパワーを確認できてよかった。

天気もなんとか、たまにポツポツ降りましたが、上下ゴアテックスのレインジャケットで快適。かなり寒くなったので雨具を着て丁度良い感じでした。

ラーメンショップでこってりとした盛りが良いネギミソチャーシュー麺を食べて温まりました。


4f16

上信越自動車道を快調に走って明るいうちに帰宅できました。

道中、H氏おすすめのコーラグミが大ヒット。これが噛むと硬くて刺激があって眠気覚ましになるのです!びっくり。味も癖になって、一人一袋食べてしまったよ。ごちそう様でした。

やはりお泊り海釣りは夜の部も盛り上がって楽しいですね。11月に青物釣りに行きたいものです。

H氏、大変お世話になりました、ありがとうございました。

また行きましょう、海へ!

|

2017年10月16日 (月)

上越海釣り・その1・夢の釣り場は夢だった編。

週末に行ってきました海釣りへ。久しぶりですね。釣り友のH氏と上越方面1泊2日です。

4g1


もう我々はおっさんなので、以前のように早朝出発やら浜辺キャンプなんてできません。

ゆるゆるとお昼前に出発し、のんびり竿を出して、夜は飲むと。ビジネスホテルに泊まって、翌朝ものんびり海に行って竿を出して明るいうちに帰宅するという企画です。

今回はH氏の新車で行きました。お世話になります。

ホンダのシャトルハイブリッドです。

4g2

これが走りが良くて静か。中も広いし。燃費もリッター27キロほどで走れましたからすごい車です。

ん?妙にホイールが小さいのは何をやった?

H氏自宅を9時半に出発。松井田ICから上信越自動車道をノンストップで来ちゃいました。

お昼12時前には名立谷浜ICを降りまして、まずはお昼ごはんです。

H氏お気に入りの食堂。名立にある「食堂徳市」さんです。

4g3

釣具店と併設されていて、私もイソメを買ったことがありましたが、食堂に入ったのは初めてです。

定食を頼みましたが、これが凄かった!食べたものはまた後日書きます。

さあ、釣りですよ。

前回書きましたが、行きたい釣り場があるのです。

直江津港第3東防波堤です。

今の時代、上越では立ち入ることのできない外洋に向かった防波堤に1日800円で合法的に入れるという。

青物から根魚までいろいろな魚が釣れています。

公式HPはこちら。

しかし混雑する・・。

前日の夜から並んでいるらしいよ、車中泊しながら。

もうこの土曜日は、朝から満員で入場制限です。群馬を出発する前からショボーンです。我々が上越に到着しても制限が解除されません。

通常はお昼前後には解除されるのですが・・。状況をスマホでチェックしながら他の場所で釣ることにします。

食堂徳市さんから漁港を見て周ります。

ND港。


4g4

TI港を見て回るもあまり釣れていない様子・・。

結局NU港で釣ることにします。

まずは、クロスビート764TULFSにフロロ1・5lbをセットしてアジングです。


4g5

アジなんて全く見えません。不発です。

ちなみに今回の釣行タックルは、振出ルアーロッドのダイワ・クロスビート3本です。

そして生餌はもう一生使いません!イソメなんて、咬みつくんですよ・・。だから、ルアーなど疑似餌で今後はやります。

764TULFSには12ルビアス2004にフロロ1・5lb

ジグヘッド0・8~1・3グラムをセットしてアジリンガーでのアジングです。

864TMLFSには12ルビアス2004にPE0・2号。

フロロリーダー3号を結んで1/4~1/8OZのジグヘッドを結んで、パワーイソメ極太の赤をセットして、カレイやチヌを狙います。

また、PE直結でチョメリグ10~13グラムでキス針、パワーイソメ中の桜かミニイソメの青イソメカラーでのチョイ投げでキス狙い。

965TMFSにはレブロス2500にPE1・5号。

フロロリーダー25lbを結んで、メタルジグ20~30グラムでのライトショアジギングで青物とスズキ狙い。8号天秤でのブッコミはチヌ針五号を付けて、パワーイソメ極太赤でのカレイ・スズキ狙いです。

そんな3タックルで展開します。

ブッコミとアジングでやっていますが、無いね。たまに泳いでくるフグの群れがワームを突っつくくらい。


4g6

H氏はジャリメでフグをいくつか釣る。その後餌をなんとワカサギ釣りで残ったサシに交換。胴付仕掛けのサイトでウマズラハギを釣り上げました。

私は坊主・・。

15時過ぎに2時半に第3東堤防の入場制限が解除されたのを知ります。

うーん、これから行ってもなあ・・。

けどあそこで釣るのが夢なのさ。

竿をしまって向かいます。しかしここから直江津までは距離があった。

到着は4時ころ。閉場時間まで1時間ちょいしかないので800円払ってもちょっとしかできないよなあと、やめる。

夢の釣り場は夢となりましたよ・・。

隣の黒井突堤に行きました。いろいろ悩んで一番奥の

第3突堤に入りました。同じ第3ですが結構違うよ・・。

4g7

あまり人がいなかったので。足場がいいかな?と思って入ったのですが。スロープが緩やかで波打ち際が遠い。

それでも先端に入れた。先はもう外海です!

965Mにメタルジグをセット。


4g8

海の向こうまで投げるぜ!キャストは気持ち良い。

けどこの日の海は荒れて波が高く、波打ち際まで近づけずこの位置から。ええ、メタルジグを回収するのが無理です。テトラに引っかかります。

撤収!

しかしこのテトラ上の足元がとても歩きにくい。脚の長さとピッチが合わない。

4g9

踏み外すと穴が開いてい深いからね。慎重に歩く・・。

疲れた。

ならば黒井第2突堤は?

ここは足場がよさそう。

しかし・・。突堤の末端部分が切れていてテトラで埋めてある。



4g10

そこがこのおっさんには無理でした。どうしても渡れません・・。小さな女の子も渡っているのに、おっさんには登れないのです。情けない・・。

撤収!

黒井第1突堤は人だらけで入る場所が無さそう。

夷浜でやります。やっぱサーフが楽です。


4g11

H氏はジャリメのチョイ投げでピンギスを何本か上げています。流石ですね。

私は30グラムのメタルジグをいっけえええーーーーっ!

っと遠投しています。こんなところに青物いないです。時期も違います。

いいんです・・。キャスト練習です。メタルジグの引き方の練習です。

来たる時のために。シミュレーションしているんです・・。

ああ。このガスタンクの先が直江津第3東堤防です。


4g13

ここに入れたならば違う一日になっていただろうに・・。

夢でした。

いつかは入りたい。けど青物が回ってきたらそれこそ入れないんでしょうね。前夜からの車中泊なんて嫌です。そこまではしないから。

撤収!

H氏はいろいろ釣りましたね。

わたしは、ボウス!

トホホホホ・・・。

やはり疑似餌は本物の餌には勝てないのか・・。

ホテルにチェックインしまして、上越高田の雁木通りを歩きます。


4g14

目的地の飲み屋さん「雁木亭」ここで飲むことが最大の目的だった。釣れなかったのを発散して楽しもうと思ったのに、予約で満員・・。

くううう、どうすればいいのだ?

H氏が以前から気になっていた店に行くことに。ここがかなりの高級店でしたが大当たり!

この店は後日また書きますね。

美味しく珍しい新潟の日本酒を満喫しまして。

常宿となった上越中央ホテル。

いつもながら安くて個性的な部屋です。

4g15

誰かの家のようです・・。

ぐっすり眠れました。

さあ、翌日。今日こそ釣ってやるぜ。

パワーイソメのパワーを見せつけてやるぜ。

ん?第3東防波堤の様子はどうかな?スマホで調べると、

え?ええええーーーーっ?

次回にまた続きます。

|

2017年10月15日 (日)

久しぶりの海釣りに行ってきました。

き、来たああああーーーーっ!

4h1


凄く久しぶりにまとめ買いをしてしまった海釣り道具です。

4h2


釣り友H氏と、いつもの上越方面に、この週末海釣りに出掛けてきました。

久しぶりですね~何年ぶりだろう?一泊二日で上越高田の常宿に宿泊。ゆるく釣りしつつ、高田の旨いものめぐりで美味しいお酒を堪能しようという企画。

今回購入した釣りグッズ。

もう、生餌を使わない宣言!私はフライ&ルアーマンだからな!

これからはパワーイソメ(笑)。疑似餌のイソメです。だってイソメ臭いし動くし咬みつくし!

パワーイソメで白キスのチョイ投げから、カレイ、スズキ、チヌまで狙おうという道具を購入。

コマセを使ったサビキもやらない。あれホント処理に困るし道具が全部臭くなるし。アジはアジングで。

そして、青物。まだ少し早いのですが、回遊魚が回って来た時のために、ライトショアジギングの準備をしておかなければ。

4h3


やっぱジグパラでしょう。アシストフックが最初からついているなんて親切~。

もう疑似餌で押し通す。汚れない臭くない、道具の手入れが簡単。あとは釣れれば言うこと無し!

そんな魚種がすべて釣れて足場が良い快適な釣り場は上越にあるだろうか?

もう殆どの外洋に向かった防波堤が立ち入り禁止になって、釣り人には厳しい環境の上越。

探したらあった、こんな釣り場。

直江津港第3東防波堤。

4h4


この左のガスタンクから先の沖に伸びる堤防、先端まで全長660メートル、合法的に入れるのです。しかもトイレ完備。

管理釣り場ということでこの防波堤は釣り人に解放されている。入場料1日800円。

いいんじゃない?浮き輪や縄梯子と救助艇が配置されて安全を図っているし。

伊豆なんかも入れるけど駐車料名目でお金徴収されるらしいしね。

青物から根魚、真鯛や太刀魚もいるらしい。アジングで豆アジ釣って泳がせ釣りに持っていけるところまで準備した。

振出ルアーロッド・クロスビート7・6ft,8・6ft,9・6ftの3本セットに、小型リール3台にはPEと細フロロをセット。

けどね・・。

大人気のこの釣り場、釣ることより入場することの方が困難だったあああーーーっ!

結果は・・・。

美味しい日本酒がたくさん飲めました(笑)。

4h5


H氏お世話になりました。

先程帰って来たばかりなので、へろへろ~。

釣行記と飲み食い記はまた後日ですー。

|

2014年7月13日 (日)

直江津ちょい投げ釣り&上越高田呑み・その1。

もう先月ですが、6月22日に上越方面へちょい投げキス釣りに行ってきました。今ごろ記事を書きます。

いつものH氏とおっさん二人ビジホ前泊釣りです。前夜の呑みは後で書くとして、まずは翌日の釣り。

直江津の釣具店で早朝5時前に、餌のジャリメを購入。壁に貼った釣果を見ると・・。うーん、あまり釣れていない?キスは唯一黒井が釣れているようです。ただ黒井は狭くて混んでいそうなので、混雑ポイントが嫌いなH氏は却下。直江津より西方面へ行きます。

目的の船見公園は駐車場のゲートが開いていない・・。そのまま車を西に走らせ、ようやく車が駐車できた、居多ヶ浜で釣りをすることに。この日はトホホの雨模様。

3g1


テトラ方面は先客が居るので左側のサーフへ。波が結構高いですね。

雨で道具が濡れるのがいやなので、竿は1セット。クロスビート864TMLFSにレアニウムC2000SにPE0・8号の仕様。これにL型天秤に6号錘のちょい投げ。2本針のショートキス仕掛。

3g2

全然アタリがありません・・・。波のせい?濁り?

いや、海草がすごい。

3g3_2

毎キャスト海草が釣れてしまって、釣りになりません。

さらに波が強くなり、サーファー達がやってきて泳ぎ始めてしまった。

撤収。ここはフグ1匹でした。朝一のゴールデンタイムを無駄にしてしまった・・。

やはり、上下浜方面のほうが良いのでは?と移動。

6時半に上下浜到着。しかし、誰も釣りをしている人がいませんよ・・。いくら雨だって日曜ですよ、これは?釣れていないのかなあ?

なんか怖いので移動。

手前の鵜の浜で竿を出すことに。ここは以前ポツポツ釣れたし。

3g4


しかし、あたりがないよ・・。

ここもさっきのこのタックル。ちょい投げ3セットと遠投竿を持って来たけど、もう面倒くさいので今日一日これのみでやる。

3g5


いい感じだけど、魚の気配が無い。

3g6


細いPEラインなので6号錘でもフルライン出てしまうよ。

3g7

といっても確か100メートル巻きのラインを巻ききれなかったから80メートルくらいか。

ここではH氏がキスを2匹釣ったがそのくらい。撤収。

やっぱり釣具店で唯一釣れている情報があった黒井が良いだろうと移動。40~50匹釣れたとの釣果情報があったし。

黒井第一突堤と第二突堤の間の砂浜。夷浜といったか。

3g8_2

家族連れやら結構釣り人がいますが、入れないほどではない。

3g9_2

左側の老夫婦はポツポツ釣っていますが右側の親子は全く釣れていないな。かなりピンポイントな群れなのだろうか?

その間に我々は入る。

小さなアタリがあって、ようやくキスが釣れました。

3g10_2

その後もポツポツ当たるも、遠くやら波打ち際やらで絞れない。

そのうち波が出てきて、また海草ばかりが釣れる。

H氏は波打ち際で仕掛けを止めておく釣り方に開眼したらしく、アタリを多数出しています。

私は波打ち際の海草に苦戦。もう沖から10メートルも引けば竿が重くなってテンビンは海草だらけ。これでは釣りになりません。

それでも沖でポツポツ。

3g11_2

結局ピンがメインでキス数匹と、

メゴチと、

3g12

カニを釣っていました(笑)。

3g13_2

H氏は良い群れをゲットできたようで、ピン混じりでキス20匹近く釣ったそうです。10号のジェットテンビンを使い波打ち際の海草帯で仕掛けをステイさせていたようです。なるほどね・・。

海草が多いときはジェットテンビンというセオリーを使わなかった私は惨敗。L型テンビンでは海草のダンゴを釣るばかりです。ちょい投げ用の軽めのジェット天秤を用意しましょう。

相変らず釣りはパットしませんな。早朝から黒井に入っていればもう少し釣れていたかも。12時撤収して帰宅しました。

3g14

もう餌もグロくて閉口。やっぱ海はルアーにしようかな・・。遠投セットは売ってしまいそう。

まあ、釣りよりもお楽しみは前夜の上越高田での飲みです。

いつものホテルです。

3g15_2

上越中央ホテルさんです。なんといっても1泊3800円という激安さが魅力です。

3g16

部屋は昔のシティーホテルという感じで、かなり古いがとても広い部屋です。

しかも飲み屋街に面しています。ホテルを出ると上越高田の渋い町並み。雁木と呼ばれる雪避けの屋根を家々が歩道に出した、地域が協力して作る昔ながらのアーケードです。

3g17

おお、この「おばこ」は前回行った時に美味しかった餃子専門店。今夜も行けるかな?

しかしまだ、5時前です。飲み屋さんは開いているのか。前回目をつけていた居酒屋を目指す。雁木亭。

3g18_2

中に声を掛けてみたが5時半からだそうです。じゃあ、それまで開いている店に。

お、あそこはどうだろうか?前回行ってよかった焼き鳥屋さん。路地に入った所。

鳥ふじ。

3g19

5時前なのにやっていましたよ。

ここは昭和って感じでおっさんにとっては凄く良い雰囲気の店です。地元の常連さんが行く店なのかな?

3g20_2

いや~渋い。ガラスケースに焼き鳥が仕込んでありますが、それ程多くない。

3g21

レモンは切って焼き鳥についてきます。

生ビールで乾杯!

寡黙なおやじさん一人でやっている店です。あまりしゃべりません。カウンターを挟み、ついているTVが共通の話題。番組に時折おやじさんがポツリと鋭いツッコミを入れて笑います。話しはじめれば、盛り上がります。

ああ、このポスター。去年も貼ってあったな。もう最高な感じ。

3g22


焼き鳥が出てきました。ねぎま、手羽先、砂肝。

3g23

旨い!焼き具合と塩加減が最高です。おやじさん腕は確かですね。

やはり良い店だ。地元の人で行ったことがない人は是非行ってみましょう。焼き鳥しかないようだが、旨い焼き鳥を何本か焼いてもらい生ビールをグビリ。っていうスタイルで良い店です。上越高田に来る度に行きたい店ですね。

さて5時半になったのでさっと店を出る。おやじさん、ご馳走様でした。また来ます。

雁木の街を戻る。

3g24

さあ、雁木亭に入店。これがまた良い居酒屋でした。地酒を堪能しました。ここはまたいつか書きます。

いい夜になった上越高田。なんて素敵な町なんだ。

|

2014年6月15日 (日)

今年のちょい投げ海釣り道具。

負けたあ・・。負けてしまったあ。サッカーワールドカップ初戦。

けど、今日は親戚の四十九日法要でTV中継観られなかったあ・・。4年間待ち遠しかったのになあ。

お寺から墓地へ納骨に行く途中に車のラジオで聞いたら1-0で日本が勝っていた。

墓地から会食会場に行く途中にラジオを聞いたら2-1で負けそうになっていた。結局負けたあ。

わかったことは、ラジオでサッカー中継を聞くのは難しいということだったあ・・。

夜の再放送も見ないことに決定。午後の中途半端な時間が残ったので、釣具屋さんに買い物に行きました。

そろそろ海釣りに行きそうな雰囲気になってきたので、昨年始めた、ちょこっと投げるちょい投げ釣りの道具です。シロキスがそろそろ接岸してきたかな。

上州屋でこんだけ。

3k1

キス釣りのちょい投げ仕掛けは、遠投用の2メートルモノより、船釣用の80センチ前後の仕掛けが使いやすいよ。

錘も3号を補充。ラインはPEの極細を購入。

ダイソーにいって噂の100均メタルジグを購入。

3k2_2

これだけ買って600円プラス消費税。

昨年の最終海釣りで青物を狙ってメタルジグを大量ロスト。青物は釣れない時は全く釣れないが、釣れるときは何のジグでも釣れるとのことなので、もったいなくない100円メタルジグにしてみました。今シーズン好調な上越の青物シーズンももう終了だろうけど・・。

エギも100円なので、イカも狙ってみようと。

で、仕舞ってあった海釣り道具を取り出して整理してみました。

3k3_2

釣りのジャンルごとに小分け。これは全部同時に釣り場にもって行くと大荷物になるので、車に置いておいて、これからやる釣り方の道具をヒップバックやサーフ専用クーラーのサイドボックスに移して釣り場に持って行きます。竿が2本ならこのケースも2種類になります。

さて、今シーズンのちょい投げタックルですが、昨年と大きくは変わらず。

3k4

左から、

クロスビート965TMFSにレブロスMX2500にPEの1・5号が巻いてある。

これは5~10号錘のやや投げ用か、メタルジグ用。

次が、クロスビート864TMLFSにレアニウムC2000SにPE0・8号が巻いてある。

これは3~7号錘のちょい投げ用。

次が、クロスビート764TULFSにルビアス1003。

この管釣りで使っていたルビアス1003をULちょい投げ&アジング用に使うことに決定。

管釣りはルビアス2004が3台になったので、1台だけの1003はバランスが変わっちゃうので外しました。管釣りもトーナメントやらないから3セットあれば十分だし。

で、タックルベリーにでも売却して3000番台リールをメタルジグ用に買おうと思ったが・・。どうせ安く買われてしまうのだろうから、ULちょい投げに使おうかと。

PEラインの0・4号を100メートル巻けます。

3k5


フロロを巻いてあったが、やはりULちょい投げは細いPEが有利。

2~3号錘かチョメリグの6~8グラムでULちょい投げか、アジング&超小型メタルジグやアイスジグ。

あと一番右のJJパックにルビアス1003をセットして2グラム前後のジグヘッドのアジング。

こんなところに、遠投用の投げ竿が加わります。

小物類は・・。

やや投げ&ちょい投げ道具。テンビン錘がメイン。フロロリーダーは2号。仕掛けは1メートル以下の2本針。

3k6

ULちょい投げ道具。フロロリーダーは1・5号、小型テンビンかチョメリグに1本針仕掛け。

3k7_2

これは今シーズンはやるのかなあ?遠投キス釣り道具。

3k8

青物狙いのメタルジグ&弓角のライトジギングセット。これに今回購入のダイソージグが加わる。もうシーズンは終わったか?好調時に行けなかったのが残念。シーバス用プラグもあるけど・・。

3k9_2

これはお楽しみのアジング&メバリング道具。

3k10

けど、海釣り遠征では夜は飲みに行くので、デイアジングじゃあ釣果は期待できず・・。

こんな道具で、今シーズンも脱力したライトタックル釣りをやります。

なんでULちょい投げかというとね・・。やっぱ道具も軽いから、おっさんの体力のなさにマッチしているのよ。

だってこのリールの大きさの違い。右が遠投用投げリール、左がULちょい投げ用に使うリール。

3k11_2

遠投リールは巨人が使うのか(笑)。重さも雲泥の差。もう気軽にやりたいのよ。

えさ箱もプラ製の安いのにしました。

3k12

クーラー内部のトレーに餌を入れといて、小出しにこの餌箱に出して使うと。

さて、海釣りに行けるかな?

なにせここは海無し県の群馬。全国で最も海から遠い所に県庁所在地がある県なのだ。なかなか海には行けませんよ・・。

道具ばかりが増えていきます(泣)。

|

2013年10月26日 (土)

2回目の魚津ビジホ釣行。

お久しぶりです。疲れています。金曜日の大仕事が終わって、やっとブログ書いてます。

さて、先日の魚津のビジホに宿泊しての釣り。2度目になりますが、結果から言えば全く釣れませんでした。けど、周りは釣れていた人もいたので、そろそろ秋のシーズンのようです。我々はちょっと早かった。もうちょっと我慢すればタイミングがあったかも・・。

今回は休日出勤の振り替えで月曜日の休暇に釣りをします、日曜日の出発です。いつものように地元ですきやの牛丼。おろしポン酢牛丼の中盛りサラダセット。

3r1


中盛りは量的には私にピッタリだが、専用丼に段差があって御飯をかき込みにくいな。しかし随分汁っぽくなったよすきや。

上越経由で高速を富山県へ。群馬から3時間ちょいで到着です。宿は前回も同じ、魚津で最安値クラスのビジホ「魚津スカイホテル」さんです。

3r2


今回は3人で行ったので、3部屋割りとかいって一部屋3500円で宿泊できました!駐車場も無料だし、これは安いですよ。

部屋も清潔で、普通に良いビジホ、ぐっすり眠れました。

3r3


サンルート系列なので、アメニティーも充実。フロントで入浴剤ももらえます。お得なホテルです。

4時半にはチェックインをして、魚津の街に繰り出し、居酒屋めぐりを堪能した夜でした。釣りよりこの夜のほうが楽しかったな・・。この模様はまた後日書きます。

さて翌朝4時半にフロント集合。若者S君は「ヤバイッスよ、夜にばっちゃって、2度もばッちゃったっすよ」

ばった?

「金縛りっスよ、2度ですよ、2度もばっちゃうなんて・・・」

・・・。

さあ餌を買おうと思ったら、前回チェックした4時半から開いているはずの釣具屋さんがやっていない。月曜だから?その後餌を求めて何箇所か行ってみるがやっていない。結局私の持って来た人工餌でやろうということに。

5時20分、ホテルから近いK漁港に到着。月明かりが幻想的でした。

3r4


S君が「神様が降りてきそうな雰囲気ですね」とつぶやく。美しい景色です。

さあ、今日は平日、外海に面した堤防先端を目指すが、前回イナダが釣れていた先端外海側のテトラには既にイカ師が先客。

なので、真正面のテトラに乗る。

3r5


狙いは青物回遊魚。イナダがそろそろ来ていると思うのですが、この方向にいるか?ナブラは全くなし。

35グラムのメタルジグをクロスビート965TMFSにセット。

3r6


表層からボトムまで探るが当たらない。しゃくってしゃくって。

イカ師はアオリイカを上げている模様。

S君にも864TMLFSを貸してメタルジグをセット。途中、地元の常連さんがやってきてメタルジグを投げるも不発。昨日はイナダがこの位置で上がったとのこと。

けどこの日はダメのよう・・。

漁港内のちょい投げに切り替える。

3r7


前回は良型のキスがいくつかつれたポイントですが、ここもアタリすらない・・。

サーフに移動して、キス狙いでちょい投げ。

3r8


ピクリともキスのアタリはない。

3r9


今回使った人工餌、パワーイソメ。やっぱグロいのでモザイクを掛けました。

3r10


かなりリアルです。これを使えばちょい投げもルアーフィッシングってことになるのかな?

前回海釣りデビューしたS君がイソメを大変に気味悪がって、私もぶっとい青イソメのグロさに閉口、手も汚れて臭いし、今後はこのパワーイソメで行こうと購入。ブルーベリーの香りでこれならS君も安心だ。

再び漁港内を狙うが不発。

3r11

H氏が人工餌が原因では?ということで途中餌を買いつつ移動することに。

ちょっと走って富山県内のN漁港に到着。ここは私が初めて海釣りをしたメモリアルな場所。堤防が高くって苦手だなあ。

3r12


ううう、高いよ。

3r13


8時20分釣り開始。やはり外海側のテトラ帯には地元の常連さんっぽいルアー師が入ってジギング中。

そこではイナダやヒラマサが上がっていました。

3r14


地元の常連さんは6~7名に増えて、ローテーションで交代しながらの釣り(笑)。30~40センチのイナダ&ヒラマサは6匹ほど上がっていたか。

3r15


釣れているのはそのポイント1っ箇所のみ。けどテトラは滑りそうで怖い。われわれは結局最先端部分に入ったが、そこは釣りにくいよ。高いし根が多い。

さっきから釣っているおじさんに聞いたら、昨日はここでもイナダが釣れたらしい。くうう、またか。ナブラがあって、堤防際まで来たとのこと。この日はナブラは全く見なかった。

ボトムからのジギングのやり方を教えてくれました。どうもありがとうございます!けど私のシーバスロッドではやはり弱いらしい。30センチのまでのイナダだったら上がるが40センチクラスだと泳がれてテトラに潜られてしまうとか。投げ竿があったらそっちの方が良いとのこと。

おじさんたちは太目のロッドにPE4号巻いて、40グラムのメタルジグを遠投して底まで沈めていましたね。しゃくって落としたところで食うそうです。

このポイントは非常に深い。おじさんがいたところで水深30メートル、我々の所も底まで沈めたジグがなかなか上がってこないほど深い。しかも、根や捨てラインがあってジグのロストを連発。

S君もジギングをやってます。

3r16


なかなかカッコよくなって来ましたね。イカも相当釣れているようで、新しい墨跡が沢山ありました。

この高さの場所で釣っています。

3r17


怖くて苦手だあ・・。

根魚を狙っていたH氏もあまり釣れないのでジギングに転向。

3r18


この日はこのポイントには青物はまわってこなかった様子。S君と私はちょい投げをするも不調。

結局ここも我々には釣れませんでした・・。11時撤収。

高速に乗って新潟県へ。糸魚川で降りて昼食。

ここは好きです「きときと寿司」。

イカの3種握りでスタート。

3r19


コウイカの塩炙りが旨かったな。これはリピート。

白身魚の3種握り。

3r20


スズキ、カワハギ、真鯛。地場の魚です。やはり白身魚が旨い土地。真鯛がやはり旨くリピート。

お勧めのタコの頭。

3r21


その他、ブリ、コハダ、甘エビ、生ホタテなどなど。デザートにチョコケーキも食べてダイエットは完全放棄。

3r22


今回は釣りじゃなくって、喰いがメインになっています。

さて、糸魚川で釣り。サーフで投げてみようってことで、須沢海岸へ。

3r24_2

小石でゴロゴロする・・・。

生命反応なし。一度も当たりません。まだもっと沖にいるのかな。ちょい投げではでは全く無理でした。生き餌でもつれないのでパワーイソメの所為ではなさそうです。

撤収。

3r25_2

どうしたものかねえ・・。落ちギスっていつ来るのでしょうか?10月21日でこの状態。

姫川港を見てから、前回メゴチが連荘したU漁港に行って鬱憤を晴らすことに。

クロスビート764TULFSに10gのチョメリグでの港ちょい投げ仕様。

3r26

1投目でメゴチをゲット。これでボウズを逃れました。

3r27

天気もいいし、椅子に座って静かな海面を見ながらのんびりとちょい投げ。

3r28

しかし、その後も当たらず。ジャリメで釣っているH氏もハゼやフグ。

ああ、見上げれば秋空。これで釣れればなあ。

3r29

ここで釣れだしたのがS君だ。天秤に2本針の仕掛けで、一人でアジを釣っています。しかもダブルも。

どうやって釣ったかというと、遠投して、前半にやったジギングのしゃくりの感覚が楽しかったのでしゃくったら釣れたとのこと。

3r30

つまり、ちょい投げ仕掛けでリフト&フォールの釣りをやって、パワーイソメでアジングを成立させたのだ。

魚紳さんなら「うーん三平君、常識にとらわれない釣り、見事だ」と唸ってしまうところ。

いろいろ釣り方があるもんだなあ。私も柔らか頭で釣らなくちゃな。

U漁港ではS君が竿頭。成長したな、S君。

私は結局、メゴチ1匹・・。今までで一番悲惨な海釣り。ジギングもアジングもちょい投げも不発でもう飽きた~。

3r31

17時撤収。美味しいラーメンを食べて帰りました。H氏、S君お世話になりました!

青物の回遊もすぐ側で見るだけ、キスの接岸にも合えず。

遠投もやってみればよかったか・・。

富山方面から青物の釣果が聞こえてきたし、11月に入ったらキスも寄ってくるかな?一ヶ月早かったか、そう何度も行けない釣りなので我慢すればよかった・・。

いよいよ地元での管釣り&ワカサギが始まりますので、今シーズンの海釣りはこれでお終い。次回は春ですかね。

|

2013年9月30日 (月)

上越高田ビジホ釣行・その2・S君の初体験編。

さて、先週末は新潟県の上越市で釣りをやっています。今回は職場のS君に釣りを覚えてもらい、このおやじどもと今後も遊んでもらおうという計画です。

高田のビジホに宿泊して、夜の飲み屋を徘徊した記事はまた後日書きます。

翌朝、最初に行った釣り場は、柿崎海岸です。

3z1


柿崎駅より米山寄りの場所です。

早朝は港を目指しましたが・・。朝4時にはホテルを出発する予定が、やはり釣り初心者のS君には受け入れてもらえず、なんとか5時半出発としました。前夜は早めに上がって22時には寝たのですが、やはり釣りをしない人には、釣りのためにそんな早朝に起きるなんて考えられないんだろうなあ・・。

既に目的の港内の埠頭は釣り人で一杯・・・。遅すぎました。黒井突堤も人がびっしりで入れる隙間がありません。

もう港は無理。直江津周辺の休日の釣り場は早朝から激混みです。砂浜にしました。

キスの投げ釣りをやります。

S君、いよいよ投げ釣りデビューです。昨日軽量メタルジグでスピニングリールの投げ方を習得しました。

なので、もっと重い35グラムのメタルジグでキャスティングの練習。

3z2


なかなか飛ばせるようになって来ましたよ。キャスティングが気持ちいいようです。

今回、買ったばかりのロッドのデビュー。ダイワのクロスビート振出965TMFSです。これを使ってもらう。

3z3


ルアー負荷35グラムまでいけるシーバスロッドです。

メタルジグで青物でも掛からないかなあ、と思いましたが、そんな甘いものでもなく。キス釣りに変更。

朝行った釣具店で餌を購入。砂イソメは品薄状態で欠品。青イソメを買ってきたけど、コレが恐ろしいほどに太い。S君にはとても無理だろうと、餌をつけてあげる。

天秤に8号錘のちょい投げ仕掛け。

3z4


まだアタリが良くわからないようです。

私も交代してやってみましたが。うん、アタリがあります。けどなんか違う・・。H氏はハリス切れを連発。

それって・・。

フグでした。クロスビート764ULで10gチョメリグ仕掛けで掛かるようになりました。

3z5


もうフグばかり。針も相当消耗します。

しかしH氏は18cmのキスを釣る。おお、いるんだ。しかも波口だそうで。ULちょい投げで狙いますが、やはりフグばかり。

もうフグでも良いからS君に初獲物を釣らせようと、H氏とレクチャーしますが。アタリを拾って釣れたか?いやハリス切れ・・。

途中、S君が根掛りをしたので、私が外して巻いてくるとベラの稚魚が掛かっていました。が、私が釣り上げたのでまだ初体験とは認定されません。素○タ程度です。

S君の初体験はおわずけで釣り場を移動することに。

今回の収穫は、サーフでは長靴が有効。夏場はサンダルでしたが、やっぱ長靴が砂も入らないし快適ですね。

3z6

S君に比べるとかなりかっこ悪いですけど・・。

柿崎海岸の私の釣果はフグ多数、メゴチ1匹でした。

高速に乗り、もう少し空いているだろうと能生方面へ。

フグのおかげでイソメを使い果たしたので、途中、いつもの徳市さんで餌を仕入れる。

3z7


ジャリメがここにはあったので購入。ここの食堂はトラックの運転手さん達にいつも大人気です。

さて次のポイントは、T石漁港です。

3z8


人が多かったので、魚市場方面で釣ります。

やはりクロスビート965Mの錘6号でのちょい投げです。

ハゼですか。

3z9


さあ、ここでS君にはサビキ釣りをやってもらいます。アミコマセを使うのできっと何かが釣れるでしょう。S君筆下ろしのチャンスです。もちろんターゲットはアジです。お土産釣れるかな?

3z10


くう、職場で唯一のジャニーズ系イケメン男子S君は、何をしても決まってしまうぜ。

こんなクーラーに座ったらわれわれは単に疲れたおやじになってしまうのに悔しい。

3z11


堤防下はフグの群れが凄い。ここにアジはいるのか?

3z12

何とか釣ってもらおうと、私が以前好調だった新潟アジサビキのピンク3号をプレゼント。竿はH氏からプレゼントされた磯竿1号です。

そして運命の一投。

3z13


で、出たあーーーっ!

アジが釣れました!

3z14


S君の初獲物ゲットです!

やはりボトム付近にいたか。あのフグの群れの下からアジを釣り上げました。

メゴチバサミで外しましたが、やはり戸惑う。

3z15


何とかクーラーへ。海水氷を作り氷締めをレクチャー。

その後も順調に釣り上げます。良くあのフグの中からアジだけ釣るもんだとこちらも感心。

しかし、ダブルでアジがヒットした時に好調のサビキ仕掛けが絡まってアウト。その後使ったサビキ仕掛けは不調に。

私は、やはりメゴチ・・。

3z16

アジがボトム付近にいるようなので、アジングに変更。JJパックを投入します。

3z17_2

けど、ソフトルアーをフグにかじられまくりで終了・・。

ポイントを背中側に移動します。昨日視察した時にサヨリが釣れていたポイント。今日はサヨリは見えませんが・・。

朝購入したサヨリの投げ仕掛け。のべ竿を忘れたので、リール竿でやるのです。

3z18_2

久しぶりにコマセを使います。うう、く、臭い・・。もうあの太い青イソメも怖かったし、コマセも臭いし、ルアーに完全移行しようかな・・。

このポイントもフグの群れです。コマセカゴが着水と同時に、仕掛けはフグの大群に襲われます!

3z19_2

もうまったくサヨリ釣りは無理・・。

その後コマセにフグがびっしりと寄ってくる。これではフグの養魚場だ!

3z20

ぎょえええ。S君はフグの餌付けを結構楽しんでいます・・。

フグに負けました。T石漁港は終了です。

3z21

S君はアジ8匹!初めてで良く釣れました。今晩のおかずが出来たね。私もH氏もうれしくなります。

次はやはりキス狙い。落ちキスにはまだ早いのかなあ。この日も夏のような暑さでした。

漁港で居つきのキスはいないかと、以前キスのつれたU本漁港へ。

3z22

近距離なんで、764ULでULちょい投げです。

3z23

10gのチョメリグに、今までは一本針でしたが、今回は3本針仕掛けで行きます。

やはり遊動式なので、小さいアタリもプルプル手元に来ます。竿の感度も良好。

上がってきたのはピンギス。

3z24_2

ワカサギかと思った・・。小さすぎます。

続いてピンギスとメゴチのダブル。

その後は、メゴチの連続。

3z25

結構型も良く、天ぷらサイズ3連もあって竿が大きく曲がりました。

しかし、1投げに必ずメゴチがヒット。入れ食いに面白いのですが、キスは釣れなくなりました・・。

S君も挑戦。餌も自分で付けるという。さっきの青イソメよりジャリメは随分細くなったので、これならいけると思ったらしい。けど見る度にゾゾッとしているよう。

「ミミズは触れるので、ミミズだと思えば・・・。ぎゃああーーーっ!小さい脚がめッちゃ沢山付いてるうっ!!ぞぞぞぞーーー!」

ならばこの石粉というのをイソメにまぶせばどう?

「ああ。これなら大丈夫かも・・。これは神の粉ですう」

何とかイソメを針につけて、メゴチを釣っていました。けど、針を外すのも苦労して・・。錘だけでキャスト練習していました・・。

ハゼも釣れたし、ここもおしまいに。

3z26

クロスビート764ULでのULちょい投げ、楽しいです。キスが接岸したら大活躍の予定・・。

3z27

メゴチが大量に釣れましたが、こういうファミリーフィッシングを続けていてもねえ・・。

S君に魚を釣ってもらう計画は成功したので、これにて終了しましょう。

U本漁港、家族連れの釣りにいい感じ。メゴチがいやというほど釣れました。摑む時は必ずメゴチバサミでね。

3z28_2

S君、アジが釣れてよかった。帰宅後に料理する時間が必要なので、帰ります。

明るいうちに上越を離れるのは珍しい。明るい高速を走ります。

3z29

20時前に無事帰宅しました。

しかし、なーんか釣れないねえ。今回は潮も止まって良くなかったな。S君への釣りレクチャーがメインだったね。

そろそろ砂浜にキスが寄って来ないかなあ。青物も釣りたいなあ。

ちょっと海釣りは、やり方か時期か場所か潮とか、狙い物を含めてもっとしっかり考えないとダメですね。

今シーズンの上越は次回で最終かな。伊豆や房総への遠征も検討中。

S君、初釣りはどうでしたか?またおやじどもと遊んでね!H氏お世話になりました。

上越高田の夜の飲み歩き記事はまた後日書きます。

|

2013年9月29日 (日)

上越高田ビジホ宿泊釣行・その1・出発編。

この週末は久しぶりに、新潟へ宿泊釣りに行って来ました。

海はとても綺麗でしたよ。

A1_2

今回は職場の若手スリム長身イケメンNO.1のS君を釣りデビューさせるという企画で、いつものH氏と私の3人で出掛けました。S君は釣りが初めてなので、どうなることやら。

先ほど帰ってきたばかりなので、今日はオープニングです。

前夜が激しい職場飲み会だったので、11時半にH氏宅に集合と、ゆっくり目のスタートです。初日は、見知らぬ街での飲みがメインということで・・。

群馬を出発、上信越自動車道を直江津方面へ走ります。東部湯の丸SAで昼飯。前夜の後遺症で食欲も少なく、暖かいお蕎麦を頂く。たらの芽と平茸の天麩羅蕎麦だっけな?

A2


席の側にあるTVであまちゃんを放映していました。思いがけず最終話を見ることが出来てラッキー。

車は走って上越に到着。名立谷浜SAで休憩。

屋外のテントで栗を売っていました。

A3


焼ポンとかいう。ちょっと高価でしたが、話しのネタに買ってみました

A4


割れていてむきやすいよ、ということでしたが、不器用な我々はなかなか綺麗にむけず苦労しました・・。ふっくらとしていましたが、天津甘栗のような甘さを期待してはいけません。自然な旨みに秋を感じましたよ。ごちそうさまでした。

宿泊先の上越市高田には直行せず、この界隈の釣り場を壁外調査しながら高田に戻ろうということに。

15時には能生ICを下りて、まずはN生漁港へ。釣り場の名前を伏せるのは内緒にしたいわけではなく、新潟の港関係は複雑な事情がありますので、伊豆とかと同じには行かないようです。なので港の名前は伏せます。

A5


人は沢山いますが、そんなに釣れてはいなさそう。今回は、初心者のS君に釣りやすい場所を選びます。

漁港は安心ですよね。

A6


おおーーっと、もう我慢できないH氏が竿を取り出して釣りをするようです。偵察じゃないじゃん・・。ホテルに行って早めに飲みだしたほうが明日の早朝動ける気もするが。やるならやろう、ならば全員釣るぜ。

S君は、リールを使ったキャスンティングも全くの初めて。小さい目のメタルジグを投げて練習してもらう。身体能力が高いのか、すぐに遠投が出来るようになりました。

ならば私は・・。餌も買っていないのでソフトルアーをやる。

旅用に買っておいたパックロッド「JJパック」を初めて使います。

A7


今回持って来た振出のクロスビートには皆やや太めなPEラインのちょい投げの仕掛けが付いているので、アジング用にとこのセットを持って来た。リールは軽量なルビアス1003にフロロの2lbを今朝巻いた。これで軽いジグヘッドに対応。

ルビアス1003は管釣りに使っていたが海用になってしまった。管釣りのリールが1個足らなくなってしまったが、新型のルビアスを買うしかないよなあ、困ったなあ。

このセットは始めて使うが、軽快でとてもいい感じです。1・3グラムのジグヘッドが良く飛ぶ。JJパック使えるぜ。

さて釣り開始。

そういえば釣りは真夏はお休みしていたので2ヶ月ぶりですね。

色々な趣味をやっていますが、長続きさせて楽しむ為に、明確なオフシーズンを作っていこうと思っています。

その趣味をやるのに体が辛い時期、体調が悪い時、気持ちが乗らない時、対象のコンディションが整わない時期、などは夢中になっている趣味でもお休みです。オフシーズンを作って、一番楽しめるときにやって、細く長く趣味を楽しもうと思います。

まあ、釣りは暑くて無理だったんですけどね・・。

久しぶりですが、感覚はすぐに戻ります。

ソフトルアーは全くダメだったので、お気に入りのラパラのアイスジグを使った、しゃくって8の字で泳がす釣り方をやります。ヘチ際の藻の下をタイトに攻めると・・。

結構大きなハゼが来ました!JJパック入魂です。結構良い引きでした。天麩羅に出来そうなサイズ。

S君が海の魚に興味津々なので観察してもらいました。

A8


S君、釣りに来たのにシャツがお洒落だね・・。流石は職場のジャニーズと呼ばれるだけのことはあるよね。

コマセもイソメもない状態で、結局3人でこのハゼ1匹でこの日は終了。17時に出発、18時に上越高田のホテルにチェックインしました。

このホテル、値段が決めてでした。1泊3800円也。広くて個性的な部屋でしたよ・・。

A9

ビジネスホテルですよ・・。

さて夜の街へ。高田は雁木造の町並みでも有名。

A10


渋くてかっこいい街です。飲み屋も充実していそう。

飲みレポートと、ホテルレポートは釣行記の後に書きます。

次回はサーフからやります。S君初釣り獲物ゲットなるか?次回に続きます。




|

より以前の記事一覧