パタゴニア

2016年1月24日 (日)

パタゴニア・クラシック・レトロX・カーディガン。

今回のパタゴニアも、モフモフ系フリースジャケットです。

パタゴニア・クラシック・レトロX・カーディガン。

3j1


カラーはNAVYかな?

前回のレトロXジャケットの記事に続きまして、厚手のフリースです。

肌触りはふかふかの動物さんっぽい雰囲気で、女子からはキャー可愛いとべたべた触られることを期待するも、そんなことは一切なし・・。子供にはウケそうですが。

3j2

レトロXシリーズはフリースとしては恐ろしく高価ですが、このカーディガンがジャケットに比べると生地は倍くらい厚手ですが一回りお安い設定。ちょっぴりお得感?

まあ、いつもながら定価では買えないのでアウトレットを半額ほどでゲットです・・。

これはベトナム製ですか。いろいろなところで作っていますね。


3j3

ファスナーのタグ部分が鮮やかなグリーンでアクセントに。

ポケットは胸に一か所、ハンドウォーマーポケットもファスナー付き。


3j4

モッコモコのパイルフリースは13ミリ厚とかなりぶ厚いです。

3j5

カーディガンという名からすると、ボタンの付いたVネックのセーターを想像しますが、これはジャケットスタイル。しかし、レトロXジャケットのジャンパースタイルより、普通のフリースっぽいシルエットです。これだけ厚いので、完全にアウタージャケットです。

内側に着たら体の相当ぶ厚い人だと思われますし・・。

アウターとしたらその防寒性、防風性が気になるところです。前回のレトロXジャケットでも書きましたが、フリースとはこのモコモコに暖かい空気を溜めて温かいのではないか?それを外側に持って来たら温かくないんじゃない?って思いますがどうでしょうか?

どれだけ温かいのか検証。

まず、フロントファスナーはウィンドフラップ付きで風の侵入を防ぐ。そこにもグリーンのアクセント。

裏地は防風性のあるポリエステル製で表とは色味の違うブルーです。


3j6

この裏地が効いています。滑りが良いので重ね着しやすい。フリースなのに下にフリースが着れますよ。

この裏地によって防風性が保たれていると思われ。

その防寒性は?

さっき外を歩き回ってきました。ユニクロのヒートテック(薄)長袖の上にシンチラ・スナップTフーディーの上にコレ。3枚重ね着。

今日は、この冬一番の猛烈な寒気が襲来。晴天の昼過ぎなのに外気温4℃、風速5メートルの北西風です。かなり寒い!

お?温かいです。風は止めている?寒気を防いで、この裏地とぶ厚いフリースの間の空間に暖かさを保っていますよ。むしろ日が当たっている背中はぽかぽか。

着丈もレトロXジャケットよりも長くお尻まであります。これは温かいぞ。

レトロXジャケットは割と通気性がある感じで、丈も短く、若干冷たさが伝わって来ていましたね。レトロXカーディガンの方が気持ち温かく感じましたよ。

見た目的にはカッコイイのがレトロXジャケット。可愛いのがレトロXカーディガンですかね。


3j7

大雑把にまとめてインプレすれば。

*見た目のモフモフさは半端なく、温かいものを着ている感がある。

*ジャケットとしては裏地が効いていて防風性があるし、重ね着がしやすい。結構温かい。インナーとしては無理。

*部屋着としては、ちょっと裏地がゴソガサするのでややゴツいかな?裏地が無ければ最高の部屋着だったが。暑いから下にTシャツくらいで部屋着かな?

*雨などの耐候性は無し。ダウンよりは温かくはない。クラシックでレトロという名がついているだけあって、ハイテクなジャケットと比べるとアウトドア仕様では無く街着として有効。

*やはりレトロXジャケットと同じく、晩秋から初冬に丁度良さそうですが、その頃だと「やけに暖かそうな服を着ていますね」と季節感を問われる発言をされてしまう着こなしの難しさ。

*真冬のアウトドアだとやはり厳しいか?これが似合う真冬なら穏やかな日の街着で。下にはしっかり着込んで。

*猛烈に寒かったら、裏表をひっくり返すと凄い温かい気がします。かっこ悪いし着にくいけど。

個人的評価(☆5つで満点)

デザイン:☆☆☆☆★

機能性:☆☆☆★★

実用性:☆☆★★★

お気に入り度:☆☆☆☆★

お奨め度:☆☆☆★★

サイズ感は。(私は171センチ・77キロのややメタボ体形、腕はやや長め、ユニクロXLでややぴったり)

Mサイズを着用。胸、お腹周りが割とタイト。ゆったりとはしていません。レトロXジャケットの方がお腹周りがゆったりしているジャンパースタイル。これのややタイトさは腰回りもぴったりで風が入らず温かさに繋がっています。下はタイトな割に意外に着込めて、滑りの良い裏地の効果もあってヒートテック下着の上に普通地のフリースやパーカーを下に着用可能。ちょっとパッツンになりますが生地がモコモコなのでお腹が目立ちません。裾。袖口にゴムが入っているので多少長くても調節可能。これもサイズ感が微妙なので、購入前には必ず試着をお奨めします。

このレトロXカーディガンの温かそうな見た目で、可愛いモコモコおっさんを目指します。

|

2016年1月16日 (土)

パタゴニア・クラシック・レトロX・ジャケット。

モフモフな見た目のフリースジャケット、パタゴニアのクラシック・レトロX・ジャケットです。

3o1


これは暖かそうだぞ、と購入しましたが実際はどうかな・・・。レポートします。

これ、見た目はもこもこで、なんだか動物さん着ぐるみのようです。

3o2

特にこのナチュラルの白っぽいカラーだと動物っぽさアップ。キャー可愛いって女子から触られるんじゃないかと思って着ましたが、そんな状況にはならず・・。

まあ、手触りは大変よろしい。着心地は、ちょっと?なんですけどね。

パタゴニアではシンチラと言っている素材なんですが、フリースの中でも大変高価。これは前年モデルの並行品なんで半額以下でお得に買えましたけど。定価じゃさすがに私は無理かなあ。その理由は後述しますが、着る時と場所が割と限定されるのですよ・・。

コスタリカ製ですかね。いろいろな場所で作ってますよねパタゴニアは。

3o3

首周りもモフモフで、この可愛らしさがたまりませんね。お?この首周りの素材は、前回書いた二十数年前のシンチラジャケットでもあったデザインですね。あのモデルから続いているのかな?


3o4

同じデザインで続いていますね。こういう定番品があるっていうのは流石です。カラーは毎年変わりますが、このナチュラルカラーは定番かな。このステッチのテープっていうのか、この部分のカラーが微妙に変わります。この年はブラウン2色の組み合わせ。

胸ポケットのカラーもブラウン。このポケット割りと使います。


3o5

内側にポケットが無いからね。

裾側にもジップ付きのポケットが両側にあって物を入れられるけど、まあ手を突っ込んでいますから・・。

そのハンドポケット、手を突っ込んだら広い!上に広く、自分のおっぱいを触れます(笑)。ペットボトルが入りそう、冷たいけど。温かい缶コーヒーは余裕で入るよ。この大きなポケットは活用したいが、モノを沢山いれるとかっこ悪くなるかな・・。

内側はメッシュなんですよ。微妙に起毛しているようなメッシュ。


3o6

で、フリースの間に防風フィルムが入っていまして、アウターとして着れます。

ていうか、インナーとしては着れません(笑)。

凄いモコモコでジャケットスタイルだから。上に何か着たらぶ厚い体の人だと思われてしまいます。薄手のベストくらいが限界か?いやこれ上着ですから。

こんなにモコモコ。

3o7

それで手触りが良い。

けど、防風フィルムとメッシュの裏地が結構ガサゴソするんですよ。着心地はそんなに柔らかくはありません。

腕周りが太く、丈は短め。ハンドポケットは結構上目に付いていますので、手をポケットに入れると肘がクの字に曲がって、なんかカッコつけているスタイル(笑)。ボマージャケット的なシルエットなのかな。

動きやすいのですけどね。欠点として、背中にごつい生地を縫い合わせたステッチがあるんですが、これが背中に当たって気になるんですよね・・。

慣れればいいんですけどね。ここは試着ポイントです。

大雑把にインプレすれば。

*デザインは個人的にはかっこよく、温かそうに見える感じが良い。

*アウターとしては、そこそこの風でも大丈夫だし使える。けど、氷点下だと厳しいかな?温かい都市部ではタウン着として真冬でも行けそう。寒い場所の真冬は下に厚着できるように大き目を着たほうが良いかな?

*フリースってもこもこ部分に温かい空気を溜めて保温するのでは?インナーとして効果的だという認識。アウター側にフリースを持ってきても保温効果は薄いんじゃあないか?今一つモコモコとメッシュの間に暖かい空気が溜まらない感じ・・。

*撥水効果は無さそうだし、耐候性は薄いと思われ。アウトドアユースよりも街着だよね?

*部屋着としてはややゴツいし、着心地もごわごわしているので普通のフリースの方が良いかな。

*真冬で風の強い時は厳しいしダウンが良いかな。春先は花粉も付着しそう。なのでそろそろ寒くなってきた秋から初冬までの街着というポジション。

*しかし、見た目がとても暖かそうなので、ちょうどよい秋ごろには「ずいぶん暖かそうな服着ているね」と他人に季節感を問われて言われてしまう。で真冬の外だと微妙に寒いという、着こなしの難しさ。

*これはゆったり目で着て、真冬にインナーダウンを着たりして頑張るのが良いのかも。もしくは冬でも都市部で建物の中で過ごすとか、車で移動するとかの時。

という着こなしの難しさを感じますが、デザインが好きです。人がどう思おうが可愛いです。上記理由で出番は少ないですけどね・・。

3o8

個人的評価(☆5つで満点)

デザイン:☆☆☆☆☆

機能性:☆☆☆★★

実用性:☆☆★★★

お気に入り度:☆☆☆☆★

お奨め度:☆☆☆★★

サイズ感は。(私は171センチ・77キロのややメタボ体形、腕はやや長め、ユニクロXLでややぴったり)

Mサイズを着用。胸胴回りは少しゆとりだが下に厚着はできない。下にはヒートテック長袖の上に、ネルシャツか普通地のパーカー(厚手パーカーは厳しいか?)。裏地がフリースじゃないので下に薄手のフリースも行けそう。上着としては下に着こめないので気持ちタイトなのかな?袖は若干長いが袖口にゴムがあるので問題なし。Lサイズだと大き過ぎるが着こむならアリか?Sは小さくお腹がきつい。なのでMでした。

しかし、このメタボでXLやOを着る私がMサイズとは、なんというサイズ感・・。必ず試着してから購入を!

これも長く着れそうですね。レトロXジャケットで可愛い冬おっさんを目指します。

|

2016年1月15日 (金)

パタゴニア・1995年頃のシンチラジャケット。

二十数年前のパタゴニア・シンチラジャケットです。まだ着れます。

3p1_2


たぶん1995年頃かその前後1年くらいに購入。ちょっとヨレヨレだけど、現役。

袖口を一度縫ったくらいで壊れない。丈夫です。

パタゴニアというのは、USAのアウトドアウェア&グッズのブランド。

昔は先進の機能ウェアを多数開発。今では他も凄いから機能的には埋もれているけど、山よりもタウンファッションとしてお洒落系なポジションだと思う。街着としてはとてつもなく機能的。

今ではフリースは街着として定着していますが、当時のフリースはこのシンチラとポーラテックくらい、即乾性と保温性に優れた先進の山ウェアでした。

ペットボトルからリサイクルした原料を使っている、っていうのも当時話題だったような。

お値段は当時の自分の感覚として無茶苦茶高かったが、今のシンチラとそんなに変わらない価格だったかな?高価だが、こうやって二十年以上着れると、結果お得だったかなと。ユニ○ロなんて1シーズンでヨレヨレだもんねえ・・。

今のはロゴが胸にバッチが縫いつくが、このモデルは胸ポケットのファスナーのタグにロゴか付いていた。

3p2_2


生地も径年でペチャっとしてしまったが、当時は結構モフモフしていたと思う。その頃そんなモフモフした生地なんて羊毛くらいしかなかったから画期的だったんだな。

高崎に当時あったアウトドアショップで購入。EPIのガスストーブもその店で購入したから、アウトドアショップはあのころその店くらいしか高崎には無かったのかな?山ショップはあったけど。ログハウス調の建物だったけど、今はもう無いのかな?

パタゴニアは現在では世界のあちこちで生産しているけど、これはUSA製。

3p3


この首周りの生地が違うところ。当時はなんかカッコ悪いなあ、って思っていたけど。防風性を持たせて首周りを保温しているんだよね。こういう気の利いたところ好きです。

3p4


今では洗練されていますが、それでも機能優先の野暮ったさがあり、なかなか素敵。

このジャケットを着続けて、長持ちするよなあと感心。それで気に入って、ここ数年ポツポツとパタゴニアのウェアを購入しています。

近所に大きなアウトドアショップが出来たし、通販でも買えるしね。

けど、アメリカンな豊満な体形に合わせてあるのか、日本人にはサイズ合わせが大変なウェアです。私は171センチのややメタボでユニクロサイズはXLでぴったり目くらい。それなのにパタゴニアだとMサイズで丁度良いのですから。Lだと大きいモデルがあるし。そう、モデルごとのサイズ感も違うし。

通販で買う前に実店舗で試着が必要なウェアなのです。

その辺のところどうなのか?持っているパタゴニアを紹介しつつ、デザイン、機能性、サイズ感などをインプレしようかと、今回このパタゴニア・カテゴリーを新設しました。

歴史やらラインナップやら深くは興味が無いんで、持っているウェアについて感想をポツポツ書こうと思っています。

|